1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-22 11:49:41

浅間山 武蔵野公園 野鳥

テーマ:ブログ
武蔵野の路シリーズは、まだまだ続くが、
今回はMF(マイフィールド)の模様を書いてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、久々に浅間山の水場(餌付け場)に足を運んでみた。

小鳥がたくさん見れるスポットだが、バーダーも多い。
年配の方が殆どだが、完全にサロン化している。

みなさん、野鳥を愛しそうに見て、撮っていた。
自分もそうなるのか?


水浴びのシジュウカラと、キビタキのメス(右上)。


キビタキ、初めて見た、初めて撮った。
人が多かったので、密かに興奮した。

期待してなかった分、かなり嬉しい。
餌付け場の恩恵である。


おなじみのコジュケイも健在。

ここで一日中粘れば、いろいろな種類の野鳥が見れるだろう。
一匹狼な自分は適度に切り上げ、他のルートを周った。


そして、キビタキのオスと出会った。

図鑑でしか見たことがない、
その黄色いボディを見た時は気絶しそうになった。

キビタキの模様は、別記事でUPしよう。


それにしても藪山の浅間山。
まだまだ蚊が多く、刺されまくった。



数日前に、武蔵野公園(野川沿い)で撮ったモズ。

高鳴きはもちろん、シジュウカラなどの鳴き声を真似ていた。
そのワンマンショーを堪能した。


こちらも数日前に、武蔵野公園で撮ったコゲラ。


最近は週一位で、武蔵野公園に行っている。
人が少なめで、野川もあり、居心地が良い所だ。

園内には、野鳥シーズンの気配が漂う。
これからもマメに通うつもりだ。



くじら広場のコスモスが咲き始めた。
頃合を見て、ガッツリ撮影してこよう。


以上、MF(マイフィールド)の模様でした。

AD
2014-09-21 06:16:19

多摩湖 武蔵野の路 番太池

テーマ:ブログ

続き。


道標に従い、左折して砂利道を行く。



すぐに、「大多羅法師の井戸」が目に入る。

この井戸、
「大男が歩いた際、その足跡が井戸になった」
と、いう説がある。

多摩湖周辺は、だいだらぼっち伝説が多く、
慶性院にも顔像がある。

その慶性院の像に関しては、過去ブログを。
大多羅法師(だいだらぼっち)の像



ルートは、寂れたテニスコートの横を進む。

デコボコが凄く、しかも坂道。
舗装された箇所もあるが、自転車だときつい部分が多い。


静寂に包まれた森林。
雰囲気は満点。

キツツキ(多分コゲラ)のドラミングが響く。
良い音だった。

ここでも誰も居らず、
一人、森の迷宮にさ迷い込んだみたいだ。


またしても、すぐに住宅地に出る。

武蔵野の路は赴きがあり、
とても自然を感じる。

しかしコースが細切れで、
すぐに日常に戻されてしまうのが残念だ。



ここに「番太池(ばんたいけ)」がある。

田んぼ用の池だが、今は使われていないようだ。
実際、ご覧のように濁っていた。


しかし、カワセミが生息していた。
たくましいヤツだ。


住宅地の左方向に、トンネルを発見。

面白そうだ。
行ってみよう。


続く。

AD
2014-09-20 05:48:25

多摩湖 武蔵野の路 かぶと橋

テーマ:ブログ

昨日は、多摩湖自転車道から繋がる、
「武蔵野の路」をサイクリングしてきた。

初めて散策するエリアなので、
かなりワクワクした。

例によって、下調べは殆どせずに出動した。


緑の線が、今回の散策ルート。
だいたいの道筋で、若干のズレはご了承を。


まずは、多摩湖自転車道の脇の広場で休憩。
奥に、カブトムシのアーチが見える。


ここが出入り口。
カブトムシのアーチが面白い。


アーチは二つあった。
橋の欄干(左下)にもカブトムシが装飾されている。


路はダートで、下り坂が続く。
緑が深く、鬱蒼としている。
誰ともすれ違わなかった。


プレートが埋められており、これを辿ればよい。
ここでもカブトムシ。


三又に分かれる。
右の先は工場、中央は茂み。
左が正解。


子供靴が揃えて置かれていた。
入山か、いや、ただの廃棄であろう。


とても自転車では降りられない、急坂(左)に出る。


坂を下りると、住宅街に出る。
かぶと橋ルートは、早くもここでお終い。

標識がある。
左に進み、番太池を目指す。


続く。

AD
2014-09-17 09:18:47

もう秋だ

テーマ:ブログ

昨日は、多摩川~秋川をサイクリング。
拝島橋で右岸に渡り、高月エリアで撮影した。

道中、各所でキンモクセイの香りがした。


アゲハとヒガンバナ。


モズ。
秋の高鳴きが始まった。


イカルチドリかな。


ダイサギかな。

野鳥シーズンもそろそろ開幕。
今はオープン戦の段階。

燃える。


日差しはまだ強く、少し黒くなった。
川を眺め、おにぎりタイム。

帰りは、睦橋で多摩川・左岸に出て、そのまま三鷹へ。
帰宅後は、読書~痛飲。

のんびりと過ごした一日であった。

2014-09-17 07:19:58

黒川上営農団地

テーマ:ブログ

三沢川の源流近くにある、農業地帯の模様だ。



農地目的で訪れた訳ではないが、
田園風景には目を奪われた。




実際には、迷っただけ。

「三沢川はどこだ」
「俺、不審者みたいだ」
と、少々焦っていた。



左が、明大農学部の農場入り口。




高い建物がなく、田んぼと青空が広がる。

両脇の段丘が街並みをシャットアウトしてくれるので、
自然度が高く感じられる。



歳をとったのだろう。
最近は、このような田舎の景色が好きだ。
心が落ち着く。





農家の皆様、おいしいお米をありがとうございます。


[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>