先日参加したビューティーフェスタでご紹介いただいた、

 

米肌のエイジングケアクリーム  「活潤リフトクリーム」 のその後でございます。

 

イベントの様子はこちら
>>> 「KOSE Beauty フェスタ 2016 Supported by @cosme」に参加♪

 

 

アタクシが使っている現在のアイテムはこちら↑ 写真左から

 

・肌潤化粧水  ・活潤リフトエッセンス  ・活潤リフトクリーム

 

衣替えではありませんが、季節の変わり目ということもあり

 

今まで使っていたものをこちらに変えています。

 

 

例えば、肌潤化粧水 は引き続き使いつつ

 

 

肌潤改善エッセンス(薬用保湿美容液) を

 

活潤リフトエッセンス(エイジングケア美容液) に、

 

 

肌潤クリーム を、活潤リフトクリーム にチェンジ。

 

アタクシの肌は、割とうるおいを留めておくのが苦手で、乾燥するわ、肌荒れするわ、

 

ストレスや体調をダイレクトに反映しがちでしたが (*肌をみると体調がわかるタイプ;)

 

保湿!!を意識したスキンケアに変えたことで、落ち着いてきたという実感があります。

 

そうなると不思議なもんで、もっとハリが欲しい! とか ツヤが欲しい!! とか

 

“もっともっと” と欲が出てくるんですねぇ (o_ _)ノ彡☆ポムポム

 

 

そんな、うるおいも欲しい! でも、ハリも欲しい!! という

 

ワガママに応えてくれるのがこちら、活潤リフトクリーム

 

化粧水の次に使う 活潤リフトエッセンス(エイジングケア美容液) もグッと引き上げて

 

くれるようなリッチな使い心地ではあるけど、クリームはより、うるおいやハリ、ツヤという

 

肌悩みに応えてくれる気がします。

 


使うタイミングはお手入れの最後(アイクリームを使う場合はその前)。

 

パール粒くらいを取って、顔全体に伸ばします。

 

 

 

あご、両頬、鼻、額に置いてまんべんなく伸ばし、最後は丁寧にハンドプレス。

 

両手のひらで肌を引き上げるようにすると、ふっくらとしたハリを感じられます。

 

クリームってベタベタするから苦手;;って思ってたけど、体温でとけていくのがよいです。

 

ただ塗って終わりにするんじゃなく、自分の手で輪郭や頬を下から上に引き上げるように

 

やさしくなじませると、気分も肌もなんだか上向く気がします ( ´艸`)

 

香りも特になくて、使い続けてもストレスを感じないというのも好印象。

 

これからますます乾燥が気になる季節だけど、

 

クリームを使ったケアで、乾燥しない肌作りに励もうと思いますw

 

 

*KOSE米肌 体験レポーターに参加しています*

 

読者登録してね ペタしてね

 

 

 

 

 

AD