September 16, 2016 21:53:10

10周年

テーマ:結婚って?
2016年9月16日

今日は結婚10周年記念日。

結婚式をしたレストランでランチをしてきた。夫と5ヶ月の娘と一緒に。
彼が個室を予約してくれて、娘を連れてフレンチのコースをいただいた照れ

娘は少し泣いたけれどお利口さんでした。

もっともっと話したいことがあったな。

10年間の色々なこと。
これから先の色々なこと。


夕方帰ってきた後にお花が届いた!


10本のバラドキドキ


ありがとうございますおねがい

私は大切にされてとても幸せです。
愛していますラブラブ


{6F013F26-7E08-4BEF-9B13-963D33917B89}





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
June 04, 2005 21:51:34

愛の証人

テーマ:結婚って?

今日はS子の結婚式だった。

式

ドレス姿の彼女は本当に美しく、神聖だった。

皇室御用達の某アパレルに勤めている彼女は白のウエディングドレスを2着オーダーで作った。
やっぱり格別だ!!
すてきなレースたっぷりで彼女にぴったりのドレス。
キラキラのティアラに、ふんわりとしたヴェール。
私の作ったリングピロー もとっても喜んでくれた^^

私は新婦の証人としてリハーサルから参加した。思った以上に大役で、入場の時も新婦と新婦のお父様の後ろから歩いていく。
その後も一番前の席に立ち、新婦の手袋を受取り、ヴェールを直す。
結婚証書へのサインもした。


神父様のお話に心を打たれた。

「ここにいる皆さんは全員、二人の愛の証人です。
 二人は愛を誓い合ったけれどこれから何があるかはわかりません。
 だから、皆さんが二人を支え、助けなければいけません。」


結婚式って本当にそうなのだと思った。

皆の前で愛を誓い、今までのお世話になったことを感謝すると共にこれからも支えてくださいと心からお願いをする日。


おめでとう!おめでとう!!


大切な場面に証人として立ち合えた事とても嬉しく思っています。


お幸せに、お幸せに!!



これにてめでたく幸せいーーーっぱい1ヶ月 のイベント全て終了♪


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
May 27, 2005 00:58:50

できた

テーマ:結婚って?

S子への結婚お祝いプレゼント!!


リングピロー


リングピロー完成です★★★

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
May 17, 2005 10:59:32

ちくちくちく

テーマ:結婚って?

リングピローを作成中。


私は小説の中で初めて「リングピロー」の存在を知った。
それは結婚する親友に手作りのリングピローを贈る場面。
その時に「いつか私も!」と心に決めた。


ちくちくちく。
真っ白な生地にレースとパールを縫い付ける。


6月4日に結婚するS子とは10年来の友達づきあい。

卒業旅行も二人で行った。
飛行機のチケットだけ取ってイタリア、ギリシャ、トルコの旅。
女の子2人でよく頑張った!!
行き当たりばったりで、笑って、笑って、語って、大感動の毎日だった。
忘れられない。一生の宝物。

こんなにもたくさんの想いを共有できるなんて。


そして、私が結婚の証人をすることになった。
2人の結婚を証明する人になるなんて!!
なんだか緊張。


6月4日お天気にも恵まれますように。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
April 04, 2005 22:30:50

ポストにしあわせ

テーマ:結婚って?

仕事を終えて、帰り道。今日は冬みたいに寒い。

ポストにささった夕刊を取り、ロックを回す。


そこには親友からの結婚式の招待状。

彼女は中学生の時から同じ学校。高校の時は同じ部活。大学の時は同じ学部。同じゼミ。


大学生の時には毎日同じ授業を隣で受けていた。


彼女が彼と付き合いだした時のことを思い出す。


ちょうど5年前の彼女の台詞。


「彼にはね、わたしを夢中にさせる魅力があるの。」



彼女は6月に彼と結婚する。


招待状を見ただけで涙が出そうなくらい胸に込み上げてくる感動。


『自分のことのように嬉しい』とはまさにこのこと。


思い出のチャペルでの挙式。そこは私たちが育った場所。私たちの原点。

私は彼女からの結婚の報告を聞いた時にあることに気づいた。

花嫁さんがキラキラ輝いていて、新郎が頼もしく見えるのは、二人が二人で共に歩もうと心に決心しているから。

ぴったりと心を重なり合わせ、困った時には助け合い、足りないところを補い合い、未来を描いてゆく二人。


そんな二人に憧れる。


★☆Happy Monday☆★

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
March 01, 2005 22:30:43

お雛さま

テーマ:結婚って?
母からメールが来た。

>お雛様を飾ったよ。お内裏さまとお雛さまの二人だけだけど。
 早く、しまっておきます。
 




早く・・・?

早くお嫁に行けるように?

母よ。
私の気持ちを知っていたの?!

さすがです。




・・・でもちょっと複雑かも・・・
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
February 14, 2005 19:55:47

理系男とのお見合い~その後の話~

テーマ:結婚って?
先日、私の親友の一人であるCちゃん(彼氏持ちなのに)がお見合いをした。
相手は32歳(医者)。

彼女はお見合いの翌日興奮気味に私に
「結婚しようと思うんだ。」
と語った。詳しくはこちら(理系おたくと見合い、のススメ

もう
「3月末には退職して、5月くらいには挙式を・・・」
っていう勢いだったから絶対結婚しちゃうと思ったんだけれど。。。




Cちゃん、お見合い相手に逃げられるの巻



そもそもCちゃんには1年位付き合っている2つ年上の彼氏がいる。

しかし、お見合い相手との結婚話を進める決意をしたCちゃんは彼氏に別れ話を切り出した。

この二人は前にも一度真剣に別れようと話し合ったことがあった。
それは結婚についての意見の違い。

「35歳位まで結婚する気はない」という彼に対し、「早めに結婚したい」Cちゃん。そしてCちゃんの両親はお見合いを強く勧める。

Cちゃん「じゃあ、今まで通り付き合うけれどお見合いの話があれば受けるし、いい人に出会ったら私はお見合い相手と結婚するからね。」
という結果になっていた。

その時「わかった。それでいいよ。」と言っていた彼が、実際に彼女から別れを切り出された時


「Cちゃんのことを想うと仕事も手につかない」状態になってしまった。


それをきいたCちゃんは、あっさりとまた「わかった」と言われるだろうと思い込んでいたために動揺した。そして
「彼のことが可愛らしくてたまらなくなった」
ここで彼女のお見合い相手との結婚の決意が揺らぎ始める。


一方でお見合い相手との3回目のデートをした。

その時事件は起こった!!
以下Cちゃんのメール引用。



3回目のデートも水族館で楽しく過ごし夕食も食べてから帰ることになったのです。
んで、行ったお店で90度になっているムディーなソファ
(カップルシートっていうのかな)でお食事をすることになり
アルコールも入ったせいか、それまで手つないだりピトってしちゃってたせいか
あまり周りから見えない席になっているためか
ちょっと自分から思わず若干激しめに襲ってしまった?のよね。。

しかし、たぶんそんな男性的な女性と今までお付き合いしたことのないであろう32歳の彼はそんなこと(っていってもそこまで変なこともしてないけど)を
7歳年下の小娘にされてしまったことにショックを受け、戸惑い、そして引いてしまったようです。。

はううううううっっ。。(失笑)

たぶん、そういうセクシュアルなことに対して自信がないのか(なんて失礼だけど。。)
そういうことを積極的にする女性が好きじゃないのか。。
そうだったら相当ショッキングなことをしてしまったかなーと反省しきりで落ち込んだりもしてみたがそんなこんなで結局彼氏のもとに戻ってみました(笑)

でも、本当にいい勉強になったよ。
「もう結婚!!」なんて大騒ぎしてお騒がせしました。てへっ



思いの他早い展開と終焉に驚きつつも、彼氏の元に戻って一安心。

私は彼女の選択がどうであれ応援するつもりでした。
だって「お見合いする」っていう彼女を止めない彼氏なんてがっかりだーーー!!

彼氏ー!!しっかりCちゃんを守ってね!!!!
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
January 22, 2005 20:16:57

以心電信

テーマ:結婚って?
彼がこのブログを読んだ。

私はもともとあんまり隠し事のできないタイプで、結局自分から

シマ「ブログ面白いんだよね~」

って言っちゃいました(笑


で当然、

彼 「読みたい!読みたい!アドレス教えてよ~」

ってなったわけです。


シマ「うーーん、本当に見たいの?なんかちょっと嫌なこととかも
   書いてるかもよ?それでもいいの?」


彼 「いいよ。見たいもん」


そもそもなぜブログを始めたか?

自分の気持ちを書き留めておきたかったから。

その日起きたこと。考えたこと。印象的な言葉。

その時々の気持ちを自分で整理して、どうしてそう思ったのか、考えたのかを言葉にしておきたかったから。


「自分のため」


じゃあ、なぜ公開するのか?

なんでだろう?張り合いを持たすため?

だれかに聞いて欲しいのかな?

意見が欲しいから?共感して欲しいから?

私という存在を知って認めて欲しいから?


その全部かもしれないと思う。


彼がこのブログを読んだ。


読まれることを想定して書いていたわけではないけど、実際読んだとなるとどうしても感想が聞きたくなる。

そう結婚について。(1月15日「結婚について思ふこと」


シマ「どうだった??恥ずかしいんだけど・・・。ねぇ、どうだった?」

彼 「おもしろかったよ」

シマ「それだけ?なんか思わなかった?」

彼 「うーん。シマってこういう文章書くんだなぁって思った。」

シマ「それだけ?シマの心のなかだよ。いつもは言えない事とかも
   書いてあるしさ。もうちょっと何か言って欲しいな・・・。」


彼 「何についての感想が聞きたいの?
   俺が一人暮らししたいとか、そのこと?」



なぜか、心が沈んで涙が溢れてしまう。

やっぱり言わないほうが良かった?
「もう、自分からは絶対追求しまい」と思っていた結婚のこと。

ここを読まれたらどうしてもその感想を聞かずにはいられなくなるって気づいてたのに・・・。


彼 「俺の気持ちはさ、今もあの時話した通り変わってないよ。
  何か口に出すと軽くなってしまうっていうか、はっきり言えないけど。

  ただ、ここ最近シマの仲良しの子達がどんどんそうなっていって、
  シマがそのことで焦ったり、悩んだりしないかが心配だと思ってた。

  俺が何も言わないから、シマが一人で思いつめてたら困るよ。
  だから、ブログでもいいからさ、気持ち出してほしい。」



私はあなたが大好きです。
 
また心のなかを見にきてね。

時々文句も書くかもしれないけれど、直接口では言えないことを

本当に今思っていることを書いてるから。

いつもシマの心を受けとめて、包んでくれるあなたが大好き。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
January 17, 2005 21:08:44

理系おたくと見合い、のススメ ~キンスマさんとの奇跡的シンクロ~

テーマ:結婚って?
「話したいことがあるんだ。」


午前10時17分。親友Cちゃんからランチのお誘いが来た。
彼女からの意味深なメールにどきどきしてしまう。


も、もしや、キタか??!


午前11時45分。待ち合わせ。


シマ「お待たせ!行こうか。」

Cちゃん「うん。お腹すいたーー。」

シマ「ででで!!どーーしたの(にやり)?」

Cちゃん「えへへ^^ 私、結婚するかも。」


や、やはり!!


Cちゃん「昨日、お見合いした人なんだけどさ。」

・年齢  :32歳
・職業  :医者
・身長  :彼女と同じくらい
・見た目:のび太

「慣れてない風なのに一生懸命エスコートしてくれる彼がかわいらしくて。」

「背が低い、彼のためならこれからはヒールのない靴はこうと思うんだ。」


「次会った時、自分から『結婚しましょう。』って言おうと思って^^」


これは恋??!
瞳を輝かせて語る彼女。
なんてかわいらしいんだろう。
10年来の友達なのに、こんな彼女は初めて見た。



実はCちゃんには、1年ほど付き合っている2つ年上の彼氏がいる。

しかし、お見合いをした。

さらに、出会って1日にして結婚の決心をした。

彼女のことを不誠実と言って批判する人もいると思う。

「結局、お金なのか」と責める人もいると思う。



でも、私は心から祝福しよう。

なぜならばCちゃんは中学生の頃から、

「私はきっとお見合いで結婚すると思う。パパとママもお見合いだし。」

「地方国立大学の理系の人がいいなぁ。」



と言い続けていたのだ。

Cちゃんのご両親は私から見ても憧れてしまう位仲良しで、すてきなご夫婦だ。

彼女は今まさに、言い続けてきたことを現実のものにしようとしている。


それは間違いなく自分自身で掴んだものだ。


Cちゃん曰く
「声に出して言い続けると現実のものになるんだよ。」




「シマも今の彼に限界を感じて、結婚がしたくなったらお見合い斡旋するからいつでも言ってね」



いやーーん!!う ら や ま し い い い ー ー ! !





高学歴、高収入、低身長、そしてのび太君な愛すべき理系男。





キンスマさんとの奇跡的シンクロに感動しつつ

揺れに揺れるオトメゴゴロ・・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
January 16, 2005 01:56:34

1月16日

テーマ:結婚って?
お兄ちゃんのお誕生日だ。

おめでとう!!

兄のことは好きだ。
甘えていたし、かわいがってもらえていた。

過去形・・・。


去年結婚してから疎遠になってしまった。


兄嫁と姑(シマの母)がうまくいっていない。
といっても一緒に暮らしているわけではないから、節目節目だけちゃんとすればいいのに・・・兄は兄嫁をかばうという形で、実家を避けるようになった。

お正月も来なかったし。

寂しいなぁ。全て母の言うとおりにしなくったっていいから、形だけでいいから演じてくれたらいいのに。

結婚は家族を大切にすることだとシマは思う。

お嫁さんをかばう兄はかっこつけてるつもりかもしれないけど、両親のこと祖父母のことも大切にしてほしいな。

年に1度挨拶に来るだけでもいいからさ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。