大切なお友達でもあり 

お客様でもある
Aさんから 絹シルク下着について ご質問いただきました。



静電気対策についてです。




静電気 不快ですよね。

乾燥するし、


あれ、
乾燥するから電気が起こるのか?



乾燥 → 痒み と
頭の中で図式がすぐに出てくる

アトピー体質の私としては さっそく調べなければ!




、、、ということで



衣類(インナー下着や 服)の静電気対策として
お役立ち内容だったので、
シェアさせてもらいますね。




私自身 普段 服の着脱の時に
静電気を感じることは ほとんど ありません。




アトピー&乾燥肌なのもあり、
絹や綿(コットン)中心の天然素材中心の
服を着ているからだと思います。




シルク肌着はもちろん 
アトピー肌を応援する絹シルク下着 絹騎士
自社 取扱いアイテムを 着たおしてます(笑)




冬はアウターに 
ウールや化繊のものを着ることもありますが
やはり フリース素材、ヒートテックなどの素材は苦手です。




調べてみると
静電気の発生のしやすさは、

重ね着の組み合わせ次第です。




アトピー 肌着 シルク インナー  レギンス 絹100


プラスとマイナスが離れている組み合わせほど
静電気を帯電しやすくなります。



クリック詳しくはコチラをクリック (とても興味深い♪)






皮が真ん中(中庸)に位置しているのは
人間の肌に近いからでしょうね。





表の真ん中あたりに 
天然素材(動物、植物)が
配置されています。



実際 これ、私、感覚的に 納得です。




ただ 天然素材といっても ウールは
偏りがあります。



セーターでパチパチ静電気が起こりますもんね。




書いてないけど カシミヤ、パシュミナあたりは
ウールより 表の中心に配置されてそう。



ウールほど 静電気はバチバチしませんが、
軽くパチッとなることがあるから。







あと 日経新聞のサイトで


実際に 服の重ね方を変えて ラジオ体操で
摩擦を起こして 帯電の値を測った実験結果があって


なるほどな 結果だったので ご参考に。




→ 静電気と無縁に服を着こなしたい
「素材組み合わせ変えラジオ体操」




「服に使う繊維の中で、帯電しやすいのは
ポリエステルやナイロン、ウールなど。


特にポリエステルとナイロン、
ポリエステルとウールの組み合わせは要注意」



という言葉(日経新聞のサイトより引用)は、

上記の表と一致していますね。





ちなみにキュプラは化学繊維ですが
吸湿性が良く、


比較的 お値段が高価なスーツの裏地によく
使われています。





やはり フリースは
本能的に苦手でしたが、
静電気がたまりやすいから苦手やったのかも?と
思いましたよ。。。



軽いし 便利やねんけどね。






●ブログだけでは書ききれない アトピーの話、

ここだけの話、先行情報、優先情報、

メルマガ読者さま企画などをいちはやくお届け。


ブックマーク代わりにもどうぞ☆

↓↓↓

クリック 【無料、秘密のメルマガ♪】そら絹メルマガ登録フォーム