みなさん、こんにちは。司法書士の国本美津子です。
事務所で育てている花が咲き始めていました。
春が近づいていますね。なんだか気持ちも嬉しくなってきます。
 
昨日のブログで相続放棄は
「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」に行う必要があること、そしてそれは「相続開始から3ヶ月」ではないことを相続人が子の例でお話ししました。
 
今日は相続人が兄弟姉妹の場です。
 
兄弟姉妹が相続放棄をする場合の3ヶ月とは?
 
被相続人(夫)の子が相続放棄をすると誰が相続人になるでしょうか?
 
被相続人の父母が他界していれば妻と兄弟姉妹が相続人になります。
 
これは、法律では第一順位の相続人である子が相続放棄をしたことで相続人ではなくなり、かつ第二順位の父母が既に他界しているため、第三順位である兄弟姉妹が妻とともに相続人として登場して来ました。
 
兄弟姉妹は被相続人が亡くなったことの連絡を受けお葬式にも出席しましたが、数ヶ月後、突然被相続人の債権者から子が相続放棄したため兄弟姉妹が相続人となり、相続人として借金の返済を迫る通知が届きました。
 
子がいるのでまさか兄弟姉妹である自分が相続人になったことに驚いた兄弟姉妹は相続放棄をしようと考えています。
 
ですが、今回の場合、被相続人が亡くなってから既に3ヶ月以上が過ぎています。もちろん、お葬式にも出席していますので相続開始を知って3ヶ月以上が過ぎています。
 
この場合、兄弟姉妹は相続放棄ができないのでしょうか?
 
 
大丈夫です。
ちゃんと相続放棄をすることができますので安心してください。
 
「自己のために相続の開始があったことを知った時から」というのは、
 「自分が法律上相続人になったという事実 を知った時から」3ヶ月以内に相続放棄を行うということです。
 
今回の場合、
債権者からの通知で初めて自分が相続人になったことを知らされたので、その時から3ヶ月以内に相続放棄を行えばよい、ということになります。
 
自分が相続人になったことを知るのは、先に相続放棄をした子から連絡があるか、あるいは上記のように債権者からその事実を知らされた時になることが多いかと思います。
 
いずれの場合であっても、家庭裁判所へ相続放棄を行う場合、いつ自分が相続人になったことを知ったのか説明できるよう、連絡があった日や債権者からの通知書を保管しておいたほうがよいでしょう。
 
突然相続人になったことを知らされても、慌てることなく3ヶ月以内に相続放棄を行うかどうか、ゆっくり考えてみてください。
 
このブログがみなさんにとってお役に立ちますように。
 
 
昨日は暖かい冬の日でしたが
今日の神戸は雨が降り寒い1日でした。
みなさん、こんにちは。司法書士の国本美津子です。
 
もうすこし詳しく「相続放棄ができる期間」について見てみましょう。
 
民法では次のように定められています。
民法915条 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

 

ポイントは「自己のために」「相続の開始があったことを知った時」の2点です。

 

これは「相続開始時」「単純に相続開始をを知った時」から3ヶ月を計算すると言うことではありません。

 

相続開始の原因たる事実(被相続人が亡くなったこと)を知り、そしてこれにより自分が法律上相続人になったという事実を知った時から3ヶ月以内に相続放棄を行う」ということになります。

 

でも条文を読むだけではイメージしにくいですよね。

相続人が子の場合と、兄弟姉妹になる場合に分けてご説明します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、父が亡くなり子が相続人の場合を考えてみます。

 

父母は子が幼いころに離婚しました。

子は母に引き取られ、それ以来、父子は長年音信不通でした。

 

父が死亡し数年後、

父の借金の債権者からの通知で初めて子が父の死亡を知った場合、

相続放棄の期間は子が父の相続開始を知った時から3ヶ月以内

ということになります。(同時に自分が法律上の相続人だと知るはずです)

 

被相続人の相続開始から3ヶ月が過ぎていることは事実です。

しかし、その後に相続人が相続開始を知ったのですから、

被相続人の死亡から時間が経過していても、

その事実を相続人を知らない間は3ヶ月の期間は開始しません。

 

ただし、通常の親子であれば父の死亡日に相続開始を知るのが普通です。

 

ですから、父の相続開始からすでに3ヶ月が過ぎている場合は、

相続放棄を申し立てる際に家庭裁判所に事情説明を行ったり、

父の死亡の事実を知った日をしっかりと説明できるよう債権者からの通知書は保管するようにしておきましょう。

 

次回は、相続人が兄弟姉妹の場合をご説明いたします。

 

 

こんにちは、司法書士の国本美津子です。

 

今ちょうど「相続放棄の手続き」を担当をしています。

 

神戸家庭裁判所へ「相続放棄」の申立てを1件行ったところ、

なかなか審判が下りず思っていた以上に時間がかかっています。

 

担当の書記官の方に問い合わせてみると、

「今、相続放棄の申立てが多数ありいつもよりかなり時間がかかります」

とのこと。

 

「多数ってそんなに案件あるとは思わないけどな〜。ほんとかな〜??」

と少々疑いの目で見る私。。。。

 

ところが、その日自宅に帰って新聞を読むと日経新聞で次のような記事を見つけました。(一部文章を簡略化して記載します⬇︎⬇︎⬇︎)

 

「離婚、相続といった親族間の問題が調停や審判として家庭裁判所に

 持ち込まれる家事事件が、2016年の件数では、100万件を超えた。」

 

「増加が目立つ案件は相続放棄の手続き。

 2015年の申立て件数は約18万9千件で30年前の4倍!!」

 

新聞を読んで納得です。

書記官の言う通り、本当に相続放棄の案件が多数あったんですね。。。

担当の書記官さん、かなり疑っていました。疑ってごめんなさい。。。

 

以前は、あまり知られていなかった「相続放棄」。

今では、「遺産をもらう」だけでなく「相続放棄」も相続手続きの1つの選択肢になった、ということだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そこで皆さんにぜひ、知っておいていただきたいことがあります。

 

「相続放棄の手続き」はいつでも出来る、というわけではありません。

期限が決まっています。

 

原則、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に相続放棄の申述を行う必要があります。

 

しかし、相続が始まると3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。

相続放棄を検討する場合、期限があることに注意をしてくださいね。

 

この「3ヶ月以内」は、

家庭裁判所へ必要書類とともに「相続放棄申述書」を提出する日が3ヶ月以内であれば問題はありません。

 

私が担当している事件のように「相続放棄申述書」を相続開始から3ヶ月以内に提出さえしておけば、その後の手続きに時間がかかり全ての手続きが3ヶ月を超えて終了しても、「3ヶ月の超えたので相続放棄が認められない」とはなりませんので安心してください。

 

次回は、「3ヶ月を超えても出来る相続放棄がある!?」をご紹介いたします。

 

このブログがみなさんの相続のお役にたてますように。