韓国のり

テーマ:
なんか日記、一日遅れなってる苦笑。きのうは韓国のりもらったから持ってかえったよ 先輩ありがと 今日も一日感謝。そうそう一日感謝するようになったのはテレビでベッキーがやってるの見てエライナ~♪って見習おうと思ったから。一日いい気分で終われるよ
AD

きのうはダウン

テーマ:

昨日の日記

1ヶ月前に買ったかばんがダメになりました。ショック。

いままで、カバンさんありがとう。

なかなか仕事で使いやすいかばんってなくて・・・


まぁ今日も頑張ろう。

昨日も一日ありがと。



AD

今日はどしゃぶり雨の日

テーマ:

しっぽフリフリ今日は仕事早く終わったから紀伊国屋で「女性の美しいマナー辞典」買いました(^^)

素敵な大人になるぞーーって感じで。ラブラブ

あと今日は大好きな人にあったよ~♪幸せ。でも疲れてて、あんまり話せなかったよ(;;)

日曜は、サッカーだって。会社のメンバーで。暑いのに大変そう。この前はゴルフ接待に、野球もやってたよなぁ・・・

大変そう。。。。。。がんばってサッカー

今日も一日感謝。ありがとう。おやすみなさい。

AD

きのう

テーマ:

今日は7/31だね。もう少しで23歳だよね。少し凹む。

さてさて私は成長したかというと。子供にもどった気がする。今よりも、19、20歳のほうが、目標もって歯食いしばってこれでもか~~ってくらい根性あった気がする。というか。

今、私に必要なのは、なんか気分よくないが、今のへなちょこ私を、まっすぐ見ること。なので、廃墟化しているこのブログに再び日記を書くことにした。今日は、会社に新しい人が入りました。ボーイッシュな元気いっぱいの女性でした。これから宜しくお願い致します。今日も一日みんな有難う。感謝します。言葉じゃいえないけど、日記にするといいやすいね。

私は、最近、人のせいにしたりする事が多い。嫌だね。こんな弱い私に逃げない為にも、一日の終わりに感謝の言葉を添える事にしました。

植物を育てたくなったとき。

テーマ:

なんか久々に観葉植物置きたくなって、ポトスと樹の苗を買いました。

お部屋にみどりっていいよね。うん。癒されてます。、、、、


さて最近ほんと心弱りぎみで、。以前だったら見向きもしない本ですが、

なぜか心に留まり、本当に救われたというか、気分が楽になりました。

江原ひろゆき さんのスピリチュアル12ヶ月 という本でした。


前向きな気持ちになりました、(^^)

TVで見たのがきっかけで、この方は本物だなと感銘をうけ、本を購入。私の心のオアシスブックとなりました。

今日も一日感謝。ありがと~♪

半年ぶりに書き込みます。。。。すいません

最近いいなーとおもった本は、wadayumi です

ビジネス書の棚に置いてあります

すごい読みやすくて、

新卒さんや就職活動中のかた、ちょっと自分に自信を無くした方にオススメですネ♪
わたしっも、話すの苦手で。。。。うふふっみなさん、一緒にこれ読んでがんばりまっしょい☆


ロバート・R・マキャモン (著), 二宮 磬 (翻訳)
17世紀末、アメリカ南部。町を襲う魔女を捕らえたとの報に、
魔女裁判を行うべくやってきた判事とその書記マシュー。
裁判の日が刻々と近づくが、若きマシューは疑念を捨てきれない。獄中の美女は本当に魔女なのか?
なかなか、犯人が分からず、物語展開が楽しい作品

hon1

ヴィクトル ユーゴー (著)、 豊島 与志雄 (翻訳)
貧しさにたえかねて一片のパンを盗み、19年を牢獄ですごさねばならなかったジャン・ヴァルジャン。
出獄した彼は、ミリエル司教の館から銀の食器を盗み出すが、
神のように慈悲ぶかい司教の温情は翻然として彼を目ざめさせる。
ミュージカルで何年も受け告げられているすごく有名な物語とは知らず、図書館でたまたま借りてはまった!!!最後は感動~★1
心がほっとする作品です
ジェーンに起きたこと 著者:カトリーヌ・キュッセ私のすべてが覗かれている!大学の仏文教師ジェーンに小包が届いた。中身は作者不詳の原稿「ジェーンに起きたこと」だった。読み始めたジェーンは凍りつく。そこには彼女のここ十年間の出来事が細かく書き込まれていたのだ。恋、別れ、悩み、野心、結婚、見知らぬ他大学の研究者とのひそかなメールのやりとり…作者は誰なのか?「ELLE」読者賞受賞の傑作心理サスペンス。

ショコラ 著作:ジョアン・ハリス
フランスのはずれの小さな村に、謎めいた女性ヴィアンヌとその娘アヌークがやってきた。教会の近くにチョコレートの店を開く。村人たちが見たこともない色鮮やかなチョコに溢れる店内。そしてなぜか彼女の薦めるチョコは、それぞれの口にぴたりとあった。その甘くほろ苦い、至福のひととき。固く閉ざされていた村人たちの心はゆっくりと解きほぐされ、これまで忘れていた、人生を愛する喜びを取り戻してゆくのだが…。読む人すべてを幸せにしてしまう、とびきり美味な極上の寓話。