サイレントルーツの実

先住民文化と歩く毎日のつれづれ。
食・子育て・自然農・鉱物や菌類。癒し。語りべ。
民族楽器とともに語る昔話への道・先住民の方々との日々。
淡路島移住生活・母子疎開支援


テーマ:

人生何が起こるかわからんもので。
秋分からいきなり人生に加速がついた、というか20年来の夢が形をとりつつあります。

20年来の夢、それは平たく言えば「世直し」というか「新しい世界の仕組みを作る」ことです。
偉く大風呂敷だなぁ、のことなのですが
私は人生かけてこれに取り組み続けています。

きっかけは21歳で病院で普通に暮らせません宣言されたこと。
まぁ、これは手術拒否して絶対治らないとか言われていたのが治っちゃったんですが、
この間真剣に悩みましたわ~。

なんでこんなに生きづらいのか、
心理学から怪しい療法、食療法まで歩きまくりましたが
そのおかげで自然食有機八百屋の店長も体験しまして、「日本の経済」というものを肌で感じたわけですが、この店長時代に阪神淡路大震災が起こり。
関東圏の有機八百屋店長たちが団結、被災地を支援しました。
我が店も窓口になり、みそとか古着とか送りましたね~。

この体験で今の日本の経済の仕組みは果たしてみんな幸せになっているのか?
と疑問に思ったわけであります。
まぁ、もの心ついた時から周りの大人たちみてて疑問だったんだけどね。
より強烈に実感したのであります。

まずは何でもプロジェクトはじめる時には行うことですが現状をリサーチ。
このリサーチ時間が長かった。10年ぐらい?いや今でもリサーチはしてますから20年かな。

どうやらお金第一主義の仕組みがおかしいらしい、と、たどり着きました。
ヒーリングやカウンセリングしていてもここがよくならないと、いつまでもよくならん。

お金に意識がなくても「愛」があれば幸せなのだ、
与え続ければいいのだ、すべては「愛」なのだ
という方もいるけれど「愛」で飯食ってる人って世界にほんの少し。
全てを天に託し、生きているのよ、幸せになっているのよ、という人は
アンマとかサイババとかマザーテレサとかではないか。

凡人がみんなそうはなれんヨ。
真似しようとしたらまぁ、奪われ続けてホームレスとかだよね。
先住民がいい例だ、と思います。


他にもいろんな例があるんだけど、それだけで本が一冊書けてしまうので割愛します。

全ての根本の「お金」の価値、というか
何に使うのか
どのように得るのか
何のために
がなければすべては絵に描いた餅です。

ここら辺はよほど意識しなければ「世の中ってそういうもんだよ」に流されてしまう。
その世の中ってことごとくほんの一部の人が豊かになる仕掛けられたもの。

戦争も親子げんかも農家の困窮も、第三世界の飢えも、公害問題も個人から国家レベルまでこれが問題の根本。

お金が悪いのではないけれど、拝金主義があかんです。

なんだか途方もないことのように思えて自分たちにはなすすべもないように思えるかもしれないけれど、
ホンマにそうかな?と思います。

19年前の阪神淡路大震災の時に一同で支えあったことが、とても大変だったけれどあんなに魂が喜ぶというかイキイキしたことはなかった体験が忘れられないのです。
そして未だに支え続けている人もいて、ちょっとしたコミュニティもできてたりします。
難しいけれどできることはあると私は思い続けています。

鍵は人とのつながりです。
そこで私は20年前から「闇鍋の会」とかしながら人が集うことをやり続けてきました。

拝金主義があかん、人とのつながりが大切で、私たちは資源を使いすぎているからリサイクルやリユースのシステムを作ることが重要や、との話は20年前話しても目が点になる人ばかりだったので、あまり人に話したことはありません。
今まで話したことがあるのはシンガポールの大富豪さんと日本の社長さんらぐらいかな。
(10年前に株式会社を作ろうと思たことがあって、社長さんらの集いに行ったことがありました
大富豪さんはそこでシークレットゲストでいらっしゃった方でね。
私の話にこの大富豪さんだけが「面白いね!」と身を乗り出し、目をキラキラさせて言っておりました。
それまで小ばかにするように私のことを嘲笑していた社長さんらが手のひらを返したように私に名刺を渡しだして。この社長さんらとは絶対仕事したくないと思ったのでした*。
この時は会社を作るには期が早かったのよね。と言いつつ、未だに作れていませんが^^;)

*今ではオトナになり、わかっていて一緒に仕事するかもしれません。
狭量な心では世界は変わりませんから。

最近ようやっとこの手の話ができる人に会えるようになりました。
25日からやたらと加速がついています。
では実際にどうしていくか?という会合が連日です。

誰でもができる仕組みを作ろうと、ますは世界を見てくる、とスペインに飛び立つ友人もいます。
固定種の種の保護をしている友人がインドネシア・シンガポールを巻き込んで学校を作ろうとしています。
「幸せのペイフォワード」http://www.awaji-net.com/pay-forward/ のようにドリンクを次の人用に払うカフェを始めている友人がいます。

皆で何かができそうな気配が濃くなってきている、と実感しています。

私たちの代でできなければ次の代で、次の代でもできなければその次の代で。
確実なのは、今私たちが何かしなければ、何も変わらないということ。

とても小さなことでもやれば何かが残ります。
せっかく生まれてきたんだもの。
シアワセの華を、子孫たちが笑い、幸せに暮らす世界の華を
この世に咲かせたいじゃありませんか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

るー(サイレントルーツを縮めて「るー」)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。