自然とエコと健康と

健康で美しくあるために、
コスメにお料理、おでかけ日記のようなレポートです♪


テーマ:
卒業して早◎年。
大学から、招待状が届きました。
ホームカミングデー。

そんな日があるのは知っていたけれど
卒業後の区切りの年に、全学部のその学年を招待していたらしい。
直前に、ゼミの一期生からの合同同総会をやっていたために
なんだか集まりが悪くって。

遠方の人やら海外に旅行に行く予定の人やら。
でも滅多にないお誘いなので、行ってみました。



校門のところに大きな看板があがってました。



これが今日の式次第。
あれ?中央講堂はどこだっけな。
すっかり忘れています。
建物は、昨年建替えたそうで、真新しい。




壇上の様子。



講演では、「卒業生が財産です!」
そうおしゃってました。

そっか、私は、財産の一部分を担っている訳ね。






吹奏楽の演奏と、ミサが続きます。



あたりを散歩してみると、池に鴨が。



なんと、けんか中。
手前の鴨が猛烈に怒ってます。
きっと、こっちが女子。
奥が男子よね。
人間とおんなじじゃんか。



大学グッズも絶賛販売中。
なつかしいのは、黄色いリングノート。
これ、あたしの時代にもあったわ。


中芝をさくさく歩いて。
大学のランドマークは、時計台。
塗り直されたのか、きれいになってます。
設立当初は、この時計に針がなかったらしいです。
在校生の寄付によって、針がつけられたとか。

在学当時はここが図書館でしたが、今は隣の別棟に移っていて
今はちょっとした展示が行われていました。



開校当時の模型。
原田町にウォルター・ ラッセル・ランバスによって建てられました。
建築家W.M.ヴォーリズの設計です。



Mastery for Service(マスタリー フォー サービス)
大学のモットーは、4代院長、C.J.Lベーツのことば。
知識を求めるのは、単に知識のために求めるのではなく、
まして名誉のためではなくて、
人類に対してより良き務めをなすことができるものとして、
自らに備えんがため、これをなすような者でなければならない


在学中、そんなことを顧みることは一度もなかった訳ですが
そんな歴史にうなづいていることが、
経った年月をうかがわせます。




帰りに記念品をいただきました。



私はいたって、凡庸な学生だったため
大学からいただいたのは、これが初めてではないかしら。
あ、卒業証書を除いては。

老眼鏡sei
大学のネームも入っていて、
立派なものではあるんですけれど
なんだか随分な年寄り扱いに、憤慨中。

まだまだ、そんな年代じゃないですよ!
地震で壊れて建て直ししてから
その後もちょこちょこ建て直しをしているらしくって
校内の様子に懐かしさが少なくなっています。
こんな感じだったっけな?

でも、話をしてみたら、
「あ、これこれ、この感じ」
何かが同じ。懐かしい。
そんな感じに包まれました。

この大学、みんなすごい好きでしょ。
大学院に別の大学へ進んだ友人が言っていました。
そうなのよ。

夫婦で歩いている人が、奥さんに自慢げに案内している様子も
なんだか微笑ましい。

卒業した後も訪れるところがあることは
嬉しいものです

有川浩著の小説「阪急電車」でこの辺り一挙に有名になったのですが
駅ごとにある逸話はもちろんそうなんでしょうけれど
なんとなく違和感も感じます。
それはきっとわたしの阪急電車という歴史が作られていたからだろうと思います。

翌日に、これもまた今津線沿線ですが、
中高の同窓会があって
そっちにきていて、この日は欠席していた友人を
次回誘いだそう、と思ったのでした。

あにあん倶楽部ブロガーキャンペーン参加中にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(3)

silkenさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。