医療スタッフのメンタルパートナーJunchanの元気になるblog

脳科学から医療・社会を考える健康コミュニケーター かたよし純子
個性を輝かせる「心・身体・外見力」


テーマ:

みんなが 『元気になるJunchanのblog』

今日もご訪問ありがとうございますラブラブ

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

今週のテーマは、新しい環境でのコミュニケーションの最終回です♪

 

今日のテーマは

  1. 違っているから楽しい
  2. 違いから同じを探す、そのきっかけは?

 

新たな環境では、人間関係も初めての場、

人との関わり方の基本を考えていきましょう♪

 

月曜日のブログでは、初めの1歩として、

相手を受け入れることから初めましょうとお伝えしました。

 

人は、とかく自分の物差し(スケール)で判断しがちです。

 

1.違いがあるのがあたり前、そこを楽しむことから

 

価値、判断基準のスケールは、

生まれた瞬間から 両親や周囲から受け継いでいます。

みんな違う両親から生まれてきています。

 

生まれた環境も、家族構成もみんな様々です。

見てきたことも、言われてきたことも、食べ物でさえ異なります。

 

同じを見つけるほうが大変なのでは無いでしょうか?

 

だったら考え方も行動も異なってあたり前なのだと思いませんか?

 

でも、「なんで今年の新人は...」と思うのでしょうか?

 

そう考える前に、

「ああ...なるほど、そういう見方、考え方もあるのだ!」

と思うことから、

自分の考えやり方、表現方法と異なることは何だろうか?

 

「もし、自分ならこの場合の、この行動はどうするだろうか?」と、

客観的に考えることはできないでしょうか?

 

自分の枠や、一般論に入れようとするから腹がたち、

「今年の新人は...」

 

ということばが無意識に出てきてしまうのです。

 

ここまでいかがでしょうか?

 

 

取り敢えず相手のスケールを受け入れる。

スケールとは、判断基準、物差しという考え方ですね^^

自分の物差しで図らないで、

相手のやり方を見てみること。

 

 

そう、新人さんに、簡単な質問をしてみると良いですよ。

例えば、よくある問題の解決方法を聞いてみるというのも一案。

今まで一応、既存の基準があるものを敢えて聞いてみる。

 

思いがけないクリエイティブなアイデア、

発想が出てくるかも知れません。

 

ただ、聞いておいて、打ち返さないでくださいね^^

ああ、なるほどね。 と受け入れてください。

 

どのような回答するかで、

能力判断も出来るのではないでしょうか。

 

そして、そこからどちらが有効的な方法かを判断することも、

出来るのでは無いでしょうか?

 

もし、違うなぁ と、受け入れられないという判断ならば、

そこから自分の意見を伝えることも出来るのでは無いでしょうか。

 

その新たな方法を試して見ることも、

楽しいかも知れませんよ。

 

また、そこから新たな方法につながることへの

ヒントが得られるかも知れません。

 

人が変わるということは、

受け入れ側にとっては、新たな選択肢が増えるチャンス

とも捉えられるのではないでしょうか?

 

クリエイティブな発想は、新たしい風が運んで来てくれまよ♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノンバーバルコミュニケーション♪

 

相手の非言語情報をチェックすること

これも、どのような対応をしたらよいかのヒントにつながります。

 

どのような傾向のことばを使うか? 話す時目線、話す速さ

 

このような言葉以外の非言語情報から、どのような感覚情報を、

より多く使う傾向があるかを判断することでも、

相手の優先感覚がある程度推測されます。

 

話ことばのワードに、どの優先感覚を使う傾向があるかです。

例えば

  • 視覚的   赤い、大きい、光り輝く太陽 など視覚情報のワード
  • 聴覚的   めちゃめちゃ、バクバク などの擬音語やブランド名
  • 身体感覚的  暖かい、寒い、震えるような寒さなど、身体の状態を表す

 

会話の時の相手の目線では、ざっくりと見分けることができます。

  • 眼球が上を見上げる  視覚
  • 左右に動く        聴覚
  • 下を向き考え込む   身体感覚

 

この、アナログマーキングは、もっと詳細にも見ることができます。

 

話の流れの一端として相手の思考、

優先感覚を理解する上で、参考になります。

 

何かの説明をする時に、理解し難いような場合とかに、

同じ内容を説明する時に、

優先感覚のワード情報で伝えると説明を受ける側は理解しやすくなりますよ。

 

目は、口ほどにものを言っているのです(^^)

 

他にもたくさんありますが、

長くなりなすので、次の機会にお伝えしましょう!

 

 

興味ある方は、ワークショップへぜひご参加ください。

情報サイトはこちらから

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.違いから同じを探す、そのきっかけは?

 

違いを楽しむ...  それでも人は、

「同じ」を見つけると嬉しいですよね^^?

 

チームで何かをする時に、

「息を合わせる」、「呼吸を合わせて」

などともよく言われます。

 

「同じ」を見つけると、安心出来るのですよね~

 

ここで小さな赤ちゃんがいらっしゃる親御さんへのアドバイスラブラブ

 

赤ちゃんが、なかなか眠らないとき、

優しく トントントン しながら、呼吸を合わせてみてください。

きっと、安心して すーっと、眠りにつきますよクローバー

 

人と人のつながりとは何でしょうか?

やはり、同じものを見つけると急に距離感が縮まりますよね。

 

ここで最後に、初めの1歩の関わり行動として、

そのきっかけを作りのためにも、

初めて同士は、「あいさつ」からです。

 

人と人のつながりは、「あいさつ」からです。

以外に 「あいさつ」 していなくないですか?

 

きちんと顔を合わせて、

「おはようございます」「お疲れ様でした」

 

朝と帰りの挨拶からです。

共通言語 「おはようございます」 誰に言ってもわかりますよね(^^)

 

 

 

 

そして、お願いしたいのは、

 

受け入れる側のスタッフさんへ

「〇〇さん、おはようございます!」

 

「〇〇さん」と名前を呼んで上げてください。

 

新たなスタッフさんは、名前を覚えたら同じように

「△△さん おはようございます!」

 

ちゃんと相手を見て 「あいさつ」 をしてみてください。

それだけで必ず 「空気」 が変わります。

 

苦手な人や、あまり関係性が思わしくない

そんな相手との関係性改善にも 「あいさつ」 です。

 

無視されたなぁ…と思っても、めげずに続けてみてください^^

 

「あいさつ」 ならできますよね?

 

コミュニケーションは、「あいさつ」 から始まります。

 

そして、同じを見つけて見てください。

同じ持ち物、ペンケースやスマホ とか

共通の趣味や、出身校が同じ とか...

 

「あいさつ」 で関係性が出来上がっていれば、

小さな 「同じ」一気に 話も盛り上がります。 

何気ない日常のよくある話で、グッと距離感は縮まります。

 

笑顔で自然な毎朝のあいさつから、同じを見つける♪

あたりまえだけど、

 

あたり前を、あたり前に行動に移すことが基本では無いでしょうか。

私は、そう思っていますラブラブ

 

今週も感謝を込めて、ありがとうございましたクローバー

 

 

今日のまとめ

  • コミュニケーションは、相手のスケールを見ることから
  • 選択肢は多いほうが良い。そしてその新たな方法を楽しむことも出来る
  • 非言語情報にも多くのより良い人間関係のリソースがある
  • 初めの1歩、共通言語は、「おはようございます」

 

また、来週お目にかかれたら、私はめちゃめちゃHappyです!

 

※このブログに関する、ご意見・ご質問は、こちらからお気軽にどうぞm(_ _)m

みなさまのお声を楽しみにしております。

 

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

☆Pure Medical attitude ワークショップ情報☆

各種イベント情報、ワークショップ、個人セッションは、

こちらのサイトからお気軽にお問い合わせください♥

 

 

【アンコモンセラピー読書会】 

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの名書、次回は、3月29日(水)19~20時

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せください。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も 『元気の出るJunchanのblog』

ご訪問ありがとうございますニコ

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

今週のテーマは、『新しい環境でのコミュニケーション』

昨日までの3日間、職場の環境は、「人」「個」が作り出している。

 

そして、その空間の「個」ひとりひとりがスマイルでいることが、

いちばん大切だということをお伝えしてきました。

 

今日のテーマは

  1. 誰でもあるよね。不安、心配、様々なストレス
  2. セルフメンタルケアの方法とは?

 

そこで、パーソナルの部分、

つまりプライベートの不安、心配、ストレスをどのように扱うかを

今日は見ていきましょう♪

 

昨日まで、空間を創り出す個のコミュニケーションを見てきました。

自分を知ることから、自己メンテナンスをしましょうというお話。

 

その空気感を出さないためにはどうしたら良いの?

そんな疑問もありますよね

 

1.誰でもあるよね。不安、心配、様々なストレス

 

心配事や、ストレスなどなど...

悩ましいことも数多くあるのではないでしょうか?

元気そうに見えても様々なストレスや問題を抱えています。

 

ここで問題になるのは、

そのストレスや不安に、

心を囚われているか否か、ということです。

 

ストレスが常習化していませんか?

常習化とは、頭から離れない状態です。

 

脳は、意識の部分では残念ながら、

ひとつのことしか考えられません。

 

もし、心配ごとや不安に心を奪われていたら、

四六時中、自分の「脳」は、心配事と不安でどんよりです。

 

ここでいちばん大切なのは、

自分自身の心の中でバランスが保たれているか否かです。

 

自分の心全体を100%として、

「不安・ストレス」 と 「元気・楽しむ」

これらの割合です。

 

どうなっていますか?

不安・ストレスに大半以上を覆われていませんか?

 

ハーフ・ハーフでも、

すぐにネガティブな感情にチェスのように裏返ってしまいます。

 

不安やストレスがまったく無いという人は恐らくいないでしょう。

 

自分の中の不安・ストレスとどのように付き合っているか

この部分が大切なのです。

 

 

 

 

 

自分のことに関してなら対応し易いです。

健康が不安なら受診する

運動不足なら、そのための時間を確保する工夫をする

 

もっと深刻な問題もきっと有るでしょう...

 

しかし、今 ここで、考えてもらいたいことは、

家族や自分以外の人たちの不安を

そのまま貰ってしまってはいないか? ということです。

 

サポートすることは大切ですが、

自分自身がどっぷり浸かることは無いのです。

 

あくまで、誰の問題なのか?

アドラー心理学でいうならば、

それは「誰の課題」なのか? です。

 

子どもが不登校で...

親の介護が...

家族が病気で...

 

それも大きな問題であり、課題ですが、

基本は、子ども自身であり、親自身、個々の問題であり、課題です。

 

バッサリ切るのではありません。

 

どっぷりとのめり込むことは、双方のプラスにはならない。

というより、共倒れになります。

 

関わりを持つことと、抱えることは別問題だと切り分けないと、

共倒れです。

 

受け止める側、サポートする側が健康な心と身体を保持していること

このことが必要であり、大切なのだと私は思います。

 

これは、私が以前言われた言葉です。

「お母さん、お母さんが元気でないとダメですよ」

 

そして、母の時も、自分のことを優先していることに対して、

後ろめたさを感じていた私に、

 

「あなたが まずは、元気でいないと。そのための時間でしょ?」

多くの人からアドバイスを戴きこのことに気づきました。

 

自分自身が元気でいること、これが一番大切

 

このことを忘れてはいけないのです

人を変えることはできません。 たとえ、家族でもです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

患者さんからみて、医療スタッフとは

病気の時に頼りにしたい人なのではないでしょうか?

 

話しかけたくても疲れ切っていたら、頼れませんよね。

 

 

ギリギリのところで仕事をされている、

多くの医療従事者を見てきました。

 

実際に、体調崩して検査に来られたり、

入院加療が必要であったり、

 

今まで、そのような多くの人と出会っています。

 

患者さんより具合悪そう...

 

元気な人ほど自分のことを過信している、

私は大丈夫だからと思う気持ちが大きく、

ギリギリまで無理してしまう。

 

心の声、体の声を聞いていない...

どちらが疲弊していても、過信した無理は禁物

 

時間外100時間、とんでもないです。

 

社会に出て初めの職場で、

月60時間くらいの時間外労働したことがあります。

もともと健康で若いから出来たのかも知れません。

毎日、20時、21時まで...はふつう...

 

人間らしく生きたいです...

 

そんな環境を少しでも改善できたらといつも思っています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.セルフメンタルケアの方法とは?

 

そのまま放っておきますか?

 

心のケアをしませんか?

 

しなやかな感性を育てます。

自分で自分をケアする力を育成します

 

嫌になりませんか?

考えても考えなくても現状が変わらなかったら...

 

ならば、解決策に思考をチェンジです。

問題や不安から課題を探します。

 

この方法は、以前にもお伝えしていますが、

問題と不安を切り離して見てください。

 

問題から生じる、不安や恐れなどの感情にすべて意識が向き、

頭の中が埋め尽くされている...

 

心を奪われていませんか?

 

 

自分で自分の状態を客観的に見ることからです。

 

問題を課題と捉え、

どのような結果が得られれば良いのかに意識を向けます。

 

以前もお伝えしている、問題解決思考です。

 

問題回避から、解決思考に切り替えることからです。

 

今ある問題を

今、自分に与えられた課題と考えたら、

 

どのような対応が出来るだろうか?

という、発想の転換です。

 

そのために不安や恐れなどの行動を押さえてしまう、

ネガティブな感情から思考を切り離して、

客観的に自分自身を眺めてみましょう。

 

NLP でいうところの、

「メタポジションの位置からデソシエイトの状態で、

自分自身がどのように見えるかを客観的に判断してみてください。

 

デソシエイト/アソシエイト とは?

過去のブログ過去も未来も自由自在♪こちらで説明しています。

 

 

感情を切り離し、自分か解決するべき課題(目標)が見えたら、

取り敢えず「3つの質問」を自分にしてみてください。

 

 

以前にもお伝えしたソリューションフォーカスの思考パターンです。

  • どうしたら目的(課題解決)に行き着くことが出来るか?
  • どのような状態が欲しいのか?
  • 今現状ですぐに何が出来るか?

 

さて、この問題にいつまで心を奪われていたいですか?

職場環境を整えるためにも「セルフメンテナンス」をお勧め致します。

 

初めの1歩は、問題を課題に切り替えることから、気持ちも変わります。

 

その日の問題は、その日の内に、

不安を未来志向へ、やる気に切り替えることから始めませんか^^?

 

 

 

今日のまとめ

  • 不安やストレスのウエイトを下げる
  • スタートは、自分の状態を客観視、感情を切り離すことから
  • 問題意識よりも課題にチェンジで未来志向へ

 

 

今日も最後までありがとうございました。

また「誰でも元気になれるJunchanのblog」にご訪問お待ちしております♥

 

このブログをお読み戴きました、みなさまのご意見・ご質問を

心からお待ちしております。こちらからお願いいたします♪

 

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

☆Pure Medical attitude ワークショップ情報☆

各種イベント情報、ワークショップ、個人セッションは、
こちらのサイトから、御覧ください♥

 

 

【アンコモンセラピー読書会】 

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの名書、次回は、 今週3月29日(水)19~20時

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せください♪

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も『誰でも元気の出るJunchanのblog』

ご訪問ありがとうございます音譜

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

今週のテーマは、「新しい環境でのコミュニケーション」です。

昨日は、自分自身のことを知ってもらうために

自分とのコミュニケーションをお伝えしました。

 

その中で、

「職場の空間」という表現をしました。

人が創り出す「空間」を考えてみたいと思います。

 

 

今日のテーマは

  1. 知らずに「気」をおくってしまっている
  2. 見えない空気感が、伝える影響とは?

 

 

感覚的な意味合いでの「環境の空気」 

よく「空気読めない人...」こんな使われ方しますよね。

 

場の雰囲気とは、そこの場にいる「人」が空気感が作り出す。

基本そう、私は思っています。

 

知らずに「気」を送ってしまっている

 

 

人は、無意識で「空間の雰囲気」を感じ取っている

私は、そう思っています。

 

「気」とは、印象 と言い直してもよいかもしれません。

 

もちろん、「人」以外に空間を構成する器=構造物(建物)、

インテリアの持つイメージもその場所の印象に関係しています。

 

そしてもちろん、

人の スタイリング = 外見

これらも無関係ではありません。

 

 

ここで、私がいちばん大切に思うことは、

その場所に関わる「人」の 「無意識の気」です。

 

前回お伝えした内容、問題やストレスを抱えていると、

「心から笑っていない」

 

そして、その無意識からのサインは、

身体のどこかに表れているということです。

 

空間に立ち入った その瞬間の空気を人は読みます。

何気に無意識は、その空間に入った一瞬で、察知します。

 

初めての場所ならなおさらです。

 

人の印象が 一瞬で決まる というのと同じです。

 

逆の立場から見ると

ガティブな思考が、「ネガティブな気」を

無意識に送っているということです。

 

 

その場にふさわしくないスタイリングは、

受付でチェック受けますよね...

 

ドレスコードのパーティーでの GパンとTシャツ、

その状況が、あなた自身の心にどのように映るか?

そのことを意識していますか

 

異質なものを人は、感覚的にも

人は、キャッチしているのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ラポールとは? 信頼関係!?

 

大衆の持つ「気」

私は、空間にこだわります。

 

NLPトレーナーの役割は、

「安心、安全である 空間 を創ること」

だと思っています。

 

もちろん、スキルをきちんとお伝えすることは大切ですが、

安心してワーク出来る空気感を創ることです。

 

ご参加される方々は、期待とともに、

「緊張」「不安」 をも持っていらっしゃることがあります。

 

 

その、緊張や不安は、他の人の無意識もキャッチします。

 

今週初め、月曜日のブログ 冒頭のメッセージ

 

 

コミュニケーションの大前提、

『笑顔には笑顔が返ってきます♪』

 

 

子どもの笑顔を見るとほんわか、

思わず笑顔になりませんか?

 

不安を抱えた人の話を聞くと、

自分自身も不安を感じませんか?

 

人は、感情をやりとりまします。

 

その空気感のやり取りが「ラポール 信頼関係」

元になるのだと私は思っています。

 

初日に出てきた「ラポール≠信頼関係」

簡単には説明できない。

 

ラポールとは、感情のキャッチボールが

きちんと成立しているか否か。

 

これも大切です。

 

心も健康でいたい、

心の歪みは、行動の歪に繋がっています。

 

無意識にノンバーバルで相手に

メッセージを送ってしまっているのです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.見えない空気感が、伝える影響とは?

 

友人がある病院に面接に行った時のお話です。

 

受付で来社理由を伝えたとき、

対応された人以外の強い視線を感じたと言っていました。

 

威圧感のある視線だったようです。

 

その感情は、友人の心に影になって入り込みました。

この職場には入りたくない...

 

思わずその瞬間思ったそうです。

 

たったひとりでも、異分子と感じる何かがあると、

その空間から得られる空気感は変わるのです。

 

 

私は、ここ数年いくつかの病院に行く機会が有りました。

予定の時間よりも少し早めに着くようにして、

さまざまなことを感じ取ります。

 

入り口周辺からキャリブレーション(観察)しますが、

玄関を入った瞬間の感覚を大切にします。

 

そして、待合室に座り、

その病院の患者さまとスタッフさんのやりとりを観察します。

 

そして、トイレを利用します。

建物や施設が古くても

綺麗に清掃してあるだけで受ける印象は異なります。

 

それなり外見を綺麗に装っていても、

ベッドの下に何日も同じゴミがある...

 

そんな施設もあります。

 

 

ほんとうに、いろんなことが見えてきます。

「おもてなし」 出来ている施設か否かです。

 

スタッフさんの対応からは様々なことが見えてきます。

 

見方によっては、すごく嫌な小姑のようですけれど、

いろんなことが見えてきますよ(^^)

 

 

以前は、医療側にいましたが、

受ける側、患者目線でキャリブレーション(観察)できます。

 

とくに、昨年1年は、父の病院関連、

急性期病院から長期療養型、老健施設まで

6~7ヶ所を見てきました。

 

外側から見えること、

それはスタッフさんの無意識の対応にあらわれています。

 

そして、そんな中に、

もし、ストレスを抱えているスタッフさんがいると、

イライラ感が空気感として伝わってきます。

 

医師も看護師はもちろんのこと、

委託業務の清掃のスタッフさんももちろんです。

 

医療・福祉は、社会人にとって、無くてはならない場所です。

社会人の健康を支え、安心できる空間であって欲しい。

心から安らげる医療・福祉空間であらねばならない。

 

だからこそ、

その空間を造るスタッフさんたちには

心も身体もスマイルでいて欲しい。

 

私は、医療スタッフのBeing Happy を心から願うのです♥

 

 

今日のまとめ

  • 知らずに送っているネガティブオーラ
  • ラポールとは感情のキャッチボールでもある。
  • その環境は、人の空気が創りだした「空間」、1人でも同じ
  • そして無意識は、その「空気」をキャッチしている。

 

今日も最後までありがとうございました。

また明日お目にかかりましょう!

 

このブログをお読み戴きました、みなさまのご意見・ご質問を

お待ちしております。こちらからお願いいたします♪

 

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

☆コミュニケーションの問題改善ワークショップ☆

詳細はこちらから

 

☆Pure Medical attitude ワークショップ情報☆

各種イベント情報、ワークショップ、個人セッションは、
こちらの サイト にまとめてあります♥

 

 

【アンコモンセラピー読書会】 

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの名書、次回は、 今週3月29日(水)19~20時

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せください

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年春 新年度スタート

新しい場所でのスタート

 

そこで、

新たな人間関係で抱えている

何とかしたい、そんな問題ないですか?

 

そ~!

それ、何とかならないですか?

 

痒いところに手が届く

そんな感覚のワークを揃えました

 

毎日のことです。

荷重ストレスにならないうちに改善しましょ♪

 

すぐに使えるコミュニケーション改善ワークです。

 

こんな経験ないですか?

  • バイトのスタッフに指示出ししたら睨まれた!
  • 理解力が乏しい?「わかりました」と、言ったのに...?
  • 人と話すのが苦手、会話が続かない
  • 会話が成立しない、話の内容が意味不明な人
  • オーバーワークで、能力ない人、でも現状は外せない、そんな時
  • 新しい職場で、阻害感がある、馴染めない環境で...
  • 今度の新人さん、近寄りがたい、苦手なタイプ?どう付き合う?
  • 目に余る問題を周囲から言われたけど、どう対応して良いか...

 

などなど、新年度のスタートは、

期待と不安の悲喜こもごも、

さまざまな新たな人種に右往左往...ではないですか(^^?)

 

今、生じた問題を課題に変えて、

フレームを見直して問題解決して、課題もクリアへ 導いていきましょう!

 

 

 

さぁ~! 希望を持って新たな花を育てよう♥

 

 

【日 時】

各回、お伝えする内容は基本同じですが、

実例など多少内容を変更する場合もあります。

 

ワークは何度も習慣化することで「脳」への学習効果がより得られます。

2回目以降ご参加の場合は、割引料金でご参加いただけます。

 

  • 2017年4月19日(水) 19:00~21:00  開場 18:50  受付中
  • 2017年4月26日(水) 19:00~21:00  開場 18:50  受付中
  • 2017年5月17日(水) 19:00~21:00  開場 18:50  受付中
  • 2017年5月31日(水) 19:00~21:00  開場 18:50  受付中

 

【場 所】

Pure Medical attitude/Office Pure  JR鶴見駅 徒歩10分

※お申込後、詳細ご連絡いたします。

 

【参加費】3,700円(税込)  2回目以降のご参加 1,700円(税込)

※当日お支払いください。 お釣銭の無いようにお願い致します。

 

【持ち物】筆記用具

 

【ファシリテーター】

Pure Medical attitude代表 

米国NLP(TM)協会認定 NLPトレーナー

かたよし純子(自己紹介

 

【お申込み】

こちらからメール ご希望の日程をお知らせください

お申込み後、1~2日で詳細をご連絡いたします。

 

サイト情報

http://office-purej.com/2017/03/21/communication-problems/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も 『誰でも元気の出るJunchanのblog』

ご訪問ありがとうございますラブラブ

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

今週のテーマは 「新しい環境でのコミュニケーション」です。

 

昨日のブログでは、受け入れ側と、受け入れられる側の

双方の関係性、在り方をお伝えしました。

 

今日は、

1.自分のこと知っていますか? どう 在りたいですか?

2.仕事もプライベートもスマイルですか?

 

こんな感じで今日は、

「自分とのコミュニケーションを考えていきましょう!

 

自分のことは、自分が一番良くわかっているから 大丈夫!?

 

それ...ほんとうですか?

 

1.自分のこと、知っていますか? どう 在りたいですか?

 

私の在り方は、

 

 「Being Happy♪」

 

質問です。 (ニューロロジカルレベルの質問

あなたは、何者ですか?

信じていることは何ですか?

何ができますか?

何をする人ですか?

どこにいますか?

 

すらすらと答えられますか?

 

NLP のワークをしていくと、

自分の目標や目的を扱います。

 

過去から自分のリソースを探す

今現在の解決したい問題や課題

成りたい自分

 

さまざまな質問に私は、???

 

過去から楽しかったこと?  思いつかない

今まで出来たこと?     大したこと何も無い

やめたい習慣?       ああ...たくさんあるけどなぁ

夢は? 目標は?      えっ? 特別何も...

 

 

なかなか答えが出てきません。

 

将来の夢、ありますか? 

 

夜、どんな夢を見ていますか?

眠りながら見る夢は、自分の中の無意識の世界です。

 

夢は叶えるものです。

1年後、3年後、5年後、10年後...

みなさんは、どんなビジョンを持っていますか?

 

でも...わからない...ビジョンが見つからない。

それは、自分に質問していないから、

気づかない...のかも知れませんよ?

 

自分の無意識に質問してください。

どんなことを叶えたいですか?

その夢、ほんとうに欲しいですか?

 

自分のこと、ワクワクすること♪

心から楽しめること♪

笑顔で要られること♪

 

 『Being Happy♪』

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分自身に質問をする

 

描けない未来には、行くことが出来ません。

人は、誰でも 「脳」 を持っています。

 

この「脳」 を司るのは、他の誰でもありません。 「自分自身」です。

 

「脳」 は、感情を持つ 優秀なコンピューターと同じです

その優秀なコンピューターを操作するのが「自分自身」です。

 

ちゃんと指示出ししないと、

望まない方向へも暴走します。

ウイルス感染からも予防が必要です。

 

そのため学ぶことが必要です。

昨日のインプット、アウトプットも自分の学びです。

そして、学びから自分の未来ビジョンが描けるようになります。

 

自分がワクワクすること、

笑顔になれること、

幸せを感じること

毎日感謝出来ること

よし!これをやってみよう!

 

その作業のために効果的に脳を使うために、

自分自身を知る必要があります。

 

そのために自分に質問をしましょう。

脳は、答えが得られるまで、

自分自身のためにちゃんと考えてくれます。

 

感謝です♡

 

私は、自分に言います。

 

 「Being Happy♥」

 

幸せになりたいではなく、

私が私らしく「幸せでいること」その行動をしていく。

 

自分自身が幸せでいることはどんなことですか?

 

幸せになりたいと、

求めているだけで到達できないかも... ですよ♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.仕事もプライベートもスマイルですか?

 

人は、いろんな顔を持っています。

いきいきと働く人は若々しく見えます。

 

よく、思うこと

「え~~! そんなに大きなお子さんいるんですか?」

 

そう、仕事で見る顔と、家で見る顔 違いますよね^^?

 

職場では、それなりの立場で、役割が有ったり

家でも、家族との関係性もさまざま、

子どもとして、親として、兄弟として、

嫁、姑、小姑、孫やその他にもあるかもしれませんね。

 

自治会や地域との関わりとしての立場や、

子どもの学校との親としての関係性、ママ友、

友人との関係性もあるかも知れませんね。 1人何役でしょうか?

 

このようにひとりの人として、実に様々な役割を持っています。

 

そして、その役をこなしていかなければなりません。

ストレスを感じることも有るでしょう。

 

現代人は多忙です。

ことに、子どものことに関しては...

働く女性にとって、出産、育児は大きな課題です。

 

私は、ずっと仕事をしてきました。

検査技師は辞めたら再就職は困難、

そう思っていましたから、産前産後の産休のみで復職しました。

 

すべて子どもが基準の生活、

休みも子どもの行事に全て合わせ、

自分の時間はありませんでした。

 

 

その時を、過ごしてきた私があえて思うこと、

自分ひとりの時間は大切です。

 

様々なストレス、いわば「闇」を抱えながら、

ほんとうに仕事に集中すること...できますか?

 

 

 

 

 

その当時 私にとって仕事は、「生きがい」でした。

自分が自分らしくいられる、

自分を受け入れてくれる場所、だから頑張れました。

 

だけど、自分の内面に抱えている「闇」は、時々顔を出します。

不用意にイライラ...

頭のなかで問題に意識が向き考え込む...

 

完璧に「大丈夫」を装うことが出来ているから...

そう思っていたのは自分だけだよ...

今なら私はそう答えます。

 

ここだけの話です...が、

無意識で手を動かして検査している自分、

頭の中は別のことを考えていたり...苦笑

 

でも、周囲には...

検査を受けている患者さまには 

伝わっているのです。

 

意識と無意識を一致させないと、

相手は、違和感をちゃんと受け取っています。

 

 

自分の別の役割に歪みがあると、

その歪は、別の役割の顔のどこかにも必ず現れています。

 

職場の空気感かも知れません。

ふと気の緩む瞬間かも知れません。

 

頭の片隅に影にように淀み、

ある瞬間に現れることもあるのではないでしょうか。

人は、自分で思っているほど

強くは無いのではないですか?

 

この感覚は、私自身が体験してきたことです。

 

私の思い、医療者には、

心も身体もいつも Happy でいて欲しいと思っています。

 

周囲に頼ることも必要です。

 

さらに、

自分自身でメンテナンス出来る力も養って欲しい。

 

セルフチェックが出来て、

心と身体のバランス、

自分自身に意識を向ける感覚です。

 

自分で健全にストレス解消する力です。

 

 

私は、そのことを、NLPを通して学びました。

ひとりでも多くの人に NLP を知って貰いたい。

そう願うトレーナーのひとりです。

 

仕事もプライベートも、ともに Happy 

職場もプライベートも、心地よい空気感を創れます。

 

そのためにも、自分自身に効果的な質問をしましょう♪

 

 

今日のまとめ

  • 自分とのコミュニケーションは自分への質問から
  • 効果的な質問を自分にしましょう!
  • 仕事もプライベートも自分メンテナンスから

 

今日も最後までありがとうございました。

また明日お目にかかりましょう!

 

※ご意見・ご質問は、こちらからお気軽にどうぞ

みなさまのお声を楽しみにしております。

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

☆Pure Medical attitude ワークショップ情報☆

各種イベント情報、ワークショップ、個人セッションは、

こちらのサイトからお気軽にお問い合わせください♥

 

 

アンコモンセラピー読書会】 

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの名書、次回は、今週3月29日(水)19~20時

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せください

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も 『誰でも元気の出るJunchanのblog』

ご訪問ありがとうございます。

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

 

今週の5日間のテーマは、

「新しい環境での新人コミュニケーション」です。

 

桜の定番、ソメイヨシノの開花の頼りが待ち遠しい季節です。

そして、企業も学校も、もうすぐ新年度がスタートします!

 

そうなるとテーマは?  と考え、

やはり「コミュニケーション」でしょうか^^

 

NLPとは? と聞かれ私がよく言うこと、

  • 人とのコミュニケーション
  • 自分自身とのコミュニケーション

この2つです。

 

そして今日は、

  1. 何も知らない、わからない、それが当たり前
  2. 人を育てることも仕事です

 

新たな環境がスタートする側も

新たなスタッフを受け入れる側も

 

ともに『新しい環境』です。

双方から見た「NEW」です。

 

初めに、コミュニケーションの大前提

 

『笑顔には笑顔が返ってきます♪』

 

 

 

1.何も知らない、わからない、それが当たり前

 

『医療の質はコミュニケーションの質にある』

 

もう数年前の社会保険医学会で発表したタイトルです。

生理検査室の新人教育、コミュニケーションアプローチ

 

3つのコミュニケーションの必要性をまとめました。

  • スタッフとのコミュニケーション
  • 自分自身とのコミュニケーション
  • 患者さまとのコミュニケーション

 

中でも、スタッフとコミュンケーションはすごく大切です。

 

まず最初に、受け入れる側が「居場所」を創る必要性、

これは、必須だと私は思っています。

 

右も左もわからない新人

物の場所も、スタッフの名前も

職場の地図も頭に入っていないような状況

 

仕事以前の問題が様々あります。

 

そんな状況で、

「何も聞くなよ!」

こんな空気を出していませんか?

 

聞きたくても聞けない...

 

「分からなかったら聞いてください」 と言いながら。

「こんなこともわからないの?」

「学生じゃないんだから、自分で考えて」

「あなたの指導係じゃない」

「さっき言ったよね」

「教えても意味ないし」

 

こんな「心の声」で新人に対応していませんか。

 

いくら表向き隠しても、非言語情報は相手に伝わっています。

聞かないでオーラをバンバン出していませんか?

 

ここまであからさまにことばとしては、言わなくても、

これに近いことを言っていませんか?

 

実際、これらの文言を言われたことがある人もいます。

ことばは、刃物になることもあります。

 

言われた方の心は、大きなストレスとして

受け取っていることもある。

そのことを意識してください。

 

 

新しい環境、1日終わるとぐったりでしょう...

 

環境とは「空気」です

 

 

心を開いて、笑顔で

 

そして、

 

自然に学べる環境づくりから

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『インプットとアウトプット』

 

この関係性サイクルは学びの必須

これは、大切だと私は思っています。

 

以前お伝えした学習の4段階です。

 

『学習の4段階』とは?

 

知らない・出来ない(無知の無意識)

   ↓   ↑

知っている・出来ない(意識)

   ↓   

知っている・意識すれば出来る(意識)

   ↓   ↑

無意識で出来る(有識の無意識)

 

この学習の4段階、無意識から学び始め、

再び無意識に戻ります。矢印青

 

新人に分かりやすく伝えるということは、

この段階を逆に移行することを行う、

そのようなものではないでしょうか。矢印赤

 

 

自分が学習し、無意識で行っていることが、

理論的にきちんと説明できますか?

 

 

自分の無意識から自由自在に情報を取り出し、意識的に

その情報をまとめ、相手がきちんと理解できるように、

分かりやすく噛み砕き、詳細に伝えることが出来るか否か。

 

そこでの自分自身のスキルの理解度が分かるのです。

 

認知からメタ認知として、応用することが出来るか否かです。

これは、自分自身のスキルにつながります。

 

再構築し、詳細に説明できるまで

自分が理解しているか否か

 

何気に毎日スキャンニングしている超音波検査。

無意識レベルで行なっているスキャンニングでした。

 

私は多くの人に超音波検査を教えてきました。

初めのうちは、「見て覚えて! やるしかないから~~♪」

 

これ、ひどいですよね...笑

 

でも、それに近い状態でした。

 

 

無意識で行なっている動作を、伝えようとすると、

意識レベルで言語化するのが結構難解なのです。

 

教えることは、学びとは別の作業です。

 

自分自身のスキルをさらにUPさせたいと思ったら、

若い後輩たちの指導をしてみてください。

そこから新たな自分自身の進化が得られます。

 

教えることは、自分自身の学びです

 

私は、そう考えています。

 

 

 

 

 

質問されて、自分なりに説明する。

この作業、明確に答えられるまで理解していますか?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.人を育てることも仕事です

 

ことわざで、 「門前の小僧 習わぬ経を読む」

 

ふだん見聞きしていると、いつのまにかそれを学び知ってしまう。

環境が人に与える影響の大きいことのたとえ。

 

新人や後輩に教えることは余計な仕事だ

こう考える人もいるようです。

 

社会の中で年長者や先に行くもの、先人者たちは、

後に続く人材を育てるのも社会人としての役割だと私は思っています。

 

さらに、

教えることは自分の学びになると考えています。

 

そして、

新たな環境の場では、「門前の小僧」であるべきだ、

このことわざの意味は、学ぶ側の姿勢であるべきだ、

私は、そのように受け取るのだと感じます。

 

「門前の小僧」の姿勢は受け入れてもらう側、

 

つまり教わる立場の者の在り方として、

必須の姿勢だと思います。

 

教わる側は、周囲のキャリブレーション(観察)することが必須です。

 

1から10まで、手とり足取り、受け身では、

それは、先輩たちには、お荷物でしかありません。

 

常に周囲の動きを観察し、必要なことは記録し、

見ていてわからないことは逆に質問をする。

 

理解しようとしないと質問は出来ません。

この場合の質問「疑問」

 

わからないことが、わからなければ質問は出来ないですよね。

 

教える側、受け取る側

双方のオープンマインドでラポールが築けます。

 

ラポールとは、信頼関係と言われますが、広義の意味です。

このことは、またのちほど。

 

自分と会話をすることが次のステップアップに必要となります。。

  • 今日1日、何を学んだか?
  • わかったことは何か?
  • そこから生まれた疑問は何か?


 

明日は、この

「自分とのコミュニケーション」を考えていきましょう!

 

 

今日のまとめ

  • 笑顔には、笑顔が返ってきます
  • 新人を心から受け入れてください
  • 教えることは大きな学び、スキルUPしたければ教える

 

今日も最後までありがとうございました。

 

※ご意見・ご質問は、こちらからお気軽にどうぞ

みなさまのお声を楽しみにしております。

 

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

 

☆Pure Medical attitude ワークショップ情報☆

「コミュニケーション」「個人セッション」など様々な企画をしてます
こちらのサイトから♥

 

 

☆アンコモンセラピー読書会☆

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの名書「アンコモンセラピー」を毎月開催しています。

次回は、3月29日(金)19~20時 ご興味有る方は、

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPからお申し込みください

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

合格イベント情報合格

《セルフコミュニケーション 》

 

~自分と会話していますか?~

 
本当の自分?

 

自分のコアを知っていますか?

 

『異空間からのメッセージ』

 

自分の能力に気づく

ワクワクすることに気づく

自分が没頭できることに気づく

何気なくから見えてくるものに気づく

もっと自己成長したいと思っている気持ちに気づく

 

『無意識から意識に昇格させたいことは何ですか?』

 

意外と自分のことを人は知りません

こんなに一面も有ったのか。。。

そんなドキドキする体験ができるとしたら?

何気なくを待っているよりも

ちょっとの意識で自分の未来が見えるのかも知れません

だって自分が欲しいものですから

 

最近、自分自身と会話していますか?

 

しているようでしていない?

私はNLPで自分と会話が出来るようになりました

 

自分の脳にちゃんと

行き先を伝えることができるようになりました

 

自分だけの未来行きのロードマップです

 

 

何気なく仕事をされている

上手く仕事が回らない

 

このままで良いのかと将来が不安

毎日の生活に張り合いがない

 

何となくからとにかく脱却したいと思っている

 

何をやっても長続きしない

モチベーションUPしたい

 

4時間で自分を知るための方向性が得られます

 

いつも、思考の渦に巻き込まれている方へ

頭の中での連想ゲームに刺激を入れると

グルグル渦から脱出できます

 

ポンっ!

 

脱出したいと思ったら、

私と4時間都会の中の『異空間』でお付き合いください

今、『異空間』からメッセージをお届けしています

 

 

 

 

自分に気づくための時間を過ごしませんか?

探していた能力

過去に埋もれている資力

忘れていた好奇心

そこから自分の未来が描けるのでは無いでしょうか?

描かない未来はやって来ません

 

 

☆プレゼントワーク詳細☆

 

☆日 時☆

 

 ※3日間ともに同じ内容です。ご予定に合わせてお申込みください。

 

2017年4月8日(土) 14:00~18:00  開場 13:50 受付中

2017年4月29日(土) 14:00~18:00  開場 13:50 受付中

2017年5月14日(日) 14:00~18:00  開場 13:50 受付中

 

☆場 所☆

Pure Medical attitude/Office Pure

JR鶴見駅 西口より 徒歩10分

 

※お申込後、詳細ご連絡いたします。

 

☆参加費☆

¥16,200(税込) (資料 お茶 お菓子 込)

 

※折り返し、お振込先をお知らせ致します。

 

☆持ち物☆

♥筆記用具 ♥好奇心 ♥ワクワク感 ♥今の課題

 

☆お申込み☆

こちらメールからご希望の日程をお知らせくださいベル

折り返し詳細ご連絡いたしますラブラブ

 

 

 

【ファシリテーター】

Pure Medical attitude代表 

米国NLP™協会認定 NLPトレーナー

かたよし純子 Junchan♪

 

お申込み後、1~2日で詳細をご連絡いたします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誰でも『元気になるJunchanのblog』

今日もご訪問ありがとうございますラブラブ

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

今週のテーマは、「悪習慣」の最終回です♪

悪習慣、依存症を手放すまでのステップをご紹介しましょう

 

今日のテーマは、

  1. 変化へのファースト3ステップ
  2. 依存症からの変容への実際

 

私は、さまざまな場面で「悪習慣」と言われる

やめたい行動を変えるワークを学んできました。

 

NLP、催眠療法、認知心理学、行動療法、

認知行動療法、動機付け面接法etc

 

 

クセが習慣化し、依存症へと移行する。

昨日お伝えした、「喫煙」は、その最たるもの...

 

人間は自分が思っているよりももろいものだと思う。

 

だからこそ、

自分自身が日常から気をつけることも大切

 

過信せず、過度のストレスを持ち込まないように

セルフメンタルケアも大切

 

1.変化へのステップ

変わるための方法、手放すための方法もさまざまある。

自分に合った方法を見つける

 

《変化へのファースト3ステップ》

 

初めのステップは、意識することから始まります。

そして、思考は、意識と無意識を交互します。

 

  1. 変わることが出来る可能性を認知する。

その可能性の気づきから始まる。

変わることで何が得られるのか?

自分の未来ビジョンの可能性に対して、問題行動がふさわしいか否か?

 

  1. 自分自身がその問題行動を選択したいか否か

その問題行動は、自分にどのような意味があるか?

その問題行動の価値は何かを認知し、変える価値は有るのか?

 

  1. 自分の能力を持っていることを認知する。

自分がその方法を見つけ出すことが出来る。

そして、最適な方法を選択し、新たな行動を行う能力を持っている。

自分にとっていちばん親しみやすい方法である。

 

 

昨日のブログでお伝えしたように、

依存症とは、習慣と異なります。

習慣は、自分の価値に対して選択している行動。

 

依存症とは、「脳内報酬系がのっとられる」乗っ取りです。

パーソナリティが乗っ取られているのです!

 

習慣のうちに手放しましょう!

 

 

☆3月 パーソナルセッション ご案内☆

みなさまの変容に寄り添います

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

《意識と無意識のバランス》

 

何気に使っているが、

「意識 Consciousness」と「無意識 Unconsciousness」

「顕在意識 Consciousness」と「潜在意識 Subconsciousness」ともいう。

 

どちらを用いるのが良いのか?

意識 と 無意識のWeb検索をまとめると以下のような感じ...

 

 

意識とは?

1.物事に気づくこと、その心や感知、知覚、自覚、覚醒、見当識。

混濁・無意識などに対して、はっきりした自律的な心の働きがあること。

2.状況・問題などのありようを自らはっきり知っていること。

思考・感覚・感情・意志などを含む広く精神的・心的なものの総体、

特に対象を認識する心の働きや主観。

物質・存在・世界・自然などの客観的なものに対し、

自他の在り方自身を察知する明瞭な心の状態。自己意識

3.感覚器官(眼・耳・鼻・舌・身)に対する心の働きや精神の働き。

 

 

無意識とは?

1.意識がない、気を失っている状態

 

2.自分のしていることに気づかないこと。意識しないでしてしまうこと

 

3.通常は意識されていない心の領域・過程

夢・瞑想・精神分析などによって顕在化(意識化)される。

潜在意識。深層心理。

 

 

人の記憶の中で、認知している部分は、

5%とも言われる。

 

無意識(潜在意識)の中には、

膨大な情報が眠っているとも良く言われる。

 

私はよく用いる催眠は、

その無意識にアクセスする手段ともされる

 

「あっ! そうか!!」

 

この状態を引き出す方法としての「催眠 ヒプノセラピー」です。

 

まさに、

意識に気づかせる、

無意識の膨大な情報倉庫からを情報をピックアップするのです。

 

そのために意識に「効果的な質問」をする必要があるのです。

 

自分自身を活用するために、

学び、情報を蓄積し、必要な時に取り出せるように準備をする。

 

そして、無意識の情報を意識的に引き出し、

「点」の情報を「線」にする。

 

そのためのヒントが無意識にはちゃんとあるのです。

私はそう考えています。

 

その方法は、人、さまざま。

誰かが良いと思ったことが、

すべての人に効果が有るとは私には思えません。

 

異なるもの、亜種があっても良いのではないでしょうか?(笑)

「亜種」があるから、進化があるのです。

 

そんな馬鹿げたことを...

思うこも必要かと...

 

夢物語に真剣に取り組むのも有り!

思うことから進化は得られる!

 

私は、多分「亜種」です (笑)

 

 

そして、

意識と無意識の間で、自分のなかでの「感性バランス」

私は、これを楽しみます♥

 

さぁ~♪

 

自分に質問しましょう!

何となく無意識で行なっている習慣行動に意識を向けると、

 

 

『その行動をしている自分自身はどのように見えますか?』

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.依存症からの変容への実際

 

今までお伝えしてきたように

 

悪習慣によるリスク

悪習慣による得られる価値

悪習慣による社会的影響

 

これらをしっかりと意識することからです。

 

変容へのステップは、

 

5段階「行動変容ステージモデル」

  1. 前熟考期
  2. 熟考期
  3. 準備期
  4. 実行期
  5. 維持期

 

1.前熟考期  気づいていない時期

問題の重要性の自覚を促す

3つの確認(変われる可能性、変わる意味、変わることが出来る)

 

2.熟考期  問題かもしれない...

行動変容の必要性に自分自身が気づき、葛藤する

良い点、悪い点を自分自身で認識する

 

3.準備期  変わる決心をする

行動への肯定的な意図を持つ

周囲からの見守り

 

4.実行期  具体的な変化への実践

具体的な方法を実践していく

誘引の削除、ストレスへの対処

成功したこと、出来たことに注目する

 

5.維持期  新しい習慣を獲得し、行動変容を維持する

出来たことを、プラスの効果に注目し、達成感を得る

やめ続けることの大変さ、周囲の理解、サポート

悪習慣が依存症になる前に、気づくことが第一歩です。

 

依存症も必ず改善できます。

 

自分に質問しましょう!

 

『自分の未来に、その習慣は必要ですか?』

 

 

 

今日のまとめ

  • 意識と無意識のバランス、思考は行ったり来たり
  • 人と同じで無くても良い、自分に合った方法を選択する
  • 5段階「行動変容ステージモデル」周囲からのサポートも必要

 

今週もありがとうございました。

また、来週お目にかかれたらめちゃめちゃHappyです!

 

※このブログに関する、ご意見・ご質問は、

こちらからお気軽にどうぞm(_ _)m

みなさまのお声を楽しみにしております。

 

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

【ランクUP空間で開催されるセミナー情報】

3月開催 行動志向へのビリーフチェンジ

決断できない行動には、ネガティブな信念があることも。
価値観を作り上げているのは、「ビリーフ 信念」です!

3月12日(日)14時~ 終了   3月25日(土)14時~

 

 

 

4月までには押さえたい、ランクUPコミュニケーション

コミュ力UPの3ポイントをお伝えします
1.ワンランクUPの自己紹介
2.伝えるコミュニケーション
3.相手に理解される感覚言語

詳細は、こちらから

 

 

Relieved Spaceちょっと学べるおしゃべり解放空間

医療スタッフさん、ぜひぜひお集り下さい!!

3月26日(日)  4月16日(日)両日 14時~

 

 

3月 パーソナルセッション ご案内

みなさまの課題をクリアにして夢実現へサポートします!

 

 

☆アンコモンセラピー読書会☆   

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの戦略的手法を紹介されている名書「アンコモンセラピー」

この読書会を毎月開催しています。 次回は、3月29日(金)19~20時

 

ご興味有る方は、

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も『元気の出るJunchanのblog』

ご訪問ありがとうございます。

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

 

今週のテーマは、『悪習慣』です

今日のテーマは

  1. 誰でも依存症になる可能性が潜んでいることを認知
  2. 悪習慣のリスクを認知することから

 

今日は、悪習慣から依存症という疾患

そして、そのリスクを顕在化してみましょう。

どんな人でもかかりうる、脳の疾患だと思っています。

 

1.誰でも依存症になる可能性が潜んでいることを認知してください

 

先日、横浜市大の「医療公開講座」を受講してきました。

横浜市立大学付属病院 

児童精神科 助教授 青山医師の講演でした。

 

お話がすごく楽しくあっという間の1時間半あまり、

 

タイトル

『「変わりたい」を引き出す、依存症治療「動機付け面接法」』

 

身近にある「依存症」の事例を交えてのお話でした。

 

気分転換から初めた行動、いわゆるストレス解消としての行動

アルコール、薬物、ギャンブル、インターネット、ゲーム...

 

身近にあるモノばかり、

誰でも簡単に手にすることがあります。

 

薬物も? と言われそうですが、

タバコに含まれる「ニコチン」は、

立派な薬物だと私は思います。

 

気晴らしのつもりで初めたことが、

いつのまにか「何となく行動」の習慣化になっていませんか?

 

かく言う私もある意味「インターネット」に依存気味。。。笑

スマホを握りしめているのも、いわば、依存です。

この状態が終日続くと完全な依存症です。

 

 

青山先生の話の初めに「依存症の人のイメージとは?」

の話がありました。

 

意思が弱く、いじけている、陰湿な性格、

暗く、悲惨で、荒んだ生活、世間と切り離されたような

 

こんなイメージでしょうか?

 

 

でも、誰でもはまり込むリスクを持っていることを認識していますか?

 

私は、絶対大丈夫だから!

 

ほんとうにそう言いきれますか?

 

ストレス解消に、

 

アルコール

タバコ

インターネットゲーム

ギャンブル

買い物 ← 私、やばいです(笑)

 

心のバランスを失った時に、

ストレス解消だからといってのめり込んでいく...

 

ある種の快楽が得られる、乱用から依存につながります。

一時的な快楽で脳は癒やされます。

 

脳からドパミンが分泌されることで、

得られる快楽に継続性を持ってしまう。

 

「脳内報酬系がのっとられる」

 

と青山先生は表現されていました。

 

 

私は、大丈夫だから! 

 

この過信は当てになりません。

どんな人でも依存症になる可能性があることを認知して欲しい。

 

依存症は、どんな人でも罹患する可能性がある「脳疾患」です。

 

悪習慣だと認知したら、乱用から依存症になる前に

 

感情コントロール=感性バランス を整えましょう

 

 

ストレス解消法として先程上げた以外のこと、

昨日のブログで挙げたような行動、別の方法を用いるのも一案です。

 

歩く、運動する、掃除をする、身体を動かす行動に切り替えたり

映画や趣味を持つのも良いかも知れません。

 

自分にプラスになる解消法を持つことも大切だと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『COPD(慢性閉塞性肺疾患)』

 

喫煙者のハイリスクとしてよく言われます。

 

肺機能検査 「一秒率」の結果で、疑い確認できます。

 

「一秒率」とは、

一気にどれくらい息を吐くことが出来るか否かです。

吐き始めからの1秒間に、

全体の何%吐くことが出来るかを計測します。

 

私は、呼吸機能検査をCOPD疾患の患者さんに対しても、

数知れず行ってきました。

 

呼吸機能検査とは、

健康診断でもふるい分け検査として、

導入されているところもあり、

検査されたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

麻酔を使う手術前検査では、必須です。

 

息を吸ったり吐いたり...アレです(笑)

 

けっこう苦しいです

 

 ぎりぎりまで吸う

 ぎりぎりまで吐く

 

ふだんあまりやりませんよね?

 

すごく苦しいです。

健康な人でも苦しいです。

苦しいところまでやらないと、機能評価はできません。

「肺機能検査」ですから...

 

COPDの患者さま みなさん言われます

「この検査いちばんやりたくない...苦しいんだよね...」

 

普通に呼吸するのも苦しい方たちです。

時には、酸素を吸いながら、

息を吐くのがとにかく苦しい...

絞り出すように吐き出さいて戴く...

 

タバコによりかなりの高リスクで

「慢性閉塞性呼吸器疾患 COPD」になります。

 

苦しくても、診断や治療のためには検査が必須。

呼吸苦を訴えている患者さまへの検査です。

 

検査をする側もかなりの配慮が求められます。

苦しいことを受けとめながら行います。

 

人によっては、意図的にやらない人も...

いや、無意識でセーブしているのかも知れません。

 

でも、患者様の無意識に働きかけながら検査を進めていきます。

 

このときの声のかけ方や、

受けとめかたが検査結果に反映されます。

 

呼吸指示をさせて戴く側、

すなわち検査技師もかなりの体力を要するのです。

 

一生懸命声掛けしないと、 一生懸命やって戴けません。

 

 

生半可な対応は、すぐに見抜かれます。

人間の感性は、すごいです。

 

そして、

検査を受けていただく側の気持ちを受けとめないと

臨床検査は成立しません。

 

患者さまとの信頼関係の上に「生理検査」は、成り立っています。

上からではない、

同一目線、立場として意識することが基本です。

 

私の認識として「医療」は寄り添うものだと思っています。

 

 

 

「慢性閉塞性呼吸器疾患 COPD」 

酸素が手放せなくなります。

どこに行くにも、何をするにも、酸素が側に、お友だちです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.悪習慣のリスクを認知することから

 

例えば、健康被害を誘発するタバコ

 

タバコの場合は、薬物依存症

捉えたほうが良いと思います。

 

 

愛煙家の方へ

依存症の代名詞のような喫煙習慣を手放しませんか?

 

タバコは、習慣化することで、すぐに依存症へと移行する。

それは、ニコチン依存症へと連鎖される。

ニコチンが体内から無くなると、「禁断症状」が出ます。

 

タバコに関してはさまざまな悪害が言われています。

その好ましくないリスクを再認識する

 

  • 健康被害

・ニコチン、ニコチン中毒になります。ニコチン中毒は薬物依存症です

・一酸化炭素による動脈硬化、、

・呼吸苦を引き起こすCOPD(慢性閉塞性肺疾患)

・含有されるタールによる、発がん物質。

肺がんや、消化管のがん、乳がん、子宮がんなどのリスクも上がる

 

  • タバコに関する経費を考えてみる

・その経費を別のものに投資することから始めることも一案。

 

  • 老け顔になる

・肌の色艶、ハリ感が失われる。見た目年齢の低下

動脈硬化により酸素不足など皮膚から若さを奪う

※未病サポーターのセミナーで実例写真を見ています。

 

 

その他にもさまざまなリスクを背負うことに成ります。

書き出したらキリがありません。

 

ニコチンは麻薬や覚醒剤、

アルコールなどと同じ依存性の異物です。

 

興奮物質のドパミンが、

依存性を誘発し常習性につながります。

ニコチンへの薬物依存です。

 

覚醒剤と同じ作用だと私は思っています。

 

それでもタバコを吸いますか?

 

そして、

 

あなたの大切な人の、健康被害にもつながります。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、シビアに「習慣から依存症」になるケースとして、

タバコを取り上げましたが、

 

誰でも依存症に陥ることがあるということを

私は伝えたいのです。

 

 

ギャンブルや買い物依存による、自己破産。

寝る間も惜しんで、ゲームに没頭、

 

それでも続けますか?

 

変わりたい、手放したい気持ちがあるなら、

必ず人は変われます。

 

そのために勇気をもって手を伸ばせば、

そこにはちゃんと、つかみとってくれる「手」が必ずあります。

 

 

3月 パーソナルセッション ご案内

悪習慣を手放すサポートもご相談ください

 

 

 

【今日のまとめ】

  • ストレス解消も依存性になる
  • 健康的なストレス解消法を考える
  • 依存症は、どんな人でもなり得る疾患
  • タバコは、薬物依存症、周囲の健康被害も認知

 

今日も最後までありがとうございました。

また「誰でも元気になれるJunchanのblog」にご訪問お待ちしております♥

 

このブログをお読み戴きました、みなさまのご意見・ご質問を

心からお待ちしております。こちらからお願いいたします♪

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

 

【癒され空間で開催される情報Pure Space】

3月 パーソナルセッション ご案内

差し伸べられた「手」をしっかりと受けとめます。

 

 

 

3月開催 行動志向へのビリーフチェンジ

決断できない行動には、ネガティブな信念があることも。

3月12日(日)14時~ 終了   3月25日(土)14時~

 

 

 

4月までには押さえたい、ランクUPコミュニケーション

コミュ力UPの3ポイントをお伝えします

1.ワンランクUPの自己紹介
2.伝えるコミュニケーション
3.相手に理解される感覚言語

詳細は、こちらから

 

 

Relieved Spaceちょっと学べるおしゃべり解放空間

医療スタッフさん、ぜひぜひお集り下さい!!

3月26日(日)  4月16日(日) 両日 14時~

 

 

☆アンコモンセラピー読書会☆

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの戦略的手法を紹介されている名書「アンコモンセラピー」

この読書会を毎月開催しています。 次回は、3月29日(金)19~20時

ご興味有る方は、

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せくださいラブラブ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も 『誰でも元気の出るJunchanのblog』

ご訪問ありがとうございます。

医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です合格

 

今週のテーマは、悪習慣を手放すです。

昨日は、「あぁ...またやってしまった...」

ここにある「葛藤」の感情で終わりました。

 

今日は、その葛藤の感性バランスを見ていきましょう

 

今日のテーマは

  1. やめたい「問題行動」に有るプラスとは?
  2. ストレス解消の選択肢を増やして見る

 

その感情を探し出す「質問」 してみましたか?

そして、問題行動だと思っている自分の中にある感情がわかりましたか?

 

葛藤は、相反する2つの行動の間で起こりいます。

両方共に自分の中の大切な感情を伴っています。

 

双方の「感性バランス」をとってあげることが大切です。

 

「感性バランス」とは、私の造語です。(笑)

昨日のブログで説明させていただいています。

 

感情をコントロールする感覚、

右脳、左脳をバランス良く自分で意識しながら

柔軟に均衡をとっていくそんな感覚的なことばです。

 

さて、昨日の「問題行動」の感情 

プラスの意図(肯定的な意図)は何でしたか?

 

初日に上げたよくありがちな問題行動、

これらは、日本人のストレス解消法としてよく用いられる行動です。

ストレス解消でどのような感情を得たいのでしょうか?

 

1.タバコ   → リラックス出来る

2.アルコール → 嫌なことを忘れて、楽しい気分になれる、

3.甘いもの  → エンドルフィンによる幸福感

4.ギャンブル → 一攫千金、

5.インターネットゲーム → 勝利感を得ることでテストステロンの分泌

 

 

私の想像の範囲ですがこんな感情を得たいのでしょうか。

これ以外にも自分にある「問題行動」のプラスの意図

 

その感情は、「肯定的な意図」

自分自身にとっての、プラスの感情です

 

その行動をやりたいから、

自分にとって肯定的な感情を得ているとも言えるのです。

 

日本人のストレス解消法として これらの行動がよく上げらます。

 

ストレスがあるから、気分を良くしたい。

スッキリしたい

そんなホルモン分泌を促す行動に依存しがちになります。

 

 

月曜日の「すべての行動には、肯定的な意図がある」これです。

自分にとってのプラスの意図

 

これが有るから無意識の、習慣行動になってしまうのです。

 

プラスの意図を別の方法で

ちゃんと自分に与えてあげなければ、

 

必ず、元に戻ります。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

未来ビジョン

これが明確にあると、ビジョンを描くことでも

ストレスを軽減出来るではと私は考えます。

 

みなさんは、未来ビジョン描けていますか?

 

さまざまな自己変容をしていく中で、

壁として感じるのが「未来ビジョン」かも知れません。

 

ビジョンを描くこと

 

「何がやりたいのかわからない」

 

そんなことをよく聞きます。

実際、私自身もそうでした。

 

心理学を学びながらも、自分と向き合う時間。

自己認識は?  この質問に「??????」でした。

 

私自身は何を目的に生きてきたのだろうか?

この質問を投げられた時に、

明確な答えが出てこないのです。

 

未来に向かうタイムラインの途中で、

霧の中のような感覚を何度も体験しています。

 

見えない不安に、さまざまな学びを続けています。

探すために、知識を得る、この繰り返しです。

 

「人は、死ぬ直前まで成長できる」

 

 

この言葉に何度も助けられました。

「やりたいこと」今は、明確です。

 

私にとっての人生の「メタアウトカム」です。

私の場合は、年齢からも先が見えていますから~笑

 

そして、ここでも大切なのは、

前回もお伝えしたメタアウトカムです。

 

問題行動の感情の先にある「目的」が、

自分のメタアウトカムにつながるか否か。

 

つながるならば、良いのですが、

おそらく別の行動場所に誘導されるので、

自分の中の葛藤になっているのだと思います。

 

人は、どのような形で社会貢献するのか?

これは、やはりひとつの課題です。

 

アルフレット・アドラーいわく、

貢献感があってこそ

活き活きと毎日過ごすことができるのです。

 

 

 

3月 パーソナルセッション ご案内

悪習慣を手放すためのセッションでもOKです♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2. ストレス解消の選択肢を増やして見る

 

「問題行動」とは別の、

プラスの意図が得られる新しい行動を考えます。

タバコに関しては、依存症だと私は思うので

次回詳しく扱います。

 

その他の習慣行動を見てみましょう。

 

例えば)

アルコール、お友だちと楽しく語り合いながら

みんなでお料理をしながら

ホームパーティーで楽しむも良いかもしれません。

会話もストレス解消につながります。

楽しい空間は、癒されホルモンの分泌を促します。

 

例えば)

ダイエットしたいのについ食べてしまう甘いもの。

甘いものを食べることで、脳は幸せ気分になれます。

 

食べすぎてしまう人は、

カロリーを考えた食生活、

買いすぎない、作りすぎないも必須。

 

ギャンブルやインターネット

他のことでも同じような

プラスの意図が得られことを選択する

 

他で幸せ気分になれること、

どんなことがあるでしょうか?

 

例えば)

自分の好きなことをしている時は、

どんな感覚ですか?

そんな時間を過ごすことも出来るのではないでしょうか。

 

集中できる趣味に没頭する。

運動を選択すれば、健康にもつながり一石二鳥です。

 

 

さまざまな別の案をたくさん用意しましょう、

そして、自分に投げかけてみてください。

選択肢は多いほうが良いのです。

 

感性バランスを楽しみながら自分に質問します。

 

「どんな楽しいことができるだろうか?」

 

考えるだけでも効果があります。

脳は、時間を認識がありません

 

月曜日にお伝えした、

「家の中に持ち込まない」これも実行しましょう。

甘いもの買う時は、量を考えて買うのも一案です。

 

パチンコ屋の前を通らない。

スマートフォンやPCを時間管理しながら使うのも一案です。

 

全く絶つのは辛いものです。

量を減らしてことや、

2回に1回、半量購入することからでも意識しましょう。

 

いただきものは、他と共有することも一案です。

 

100を0にするのは、なかなかきつい選択です。

100を80にすることを、20%OFFを毎回やったらどうなりますか?

 

80%は、64%

64%は、51%...

 

三回目には、半分の量になります。

これも一案では無いでしょうか?

 

 

そして、2回に1回へと減らすことができたら、

出来た自分を褒めてあげてください。

 

買ってしまったことを後悔するのでは無く、

減らすことが出来たと「認知」することからです。

 

「出来た」という、ことを意識することから

ここからならば、始められませんか?

自分に合った方法を考えてみてください。

 

 

今日のまとめ

  • 問題行動のプラスの意図(肯定的意図)を知る
  • 自分に合った、別のプラスの意図に変える
  • 出来たことから認知する

 

今日も最後までありがとうございました。

また明日お目にかかりましょう!

 

このブログをお読み戴きました、みなさまのご意見・ご質問を

お待ちしております。こちらからお願いいたします♪

 

 

Pure Medical attitude

かたよし純子 Junchan♪

 

 

 

【癒され空間で開催されるセミナー情報】 

4月までには押さえたい、ランクUPコミュニケーション

コミュ力UPの3ポイントをお伝えします

1.ワンランクUPの自己紹介
2.伝えるコミュニケーション
3.相手に理解される感覚言語

詳細は、こちらから

 

 

3月開催 行動志向へのビリーフチェンジ

決断できない行動には、ネガティブな信念があることも。
価値観を作り上げているのは、「ビリーフ 信念」です。

3月12日(日)14時~ 終了   3月25日(土)14時~

 

 

Relieved Spaceちょっと学べるおしゃべり解放空間

医療スタッフさん、ぜひぜひお集り下さい!!

3月26日(日) 4月16日(日)  両日 14時~

 

3月 パーソナルセッション ご案内

みなさまの課題をクリアにして夢実現へサポートします!

 

☆アンコモンセラピー読書会☆

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。

ミルトン・エリクソンの戦略的手法を紹介されている名書「アンコモンセラピー」

この読書会を毎月開催しています。 次回は、3月29日(水)19~20時

アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せください

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。