src="http://public.news.yahoo.co.jp/blogparts/js/topics.js">

The Nation's Hot News :Free Subscription!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-12-03 10:41:19

【画像】タイのNYT白紙で新聞発行。タイ人が見る軍政とは?

テーマ:ニュースから
日本のヤフーでもトップ扱いですが、タイで発行されているニューヨークタイムスがタイの軍政についての部分が白紙で発行されました。

ニュースでは一面とありますが、中国の大気汚染の下の紙面中央部分です。

{D7A322D2-0D76-42C5-8690-D6CB8189D35D:01}


元々の紙面は、軍の失政で景気停滞や犯罪増加とあり、外国人が読むに相応しくない、不正確という判断をタイの印刷会社が判断(独自の検閲)をし、印刷拒否という流れです。

もちろん、このまま発行すれば、反政府運動加担ともとられ、業務に圧力がかかるのを嫌ったとする見方ができます。

NYTでは9月に報じた国王の健康状態について極めてプライベートだということで、新聞の発行自体が見送られた『前科』があります。

前科というのは言い方がきついので取り消しますが、見方を変えると中身はかなり違います。



軍政とは言え、プラユット首相の人気はかなり高いです。

理由としては、クーデター直後からの積極的な情報開示です。

包み隠さない囲み取材の対応から、プライムタイムの原稿無しでの国民向けの直接語りかけるテレビ放送は、プラユット首相の人柄の良さが際立っています。

使うワードも面白く、分かりやすい表現で幅広い世代から見直されました。

インラック前首相の原稿読み違えの数の多さと比べると明らかに国民目線で親しみやすい政府になりました。

アメリカなどからのニュースを見ると、クーデター、軍政、選挙を経てない首相、悪みたいな見方です。

私も事実そうでした。

しかし、タイの知識層はもちろん、東北部や北部のタクシン派からも、

おやおや?いままでかなりひどいバラマキや適当な政権運営だったんだな。

というようになりました。

プラユット首相率いる政府が1番気になるのは、特定勢力による国民分断です。

既得検閲でぬるま湯だった省庁はもちろん、地方行政も軍を動員し、地元警察への袖の下なども徐々にメスが入りだしています。

そこで、言論統制をし、タイ人の誇りを汚す勢力を厳しく監視しています。

一概に言論統制が悪ではないと最近気付くようになりました。

政府の批判を恐れているわけでなく、タイ人が皆同じ方向を向いてほしい。

そのためには今までの論外な仕組みや制度は壊さないといけないというスタンスです。

実際には、

『軍のクーデターで民主化がより進む』

そのための土台を今の暫定政権が担い、嫌われ役を引き受けているように見えます。

なかなか面白い世界的に稀有な政権だと思います。

インラック前政権は女性首相初で注目されましたが、米の高価買取りで、経済は激しく疲弊しました。

私が取材したタイのコメブローカーには当時、信じられないくらいの余剰米が積み上げられ、極秘裏に巨大台風を受けたある国の政府が接触、日本の商社が仲介に入り、レムチャバン港から豪快に輸出された負の一面がありました。
その過程で廃棄になったコメが大量にあったのはもちろんです。
インラック政権では、人気だけで経済は実際には浮揚させられませんでした。

そこにきて今回の記事です。

印刷会社が判断し、印刷拒否。

タイの人からすれば、頑張ろうとしているのに、どうして負の一面ばかりフォーカスするの?
マイペンライでは済まないよ。

というのが本音です。

プミポン国王の誕生日を控え、水を差されたタイ。

見方を変えるとニュースも違うものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。