『不動産を相続した相続人が、他の相続人へ代償金を支払う方法』

について連続ブログを書いています。

〈〈〈不動産が遺産の場合の遺産分割協議

 

不動産の代償分割を行う場合の注意点はこちらのブログで。

〈〈〈1つめ 不動産の評価方法

〈〈〈2つめ 代償金と贈与税~遺産分割協議書の書き方

 

そして3つめの注意点は、

「代償金が支払われないとき遺産分割のやり直しはできる?」です。

 

相続人の1人が不動産を相続する代わりに他の相続人へ代償金を支払う、という遺産分割協議が成立したとします。

 

ところが、

その相続人が代償金を支払わなかった場合、他の相続人から、『遺産分割協議の解除』を求めることはできるのでしょうか?

 

この点、判例(最高裁平成元年2月9日判決)では

『相続人が遺産分割協議の条項を履行しない場合でも、他の相続人は遺産分割協議の解除をすることはできない』

としています。

 

つまり、

代償金の支払いがないことを理由に一度成立した遺産分割協議の解除とやり直しはできない、ということになるのです。

 

そのため、家庭裁判所で行われる遺産分割の調停では、代償金の支払いを確実にするため支払う相続人の資力があることを要件とされています。

 

当事者間で行う話し合いでも、

 ・支払能力があるのか(預金通帳の残高を確認する)

 ・分割支払の場合、分割期間をあまり長く設定しない

 ・代償金の額が高額な場合は担保の提供を求める

といった対策を取るできでしょう

 

 

ただし、上記のように支払不可による遺産分割協議の解除はできませんが、

相続人全員の合意による遺産分割協議の解除とやり直しは認められています。

 

せっかく話し合いで遺産分割協議が成立したのですから、その後に支払の未払いで揉めないよう慎重に支払計画を立てるとともに、「支払能力に疑問を感じたら遺産分割協議に同意しない」という気持ちで話し合いに臨むべきかもしれませんね。

 

このブログが皆さんの相続や遺言のお役にたてますように。

 

代償分割の注意点3つはこちらのブログで。

〈〈〈不動産の代償分割を行う場合の注意点〜1つめ 不動産の評価方法

〈〈〈2つめ 代償金と贈与税~遺産分割協議書の書き方

〈〈〈3つめ 「代償金が支払われない!!遺産分割のやり直しはできる!?

 

 

■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
・相続人に既に認知症になっていて将来、遺産分割協議ができないかもしれない
・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。

そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円、(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。

不動産が遺産の場合の遺産分割の方法として、

『不動産を相続した相続人が、

 相続しなかった他の相続人へ代償金を支払う方法』

のブログはこちらで。

〈〈〈不動産が遺産の場合の遺産分割協議

 

そして、その場合の1つめの注意点はこちらのブログで書いています。

〈〈〈不動産の代償分割を行う場合の注意点〜1つめ 不動産の評価方法

 

 

今日は、2つめの注意点。

「代償金と贈与税~遺産分割協議書の書き方」です。

 

代償金の額や他の遺産の分配について、相続人全員で合意が成立すれば、

遺産分割協議書を作成します。

 

その場合、必ず遺産分割協議書には遺産分割の内容だけでなく

「代償として金銭を交付する」旨を必ず記載するようにしましょう

 
遺産分割協議書に代償分割の旨を記載していない場合、金銭の支払いは単なる「贈与」とみなされ、金銭の支払いを受ける者に「贈与税」が課税される可能性があります。

代償金の支払いに対して贈与税が課税されないようにするためは、遺産分割協議書には「代償として支払う」ことを明確にする必要があるのです。

たとえば、次のような文言を記載します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               遺産分割協議書

 
1、相続人Aは次の不動産を相続する。

    所  在 神戸市東灘区田中町1丁目

    地  番 ●番●

    地  目 宅地

    地  積 300㎡12

 

2、相続人Aは、第1項記載の不動産を取得する代償として、

  相続人Bに対し、金○○万円を平成○年○月○日までに支払うものとする。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

代償分割の場合、上記以外にも様々な問題点を確認する必要があります。

 ・代償金が支払われない場合の対応策

 ・代償金を支払い相続した不動産を売却する場合の問題点

などです。

「心配」や「不安」を「安心」にかえるためにも、代償分割を検討する場合、まずはお気軽に国本司法書士事務所へご相談ください。

 

 

次回のブログは、3つめの注意点

〈〈〈 「代償金が支払われない!!遺産分割のやり直しはできる!?」

をお話します。

 

このブログが皆さまの相続手続のお役にたてますように。

 

代償分割の注意点3つはこちらのブログで。

〈〈〈不動産の代償分割を行う場合の注意点〜1つめ 不動産の評価方法

〈〈〈2つめ 代償金と贈与税~遺産分割協議書の書き方

〈〈〈3つめ 「代償金が支払われない!!遺産分割のやり直しはできる!?

 

 

■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
・相続人に既に認知症になっていて将来、遺産分割協議ができないかもしれない
・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。

そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円、(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。

不動産が遺産の場合の遺産分割の方法として、

 

『不動産を相続した相続人が、

 相続しなかった他の相続人へ代償金を支払う方法』

 

を前回のブログでお話ししました。

詳しくはこちらで。〈〈〈不動産が遺産の場合の遺産分割協議

 

このような分割方法を『代償分割』といい、

支払う金銭を『代償金』といいます。

 

不動産の代償分割を行う場合、次の3つの点を注意しましょう。

 

1つめは、不動産の評価について。

 

代償金を決めるには、最初に不動産の評価をする必要があります。

 

不動産を評価するといっても、

 

『公示価格、路線価、固定資産評価額、不動産業者の査定額、

 不動産鑑定士による鑑定評価額』

 

と不動産を評価する方法には色々な基準があり、

評価方法が異なれば不動産の額が大きく変わることがあります。

 

そして、どの基準を選択するか法律で強制されていませんので、

不動産の評価額をいくらにするのか、当事者が合意で決めることになります。

 

不動産を相続し代償金を支払う相続人は、

低い評価額を採用したいと考えるでしょう。

 

一方、代償金をもらう相続人は

少しでも高い評価額を主張するかもしれません。

 

『不動産の評価をどうするか』

 

不動産が遺産に含まれる場合で代償分割を行う場合、

一番問題になるのがこの論点です。

 

相続人全員が同意しなければ遺産分割協議がまとまりませんから、

他の注意点を検討しながらじっくりと相続人どうし時間をかけて話合いをするよう心がけてください。

 

次回のブログでは、2つめの注意点

〈〈〈「代償金と贈与税~」遺産分割協議書の書き方」

を話しいたします。

 

次回もお楽しみに!

 

代償分割の注意点3つはこちらのブログで。

〈〈〈不動産の代償分割を行う場合の注意点〜1つめ 不動産の評価方法

〈〈〈2つめ 代償金と贈与税~遺産分割協議書の書き方

〈〈〈3つめ 「代償金が支払われない!!遺産分割のやり直しはできる!?

 

 

 

 

■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
・相続人に既に認知症になっていて将来、遺産分割協議ができないかもしれない
・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。

そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円、(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。