シニア犬と暮らす。。。

テーマ:
先月、飼育放棄の12歳(2月で13歳)のピレの里親になりました。




名前は『和』 かんと読みます。

歳を聞いただけで、見てもないのに我が家に来ればいい!って思いました。

旦那さまの了承も得て、無事我が家の子となりました。

和はシニアにしては、足腰も丈夫で元気いっぱい。

とっても若々しくてイイコです。

ポメののんを迎えた時同様、昔から居るような感覚でした。

和も、我が家に着くなりリラックス。

すっと溶け込んでいきました。

我が家の子達も、何の違和感もなく迎え入れてくれました。





縁って不思議。


シニア犬が我が家に来て、変わったこと。

時間の流れが穏やかになりました。

それまでは、いつも、仕事しなきゃ!ご飯の支度しなきゃ!!などなど

いつもカリカリして時間に追われてました。

ワンコ達にもヒステリックになってしまう事もちらほら。

でも、和が来て、、、

動作もゆっくり、何をするにもゆっくりな和と接するようになって

「まぁ、そんなに急がなくてもいいじゃない!」

って思うようになりました。

それからというもの、自分自身にも気持ちの余裕ができたというか、、、

ワンコ達にも、旦那さんにも優しくなれてるような気がします。


和が家に来てくれたのは

「まぁ、そんなカリカリするなよ!急いだっていい事ないよ!」

と教える為だったのでしょうか。


家には、たっくさんのワンコがいますが、

1匹1匹、私に何かを伝えるために

私を選んで、我が家に来てくれているような気がします。

私に足りないものを気づかせるため、補うために。

有難い存在ですね。

和、毎日ゆったりと笑顔で暮らしています。

そんな和を見て、毎日癒されています。

ホント、うちの子になってくれてありがとね。

コメント(10)