#2103 1492の偉業は永遠に

こういう表現が果たして適切なのか
悩ましいところではありますが
まさに「歴史的瞬間」と申しましょうか
金本知憲選手の連続フルイニング出場記録が
きょうのベンチスタートにより1492試合で途絶えました。
きょうは仕事だったため時事通信の速報でその事実を知ったわけですが
わたしは驚きよりもむしろ「この状態なら仕方ないのかな」と。
そして何よりも「ほっとした」というのが
正直な感想であります。
今回のベンチスタートについて金本選手は「自らの決断」したとのこと。
監督やコーチも最後の最後まで出場の道を模索していたようですが
チームの勝利のためということの決断を尊重したんでしょうね。
はじめに誤解のないよう願いたいのは私自身、
記録を否定するつもりはないですし
できるばこれからも連続フルイニング記録は続けてほしかった。
しかし、とにもかくにも今年の金本選手の守備はもう目を覆うばかり。
きのうのあの回の守備はまさにそれを象徴するかのようでした。
ハッキリ言ってランナー二塁でレフトに飛んだら
「ああ点を取られる」と覚悟したのは私だけではありますまい。
当然打つ方も精彩を欠きチャンスもいかせない。
そうした状況で記録という名目だけで出続けるのは
チームのためにもよくありません。
そういう意味では今回の各者の判断は大正解やったと思います。

しかし何度も書くように
記録そのものを否定するつもりは毛頭ありません。
タイトルにも書きましたが1492試合という記録は
もう誰にも破られないでしょう。
この記録はほんとうに偉大であります。
ここまで積み重ねた努力に改めて拍手を送りたいです。
連続フルイニング出場記録は途絶えましたが
連続試合出場記録はまだまだ続いています。
そして、なんかまるで引退したかのような空気が漂っていることには
憤りさえ感じておりますが
われらのタイガースにとっては
まだまだ必要不可欠な選手であることには間違いありません。
しばらくは代打、もしくは代走としての起用もあるでしょう。
もちろん連続試合出場記録そのものも
風前の灯火かもしれませんが
それはそれで仕方ないかもしれません。
いずれにしましてもいまはゆっくり休んで
万全の形で戻ってほしいと思います。

それにしても球界関係者からたくさんコメントが寄せられていること
そして代打の場面で横浜スタジアムで割れんばかりの拍手が起きたことに
いかに金本選手がたくさんの人に愛されてるのか
今さらながらではありますが
改めて知らされた次第であります。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
AD

コメント(2)