子宮筋腫の自覚症状としてあげられるのはしこりなんです。

床にごろっと寝転んで下腹部辺りを触れてみてください。
なんかゴリゴリと硬いものはないですか。

あるとすればそれは腫瘍なのかもしれませんね。

触って感じるとするとサイズはたぶん大人の男性の人のこぶし大から赤ちゃんの頭部以上ってところでしょう。

結構大きいですよね!

漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)だと子宮の表層にできますから比較的触ってわかりやすい腫瘍となるのです。

この種類の腫瘍は子宮から離れてどんどん大きくなることがありますから。

さらに、腫瘍による圧迫というものがあります。

子宮は膀胱と直腸に挟まれた臓器なんです。

筋腫成長すると、膀胱を圧迫するのでおしっこが近くなることがあります。

筋腫が小さければ大丈夫かというと一概に断定はできず、子宮の下の膀胱と接する部分に腫瘍ができてもやはりトイレが近くなることがあります。



AD
筋腫があると出産できないのではないかと絶望感にうちしかひしがれてしまう方もいますが、[筋腫=出産できない] ではありません。

腫瘍の種類と出来ている位置にもよりますけど、出産は可能ですね。

多くの場合、筋腫といっても小さいものならば、筋腫そのものは良性腫瘍ですので手術して取らなくても大丈夫かもしれません。

実際、筋腫のある方で出産された方は大勢います。

腫瘍が小さくて子宮の形が変わらなければ出産しても問題ないことが多いのです。

腫瘍が子宮内膜の下にできる、つまり 子宮内膜症や、子宮の筋肉の層にできる 筋層内筋腫でかなり腫瘍が大きくなっていて子宮筋を押しのける位までに成長しているとすれば、出産はまず筋腫を取り除くか小さくしてからになると思います。

このような状態ですと、出産自体が難しい場合かもしれません。

子宮筋腫が不妊症の原因をつくっている場合もあるのです。

子宮筋腫は、腫瘍が小さいうちはほとんど自覚症状がない場合が多いのです。

それゆえ、赤ちゃんができないと嘆いている方は、子宮筋腫という可能性も考えた方がいいかもしれません。

お腹を触ってしこりを感じるくらいですと、腫瘍はかなり大きいサイズになっていると考えられます。
AD
このブログは私が調べた範囲で書いているものです。

私は医者ではないですし、ましてや専門家でもありませんよ。

できるだけ正確に書きたいと思っているものの、限界がありますし

子宮筋腫の情報も日々常に進歩しているといえます。

治療その他に関してはご自身で決断してください。

このブログを参考にした結果として生じるいかなる問題についても責任は負いかねますのでご了承ください。
AD