スピリチュアリズムのすすめ

スピリチュアリズム(世の中をより良くするための思想、より良く生きるための思想)をご紹介します。


テーマ:
各々が人の迷惑をかえりみず、自分勝手な生き方をすることは、争いの原因となります。

各々が人の役に立つような生き方をする時、幸福が生まれます。

「互助の精神のないところには荒廃があるのみです。互助の精神のあるところには平和と幸せが生まれます。地上世界はその互助の精神によって新しい社会を築かないといけません。原理はいたって簡単なのです。人間がそれをややこしくしているのです。」(シルバーバーチ霊)

このことは頭では理解できたとしても、実際に自分が人の役に立つ事をするとなると、なかなか実行に移す事は難しいと思う人が多いのではないかと思います。

この世界では、お金や地位や名誉などで判断されますので、自分に無力感を感じる人も多いのではないかと思いますが、スピリチュアリズムではその人の人格だけで判断されます。

つまり、あの世にはこの世のお金や地位や名誉など持っていく事ができず、その人がこの世で為した行いによって築き上げた人格だけで置かれる環境が決まってくるという事です。

そのため、各自がお金、地位、名誉などで人と比較せず、自分なりに精一杯世の中に貢献すればよいということになります。

貧しい人の中にもお金持ちの人よりも立派な人格の持ち主はいます。

仕事のない人の中にも仕事がある人よりも立派な人格の持ち主はいます。

病気の人の中にも健常者よりも立派な人格の持ち主はいます。

自分なりに世の中に貢献する中で(人の役に立つ中で)自分の人格を高めて、死後の生活に備えればよいのです。

死後の世界を考慮に入れないために、自分に対し無力感を覚えるものかもしれません。

「小さい物事は文字通り大したことではありません。でも、その小さい物事に誠実をつくすのは偉大なことです。」(マザー・テレサ)

例え大きな事でなくとも、何らかの形で人の役に立てる機会は存在するのではないでしょうか。

「不幸せの極みにあるとき、自分にはすべきことがあるのだと信じなさい。誰かの苦悩を和らげてあげられるかぎり、人生は無駄とはならない。」(ヘレン・ケラー)

「私が説いているのは人のためにという福音です。人のために惜しみなく自分を役立てなさいと言っているのです。そうするとあなたがこの世に存在したことによって世の中が豊かになるわけです。簡単なことなのです」
「いいですか、ほかのことは信じていただかなくても結構ですから、次のことだけは信じてください。あなたが生涯でたった一人の魂に光明を見出させてあげることができたら、たった一人の人間の飢えを満たし、のどの渇きをうるおしてあげることができたら、たった一人の人間の肩の荷を軽くしてあげ、前途に横たわる石ころを取り除いてあげることができたら、それは地上の全財産にも勝る貴重な行為をしたことになるのです。」(シルバーバーチ霊)




(死後の世界が存在するかどうかわからないという方はこちら→魂の死後存続の証明

(シルバーバーチの霊訓についてはこちら→シルバーバーチの霊訓


スピリチュアリズムの思想を広めるためにご協力ください。
(クリックしてください。)



にほんブログ村
哲学・思想 ブログランキングへ

シルバーバーチの霊訓〈1〉/著者不明
¥1,260
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)

テーマ:
生きていると様々な人や出来事に遭遇します。

明るい人や楽しい出来事に出会えば、自分の心も楽しく朗らかになるのではないでしょうか。

そして、いつもそのような気持ちでいれば、そういう気持ちでいることが習慣となり、やがて自分の性格の一部となるのではないかと思います。

そのような性格の人の周囲には、明るく前向きな人が集まってきて、さらに生活自体も楽しいものへと変化していくのではないでしょうか。

逆の場合も同様の事が言えるのではないかと思います。

暗い人や苦しい出来事に出会えば、自分の心も沈んで憂鬱になるのではないかと思います。

そして、それが習慣となり性格となって、暗く後ろ向きな人が集まってきて、生活自体がつまらないものへと変化していくのではないでしょうか。

怠惰な心でいることなども同様のことが起こりうると思います。

どのような人、出来事と出会っても、明るく前向きな心が維持できるように、日頃から心の動きに配慮しておく必要があるのではないでしょうか。

心の変化に全く無頓着でいると、小さな変化が積もり積もって、いつしか大きく心が変化し、大きな災いとなって降りかかるかもしれません。

「心は、捉え難く、軽々とざわめき、欲するがままにおもむく。その心をおさめることは善いことである。心をおさめたならば、安楽をもたらす。」(釈迦)

「人間の精神にはさまざまな複雑な感情や想念が渦巻いております。それをうまくコントロールするところにあなたの成長があり進化があり、低いものが高いものに転換されていくのです。」
「私たちがお教えしようとしている人生の秘訣は、今を大切に生きるということです。」(シルバーバーチ霊)



(ポジティブな思考・感情・状態、ネガティブな思考・感情・状態の例についてはこちら→思考と感情のコントロール

(死後の世界が存在するかどうかわからないという方はこちら→魂の死後存続の証明

(シルバーバーチの霊訓についてはこちら→シルバーバーチの霊訓


スピリチュアリズムの思想を広めるためにご協力ください。
(クリックしてください。)



にほんブログ村
哲学・思想 ブログランキングへ

シルバーバーチの霊訓〈1〉/著者不明
¥1,260
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世の中には様々な価値観、性格の人がいますから、自分に合わないタイプの人間がいる事も仕方のないことだと思います。

特に、他人から理不尽と思える事で嫌な思いをさせられたとき、他人を恨んでしまうものだと思いますが、単純に人を恨んでも良いものかどうか一度考えてみることも重要ではないかと思います。

まず第一に、自分にも問題がないかを考えてみる必要があるのではないでしょうか。
つまり、自分自身、相手に不快な思いをさせていたにも関わらず、自分の事を棚に上げて相手を非難している場合ですが、大抵は、両者に問題があるものだと思います。
相手が100%悪くて自分は100%正しいという事などまずありません。

次に、相手のおかれた状況を考えてみる事も大切だと思います。
誰でも自分が幸福であれば、他人の幸福を願い、自分が不幸であれば、他人が嫌がる事をしたくなるものではないでしょうか。
相手の立場になって考えるという事も大切かもしれません。

自分に全く落ち度がない見つからない場合はどうでしょう。

この場合は自分の過去の行いを振り返ってみることもよいかもしれません。
自分が過去に他人に対して同様の事をしていたという事が発見できるかもしれません。
そうすれば、相手を恨む事がお門違いであると思えるかもしれません。

自分に落ち度が見当たらず、過去にも自分が他人に対して同様の事をしていない場合はどうでしょうか。

この場合は因果律を考えてみればよいかもしれません。

他人を恨めば他人からも恨みが返ってくる。そして争いに発展する。そういった悪循環が引き起こされるということを考えれば、他人を恨んではならないと思える人もいらっしゃるのではないでしょうか。

「実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。怨みを捨ててこそ息む。これは永遠の真理である。」(釈迦)

「残酷は残酷を呼び、争いは争いを生みます。が、愛は愛を呼び、慈しみは慈しみを生みます。人間が憎しみと破壊の生活をすれば、人間みずからが破壊の道をたどることになります。」(シルバーバーチ霊)

さらに、その憎い相手は、他人に迷惑を掛けたのだから、必ず自分自身が苦しむ事になると考えれば、わざわざ自分が恨んだりする事はないと考えられるのではないでしょうか。

また、他人を恨む事で自分が得をする事などあるでしょうか。
自分の心がネガティブなものとなり、自分自身を破滅させるだけではないでしょうか。

「ゆるしの気持ちを身につければ、その記憶にまつわる負の感情だけを心から手放すことができるのです。ゆるしとは「相手を無罪放免にする手段」ではなく、「自分を自由にする手段」です。」(ダライ・ラマ14世)

因果律を考慮すれば、ダライ・ラマがおっしゃる言葉もより深く理解できるのではないかと思います。

相手を許しても、相手は無罪放免になる事はあり得ませんし、自分自身は恨みの感情から解放されて心の自由を得ることができるのです。

このように、他人を恨むという行為一つとっても様々な角度から捉える事が出来るのではないかと思います。

人を恨む事は本当に正しい行為でしょうか。

人間は様々な人と出会い、様々な経験を積むことで、より多くの人を受け入れることのできる度量の広さを得る事が出来るのではないでしょうか。

自分が不快に感じる人というのは、このような機会を提供してくれる貴重な存在だと捉える事もできるかもしれません。

「霊格(人格)が高いことを示す一ばんの証明は人を選り好みしないということです。」
「人間が地上にあるのは人格を形成するためです。ふりかかる問題をどう処理していくかがその人の性格を決定づけます。」
「人を憎むことのできる者はそのエネルギーを愛に転換することができるのです。愛と憎しみとは同じコインの表と裏です。どちらを選ぶかはあなた次第です。」(シルバーバーチ霊)



(死後の世界が存在するかどうかわからないという方はこちら→魂の死後存続の証明

(シルバーバーチの霊訓についてはこちら→シルバーバーチの霊訓


スピリチュアリズムの思想を広めるためにご協力ください。
(クリックしてください。)



にほんブログ村
哲学・思想 ブログランキングへ

シルバーバーチの霊訓〈1〉/著者不明
¥1,260
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。