頑張ると決めて

テーマ:

読者の皆さんへ

いつも、ご訪問、「いいね」、コメント、ありがとうございます。

夏のドラマ、始まりましたね。

観たくてうずうずします。

感想記事が書きたくてうずうずします。

 

でも。

頑張ると決めたから。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

私は、生後8か月で先天性緑内障と診断され、1歳になるのを待って手術を受けました。

右目でした。

今は、左目だけの視力で生活しています。

3Dの映画が観られないのと、安全を考慮して運転免許を取らなかったこと以外に、不自由は感じていません。

 

両目の視神経は繋がっており、手術が失敗していたなら、私は失明していたのですからまず私の目の異変に気付いた母に何より感謝しています。

 

母が私の目の異変に気付いたのは、私が何より、テレビが大好きだったからでした。

もちろんテレビの内容は、赤ん坊の私に理解できているわけがなく、ただ動く「物」「人」を、目で追うのが楽しかったのだと思います。

 

私はその頃から、テレビが大好きなテレビっ子だったのです。

 

手術を受けた後は、もちろん入院。

退院後は大学病院に通い、それは私が中学生になるまで続きました。

 

病院での検査は、行けば必ず1日がかりで、待ち時間に母がいつも絵本を読んでくれました。

検査をする過程でどうしても眼圧を測ったり、色々な種類の目薬をさすので、自分で本を読むことは困難でした。

 

それから自然と読書が好きになり、自然と書くことも好きになり、それ以前からテレビっ子の私はドラマがどの番組よりも好きでした。

 

そうして今の私があります。

書くことが好き。

勉強では国語が1番好きに。

英語が始まってからは、国語の次に英語が好きに。

 

言葉が、好きなのです。

留学の夢はかなわなかったけれど、その分、努力もした。

 

でも、やはり独学には限界がある。

そうやって、諦めようとして自暴自棄になったことは何度もあります。

 

このブログを始めてから、様々な方と交流することができるようになり、読者の皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この気持ちを文章で表すことはとても難しいことです。

つらいことがあっても、日々を頑張れるたのは、このブログの存在のお陰でした。

 

前にも綴った通り、私は今、毎日自分を英語漬けにしています。

改めて気づいたのです。

どうやって日本語を好きになり、ブログに自分の気持ちを綴れるようになったのか。

たくさん読んで、たくさん聞いて、たくさん書いたからだと。

 

だから、今、また英語に対して、そうすべきだと強く感じています。

 

日本のドラマを観るその時間を、アメリカのドラマを観る時間に充てます。

英文を読みます。

 

そして、ブログには未だ公開できませんが、自分のファイルに英語で感想を綴ろうと思っています。

 

今のとりあえずの目標は11月に受けるTOEICです。

 

頑張ると決めました。

私はここで宣言したのです。

 

相互読者になっている方々のところへ、「いいね」も何も残せませんが、次に記事を書く時には、「読みに来て良かった」と思っていただける記事にしたいです。

(そう思わせて下さった紗羅マンダー様、ありがとうございました。お返事よりも先にこのエントリーをアップした私をご容赦下さい。)

 

もしも、なにかしら1つでも夏の日本のドラマを観て、記事が書きたくなったら、その時、またここへ来ます。

 

最近いただいたコメントで、以下の記事をリブログしたい気持ちになりました。

 

 

 

九州では豪雨の被害が甚大です。

被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。

 

 ✱紗羅マンダーさんのHNの漢字を間違えてしまいました。

御本人が気にされていたのに、訂正してお詫びいたします。


 

AD

前の記事で、新しいことを始めたと書きました。

リブログする以下の記事で言われているとおり、今、私はこれまでの生活を見直さなければならないと痛感しています。

日本のドラマやテレビをを観る時間を、英語の勉強に充てるべきだと、自覚していますし、ブログも・・・


すごく悩んでいます。

いや、悩むことじゃないのかな。

当然、新しいことのために、古いことは止めなければ、与えられた時間は、増えることはないのだから。

記事を書き、コメントを頂いたり、読者さんの記事を読みに伺ったり、Twitterで色んな方の考えを読んだり、観たり、そういう楽しみは、新しいことが本気ならば、我慢しなければならないこと、頭では分かっていました。

ブログ・・・

やめたくない。

でも・・・。


決心、迫られます。



AD