(ж>▽<)Enjoy!! Organic Life♪

和田賢治のオフィシャルブログです。

オーガニック・無添加食品、ライフスタイルのコンサルティング、アドバイス。
オーガニックライフを通じて、体と環境のために
本物の健康を手に入れるブログです。

ご訪問いただきありがとうございます!


オーガニック、食と健康の専門家として、

・興味はあるけどわかりにくい
・オーガニックとそうでない物の違い
・イメージはいいけど、本当に体にいいものって?



みんなで Enjoy!!Organic Life♪



人気記事♪
宝石ブルー はじめに。
宝石ブルー女性が体に化学物質を溜め込みやすいわけ
妊婦の方、小さいお子さんをお持ちのママさんに読んでいただきたいです。
宝石ブルーアブラシリーズ目次
宝石ブルーデトックスと美肌

このブログに書いていることはあくまで、私自身が調べて感じたことです。
全て鵜呑みにせずに、こういう考え方やこういう説もあるんだという
スタンスで受け取ってください。
興味がある内容に関してはぜひ、ご自分でも色々と調べて
情報収集してみてくださいね。


ひらめき電球福岡でオーガニックイベント、セミナー勉強会など企画してますひらめき電球


  
ファスティングや食に関する出張セミナーも承ります

お気軽にご相談ください。

これ→ オーガニックライフセミナー詳細


 



NEWオーガニックスイーツ開発
NEWオーガニック商品開発・導入
NEWオーガニックビジネスコンサル
NEWサロン様向け ファスティングメニュー導入サポート

チョキお気軽にメッセージくださいチョキ

手紙info@wisecure.biz



にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ


テーマ:

昨年の1月から、新しい仕事の一つとして湯布院の旅館の経営に携わっていました。

Facebookでも度々書いていたので、ご存知の方も多いかと思います。

 

経営的にも落ち着いて来たので、今年の6月を持ってそちらの仕事は終えることとなりました。

 

 

多くの方に旅館に遊びに行くねと言っていただけており、

実際に来ていただいた方もいらっしゃったので改めてご報告させていただきますね。

 

 

もともと会員制の隠れ家旅館だったのですが、

一般の方々にも泊まっていただけるようにリニューアルオープンするうえで

事業の責任者として奔走しておりました。

 

なんせ、全く経験のない業種で

自分が引き継いだ時点では従業員も夜間警備の方お一人。。。。

 

スタッフの採用から教育、料金の見直し

広告宣伝戦略に集客プランの策定。

 

申し込みの間口確保にウェブのプランニングなどなど

ゼロからのスタートばかりでした。

 

仲居さんを2人、支配人を1人、料理長を1人と面接し採用していきました。

多くの方にご紹介いただき、本当に周りに助けられました。

 

多くの方のご協力のおかげで、素晴らしいスタッフが集まりました。

 

これでようやくなんとか営業がスタートできると思った矢先に、

昨年の熊本、大分の地震。。。

 

 

 

 

 

部屋の壁には亀裂が入り、

ウッドデッキは剥がれ落ちそうに。

 

かなり太い露天風呂の柱がずれ、

建物のある地面にはヒビも。

 

これからという時にこんなことになり、

正直かなり凹みました。

 

修繕にかかる多大な費用。

 

風評被害で減る観光客。

 

プラスの要素が見つからず、ゼロから集客して

経営を立て直さなくては行けない状況でした。

 

しかし、凹んでいても何も始まらないため、

できることを一つずつやっていきました。

 

 

スタッフもお客さんが来ない時は

長年かけて溜まったホコリやカビを雑巾で拭き

 

 

庭の草木を刈り、宿を綺麗に復活させてくれました。

 

福岡での仕事もしているためなかなか現場に行けず、

手伝いもできませんでしたが本当に大変だったと思う💦

 

楽天トラベルやじゃらんに登録し、予約する窓口を広げていきました。

 

楽天やじゃらんの担当者の方にも言われたのですが、

湯布院での新規参入の難しさ。

 

全国的にも有名で、各旅館のレベルが高いこの地での参入は本当に厳しいものでした。

 

それでも、予約が一件入ればスタッフみんなで大喜びし

 

どうやっておもてなしをしようか?

 

また来たいと思っていただくにはどうすればいいのか?

話ししていました。

 

本当の意味でのおもてなしとは?

 

技術やマニュアルではないと思い、

あえて外部の研修は入れずに自分たちで考え、信じる接客をしていきました。

 

スタッフには、ほぼまともに旅館業の経験がある者はいません。

 

しかし、その姿勢が実を結び

姿勢を評価していただき、少しづつお客様が増えて来ました。

 

また来るね

 

今度は家族と来るね

 

など

 

とても嬉しいお言葉をいただけるようになりました。

 

大手や老舗のようなブランド力はない

広告宣伝費に多額の資金を使えるわけでもない

 

しかし、あるものの魅力を最大限に生かし、

本当にお客様に喜んでいただけることを的確に掴むことで

喜んで頂けてるのだと思います。

 

仲居の2人は高校を卒業したばかりの10代と20代前半の女の子だったので、

悩むことも多かったようです。

 

常に伝えていたのは、本当にお客様のためになるようなことなら

迷わずやっていい。

 

失敗したらそれを教訓に、同じミスを二回しないためにどうするか考えればいい。

 

ということだけ。

 

これは大学の時にラグビー部でチームマネジメントをして、

卒業後もコーチとして活動していた時の経験も生きてるかな。

 

敵を分析し、自分たちを分析する。

敵が弱くて自分たちが強いところを知る。

 

そして、それを最大限に生かすために何ができるか?

挑戦、練習して経験を重ねて修正、改善していく。

 

シンプルだけどこれは本質的なポイントだと思う。

 

 

 

自分の専門分野で言えば、オーガニックアメニティの導入

 

さすがに旅館で使う業務用の卸業者が扱う商品の中に

オーガニックのものはない・・・・

 

 

と思ったら、POLAが一個だけラインを持ってました(笑)

 

品質的にはまだまだ満足できるようなものではありませんでしたが、

一般的なものよりはまだマシだったので速攻で導入を決めました。

 

また、シャボン玉石鹸さんが同じ九州の

北九州本社ということで、営業の方と話をしました。

 

これまで旅館や宿泊施設とは取引をしたことがないとのことで、

最初は難しそうでした。

 

しかし、情熱と説得でw

 

取引のある業者に卸してもらい、

そこ経由で仕入れることができることになりました(笑)

 

この流れから、シャボン玉石けんさんも旅館やホテルなどにも

今後取り扱いをしてもらえるようにしたいとのことでした。

 

 

お子様連れでも安心して過ごしていただける旅館にしたいと思っていたため、

これまでのシャンプーやリンスなどではなく、こだわりのものに。

 

経費的にはだいぶ上がりましたが(笑)

 

これら以外にも、専門店で購入したオーガニックの

ボディソープやシャンプー、化粧水、スキンケア商品などを

貸出できるようにしました。

 

これも女性には好評をいただき、多くの方にご利用いただけました。

 

毎週のように車で高速に乗り通い、年末などの連休には夜間警備として泊まり込みで

手伝いに行ったりと大変でしたが非常にやりがいがありました。

 

 

おかげさまで口コミでも高評価を頂き、なんとか責任者としての最低限の役割は

果たせたのかなと思っております。


 

■じゃらん口コミ(4.9)

https://www.jalan.net/yad385352/kuchikomi/?screenId=UWW3001&yadNo=385352&smlCd=440602&distCd=01

 

■楽天トラベル口コミ(5.0)

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/158547/review.html

 

 

自分はもう経営には携わっておりませんが、

自分が育てたつもりの大好きな宿です。

 

ぜひぜひ湯布院へお越しの際には、お立ち寄りくださいね。

 

 

ふうきの里HP:

http://www.fukinosato.com/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プロフェッショナル仕事の流儀にて
先日、普段は特に見てないのになぜか気になり
HDDに録画して番組を見た。

誰の回かもわからず、見ていくと
今回はカルビーの会長松本氏のドキュメンタリーだった。

同氏が会長に就任後、借金も返済し次の一手を!
というカルビーの企業戦略も追っていた。

番組内でとある過去の経験を話しているシーンがあった。
松本氏は以前医療機器メーカーの社長を務めておられたらしい。

とある日、経営している会社が扱う機器を使った手術で
医師のミスにより患者がなくなるという事件に遭遇。

結果的に、医師はミスを認めており機器自体に問題は無かった。
しかし、松本氏は該当機器を全て(リコール)回収した。

松本氏曰く、「消費者、患者に健康リスクが少しでもあるものは提供しない。」
とのことだった。
この機器にそういうリスクがあるかどうかまでは言及してなかったが・・・


皮肉にも、スナック菓子で多大の売上を上げている会長がこういうセリフを使うとは・・・💦

スナック菓子に健康リスクがあるとは思ってないのか?
嗜好品だからいいと思っているのか?

なんとも不思議な気分に包まれた(笑)

なんかメディア向けの薄っぺらい言葉に聞こえてしょうがない。

さらに、カルビーの今後の成長戦略として、北米の売上拡大が命題であった。

その中で、オーガニック市場へ踏み込むということを松本氏が決断するシーンがあった。

アメリカでは健康意識が高く、ポテトチップス自体はあまり成長が見込めないため
エンドウ豆のスナックでオーガニックの製品を作るという戦略。

海外のスーパーに行けばわかるが、スナック菓子のコーナーでは
ポテトチップスが日本ほど多く無い。

今の海外ではグルテンフリーやGMOフリー、MSGフリーなどは当たり前。

グレインチップスなどの穀物をベースにしたものなどが
かなりの数の商品を出している。


さらに、松本氏は
オーガニックの商品は売価を高く設定できるので粗利も大きくなる。
勝機があると語っていた。


しかし、それには大きな壁があった。

それは、供給側が圧倒的に追いつかないということ。

その課題を前に沈黙する松本氏。。。

オーガニックに少しでも携わっている人間なら、
よく耳にするこの状況。

大手が参入しづらい一つの要因である。

大量生産、大量消費に慣れており、
簡単に生産量をコントロールできると思っている大企業。

有機や自然農法などで生産効率が上がるまではかなりの壁があるということ。

さらに、生産、流通で手間がかかるオーガニックの加工品は
一般の食品よりも原価が高くなるという常識。


カルビーほど大手の会長でも、
こんなことも知らないのか、調べてないのかと
ちょっと驚いた。。。。

イオンは自社ブランドの20%をオーガニックの食品にすると宣言しており、
海外でのオーガニック農産品の生産にも力を入れている。

これからの大手は売りたければ、生産側のサポートからしなければ供給は追いつかない。

特に日本では、広大な土地で単一の農作物を作れるエリアは限られている。
少量多品種で生産している農家がほとんど。

単一でまとまった数量の農作物を作れる農家さんは、大手の食品会社や外食産業の契約農家になっているところも多い。

ただアメリカでオーガニック市場が伸びているから、
健康意識が高い消費者が増えてきているからと参入してきた大企業はほぼ失敗するだろう。


本質的に消費者が求める
こだわりのポイントがわかってない。
業界の状況、日本とアメリカの市場の違い、
消費者の違いなどまで踏まえて参入しないと。

たとえ失敗しようとも、大手が手をつけることで
認知度が上がることは間違いない。


健康や美容に関する情報発信者が、
これからも発信し、啓蒙していくことで消費者も賢くなっていく。
ただ、そういった情報を取らずに、ブームだけでオーガニックを選ぶ消費者が多いことも事実。
ビジネスをする上では、その層を上手く取り入れることも欠かせない。

きっと、カルビーの松本会長も
これからそういった戦略を考えていくことは間違いないだろう。

市場の動向をみてから動くには、対策が後手になることが多々ある。
しかし、市場の動向が読める場合にはその心配はいらない。
 
オーガニック市場は
これからまだまだ伸びていくのが確実な市場の一つ。

行き詰まっている業界、他社と差別化をするために参入するには
希望のある業界。

失敗しないための秘訣としては
ただ取り入れるだけではなく

 

市場の動向を読める

業界に詳しい人間、人脈がある人間を身近に置いておくことだろう。

僕のような人間をね(笑)

 

 

あ、そうそう

松本氏のモットーは 大きなホラを吹く だった(笑)

 

深いね〜。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、横浜で行われていたオーガニックEXPOにて、

興味深いセミナーがあったので聞いてきました。

 

 

 

テーマは「アメリカのオーガニック市場」

 

日本は常にアメリカより10年とか20年遅れていると言われており、

アメリカの後追いをしていると言われてる。

 

でも、ここ何年かでSNSや情報機器、物流技術の発展で

その差は徐々に縮まってきていると思う。

 

それでも、アメリカ発信のものや情報が後に日本で流行るのは、

そういう経済の仕組みに組み込まれているからなのかもしれない。

 

 

という、堅い話はまた別にして

今回は、純粋に今のアメリカにおけるオーガニックの存在意義、立場についても

興味があったので簡単にレポートしますね。

 

 

講師は米国大使館 農務部 農務官 ジェス・ポールソンさん

 

■2016年のオーガニック市場規模

オーガニック市場:469.6億ドル

食品      :430.9億ドル

その他     :38.7億ドル

 

オーガニック市場の成長性:8.4%

 

2000年以降、急激に成長を遂げ

リーマンショックまでは毎年20%弱の成長をしていたものの

リーマンショックで一度成長性が4.8%まで下がった。

 

しかし、マイナスになることはなく年々回復し

ここ数年は10%前後で安定して成長を続けている。

 

■オーガニック普及率

食品 :5.3%

その他:0.84%

 

こちらも2004年以降のデータで

毎年微増ながら年々増え続けている。

 

この数字のベースがなんだったか忘れてしまった💦

 

■オーガニック市場 カテゴリ別

                       販売数比率 成長率

野菜・果物    :36.3%  8.4%

乳製品      :14.9%  6.6%

惣菜・調理済み食品:14.5%  8.0%

飲料       :12.1%  8.9%

パン・穀類    :11%   6.8%

スナック     :5.7%    7.5%

香辛料・調味料  :3.2%  18.5%

肉類       :2.3%  17.2%

 

 

■その他オーガニック市場 カテゴリー別

                 販売額  成長率

繊維(オーガニックコットンなど):1,445        9.2%

サプリメント          :1,234      10.7%

パーソナルケア         :   909        7.2%

ペットフード                          :   127       -1.4%

家庭用洗剤                             :     89      11.3%

花                                         :     63        3.4%

 

Total $3.87 billion

 

 

各食品カテゴリの詳しい説明もあったんだけど。

 

面白かったのは飲み物のカテゴリで、

豆乳の成長率がなんと -6.9%

 

まぁ、やっぱりというかなんというか(笑)

 

日本では、牛乳の代替品としては第一に上がる豆乳がアメリカでは

もう下がってきているというね。

 

日本でも、最近はアーモンドミルクなどのナッツミルクやライスミルクも

店頭で増えてきてるしね。

 

まだまだ増えるはずですよ。

 

そして、お茶の成長率が13.1%と一番大きかった!

ここでのお茶はハーブティーなども含みます。

ボトリングされたものじゃなくて、葉っぱの方ね。

 

 

あと、今一番成長が著しいのがスパイス、調味料市場。

 

油とスパイスの伸びがすごい!

 

オイル・ビネガー:22.0%

スパイス    :34.5%

 

 

そして、肉類!

 

成長率が17.2%と高いものの、普及率が0.6%とまだまだ。。。

 

種類別成長率では、

鶏肉   :23.0%

牛肉   :10.5%

ソーセージ:8.5%

豚肉   :5.1%

羊肉   :2.9%

魚    :-6.0%

 

肥育期間等の問題もあり、供給側が追いついていないものもあるため

まだまだ課題が多いとのことだった。

 

特に豚は供給不足だそう。

 

それにしても、魚ってあるけど

魚もオーガニック認証作ってるのかな。。。。

 

 

 

そして、アメリカでのオーガニック商品の購入者の多くは

 

子供を持つ親

ミレニアル世代

 

が多いそう。

 

原材料や生産現場が見える商品を求める消費者が増えている結果だとも言ってた。

 

 

市場が大きくなってる要因の一つに、

大手の参入の役割が大きいということだった。

 

大手スーパーは軒並み、自社PBでオーガニックのラインを持っており

専用の売場を設けているため、日常的に購入できる環境が増えてきているとのこと。

 

販売経路として

やはり大手量販店での購入額が大きく

 

マスマーケット   :54.7%

スペシャリティストア:36.2%

直販・輸出     :9.2%

 

 

そして、今後は日本とも取引を増やすために

相互認証を進めて行くとのこと。

 

 

アマゾンがホールフーズを買収し、

アマゾンでもオーガニック専用のカテゴリができるようだしね。

 

日本でも、イオンが自社商品だったかな?の20%をオーガニックのものに変えて行く。

という展望を持ってるみたい。

 

全てがオーガニックになるのは難しくても、

確実に市場としては一つのカテゴリとして出来上がって行くだろうね。

 

 

今回のデータはあくまでアメリカで生産されたものに関するデータ。

 

日本ではまだまだオーガニック業界としては

課題も多い。。。

 

認証を取ってないとオーガニックとは名乗れないから、

自然農法や有機農法で育てても、認証を取ってないと

市場の数字にはでてこない。

 

認証を取るメリットがない農家さんはとらないしね。

 

 

そもそも、オーガニック商品を選ぶ理由として

大きく2つの理由が挙げられる。

 

・環境のため

・健康のため

 

 

日本人は残留農薬のイメージが悪く、オーガニックは体にいいというイメージが強い

欧米では農薬や化学肥料が環境に与える影響について懸念があり、

オーガニックの商品を選ぶという人が多いとも言われてる。

 

タネの問題もあり、

オーガニックでもF1のタネを使ってるところがほとんどだし。

 

もしかしたら、自家採種すら罰せられる国になるかもしれないしね。

 


オーガニックという括りですら、一つの見方でしかないから
それが全てじゃないしね。

 

 

オーガニック=安全、ヘルシー

 

 

 

じゃないもんな。

 

 

ただ、できるだけナチュラル、自然に近いものの方が

体には優しいと思う。

 

あまりに今の世界は不自然、自然から遠いものが多すぎる。。。

 

もっとナチュラル、自然なものが増える環境作りが必要ですな。

 

頭でっかちになりすぎず、体が喜ぶ

楽しい物で溢れる世界になるといいなぁ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。