四十九日

テーマ:

皆さんは「四十九日」という言葉を聞いたことはありますか?


仏教では亡くなって7日目を「初七日」と言い、その後7日ごとに法要を行い、7日×7回目=49日目の法要を「四十九日法要」と言います。


さて、法要は置いておきまして、この「四十九日」は特別な意味を持ちます。


病死や老衰などの場合、亡くなってから数時間から数十時間をかけて魂は肉体から抜け出ると言われています。

その後、おじいちゃんやおばあちゃんなどが迎えに来て、霊界に行くと言われています。

残念ながら、私はその場をみたことがありませんのでわかりません。



しかし、この後は私が見たモノをみなさんにお話いたしましょう。


私たちの今住んでいる世界を「現界」と言います。

そして、霊が住む世界を「霊界」と言います。

その中間に「幽現界」という場所が存在します。


この幽現界は、人間も入れるし、霊も入れる世界と思っていただければ良いと思います。

お花畑が広がる世界と臨死体験された方は言います。

広い世界ですので、お花畑や川もあります。


この幽現界はある目的のために存在します。

私たちは現界にいる間、肉体を持っていますが、霊界に行くためには肉体を捨てなければなりません。

幽現界では、肉体が無くなることに慣れる場所でもあるのです。



今から10年近く前だったと思います。

ある中学生の男の子が病気で亡くなりました。

その男の子と懇意にされていた方から、その子がどうしているのか教えて欲しいとの依頼がありました。

彼が亡くなって1週間ほどの時でした。


私は幽体離脱して幽現界に行くと、幅が4メートルほどの通路で、左側がレンガ造りの壁、右側がアーチ状の吹き抜けの窓になっている場所に到着しました。

ふと足下を見ると、その中学生が寝ています。

声をかけても彼は起きることなく、その後何度かその場所に行きました。

およそ四十九日が経った頃、彼は起きて通路の先、つまり幽現界に向かっていきました。


必ずしも、死者がこのレンガ造りの通路で寝ているわけではありません。

他の場所で四十九日を過ごす霊もいます。


よく宗教などでは、病気で亡くなったご先祖の霊なのに、苦しまれているので供養してくださいと多額の祈祷料を取ることがありますが、四十九日間寝て、魂だけの存在になった霊は、肉体の苦しみはありません。

騙されないよう、気をつけてください。



一方、事故や自殺以外の場合は、自分が亡くなったことに気づいておらず、四十九日を過ごさない霊もいます。


特に自殺者の霊は、宗教的な刷り込みで自殺は悪いことだから地獄に行くと思い込み、本人が作った地獄に行ってしまうことがあります。

この場合は、肉体がないことにも気づいていませんので、亡くなった時の息苦しさや痛み、恐怖などがいつまでも消えることがなく、未来永劫苦しみます。


また、自殺者の場合、自分が死んだことを知らず、他の方に憑依して何度も自殺を試みることもあります。

AD

転生輪廻

テーマ:

転生輪廻という言葉があります。

人が生まれそして死に、また生まれ変わることを繰り返すことをいう言葉です。

仏教用語ですが、宗派の中には転生輪廻を否定している宗派もあるようです。


この転生輪廻、謎がたくさんあります。


人間だけが転生をするのか?

動物にも転生はあるのか?

昆虫はどうなのか?

単細胞生物も転生はあるのか?



人間は転生します。

ほとんどの人が500回以上の転生をしています。


ここで、単純に計算してみましょう。

寿命が60年とした場合、500回転生したら60年×500回=30、000年

人類の起源から見ると、約3万年前というとネアンデルタール人の頃ですね。


そんな昔から?と思われる方もいるかと思いますが、そこは私にもわかりません。

しかし、500回の中には、順番に転生しているものでもない場合もあります。

つまり、一つの魂がいくつかにわかれて転生している場合もあります。

いわゆるツインソウルと呼ばれる現象です。


私も今生において、もう一人の魂と会っています。

その方は東京でプロのミュージシャンをされています。


このように、魂が分かれて転生をしている場合を考えると、年代的には数千年ぐらいなのかもしれませんね。


さて、動物も転生するのか?

動物から人間に、或いは人間から動物にという2つのパターンがあります。


動物から人間に転生するためには、ある条件があります。

それは、「徳を積む」ことです。


例えばペットの場合、人間に癒しを与えたり、心の支えになるなどの徳の積み方があります。

そのような徳を積むことによって魂レベルが上がり、人間に転生することもあります。


人間から動物の場合。。。あると思いますか?


実はあるんです。

今から10年近く前に、秋田に住んでいるある女性の方から相談がありました。

その方は猫を3匹飼っていて、とても愛していらっしゃいました。

猫の考えていることを知りたいというご依頼でした。


まだ霊能者になって日の浅い私は、猫と交信したこともありませんでしたけど、写真を拝見し、1匹の猫と交信してみました。

すると、江戸時代、細い髷を結って、半纏を着た大工さんが作りかけの家の屋根の上で寝転がって仕事をさぼっている姿が見えました。

飼い主さんに、その猫、猫らしくない仕草をすることはありませんか?とおたずねしたところ、見透かすような目つきで見ることがあったり、猫とは思えない顔をすることがあるとのことでした。


どうやらその猫は江戸時代に大工だったようなのですが、猫がひなたぼっこして寝ている姿をみては羨ましいと思っていたそうです。

それで、生まれ変わったら猫になってぐうたらな日々を過ごしたいと願って、今生で猫に生まれ変わったそうです。



最後に、どこまでの生き物が転生を行うのか?

実は、昆虫までは知っています。


この後は、不謹慎だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、最初にお断りをしておきます。


気づいている方もいらっしゃるかもしれませんが、数年前のある自然災害が起きた夏、大量の虫が発生しました。

実は、この虫たちは災害によって無くなった方たちの転生の姿です。


災害では、亡くなることが最初に計画されていらっしゃった方もいるのですが、そうでない方も多くいました。

そのため、一時的な転生として、虫などに転生したのです。


詳しく書くには私の文才では無理ですので、割愛いたしますが、いわゆる霊界の都合です。

自然災害も、霊界や神が起こしたものではなく、人間の意識が起こしたものなので、霊界はこのような処置を取らざるを得なかったのです。


ただ、現在は一度虫に転生した魂も、徐々に転生していたり、次の転生の準備をしています。


私が見た中では、羽虫にまでは転生できるようですが、そのほかの虫や生き物についてはわかりません。

AD

二十回に渡って、自分史という形で過去の体験などを書いてきました。


実際書き始めると、自分に起こったことは書けても、やはり相談者の方に関するものはほとんど書くことができませんでした。

それだけ重大な悩みをみなさんお持ちで、勇気を出して私に相談してくださっているということを実感しました。


自分史の中でも書きましたが、もともとこの世界に足を踏み込むことを拒んでいました。

自分がやらなくてもという気持ちも強かったと思います。


しかし、ふと自分の人生を思い返すと、母が病弱であったため、私はたくさん寂しい思いをしました。

家庭の中で、母親が暗い顔をしていたり、母親が存在しないことは子供にとって最大の悲しみなのだと思います。

そんな体験をしてきたからこそ、そういう悲しみを感じる子供をなくしたいという想いが今の私なのだと思っています。


多くの霊能者の方が1回の相談で数万円という料金を取っている中、ネットでの相談とは言え、無料で奉仕する私をバカだと思う方もいらっしゃるかもしれませんし、なぜそんなことをやっているんだと思っている方もいらっしゃると思います。


確かに私にとって、物質的な利益は何もありません。

でも、相談者の方とともに苦しみに立ち向かうことで、精神的な報酬はたくさんいただいています。

それは相談者の感謝の言葉であったり、新たな気づきなどもそうです。


また、この道を進む決心をさせてくれたのは、東京の私の友達のお子さんです。

彼は自閉症で、最初に会ったとき、彼の体からはトゲトゲのオーラが出ていました。

そのオーラは両方が尖り、人に近づくことで、自分をも刺すのです。


私は人の痛みを自分の体や心で受けることもできます。

彼の痛みを感じたとき、思わず泣きそうになりました。

それほど彼は苦しんでいたのです。


年に1・2度東京に行き、彼とも会うのですが、次第に彼のオーラのトゲトゲが丸くなってきています。

彼の成長も関係あるのでしょうが、ご両親がとても深く彼を愛していることが最大の要因だと思います。


私はどちらかと言えば無宗教です。

現在の組織宗教は金儲けばかりで本当の愛を伝えているとは思っていません。

ですから、どの宗教も信じてはいません。

ただ、この世に神は存在します。

そして、神が私たちに与えてくれるのは「愛」です。


人を愛する心、自分を愛する心、全てを愛する心がこれからの世界に必要なことです。

ですから、私も人を愛し、その愛する方達のため、私のお手伝いできることを誠心誠意やっていきたいと思います。



まだまだ書きたいことはありますが、とりあえず「自分史」は終了いたします。


また以前のスタイルで、思いついたことを思うままに書いていきたいと思います。


コレクションの石も貯まってきましたので、写真をアップして石を語りたいと思っていますので、よろしくおつきあいください。(笑)


AD

自分史 その弐十・・・玉

テーマ:

以前はカウンセリングの中でいろいろとお話をお聞きし、その方に必要な石をチョイスしてブレスを作成してプレゼントさせていただいておりました。


しかし現在は、ブレスを作成する時間、送るためにコンビニや郵便局に寄る時間がないため、ブレスのプレゼントは行っておりません。


 ※注)コンビニぐらいどこでもあるでしょ?と思われるかもしれませんが、私はとてつもなく田舎に住んでいますので、24時間やっているコンビニには車で10分以上行かなければありません。


ただし、その方に合った石、また抱えている問題を解決する石などのアドバイスはさせていただいています。



もともと私は鉱物コレクターで、パワーストーンはあくまでも石好きの延長です。

過去、多くのパワーストーンのお店に足を運びましたが、石屋が石好きをダメにしている様に感じています。

石屋さんに行きますと、石のランクのようなもので「AAA」などと書かれていたり、店員が「うちはAAAの石を取りそろえています」ということがあります。

だいたいそういう店はブレスが4・5万円もします。


皆さんの中で、そういう話をされて「何が基準?」と思われた方はいませんか?


「AAA」などのランクは、店が勝手に決めているものであり、何の基準にも当てはまりません。

中には、溶解水晶(中国などで作られているもので、水晶を一度溶かして固めたクラックなどがない)を「AAA」としている店もあります。


石を選ぶ際には、手のひらに乗せてみたり、手をかざして暖かみの感じるものや、癒される感じがするものを選んでください。

決して値段の高いものが良いものではありません。



私が相談者の方に石のアドバイスをする際には、生年月日をお聞きして、相性の良い石を選びます。

そして、その石と相乗効果を持つ石をサイド或いはサポートとして数点選んでご紹介しています。


例えば11月生まれの方の誕生石はトパーズかシトリンです。

トパーズとの組み合わせで効果があるのは、パールかローズクォーツ。

シトリンとの組み合わせで効果があるのは、スギライト、ペリドットです。


相談者の方が11月生まれの女性の方の場合で、様々なコンプレックスを持っている方にはシトリンをチョイスし、ストレスを溜めやすい方ならスギライト、ネガティブになりやすい性格の方ならペリドットという具合に組み合わせていきます。


私の特徴として、ブレスを作成してお渡しするときも、私は浄化はしますけど、気は込めません。

あくまでも付ける方ご本人様に気を入れていただき、ブレストお友達になっていただきます。



最後に、これは重要なことです。


石には様々な効果をもたらす力があります。

しかし、どれだけ力を出すかは、貴方次第です。

漫然とお金が欲しい、彼氏が欲しいと石を選んでもほぼ叶うことはありません。

強くイメージを持ち、願うことが大切です。


石は貴方をサポートするだけです。

人間は持っている力の10%とか20%しか力を出していないと言われます。

残りの90%、80%の力を引き出すサポートをするのが石の力です。


ですから、お金が欲しいと願っている人は、今の力が100%出せても100万円ならば、100万円以上の力は絶対に出ません。

それ以上のお金が欲しいのならば、努力して100%の力を出せたときの最大値を上げる必要があります。

そうすれば、今20万円のお金を得ている人は、100%の力を出せたときに1千万にも、1億円にもすることができるのです。


努力もせずに石だけに頼るのならば、石など身につけない方が良いでしょう。

石を買うだけお金の無駄です。



現在ブレスをお持ちの方は、次の点に気をつけると良いでしょう。

・寝るときはブレスを外し、決めた場所でブレスを休ませる。

・物理的に汚れた場合は、中性洗剤を水で薄めて綺麗にする。

・欠けていたりする場合は石を交換し、外した石は土などに埋めて地球に戻してあげる。

・たまに両手でブレスをはさみ、自分の気を送ってあげる。

自分史 その十九・・・名

テーマ:

日本語には『言霊』が宿ると言われています。

万葉集の中にも、「志貴島の日本(やまと)の国は事靈の佑(さき)はふ國ぞ福(さき)くありとぞ」と柿本人麻呂が歌っています。

それほど古くから日本語の中に言霊があることが知られていました。



日本人は誰でも名前を持っています。

両親やおじいちゃん、おばあちゃん或いはお寺の和尚さんにつけてもらったという人も多いのではないでしょうか?


しかし、実はみなさんの名前は、みなさんが生まれる前から決まっていたのです。

なぜなら、みなさんの名前は、みなさんが現世で生きるヒント、今生での使命を表しているからです。

生まれる前から持ってきた名前を付けてもらっています。


私はスピリチュアルカウンセラーとして、名前に込められた言霊を解説させていただいております。

但し、誤解のないようにお断りしておきますが、私は占い師ではありませんし、言霊の鑑定は占いではありません。



私の名前、「誌京(しきょう)」で見てみましょう。


私の人生の中で、土台となる音は「き」の音です。

「き」の音は「人の見本になる」「癒しを与える」という意味を持ちます。

ですから、誌京という名前の私は人に癒しを与えることを日常とすることが大切になります。

また、「人の見本になる」という意味では、ヒーリングを教えていくことが私の使命になります。


さらに「き」のしたに「ょ」の音がついています。

小さな「ゃ」「ゅ」「ょ」は変化やレベルアップを示し、相手よりも自分自身に働く音です。

つまり、人に癒しを与えることで、自分自身のレベルアップや自分自身に癒しが与えられます。


次に人に影響を与える音が「し」の音になります。

「し」の音は「問題を解決する」という意味を持ちます。

カウンセリングなどで多くの方の問題を解決することで、影響を与えています。


最後に「う」の音は、社会に与える結果を表し、「浄化する」「相手の良いモノを引き出す」という意味を持ちます。


誌京という名前を持つ私は、ヒーリングやカウンセリングで癒しを与えたり、様々な問題を解決することで、人を浄化したり、良い面を表に出すお手伝いをするのが今生の使命であることがわかります。


ただし、プラスがあれば、その裏にはマイナスもあります。


私のマイナスの作用は、切れたりして冷静さを失うとトラブルに巻き込まれたり、何もしたくなくなることがあります。

すると、自分で持っている力を表に出さなくなり、結果使命を果たさなくなります。



前述したように、言霊の鑑定は占いではありませんので、当たる当たらないというレベルのものではなく、その方の本質を鑑定してお伝えします。

自分の今生での使命を知ることで、何をなすために生まれてきたのか、今の自分のどのように進めば良いのかなどが見つかることもあります。