January 16, 2006 20:49:48

ズッコケ三人組

テーマ:本が好き

ズッコケ!

思い出すでしょう?!

本屋さんで見つけたのです!!
懐かしい~!
ズッコケ大好きだったよーー。
ハチベエ、モーちゃん、ハカセ。

懐かしすぎる!!この3人が中年になって今どうしているか?という内容だそう。

思わず買っちゃうとこだったのですが、この日は宮部みゆきさんの「模倣犯」文庫全5巻を購入した直後だったので見送りました・・・。

でも絶対読むぞーー。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
August 22, 2005 20:04:49

エラリー・クイーンと転職願望

テーマ:本が好き

先週社長とお話をしていた時に、社長は若い頃まさに本のムシで1日に3冊位読んでいたと伺った。

それには遠く及ばないけれど「私も本が好きなんです。」とお話したところ社長が若かりし日に夢中で読んだという本を数冊貸してくださった。

1970年代に本屋さん並んでいたエラリー・クイーンの「スペイン岬の謎」。紙は茶色っぽくなっているし、定価はなんと190円!

透明人間はまだ途中だけどお休みして今日からクイーンの世界に浸る。

茶色く変色した文庫本に歴史と社長の人生の一部を感じつつ。。。



お酒好きな私は、駅前のステキなイタリア料理屋さんやお酒好きな同期と出会い、びっくりするほど飲んだりする。

本好きな私は、現代ミステリーをお勧めしてくれる先輩と本格派ミステリーを貸してくださる社長と出会い、語る。

映画好きな私は映画好きな同期や先輩と映画配給会社の設立を夢見たりする。



至極当然の流れながら、こういうところに人生の真理を感じたりする。
自分が好きなことは自分で呼寄せるのだと。



今の仕事は興味があることでも、好きなことでもなかった。

まさにご縁としか思えないのだけれど、説明会でびびっと感じるものがあったんだ。
「この会社に入りたい!!」って強く感じた。
面接が毎回楽しくって、もっと話がしたいと思った。

その時点で私はこの会社がどんな会社なのか正確には理解していなかった。
なのに私を選んでくれたこと、今思っても驚きだけれど。


今の仕事も環境も同期も先輩も社長も結構好き。



でもね「本に関わる仕事がしたい」とふと思ったりする今日この頃。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
August 17, 2005 22:08:49

「透明人間の告白」

テーマ:本が好き

小さい頃「透明人間になりたい!」って一度は思ったことあるよね^^


透明人間

H・F・セイントの「透明人間の告白」10年位前に映画になっているらしい。

お昼休み本屋さんで見つけて買っちゃったんだ。

帰りの電車で読んでいたら、なんと乗り過ごしてしまった・・・。

通勤4年目にして初めて。

まだ主人公ニックがなぜ透明人間になったかを語っている最中なのだけれど面白い!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
August 01, 2005 17:01:29

永遠の仔

テーマ:本が好き

数年前に話題になってドラマ化もされた作品。今読んでいます。

永遠の仔

小学生の頃、小児精神科に入院していた3人の子供たちが大人になって再会し、物語が展開していく。
入院当時の話と現在の話が交互に書かれていて、病院で初めて出会って親しくなっていく3人と、大人になって再会した3人の関わりが深まっていく様子がリンクする。

虐待を受け心を閉ざす子供たち、大人になってもその傷は深く残っている。

虐待の残酷さとそれを抱えている子供たちの描写に読んでいるだけでも苦しくなり、途中で読み進めるのを辞めようかと思った。

本の世界がそのまま私の心に入り込んでくる。
私にとって読書は私が身を置くもう一つの世界。

その世界であった出来事も私の日常の一部となる。もちろん実際の日常よりも比重は低いけれど。

だから暗くて、希望のない話はあまり好きではない。私の気持ちが暗く沈んでしまうから。


今文庫全5巻の4巻目。救いようのない悲しい展開に、少しだけ希望の光が見えてきた。
苦しいけれど最後まで読むことにする。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
June 09, 2005 21:40:26

「神様からひと言」

テーマ:本が好き

「神様からひと言」
言われるとしたらなんだろう?

「いつも見ているよ」

頑張っているとこも、ちょっとさぼってるとこも、笑っているとこも、時には意地悪な気持ちになるとこも
ぜーーんぶ見ていてくれるはず。

わたしの中の「正しく、まっすぐ生きろ」の指令を出す部分。
そこにきっと神様はつながっている。

時々、アクマの誘惑に負けちゃうけどね。


神様


今日、本屋さんで出会った。今日から読みます!!

本当は違う本を探しに行ったのだけれど、目当ての本が見つからずウロウロしていた。
店員さんのコメント付で平積みにされていた

読んでいる途中に「面白い!」と叫びたくなる本!!!
私は245ページめで本当に叫びました!


ね??気になるでしょう??

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
May 08, 2005 22:28:24

はまっています!

テーマ:本が好き
篠田真由美さんの推理小説に夢中のここ数日。
ご存知でしょうか?
建築探偵 桜井京介シリーズ

全く知らなかったのですがファンサイト まである人気ぶり。
(いや、まだまだここまではついていけませんが・・・)

会社の本好きな先輩に勧めてもらいました。

大学院生で建築を研究している美青年、桜井京介が建物にまつわる様々な事件を解明していくというもの。

事件のトリック以上に推理していく過程にでてくる知識の豊富さに驚く。
ちょっと物知りになった気分になれる。
ここから派生して自分でも研究したくなるような要素がいっぱい。

現在シリーズ3作目の「翡翠の城」を読み進めているところです。

私は自分の知っている作家の本ばかり繰り返し読んでしまうタイプなのですが、色んな方のお勧め聞いてみるものだなぁと実感!!

ではまた本の世界に行ってきまっす♪
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
March 14, 2005 20:55:26

にしやん

テーマ:本が好き
高校の時の国語のおじいちゃん先生。

にしやん。

『みんな洋服とかお化粧品にお金つかうだろう。
 その10分の1でもいいから本を買いなさい。』

この言葉が私の心に残っている。

その通りにしているというわけではないのだが、すごく納得できた。

にしやんは天国に行ってしまってもう会うことはできないけれど。



今日は欲しい本があって会社の近くの本屋さんに寄ったのだが、

目当ての本は見つからず、買うつもりのなかった本を3冊買ってしまった。

今日も本を読もう。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
March 08, 2005 22:43:25

「体は全部知っている」

テーマ:本が好き
吉本ばなな 文春文庫

去年のお誕生日に同期の子からもらった本。

本棚の奥から出てきた。

ちょっと仕事が忙しい時、ちょっと気持ちが不安定な時
私は本を読む。

今日、私の心に響いた文章をここに。



『止めることのできない時間は惜しむためだけでなく、
 美しい瞬間を次々に手に入れるために流れていく。 』


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
February 17, 2005 23:18:07

奥田英郎

テーマ:本が好き
奥田英郎の「空中ブランコ 」がドラマ化されるらしい。

精神科医伊良部先生のめちゃくちゃさに、患者があっけに取られているうちに、転がって転がって結果オーライ!(↑リンクの感想より引用)といった短編作品で一昨年度(だったかな?)の直木賞受賞作品。

とんでも精神科医の伊良部は安部寛。
無愛想でセクシーなナースは釈由美子。

釈由美子はよしとして、伊良部はもっと脂っぽい太った人にやってもらいたかったな・・・。

でも楽しみにしている^^


奥田英郎の魅力はその言葉の使い方のうまさだと思う。

「最悪」「邪魔」などの作品も書いているのだけれどまず、題名がすごい。
印象的でかつ作品を的確に象徴しているのだ。
そのテンポのよさで長編にも関わらずあっという間に読める。小説自体がどんどん速度をあげて展開していくのだ。

「最悪」の中である老人が傷ついたOLに言う。


【いやなことがあるというのは、人生のまっただなかにいる証拠だ】


私の心に真直ぐ突き刺さった。
自分に言われたようだった。

小説が小説の中を超えて直接私にぶつかってくるなんて初めてだった。

電車で読んでいたのに涙が出てきてしまった。
その時少し疲れていた私。その私の心にぐぐっと迫ってきた。


この老人との出会いを忘れない。


奥田英郎はすごい。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。