神戸 東灘の司法書士 国本美津子です。

今日は西宮戎の十日えびすに行ってきました。

 

西宮戎の十日えびすに初めて行ったのが、独立開業した平成16年。

毎年お参りに行っているので今年で15回目のお参りです。

 

1月九日が「宵えびす」十日が「本えびす」で十一日の「残り福」。

 

忘れずにこの3日のうちのどれかに行くことが、

私にとって1月の一大イベントの一つです。

 

関西では「西宮えびす」というよりも、

「西宮のえべっさん」と呼ぶ方の方が多いかも。

 

西宮のえべっさんに、

商売繁盛をしっかりとお願いしてきました。

 

もちろん、「商売繁盛笹もってこい〜」の笹もちゃんと買ってきました!

 

おみくじを引くと、やった〜!大吉です!

個人的に西宮えべっさんのおみくじはよく当たるんですよね。

以前、西宮えべっさんで大吉だった年は、すごい良い年だったような。

 

今年、絶好調の年になるかも〜(笑)

 

みなさんにとっても良い年になりますように。

 

■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
・相続人が既に認知症で将来、遺産分割協議ができないかもしれない
・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。

そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。
まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円、(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。

明日からゴールデンウィークですね。

 

こんにちわ、司法書士の国本美津子です。

 

カレンダー通り明日から事務所もお休みです。

連休明けの5月8日月曜日からいつも通り業務を開始いたします。

お問い合わせなどは8日以降にお願いいたします。

 

毎年ゴールデンウィークというと事務所に何日か出勤して

 

溜まりに溜まった書類を整理したり、

事務所で育てている蘭の花の株替えや

ベランダの花を夏の花に植え替えをしたりしていましたが、

 

今年は、今世間で流行している『働き方改革』を見習って

連休中にゆっくりと自宅で過ごすことにいたしました。

 

でもいざ自宅で休養を、と思っても

はてさて5日間の休みはうれしいけども、何しようかな〜。

 

ということで、

ゴールデンウィークは自宅に籠って、

ミシンを出して洋裁に専念することにしました!

 

実はミシンでカバンや洋服を作るのが私の密かな楽しみなんです。

というか、ダッーーっとミシンで布を縫うのが私のストレス発散方法。

 

今使っているお弁当袋も古くなって作り変えたいし、

自宅で着ている部屋着のワンピースも夏用を作りたいし、

母にブラウスを1着頼まれているので、

 

ゴールデンウィークはミシン三昧になりそうです。

 

以前に買いためておいた素敵な布たち↓↓↓

大好きな布を見ていると

今からミシンで縫うのが楽しみになってきました!

 

布があまりにも可愛かったので何か簡単に作れないかな〜

と思いついたのが、このブックカバー↓↓↓

布をカラーコピーをしてハサミで切れば、

簡単に可愛いブックカバーの出来上がりです。

 

これで本を読むのも楽しみになりそう!!

 

皆さんはどんなゴールデンウィークを過ごされますか?

家族や大切な人と楽しい時間が過ごせますように。

 

 

 

今日は神戸での仕事が終わって

夕方、神戸空港を出発し鹿児島へ向かいました。

何年ぶりかに飛行機に乗るので嬉しくって

気がつけば、展望台で飛行機の発着を一時間以上眺めてました。

 

こんにちは、司法書士の国本美津子です。

今日は鹿児島でブログを書いています。

 

今年の夏から担当させて頂いている一件の相続登記のお仕事。

 

なんとか無事に相続人の方に不動産の名義を変更し、

その後、売却のお話を進めていました。

 

そして、やっと来月、売却をすることが決定。

 

今回は売主になられる相続人の方が鹿児島在住なので

売却手続きのための本人確認と意思確認、

そして登記書類に署名をいただきに鹿児島にやってきました。

 

飛行機から窓を眺めると

眼下に街の光が見えました。

 

どこの街の上なんだろう?

今、空の下ではどんな人たちが暮らしているんだろう?

そんな疑問がふっと胸によぎりました。

 

飛行機の下の街では

もしかして、病院で赤ん坊がおぎゃーって生まれたかも。

宿題をしなさい、と子供が母親に怒られている最中かも。

 

来年の受験に備えて塾で勉強をしている子供たち。

 

恋人たちがデートで食事を楽しんで愛し合っている最中かも。

 

あるいは、別れ話で二人がもめていたり、

浮気がバレて彼女と私のどっちをとるの!と責められている最中かな。

 

明日の仕事が終わらず残業を一人している女性がいたり、

結婚をしてみたものの夫が浮気ばかりで離婚しようかと悩んでいる主婦。

 

今月の売り上げが目標を大きく上回って大喜びの経営者かも。

上司に怒られてばかりで職場に行きたくないと悩んでいる会社員。

 

久しぶりに父親が早く帰宅し家族全員で夕食中の幸せな家族。

 

孫が生まれて老後の人生に新しい楽しみを見つけた老夫婦だったり、

認知症の夫や両親の世話に疲れてどうしたらいいか悩んでいる人。

 

長年連れ添った配偶者を亡くして人生の生きがいを失った人。

 

子供はいるけど老後を一人で暮らしている人。

子供と孫に囲まれて幸せを感じながら終盤の人生を送っている人。

 

一生独身でもう寂しさなんてとっくに通り越して

今は自由に人生を楽しみながら暮らしている年老いた女性だったり、

 

やり残したことや後悔することが多くて

自分の人生を悔やみながら生きている人。

 

そして今まさに人生の最後を迎えようとしている人。

 

きっと空の下では今、色々な人生が繰り広げられているんだな、

と想像しているとあっという間のフライトでした。

 

人生って本当に色々ですね。

 

人それぞれ人生が違うように

相続も色々な相続があります。

 

今回、担当させていただいた相続の案件は、

亡くなった方の人生を写したかのように

色々な問題が起こったお仕事でした。

 

そして同時に

司法書士になって今年19年目の私にとって

一番思い出に残る相続登記のお仕事にもなりました。

 

登記手続きでは初めて経験するようなことばかりで

今回のお仕事を通じて

決して本では学ぶことが出来ない貴重な経験をさせていただきました。

(ブログで後日ご紹介させていただきますね)

 

このお仕事がどうか最後まで無事に進んでいきますように。

 

そう願いながら鹿児島の夜を過ごしています。