漫画「美味しんぼ」読んだことはないけれど、漫画情報に疎い私でも知っている
ってことはかなりメジャーな漫画なのでしょう。

その「美味しんぼ」で<放射能で鼻血>がネット上で「風評被害だ!」等々のバッシングの対象になるという、ありそうな騒動には留まらず、大ごとになっている。

【真実を探すブログ】さんが騒動の当初から注目して多くの記事あり
たとえば ↓
漫画「美味しんぼ」に権力者が集中攻撃!福島県知事らに続き、
今度は文科相や石破幹事長も批判!「福島県民にとってひどい迷惑だ」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2528.html

あきらかな言論統制。民主主義の危機だ。

一方、「嘘だ!」との批判に対抗して
井戸川元双葉町長はこれほどまでに…と思う写真を公開
【子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば】さん
「環境省が福島で安心キャンペーンの嘘がバレるために躍起になって否定をしている」井戸川克隆氏
http://takumiuna.makusta.jp/e248310.html

井戸川さんは講演会で「『双葉町のようにはなりたくない』と言わなきゃダメ」と
何度も何度も。二度と再び放射能によってふるさとを追われる人をださせない。
信念の人だ。

「福島の方に失礼だ」とか「差別につながる」などと言って
放射能被害から目を背けることは、さらなる被ばくを強要することになる
傷害ほう助罪だ。
そんなのはやさしさでもなんでもない。
口当たりのいいその場しのぎのやさしさ、まやかしだ。

中日新聞なかなかいいぞ!!
【中日メディカルサイト】
美味しんぼに登場した岐阜環境医学研究所所長の松井英介医師
「すべて事実。抗議は被災者に失礼」

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140513073049244
さっそく中日新聞読者応答室へ応援メッセージを送りました―。
やっぱ誉めて育てないとね。

情報を精査して、自分で考えて選択する。
大衆迎合していると、いつかバッサリ切られる… 
政府・電力会社が「安全だ」と言った原発は安全とは程遠い危険きわまりないものだった。
政府・マスコミが「風評被害だ」と言う放射能は、本当に「人体に影響ない」のだろうか?
政府の避難解除宣言に従って、帰還。後に「自己責任」とされることはないのだろうか?
震災から3年以上が過ぎても15万人が避難を余儀なくされているにもかかわらず、オリンピック誘致だのリニア新幹線だのと浮かれる国、日本。
自分の命は自分で守るしかない。 
                                     (の)
AD