このブログでは、「家族信託」について「家族信託をつかった事例」や用語説明等の「家族信託のいろは」をご紹介しています。

随時、内容を追加していきますので、興味があるところを読んでみてくださいね。

 

家族信託〈目次〉

*リンク先がある項目をお読みいただけます。

 まだの項目はこれから記事を書いていきますので、しばらくお待ちくださいね。

 

 

家族信託をつかった事例

 

1、親が認知症になれば介護施設へ入るために自宅は売却できない!?

2、賃貸アパートを長男に相続させて次男にも平等に相続させたい

3、アパート管理を親が認知症になっても子が行う方法

4、子のいない夫婦、夫亡きあと妻が安心して暮らせるために

5、子のいない夫婦、妻に相続させた財産を妻亡き後は夫の甥に渡したい

6、妻に相続させた後、妻亡きあと先妻との子に相続させたい

7、共有の賃貸マンション、共有者が高齢になって管理が心配。

8、相続人が認知症、実家を売却できない?

9、先祖代々の土地を長男の家系に引き継がせたい

10、相続人が遺留分で揉めない方法

11、収益アパートを相続で共有にさせないで賃料を相続人で分配する方法

12、認知症になれば孫の大学資金を援助できない!?

13、障がいのある子が両親が亡くなった後も安心して生活をさせてあげたい

14、会社の株を後継者に贈与税がかからない方法で譲る事業承継

 

 

家族信託のいろは

 

1、家族信託と信託銀行の遺言信託の違い

2、家族信託の起源

3、遺言書があれば家族信託はいらない?

4、家族信託の登場人物「委託者」「受託者」「受益者」

5、家族信託ができる財産

6、家族信託と贈与税

7、家族信託と不動産取得税

8、家族信託と相続税

9、家族信託は誰に相談すればいい?

10、家族信託を行う場合の流れ〜必要書類

11、家族信託を行う場合の流れ〜準備から完成するまで

12、気になる費用はいくら?

 

 

 

■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
・相続人が既に認知症で将来、遺産分割協議ができないかもしれない
・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。

そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。