凛として愛

私が、素晴らしい内容だと思うブログを中心にご紹介させていただいています。普通の主婦目線で、祖国について考えて行きたいと思っています。ご一緒に良い国をつくるために考えましょう!


テーマ:
朝日の報道の酷さが分かるブログをもう一つご紹介しておきます。
「遠藤健太郎オフィシャルブログ」よりの転載です。
 

六日記事は、フェイスブックなどで大変な反響をもたらしましたが、どうやら塚本幼稚園幼児教育学園(学校法人森友学園)に対する外国人の攻撃は、以下の件に関連していたのではないでしょうか。

 http://www.asahi.com/articles/ASK264H4YK26PPTB00J.h……
 ▲朝日新聞:学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か

 既にご存知の方もおられるでしょうが、森友学園(大阪市)が朝日新聞社記事によって疑惑を煽られ、あらぬ攻撃の対象にされました。それが国有地取得に関する価格の疑惑です。

 朝日は、財務省近畿財務局が一億三千四百万円で森友学園に国有地を売却したと断定的に書き立てたため、近隣国有地の十分の一の価格で森友学園に売却した背景を「塚本幼稚園のいわゆる『愛国教育』を優遇したせいだ」だの「安倍昭恵首相夫人が名誉校長だからだ」だのと推測するよう世に喚起し、よって攻撃を扇動しました。

 上記朝日記事にも、わざわざ安倍首相夫人が名誉校長であることが、件と無関係であるにもかかわらず書き加えられています。

 しかし、朝日が報じた売却価格は、買い戻し特約から勝手に類推したものにすぎず、実際には(更地価格)九億五千六百万円から更地にするべく地下の廃材、その他ごみ処理・撤去の費用八億一千九百万円と、それら作業の長期化で学校法人側が損をする分とを足して差し引いた価格が、前出の一億三千四百万円だったのです。

 むろん財務省が価格を非公表としたために起きたことではありますが、このような事情から公表することが誤解を招きかねなかったのであって、まんまとその誤解を朝日が広め、塚本幼稚園のような教育方針を否定する対日ヘイト(反日)勢力が群がって森友学園をインターネット上で攻撃した、という構図が浮かび上がります。

 国有地の売却価格に関しては、国有財産特別措置法が義務教育等諸学校施設への減額を規定しており、そもそも近隣同規模の売却価格と単純比較ができません。それでも朝日は、単に「十分の一」と煽って記事にし、意図的に塚本幼稚園へ矢を放ちました。

 本来報道企業であれば、価格非公表の経緯まで取材してから、それでも記事にすべきと考えるなら記事にすればよかったのであり、個人ブログでもないのにこれほどいい加減な記事を配信するから信用されません。これでは「社会の公器」というより「公害」です。

 この国有地(大阪府豊中市)は、森友学園の前に別の学校法人が約七億円で買い取ろうとし、財務局にはねられましたが、七億では諸費用控除でいわば国が損をする価格だったからでしょう。特に森友学園が優遇されたということではありません。

 https://twitter.com/hiromu_morimura/status/829632498……
 ▲森村廣:現首相夫人も関係する学校が国の財産を不当な廉価で受け取っていた。更に異例の売却価格隠し、5倍の価格を提示していた別法人を安すぎるという理由で拒否するなど、明確な汚職事件。

 またもや民進党の関係者による「とんでもないツイート」になりますが、森村廣衆議院議員公認内定候補者(大阪九区)の「汚職」という書き方は、朝日につられた勢い余って酷い名誉棄損です。

 ただし、彼は予備自衛官だからか、のちに潔く誤りを認めて撤回しています。朝日も撤回、お詫びしてください。

http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4598/

 

塚本幼稚園はとっても素晴らしい教育をされています。 先日、小学校1年生の孫に
「学校で君が代を教えてもらった?」と尋ねてみましたが「知らない」とのこと。
その代わり、孫オリジナルという曲を歌ってくれました。
「平和は良いな~♪日本は平和で良いな~♪」
普段から、学校ではこういう事を教えても、自国の国歌や国旗については教えてはくれないのでしょうかショボーン
日本の子供たちが、自国を愛し、誇りを持つことが健全に育つために必要だと思います。
それが本当の「平和教育」ではないのでしょうか?(凛)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

凜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。