2010年08月17日(火) 03時05分32秒

ライブマナーについて。

テーマ:ブログ
ライブマナーについて。
やっぱみんな気になるよね。
誤解を恐れつつも、とりあえず書きます。


以下は僕の個人的見解ですが、どうしても気に食わないから考えを改めろってところがあった人は、直接連絡下さい。





まず、僕らの演奏中に不快な思いをしてしまった人がいたなら謝ります。すいません。



マナー違反のお客さんがいたことを僕らバンド側の責任だとあなたが思われるなら、もしかしたらそうなのかも知れません。


でも、僕らの意見も聞いてみて下さい。


いきなりですけど、僕らに限らずどのバンドも自分たちがリスナーとしても楽しめるような曲を書いてるはずです。また、自分が客だったとしても【お!やべー!】と思えるようなライブをしようと努力してるはず。つまり、そのバンドはそのバンドメンバー達自身の理想のバンド(ややこしいけど)なわけですわ。

SiMだって、曲もライブも僕が客だったとしてもかっちょいーーー!って思える理想のバンドを作ろうとしてます。





でね。SiMのライブ見てて、みんなどうですか?






ポイントはそこだと思うのよ。

某フェスでも色々叫ばれてますが、結局【暫定的な】答えは【バンド側が客席がどうなるのを理想としているか】じゃないのかなぁ。と僕は思う。

それは、曲聞きゃあわかる。ライブ見たらなおさらわかると思うんだけど。

単純に、早い曲やったらサークルつくって欲しいんだろうし重たい曲なら頭振ってほしいんだろうし、歌モノなら一緒に唄って欲しいんだろうし。それはみんなわかるでしょ?

そこに、バンドのパフォーマンスが加わったら一目瞭然だよね。




で、実際にライブへ行く利点ってさ、自分もそのライブの一部になれるとこじゃん。DVDやYoutubeとの違いというかさ。

一緒に唄って、バンドの音の一部になれる。手を叩いて、リズムの一部になれる。踊ったり、頭を振ってグルーヴの一部になれる。家でモニターに向ってたんじゃあなかなかできないけどさ。目の前で生演奏してて、あのライブ会場の異様な雰囲気に包まれて、自分の恥らいとかを取っ払って混ざった瞬間の何とも言えない清々しさ。そこじゃあないのかな。

僕がいちキッズとして好きなバンドのライブを見るときも、やっぱ激しいライブするバンドだと暴れちゃうもんね。歌モノのバンドなら、うっとり聞き入ったり一緒に唄ったりしちゃうもん。ちなみに、激しいってのは別にハードコアとかメタルを指してるんじゃないよ?メロコアだってロックだって含みます。もちろん曲によるし、空気は読むよ。当たり前だけど。

だからきっと、激しいバンドのライブならみんなと一緒に汗かいてグチャグチャになるのがそのライブの一部になるってことなんだろうし。おとなしいバンドならうっとり雰囲気に包まれるのが一部になるってことなんだろうって僕は思ってる。



で、SiMはみんなから見てどっちなんでしょうか。


どう見ても前者だと思います。誘導尋問みたいでごめんね。笑


だからこそオレは、常に【初めてSiMを見る人でも参加しやすいように】パフォーマンスすることを心掛けてます。だから、普通のヴォーカルよりも煽りまくってる。常連さんにはちょっとしつこいかもしれないけど、騒ぐなら人数多い方が楽しいじゃんって思うから。知ってる人だけに向けてライブやってたら知ってる人しか騒げないしね。曲全く知らないバンドでまったく煽りないのライブ見てると、『もっと分かりやすく指示すればいいのに』って思うし。SiMは曲の展開もコロコロ変わるしね。

だから、『回れー!』『飛べー!』ってわかりやすくガイドを入れてるの。その方が初めてのやつでも「あ!次は回ればいいんだ!」ってわかるでしょ?サビじゃないのに手挙げちゃったときの恥ずかしさとか怖くなくなるじゃん。


例えば、TxHxCって曲があります。ライブの二曲目。

イントロから回れオーラ満載です。僕が『サーコーピッ!』って指をくるくるしながらいいます。サークルパートが終わったら、ヘドバンしろオーラ満載のパートへ。またイントロへ戻り、今度はレゲエパートへ。僕が『エブリワン、カモン』とか言いながら手を左右に振る合図をします。サビっぽいところでは『ヘンザップ!』と言いながら腕を上下に振る合図をします。ラストでは、『アイワナホージョーヘーン』て言いながら手を挙げてワーってなるように合図をします。


SiMのライブはほぼそんな感じで僕がガイドを入れつつ進行します。初めての人のために。あんま曲を聞き込んでない人のために。



これで、お客さんが終始ふんふん♪ってPOPSのりしてるだけだったら僕バンド辞めたくなります。






そのガイドが、一部で【バンドがマナー違反を助長してる】って言われてるのは悲しいです…

オレは絶対『回れ!周りのやつ巻き込んで回れ!』なんて絶対言ってないし。

それはもう『サーコーピ!』の一言をみんながどう受けとるかじゃないですか。

そこでオレがいちいち『周りに迷惑かけずに回れ!最小限で!レッツゴー!』って言うべき??????

『レッツスカンキン!でも後ろに肘当たらないようにな!ダンシン!』???

『ハーコーモッシュすんぞ!でも腕とか足ちっちゃくまわせよ!』???

・・・オレは、言いたくないなぁ。

そんなの、暴れるやつはオレに言われなくても常識とか良心で考えてやってくれよ。

わかるじゃん。人殴っちゃだめなことぐらい。蹴っちゃだめなことぐらい。


そんな頭おかしいやつが客席にいるかどうか、正直僕らにはわかんないっす。


そんな馬鹿なやつはいないって信じて毎回ライブしてるしね。


だから、それバンドが毎回注意しながらライブしなきゃいけないの?ライブ会場までゆとりなの?そんな社会見学みたいなライブしたくないよって思う。


オレは『人殴っちゃだめ!他人に迷惑かけちゃだめ!』なんてくだらないこと叫ぶために全国回らなきゃいけないの?


そんなのみんなわかってくれてるっしょ?大丈夫だよね?



と、こう書くと誤解されそうですが別に暴れてる側だけに言ってるわけじゃないよ。




SiMのライブを静かに見たいって人にも解って欲しいことがある。


暴れるか、暴れないか。


その日のお客さんたちがどちらが好きなのか、ステージから見てある程度まではわかるけど。

でも、オレだってただの人間でさ。ひとりひとりの気持ちや事情まではわかんないや。ごめんね。

暴れたいけどまだ躊躇してるのか。
そもそも暴れるのは嫌いなのか。
暴れるのは嫌いだけど暴れてる人を見てるのは好きなのか。
暴れてる人たちみんなうざいのか。
巻き込まれたら混ざっちゃうタイプなのか
ぶつかられたらイラッとするタイプなのか
ケガしてるからぶつかられるとキツいとか
今日はそういうテンションじゃないとか
むしろSiM嫌いとか(笑)


本当にごめん。

そこまではわかんないよ。




けどさ、少なくともSiMは早いのとかスカンキンとかヘドバンとか満載のバンドなんで。ある程度の肌の接触は覚悟しておいて頂きたいです。



その中で、あまりに非常識な暴れ方をしてるのが上から見えたらそりゃあMCで注意しますよ。でも実際、そういう望ましくないことがあったのってほとんどライブ終わってから知るから。ライブ中に気づいて即座に対応できたらいいんだけど。。。ステージから客席がハッキリ見渡せるハコってなかなかないわけですよ。モッシュピットで何が起こってるか、正直ステージからは見えません。君が蹴られたとか、吹っ飛ばされたとか、全てを把握はできないんだ。だから、そこはお客さん自身、ひとりひとりの良識を信じて客席にゆだねるしかないっす。そこは本当ごめん。


だから、本当に申し訳ないけど。SiMのライブを暴れないで見ていたい人には
『モッシュピットの近くにいて、吹っ飛ばされた。腕や足が当たった。ダイバーの足が当たった。それをアクシデントとして酌量できるのであれば、これからもその位置で見てて下さい。どうしてもそれを許せないのであれば、絶対に安全と言える位置から見て下さい』
と言うのがバンド側からの意見としては限界かもしれません。


もちろん、暴れる人たちが当然のことながら良識を持って暴れてくれるの前提だよ?暴れたくない人たちの権利を軽視してるんじゃありません。故意の暴走は論外です!事故だった全て場合の話しです。(でも、安パイで言ったらやっぱり安全な位置へ避難してもらうことになっちゃうかもな...)







とまぁ、非常に難しい問題でさ。


ぶっちゃけ答えなんてないんです。書く前からわかってたんだけどね。

両者の意見を聞いてあげたい。でも、どう転んだって反対派は消えない。
ある程度のバンドをやってるバンドマンは、みんなそのジレンマに苦しんでるんだ。


答えはないけれど強いて言うのであれば、きっとそれぞれのバンドの曲調やパフォーマンスが答えなんだと思う。


【SiMに関しては】僕自身がステージからグッチャグチャの客席を見たくて曲書いてライブしてるので暴れたいヤツ中心のライブになると思います。でも静かに見たい人もいるだろうし、そこは各々自己責任で陣取る位置を決めて下さい。ちなみに、ROCKのライブではほぼ100%最前より少し下がった中央がモッシュピット、最前がつぶされるけどアーティストを近くで見たい人、安全に見たい人は左右スピーカー辺り、もしくは後方というのが暗黙の領海として存在します。参考までに。

ただし、前途の通り暴走してるだけの糞馬鹿野郎はオレらだって消えて欲しいです。そこはみーーーーーんな同じ気持ち!そいつらに関しては、発見次第対応します。でもステージからはわかんないことが多いので、避難するかセキュリティスタッフもしくは店のSTAFFなどに報告するかしてくれると助かります。

うん。そんな感じ。


静かに見たい人にとっては少々冷たい意見に聞こえるよね。ごめん。

でもオレ、パンクロックが好きなんだ。

回ってる子の笑顔とかダイバーのウォ~!って顔とか見ると嬉しくて泣きそうになるよ。

オレとSiMってバンドは、そういうヤツらのストレスの発散場所を作ってやりたいって思ってやってるからさ。(良識もって)暴れてるやつらの遊び場を取り上げることは、オレにはできない。


本当はみんながみんな、楽しかった~~!!って帰ってくれたら最高なんだけどね。




まぁ日々精進していくんで、引き続き応援よろしく!









最後に。

KIDS諸君。

PUNK ROCKを履き違えるな。

守られるべき権利を守るために理不尽な抑圧と戦い、

自分の信じる正義のために己を貫くのがPUNKSだ。

単なる自己の欲求を満たすために、定められたルールを破るのはPUNKとは違う。

ただのエゴイズムだ。

また自由とは、自制をもってして初めて成立するものだ。

自由と、無秩序は似て非なるもの。

PUNK ROCKを履き違えるな。




僕は、君たちを信じる。









長くなりましたが。以上。寝ます。

MAHさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

16 ■ライブは皆で創る!

この問題っていうのは永遠のテーマですよね!
でもこの問題に触れないアーティストさんが沢山いて残念に思ってたんです。難しい問題なので事務所のかねあいや色々あって言えないのかもしれませんが、難しいからこそ、答えがでないからこそ、触れるべき問題だと私は思います。
極端な話になりますが
私は暴れたい客です。前列で暴れたいです
モッシュしたいです。(ちゃんと回りのお客さんに気を使いながらですよ?)
対して静かに聞きたいBさんがいたとします。
このBさん後列でもいい。というなら話は簡単ですが、アーティストを近くで見たい。でも体がぶつかったらイラッとする!嫌な顔しちゃう!無理!
↑こんなお客さんがいたとします。(いやぁいるんだなこれが)
でもBさんもアーティストさんの大ファンなんですよ?(私的にちょっと変わってるなぁとは思うけど...あれ?違う?w)
こんな場合もぉ客同士で考えぶつけても水掛け論ですよね?決着つけようがありますか?
なので
MAHさんの様にアーティスト側から
「僕達のライブはこうこうこうで、こういうルールは守ってもらいたい。僕達はライブをこういう風に考えてるし、ファンの方にもこうやってついてきてほしい」
と具体例を出して(上記の場合記事にも書いてたようにお互いの意見を尊重した結果、どうしても体がぶつかるのが嫌なら静かに聞ける場所で!って結論かな?)もらえるとほんっとに
ファンって安心するし、私もBさんもきっと
MAHさんについてくよ!ってなるはずです!
ならなかったらそんなやつファンじゃないんで、
ライブに来る資格ないし、帰った方がいいと思います。
1人マナーとかルール
わかってない客がいるだけで隣にいるお客さんのテンションが下がり、その隣のお客さんのテンションが下がり、バンドのテンションがさがり、ライブのテンションが下がる。こんな結果にもなりかねないくらい
ファンの考えって大事だしファンも一緒にライブ創ってると思う。
だからMAHさんのファンもライブの一部だろ?って言葉に共感と感動で涙が(´;ω;`)←
...と長々と書きましたが
実はまだSimのライブ行ったことないんですよね//
私が行った際にはぜひ一緒に最っ高のライブ創りましょう!でわ!

15 ■無題

私はライブ1回も行ったことがありません。
でも、はじめてのライブはSiMのライブに行きたいです

14 ■無題

為になりました
自分もライブ経験薄くて
色々ネットとか使って調べてたら
MAHさん自身の意見が
こうやって見ることが出来て
ちょっとホッとしました
ありがとうございます…

13 ■無題

為になりました
自分もライブ経験薄くて
色々ネットとか使って調べてたら
MAHさん自身の意見が
こうやって見ることが出来て
ちょっとホッとしました
ありがとうございます…

12 ■無題

私は 音が鳴って 体が動いてしまう「衝動」が好きなので
お決まりに 回れ と 指示されると
「ちっ(-з-)」って 思っていました、すみません(´Д`;)ヾ 
そうか ガイドやったのか
そうわかったら納得がいきます

たぶん あの くるくるの中には
入りきらんと思いますが 見るのは好きです

SiMは かっこいいです
新しく出た Blah Blah Blah も 
ライブで ぐちゃぐちゃになれそうで
めっちゃ楽しみにしてます

こうゆうことを きちんと書ける 伝えられる
Mahさんも 素晴らしいと思います




   

11 ■無題

やっぱMAHさん好きだ!
ほんとに!

10 ■無題

わたしはめっちゃ激しい
ライブにいったことないけど
SiMのライブに行きたくて
モッシュとかしてみたいです!!

初心者でいろいろ
わかんないことがあるけど
マナーちゃんと学んで
ライブいきます!!!

たくさん書いてくれて
ありがとうございます!!!!

どんなファンのことも大切に
ちゃんと考えてくれてるSiM
大好きです!!!!

9 ■無題

今更こんなとこにコメント失礼します!

今度ライヴ見に行かせてもらいます!
だけど私、全然ライヴ行ったことないんです;

ハーコーモッシュとかPVでしか見たことないやぁ(^^;)


私なんかが行って他のお客さんの迷惑にならないかすっごいびくびくしてます
たぶんライヴ前日まで行くかどうか悩んでます

でも本当にSiMのライヴを見てみたいので勇気振り絞って行くと思います!


私も出来るだけライヴハウスの知識をつけていくので、お願いします!

この日記、すごく参考になりました!

8 ■わたしは・・・

ライブで思う存分楽しもうと思いながらライブ参戦してます。
だから盛り上がるとこでダイブしたり、重く激しいとこはハーコーモッシュだってします。

わたしはMAHさんが廻れ!とか言ってくれるのが本当に好きです。
同じ空間で大好きなライブを共にしているひととやっぱり終始笑顔で楽しみたいとゆうのもあります。

何かまとまらなくてすみません!
でもわたしはやっぱりライブで楽しまなきゃ損だと思ってます!

7 ■語れるほどじゃないけど

どんなジャンルの音楽でもいえることだと思うのですが、音楽にノッている時に体が動くのは当然のことだと思います。
激しい曲なら激しく、緩やかなら緩やかに。
曲にノッて体を動かす延長にダンスはあるんだろうし。

それはさておき、自然に体は動いてしまうのでPunkRockのライブではもみくちゃになるのは仕方ないと思います。
ハメを外して騒ぐのはいいことだと思うけど、それはあくまで人間的な常識のある人がしていいことで、ハメを外す=何してもいいということではないと思います。

それに、ライブ会場でもどこでも自分の身はある程度自分で守らなきゃいけないはずだし、ライブでのアクシデントを全てバンド側のせいにしてしまうのは今のモンスターペアレントと同じようなものだと思います。


長くなってしまいましたが、私はSiMは最高にカッコイイバンドに間違いないと思ってるので、これからも自分を貫いて頑張ってください☆

6 ■初コメ☆

水戸、仙台で初めてSiM見ました(^^)
正直、2日間で1番楽しめたのはSiM。それはMAHサンが煽って引っ張ってくれたから。
ここで手上げればいいんだとか、曲全然知らなくてもSiMとの一体感を感じれたよ。
痛い思いするのは確かに嫌だけど、それもLIVEのいいとこなのにぁと私は思います。

5 ■無題

ためになりました
ありがとうございます!

マナー自体が人によって変わるから難しいですよね

僕はライブに行った以上何があっても
笑って許すくらいのつもりで行ってます

4 ■無題

最近SiMのLIVEみたんですが
初めてだったのに
とても楽しかったです!

そしてこれ読んでもっと
好きになりました!

応援してます。

3 ■無題

私は「暴れるのはニガテだけど暴れてる人を見てるのは好き」なタイプでしょうかー。

あとケガしても「LIVE行ったらケガしちゃった アヒャ!」とか言ってそれさえも思い出にしたいと思っちゃいますね。
(重体にはなりたくないけどね!)

自分の感性とバンドマンの感性が繋がったときに色々と反応するもんだと思うので、そういうのに身を任せたいですねー。
そんでそこに感動したいです。

2 ■無題

長い!!
けど、良い!!

1 ■無題

書いてくれてありがとうございます!!

そしてこれからもSiMを応援していきます☆

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース