2009年02月26日

思うこと(10)~お金の行方

テーマ:新聞掲載エッセイ
-お金の行方-

近所に長年通っている散髪屋のおじさんがいる。行く度に私は「人生って何でしょう」と質問され、そんなこと分かりませんよと答えていたのだが、最近は「人生なんてしょせん健康とお金と女性」と答えるようにしている。

私は母と妻と娘のためにいったいいくらのお金をつぎ込まなければならないのだろうか。私は偶然にもその答えを昨年二人の人から教わった。

一人は八十一歳のおばあちゃんだった。「こう金利が低いと利息がつかない。かといって私にこの預金は下ろせない。息子に譲ってやってもいいがどうせすぐに使ってしまうだろう。」というわけで賃貸マンションを建てていた。家賃収入なら使えるのだ。

もう一人は七十五歳になる製造会社の社長さんだった。

昨年の夏、その会社の製品が設立後15年目にして爆発的にヒットした。売上の上昇とともに預金残高も見る間に上昇していった。社長の笑いは止まらない。こちらが恐る恐る提示した税額にも、「私は先生を恨みますよ」という軽口しか返ってこなかった。

申告納付を終えると、あれほどあった預金残はきれいになくなっていた。新設された工場への設備投資と税金に多額の出費をしたためである。それでも社長の笑いは止まらない。過去の実績に裏付けされた自信がそうさせるのだ。

しかし、その次に会った時社長の笑顔は消えていた。周囲から「自分のおかげだ」という慢心した声が聞こえてきたからだ。そうではないと社長は憤慨する。自身の長年の努力と妻の支えがあったからこそ今があるのだと。

お金は必要な分だけあればいいのだが、凡人にはその見極めが難しい。私は二人の人生の達人から正しいお金の使い方を教えてもらった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

鹿児島の林税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。