やっと届きました(汗)

テーマ:

ちょっとそこまで と、お出かけしたのが2月

http://ameblo.jp/simonhiro/entry-12253549097.html

 

何しに行ったのか、書きませんでしたね。

 

実は、東海連合審査なるモノを受審しに行きました。

北海道内でしか弓を引いたことが無いのにも関わらず、

いきなり本州での初引きが、本番の審査一手(笑)

 

それでも、実家から会場まで行けるというのがポイント。

車で20~30分で、可美公園総合センター弓道場へ。

 

前日まで暖かかったのに、当日朝の気温2度(ToT;

そりゃあ、インフルエンザにも・・・(以下略)

 

当日受審番号だけを見ると五段だけなのに161名(汗)

北海道内でそれだけの受信者が集まることは無いな。

 

控え室となった体育館の部屋も暖房が入らず...

そりゃあ、インフ・・・(以下自粛)

 

てなわけで、まぁ、なるようになるでしょ、

と本番の一手行射へ。

 

筆記試験もありますが、ちゃんと回答しましたよ。

 

だが、全員の行射が終わらないと発表は無く...

道場の外で掲示されるのをひたすら待ちます。

 

相変わらず遠州の空っ風が全身を煽ります。

そry・・・・・w

 

日が傾いてから、掲示板に用紙が...

お、お~っ、あった♪

手元に登録料を持たずに待っていたので

慌てて車までお金を取りに走りました。

珍しくドキドキしちゃったりして(笑)

 

で、問題はここからでして...。

 

1ヶ月くらいした頃、北海道の弓連の方から認許状届いた?

と、電話が。

 

ん?ん~?

 

そこから、なんだか胸がざわざわし始めます。

毎日、ポストを見ては「届いていない・・・」

なんてことを今日まで。

 

2ヶ月以上経って、やっと届きました。

 

ふぅ~、夢じゃ無かった(汗)

 

 

今日からゆっくり寝られそうヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

 

 

AD

桜さん、もう春だよ〜

テーマ:
3/26 まだまだ硬い蕾



4/16 先日の雪で縮まった?


今日は除雪道具のお片付け。
除雪機を奥にしまって、耕運機出動〜。
畑の土をおこしました。

それにしても桜さん、
早くふくらんでね♪




オマケ

君、フリーザ?




AD

お散歩♪(その3)

テーマ:

お散歩♪(その1)

お散歩♪(その2)

さて、今日はその3。

てくてく歩くと、「細江神社」にたどり着きます。

地震の神様とも。

そもそもご神体は、大昔の地震と津波によって

町内の赤池と呼ばれる場所まで流されてきた。

子どもの頃は、夏祭りでご神体と各地区の山車が

船に乗って都田川から浜名湖まで下り、

そこからまた山車を引っ張ってきて、

最後に、この鳥居の階段から上まで一気に引き上げて

供養する祭りが行われていました。

その時間は夜になるので、提灯も光って綺麗だったな。

 

なんでも、お祭りはいまもあるけれど

船の部分はカットされたとか...。

 

寂しいよね~。

 

同じ規模の地震があると、奥浜名湖とはいえ、

危険箇所になってしまいます。

神様には、故郷を守って欲しいですね。

 

鳥居の真ん中に見える立派な樹木。

まるで双子のよう。

その手前には、同じく立派な木がありました。

はい、過去形です。

幼少の頃はまだあったのですがね。

 

ちょっと寂しいな。

 

社務所の壁に地図。

 

本殿から左に折れると、お稲荷様なども祀られています。

この木も、古いんです。

こんな感じで、中は空洞。

よく耐えています。

 

そのまま道路に出て右に曲がると

民俗資料館があり、

犬くぐり道があったり。

ここも。

この辺になると、地元民も知らないかも(笑)

 

関所を通らず、そそっと抜け道のように利用していた

ところから、このような呼び名になったとか。

 

そうそう、自宅の庭には

河津桜が咲いていました。

ちょっと嬉しかったよ。

 

 

北海道の桜は、ゴールデンウィークかな。

 

 

 

 

 

※追記

 

井伊谷のお墓参りも駆け足で行ってきた。

その際、妙雲寺の敷地だった竹藪の中に

井伊直虎のお墓が見つかったとの情報を確認してきた。

お寺から、少し北に向かった所。

竹藪はすべて刈り取って、道も整備されてます。

それに、いたずら防止にお墓を守る造作も。

 

この時点では、看板などは無いのですが、

すでに大河ドラマの旗が立っているみたい。

 

なお、お寺の裏手にあるお墓は住職(お坊さん)の

お墓で、卵のような形の無縫塔(むほうとう)。

 

対して、直虎の墓といわれる場所の石仏は

男性の無縫塔とは形が違う。

 

真偽は、自分には確認できないので調査で

明らかになると良いなと。

 

 

あ、それと過去の住職さんのお墓はさらに

別の場所にもたくさんあるんですよ~。

みんな知らないだろうけれどね(謎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD