1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-23 06:18:08

多摩川 野鳥、他

テーマ:ブログ

キビタキやオオルリ等、夏鳥との出会いはないが、

それなりに楽しい散策であった。


ツグミ

そろそろお別れ。


タンポポいっぱい。

緑と黄色の組み合わせが鮮やか。


ムクドリ

人馴れしていて、手で捕まえられそう。

ガビチョウ

大きな声で囀っていた。

コガモ

まだ滞在中。


イカルチドリ(!?)

遠くて分かり辛いが、多分イカリ。


昭和用水堰

荒廃の右側は、雰囲気満点。

トビ

襲ってはこないが、近距離で旋回されると、若干恐怖を感じる。


アオダイショウ

サイクリングロードをのそのそ。轢かれるぞ。

工事の終わった、日野橋~立日橋。



雨雲が出てきたので、帰宅することに。


すっかり散策サイクリングが趣味になっている。

今度は海を見に行こうか。


同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
PR
2014-04-22 17:46:57

多摩川 キジ モズ

テーマ:ブログ

今日は、久しぶりに多摩川散策。

サイクリング、野鳥撮り、日焼け、いろいろと兼ねているのだ。


日焼けは不発に終わったが、秋川合流地点まで行ってきた。

道中、まずはキジとモズの模様を。


多摩川の至る所で「ケーン、ケーン」。


国鳥キジは、地方の特別な場所にしか居ないと思っていたが、

実は東京の多摩川では非常にポピュラーな存在だった。


実際、今の時期にサイクリングすれば、何羽も見れる。

撮ったのは、多摩モノレール付近。


サイクリングロードから、横目で土手下をチラチラ。

キジの姿を発見すると興奮してしまう。


枯れ草と新緑の河川敷を闊歩し、枝の皮?芽?を啄ばんでいた。

ほろ打ちもしてくれたが、藪の中だったので撮れなかった。


多摩川を眺め、何を思う…。


今度は、秋川付近にて。


ガサゴソ音がしたので振り返ってみると、すぐ近くに居た。

お互いに無用心故に、急接近。


かなり焦っていたようで、尾を立てて疾走し、そして飛んでいった。

走るスピードが結構速かったのだが、何やらコミカルで面白かった。


続いては、モズ。


毎度、サービス精神旺盛で、向こうから勝手にやって来る。

今回も、様々な場所で出会った。


見返り美人、いや、美男子で決めた。


お腹のゴワゴワがない。


大抵、カップルで居ることが多い。


恋沙汰か!?

メスが泣き叫んでいた。

是政ベンチで帰り支度をしていたら、「最後に撮ってよ」。


モズは良い人(鳥)である。


また会おうね。

2014-04-21 07:47:48

夢日記

テーマ:ブログ

あまり良くない夢を見た。


・珍しい野鳥が多数のスポットを発見。

 しかし、そこはハンティングのメッカで、撮る所ではなく、撃つ所であった。

 撃たれる野鳥が可哀想だった。


・撮りたくないモデルが登場。

 当然、仲が悪い。

 この人、まだ夢の中に出てくるのか。


・憧れのギア付きの自転車。

 しかし、乗ってすぐに壊れた。

 事故になりそうになったところで、目が覚めた。



画像なしだと寂しいので、朝カレーをパチリ。

朝から山盛り。

2014-04-19 17:23:25

収穫祭

テーマ:ブログ

昨日書いたのだが、酔い潰れてUPできなかった。


雨だったので、多摩川散策はできず。

図書館巡りをしてきた。


まずは、CDが借りられる、三鷹駅前図書館へ。


自転車は、近くにある専用駐輪場に停められる。


図書館(コミュニティセンター)の利用者のみが停められるのだが、

買い物や遊びなど、不正利用者が多い。


通称、コミセン内に図書館がある。


その後、少し前にオープンした「南部図書館みんなみ」に、初めて行った。

結構、ドキドキ、ワクワクした。


・木の本棚の香りが良かった。

・本は少なめで、本棚はスカスカ。

・本は新品のように新しかった。

・金髪親子さんがいらして、

 お母さん、子供に「静かにするように(意訳)」と言っていた。

 図書館でのマナーは万国共通か!?



・空想科学映画読本

 SF映画を科学的に考察する一冊。

 妙な味がする。


・野鳥撮影地ガイド

 「さかな君」のように、「とり君」という方がいらっしゃる。

 その、とり君のガイド本。

 親切な一冊だ。


・玉砕の戦場

 特攻隊など内容で、日本人の潔さを感じる。

 人生、誇り高く生きたいものだ。



CDは、80年代もので攻めてみた。


・カイリーミノーグ

 ロコモーションと、ラッキーラブが聴きたかったのだ。


・カルチャークラブ

 ヒット曲満載で、ジャケット同様にカラフルな内容である。


・マイケルジャクソン

 ご存知、お化けアルバム。さすがの曲群であった。


・アルカトラズ

 中学時代、話題になった。グラハムもインギーも最高だ。


・カーズ

 これもヒット曲満載。そのプロモが面白かった。


・ボンジョヴィ

 デビューアルバム。シードントミーが必殺。


雨の日は、飲むに限る。


泥酔必死のコークハイ。

実際に、いつも潰れている。


つまみは、自己流。


買うより、作る方が、はるかに安い。

ジャガイモの麺つゆ炒め。


美味い不味いではなく、自分で作ることに意義がある。



昨日は、そんな収穫祭であった。

2014-04-15 21:56:08

フィリジャー アウトテイクス

テーマ:ブログ

ホームページで使わなかった写真。


[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>