1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-01 05:19:32

善福寺公園 野鳥 カモ

テーマ:ブログ

珍しいカモが来ていたわけではないが、
今シーズン初があったので嬉しい。



今期初のオナガガモ。
その名の通り、尾が長く、エレガントな雰囲気がある。


迫り来る、キンクロハジロ軍団。
目が黄色く光り、なかなかの恐怖を感じる。
エサを期待しているのだろう。


何もくれないと分かると、さっさと去っていく。
餌付け、餌やりは禁止。


広場の遊具は工事中。
それはともかく、池ではカモ達がのんびりしていた。


マガモも発見。
目が白いのは、単に瞬膜。
こちらも今期初。


先日の武蔵野の森公園でのヒドリガモもそうだったが、
もしかして、冬鴨は多摩川よりも都市公園の方が早いのか。

まぁ、散策次第カモ。

AD
2014-10-31 16:44:15

善福寺公園 野鳥 上池

テーマ:ブログ
続いては、信号を渡って上池を周った。


曇り空だったので、あまり良い画ではない。
実際は、それなりに高揚感と落ち着きを同居させた池である。


中央の杭の円に、よく野鳥がとまっている。
コサギが飛んでいく。


カモ類は、上池の方が多い。
コイと共にかなり人馴れしており、全く逃げない。

カモについては、次の記事にてUPする。


弁財天周辺がバードスポット。

尚、池周りの林にも小鳥がいるが、
今回は池を中心に散策した。

林は、暗い、汚い、トイレの臭いがする等で、
ほとんど散策したことが無い。

井の頭公園など同様、都市公園の弱点。
自然の暗さとは違う、人工的なドブネズミの汚さ。


いつもカワウが佇んでいる。
何やら浪漫な画ではないか。


弁財天の屋根にアオサギ。


ここの水際で、オナガが水浴びをしていた。
ご覧の通り、多数おり、なかなか面白かった。


これで下と上の池を周ったが、思ったよりも種類が撮れた。
また、久しぶりの訪問のせいか、結構ワクワクした。

意外な鳥も見れるようだが、自分は通いつめていないので出会えない。
自分にとっては、定番向けの散策地だ。

だが、それが良い。
行けば、何かしら撮れる公園である。

また行こう。


カモ編に続く。

AD
2014-10-31 15:52:18

善福寺公園 野鳥 下池

テーマ:ブログ
今日は、駐輪場の更新で、吉祥寺駅方面へ。

家賃の振込み、光熱費の支払いもしてきた。
見事なまでにお金が飛んでいった。


そのまま、自転車で10分弱。
杉並区の善福寺公園で、野鳥散策をした。

「日本野鳥の会」の創立者が、メインフィールドとしていた所である。

一応、関連サイトを貼っておく。
善福寺公園 │ 公園へ行こう


家から近いが、久しぶりに訪れた。
生き物看板が新しくなっていた。


公園地図。
アクセス上、いつも下池から散策している。


まずは、下池の模様から。
正面のヨシ?アシ?の中州に、野鳥が多く集まる。


手前の杭は、カワセミやカモ類のお立ち台。
さっそくカワセミがお食事してくれた。


いつでもどこでも、動かないゴイサギ。
この不気味さが好きだ。


ジョウビタキのメスがやってきた。
残念ながら、オスは見つけられなかった。

今シーズン初のジョウ嬢。
ああ、冬鳥。


バンがのんびり泳いでいた。
池の色が、少しだけ紅葉風。


中州周辺の木には、アオジもいた。
結構嬉しい。

他、シジュウカラ、ヒヨドリもたくさん。


上池に続く。

AD
2014-10-31 05:51:51

武蔵野公園 シメ アオジ モズ

テーマ:ブログ
昨日の午前中は、武蔵野公園へ。

良い天気だった。


木の葉もだいぶ落ち、鳥が見やすくなってきた。


「チッ、チッ」、舌打ちのような地鳴きが聴こえる。
「ああ、シメがやって来た」と感動。

もちろん、今シーズン初のシメ。
シメが撮れて、しめしめ。


野川沿いでは、「ジュン、ジュン」と、重低音の地鳴きが聴こえる。
同じく、今期初のアオジである。

共におひさしぶり。
今シーズンもよろしく。


野川「みやめばし」から、上流を見る。
紅葉はまだだが、部分的に色付いてきている。


川沿いを縄張りにしているモズ。
かなり人間慣れしており、至近距離になっても逃げない。

おひげが可愛らしい。
お腹のもこもこも、暖かそうだ。


こちらも至近距離での一枚。
人間慣れというよりも、人間など眼中に無い、
と言わんばかりのアオサギ。


朝日が眩しい野川沿い走って帰宅。

短い時間だったが、冬鳥が撮れてよかった。
寒くなってきたが、心は熱く燃えている。

2014-10-28 15:43:29

稲城市 上谷戸親水公園 野鳥

テーマ:ブログ

今回は、稲城(いなぎ)に行ってきた。
当然、野鳥狙いだ。

稲城高校出身なので、
こちら方面に行く時は何とも言えない気持ちになる

まぁ、ノスタルジア。

自分をふった、あの子。
自分を好いてくれた、あの子。

みんな、どうしているのだろう。


鶴川街道から住宅地に少し入ると、上谷戸親水(かさやとしんすい)公園がある。
段々と、起伏のあるエリアである。

本日はやや強めの風が吹いていたが、
谷下のここではさほど影響は無かった。

右上の橋は、チョウゲンボウの繁殖地のようだ。
実際、それ狙いのカメラマンが数名いらした。


近くの民家の柿に、メジロやスズメがお食事に来た。
この辺り、柿の木が多い。


園内では、エナガ軍団が来襲。
可愛い野鳥NO.1、か!?


小川沿いに進む。
途中で行き止まりになり、谷の上にあがる。

坂の先は、若葉台の稲城第4公園か。
今回はパス。
この辺で戻る。


谷上からは、キセキレイが撮れた。


ハクセキレイも元気に飛んでいた。
やや黄ばんでいたので。幼鳥かと思われる。


散策コースは短く、特別なことは無かった。
それでも、行き帰りも含め、稲城の里山の景色を楽しめた。

かさやとエリアはのんびりとした空気で、自分に合っている。
人間が少ないのも嬉しい。


園内に戻って、おにぎりタイム。

すると、青空を引き裂くような、「キキッ、キキッ」の鳴き声。

「チョウゲンボウだ」。
自分を含め、バーダー達が気色ばむ。

しかし、「撮れるもんなら、撮ってみろ」と言わんばかりに、
急旋回して青空に消えていった。

撮れなくても、その姿が見れて良かった。
サンキュー。


それなりに楽しい一日であった。
また稲城に行こう。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>