自然とエコと健康と

健康で美しくあるために、
コスメにお料理、おでかけ日記のようなレポートです♪


テーマ:
西宮の駅と反対方向に歩いていくと目に入る看板




日本酒銘酒のまち、西宮 日本酒


甲子園の西宮、お買い物の西宮ガーデンズ、
そんなイメージが強い西宮にもう一つ。

兵庫県の酒処は、灘五郷と呼ばれていて
そのうちの1つが、西宮郷なのでした。


で、今回その西宮郷のうち、白鷹に行ってみました。
(以前に御影郷の福寿(福壽)を訪れたことがあります。)



住宅街のような街の中に、にょきっとそびえています。
ここを目指します。




こんな碑がありました。
そういえば、なんかどこかで聞いたことがある名前
と思ったら、伊勢神宮の御料酒なんですね。





その向いに、白鷹禄水苑、
白鷹の蔵元、辰馬家の住居をイメージ再現した建物
が建っています。




近寄ってみるとこんな感じ。



立派な入り口を入りまして。



奥にすすむと、うなぎののれん。
予約をしていたのでそのまま中に入りまして



席は、クリスマスと御正月が混じったようなセッティング。
この西宮だけ、ミシュランの☆が1つあるらしいんです。
なので期待がもてますね。



御願いしたのは、ひつまぶしと



うな重に、肝すい。



ひつまぶしはこんなかんじ。
お出汁も届いてます。



うな重はこんな感じ。
この赤い塗りの器に盛られたうなぎは、私のうな重のイメージそのもの。
隣にちょこっと、白鷹が写ってます。
せっかくなので、お願いしました。




うなぎのアップ。
ミシュランの人は、うなぎ、わかるのかな?
この上なくおいしくできてました。



予約したんだけど、窓際ではなかった~。
きれいなお庭を眺めながらだとさらに格別かと。。。

広々としていて、とてもゆったりします。
ひっきりなしにお客さんがやってきていて
大半が年配の人でした。



入り口に、売店もありました。
酒粕は、今絞り中なので、12月半ばからでてくるそうです。




いつまでも帰りたくない感じだったのですが
うなぎやさんを出た後は、まわりを散策してみました。
宮水発祥の地

そんな碑が建っていました。
灘のお酒が天下の銘酒になったのは、
この宮水を発見したからだ、と言われています。

灘五郷の酒蔵はどこもこぞってこのお水を使っていると
言われています。



井戸がありました。



宮水庭園
大関・白鹿・白鷹3社の宮水井戸敷地。
フェンスがあって中には入れず、外から見る感じ。

まあ、たくさんの人が来て、水を汲んでしまったら
枯渇するかもしれませんものね。

昔海だったこの地は、地層に塩分やミネラルが多く含まれていて
そこに、六甲山系の花崗岩層を通過した水がブレンドされて
結果、酵母の発酵を促す水になってるらしいです。
飲み水には適さないらしいですけれど。

そして庭園という名前ですが、さほど広くないです。

食後、散策するのにちょうどよい感じ。


そうそう、さきほどの酒蔵では12月28日にお餅つきをするそうです。
楽しそうなイベントですね。
お時間があればぜひ。


あにあん倶楽部ブロガーキャンペーン参加中にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

silkenさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。