テーマ:

晴れ今日は、久しぶりに青空を見ることができました。梅雨明けも、もうすぐですね。

そして、本格的な夏の到来です。今年も猛暑に悩まされるのでしょうか?

覚悟を決めて体力づくりに励みます。

節電対策の為にも、暑さにバテない体づくりは大切ですよね。


梅雨という時節、雨が降るのは当たり前のことですが、梅雨前線の活動が活発になり

こう激しい雨が降り続いていては、各地での被害が心配になります。

突然降ってくる雹、突然発生する竜巻と、今まで身近に感じたことのない事象に人々は困惑し

ますます自然災害に対する不安や恐怖心が募ります。

予測できない事態に振り回されていても仕方ありません。

今、自分にできること、やるべきことに焦点を合わせることが大切です。

いざという時の為になんらかの対策と対処法を、ひとつ準備しておけば充分です。

後は、「どうにかなる。」と、開き直り?・・・『大丈夫」と心に言い聞かせます。


7月7日の夜空は澄み切って、きれいな星空が広がっていました。

  織姫様と彦星様は、1年に1度の再開を果たされたのでしょうね。良かった合格


 


雨

雨が降る、地面を濡らし、草木に活力を与え

  地球上にある全ての生命を育んでいく

  大気中の汚れを洗い流していくように

  澱んだ空気を清々しいものに変えてゆく

  そして目の前に広がる光景が鮮やかによみがえる


雨が降る、悲しみと、つらい想いに、抑えていた感情が頭をもたげる

頬を伝う涙が心の中に雨を降らせる

蓄積された様々な想いを、一緒に洗い流していく

そして、曇った心の鏡は透明さを増し

今まで見えていなかった真実を映し出す


 

AD

奇跡の瞬間

テーマ:

先月、5月21日の金環日食は素晴らしかったですね。晴れ

日本中の人々がその瞬間を心待ちにし、何ヶ月も前から日食グラスを購入されていました。

(もう1ヶ月前には、どの店でも完売していたそうです。)

そして世紀の天体ショーを見学する為の準備が勧められていました。

日本の大きなイベントのひとつになり、多くの人々を楽しませてくれました。


あいにく私は日本海側の地域にいた為、実際に観察することはできませんでしたが、

それでも、テレビ中継を見ながら「わー!」と思わず歓声を上げてしまいました。

中でも一番印象に残っている映像は、東京のスカイツリーの真上での金環日食を捉えたものでした。

まるで神様が、オープン前のスカイツリーを祝福してくださっているようにさえ思えました。


引き続き、今月の6月6日は金星の太陽面通過という、今度は105年後にしか見られないという

自分の人生において一度きりの奇跡の瞬間を捉えるチャンスです。

金環日食の時ほどの盛り上がりはありませんでしたが、それでも世間の人(自分も含む)は大騒ぎでした。

私も朝から時間を気にして、「今度こそは」・・と意気込んでいました。


この日の太陽は、とても美しかったです。キラキラ

いつもと違う透明感のある輝きを放っていました。(知人からの報告もありました。)

太陽の光がこんなに透明で美しいと思えたのは初めてです。

そちらの方に気がとられてしまい、肝心な金星の通過はあっけなく終わってしまいました。


奇跡の天体ショーは、もちろん素晴らしかったですが、

多くの人の気持ちが一斉にその瞬間に向けられること、同じものを見て感動し、喜びを分かち合うこと

みんなの心がひとつになること、その奇跡にも感動を覚えます。

宇宙は私たちに何を告げたいのでしょうか?宇宙人




奇跡の瞬間を体験した時

人々の心は歓喜で満ち溢れる

長い間、心の中で燻り続けていた疑問も

一瞬にして、霧が晴れていくように消し去られていく。

澄み切った心には眩しい光が差込み

昨日まで、そこにあったはずの不安も闇に葬り去られていく。


確信を得た瞬間、信念という心の土台はさらに強められ

前に向かって歩いて行くようにと心を奮い立たせる。

”険しい道の先には、必ず美しい草原が広がっている”と・・・


信じることは、未来を切り開いていくこと

信じることは、全ての闇を光に変えること

AD

ささやかな楽しみ

テーマ:

あじさい「お帰りなさい。」

今年も我が家の軒下は、例年通りの賑わいを見せています。

5年前に作られたツバメの巣では、毎年のように新しい命が誕生しています。

今年は帰って来るのが遅かったので、少し心配していましたが、

毎年この時期限定の私のささやかな楽しみを、今年も喜びに変えることができました。


「ささやかな楽しみを喜びに変えることができたなら、

      それだけで十分に幸せだと思える人生を送ることができるはずです。

遠くに向けていた心を、そっと自分の足元へと戻してみると

      そこにある沢山の幸せに気付くでしょう。 

          幸せは目の前にある楽しみ、心で感じる喜び」


・・・・と4月29日に大阪で開催された、サンデーサービスのサーモンでお伝えした高次元からのメッセージですが

本当にその通りだと思います。


誰にでもある小さな楽しみ、それを大きく膨らませることができれば

心で知る感動、喜びに変えることができるのでしょうね星

そんな楽しみをひとつでも多く増やしていくことができれば、人生は喜びに満ちたものになるのでしょう。

私も目の前にある楽しみに、もっと目を向けて、ひとつひとつを大切にしていきたいと思います。



流れ星

幸せは与えてもらうものではなく自分で探し出すもの

どんな小さなときめきにも、心を動かすことができたなら

それだけで沢山の喜びを得ることができるはず。


喜びの種は芽を出し、成長し、やがて大きな幸せの木になるでしょう。

幸せは自然に人を引き寄せ、いつのまにかそこは、大勢の人が集う憩いの場となるのでしょう。


幸せは自分自身の心が作り出すもの

素直になれば、忘れていたことを思い出せるはず

大切なことに気付くことができれば

闇の世界も光で輝くキラキラ

AD

充実した時間

テーマ:

先日アイイスの東京本部で開催された、スプリングフェステバルに参加させて頂きました。ブーケ1

会場は大勢の人で溢れかえり、立ち見の方もいらしゃる程の大盛況です。

デモンストレーション(霊界通信)が始まり、前に出ると

会場に充満したエネルギーと、みなさんの熱い視線に圧倒されそうになりました。

多くのエネルギーが集まる台風こういった場所では、周りに感化され自分自身のエネルギーも高まってくるので

いつもと違う自分、以外性を発見することができます。

集まったミディアムのそれぞれ違った個性にも触れることができて、とても刺激になりますし

何よりも同じ目的をもつ仲間がいるということは、とても励みになります。


今回、イギリスから来日されたヘンリー・カミングさんともご一緒させて頂きました。

ヘンリーさんの実力はもちろんのこと、人間性もすばらしい方です。

色々な話しをお伺いする機会にも恵まれ、必要な情報やアドバイスなどを頂戴しました。

みなさんと同じ時間を共有することができて、たいへん嬉しく思います。

とても充実した時間を過ごすことができました。有難うございました。クローバー




一歩踏み出す勇気があれば、新しい自分を発見できる。

自分にある新しい可能性を知ることができれば

もっと充実した人生を送ることができるはず


恐れを捨てて前に向かっていけば

たくさんのエネルギーと触れ合うことができる。

他の人から得た知識や経験でも

それを心で受け止めることができれば、自分のものになる。


自分の存在は、人の中で確認することができる

学ぶべきことは、自分の内より外にある

生きていることの意味は、人との繋がりので知る。


春の訪れ

テーマ:

一雨降るごとに暖かくなっていくこの時期、日差しに春が感じられます。

今年は気温が低いせいで、桜の開花も遅れるようですが

目にする光景は、日ごと鮮やかに変化していきます。

緑が増え、そこに彩りをそえるように春の花が咲き始めています。

鳥たちのさえずりも賑やかに感じられる今日この頃、本格的な「春はもうすぐですね。」


毎年のようにこの時期には、沢山の花粉が空気中に散乱し

「花粉症」という色々な症状に苦しむ人が増え始めます。

昨年までは「大変だなあ。」と人ごとのように言っていた私も「明日はわが身」・・・

とうとう今年は、その苦しみをあじわうことになってしまいました。

目の痒み、くしゃみ、鼻水、おまけに声枯れもひどく

会う人達は、みんな「大丈夫?」と気遣って下さいます。


季節の変わり目で気温の変化も激しく、体調を崩されている方、

始まりの時期で進学や就職、転勤など環境に変化のある方が多くいらっしゃるこの時期は

なんとな世間が騒がしく感じられます。

自分には直接の関係がなくても、周囲が忙しそうにしていると

じっとしていられなくなり、何らかの変化を求めてしまいます。

ゆっくりと春の陽気に憂かれ美しい自然を満喫したいと思い、あちらこちらに出かける計画をたてています。




光の架け橋


生命の芽吹く時、そこには新しい始まりがある。

地球上にある全ての生命が、喜びや希望に満ち溢れる時 

長くつらい冬の厳しさに、絶えたものだけが知ることのできる感動の瞬間

春の訪れ、たとえ短い一時でも

美しい自然を体中で感じ、生命の深さを心で感じたい。

楽しみを自らの力で作り出し、喜びを感動に変える為には

振り返ることを止めて前進するだけ。