司法書士の仕事は事務所にいるよりも外出していることが多いんです。

銀行や法務局へ行ったりと思った以上に肉体労働かも。

 

でも、私にとっては大阪、神戸と色々な場所を訪れることができるので、事務所にいるより外を回っているのが楽しいんですよね。

 

それに、街を歩いていると大好きな歴史の風景とふとした瞬間に出会えるのが何よりもの楽しみ。

 

佐賀藩大坂蔵屋敷は現在の大阪地方裁判所

 

大阪法務局 北出張所へよく行きます。

 

大阪駅からだと、

日中は静かな北新地を右手に梅田新道を通り、古美術商と法律事務所が立ち並ぶ老松通りに入って、大阪地方裁判所の北側を東に行くルートをよく通ります。

 

先日は、少し道を変えて大阪地方裁判所の南側を通ってみると、

 

*大阪地方裁判所の南側に立つ碑。

 その東側に大阪法務局北出張所があります。

 

なんと「佐賀藩蔵屋敷跡」の碑を発見!

 

ここ淀屋橋界隈は、江戸時代「天下の台所」と称された大坂の当時、多い時で110を超える諸藩の蔵屋敷が立ち並んでいた場所。

 

大坂地方裁判所は、鍋島焼や伊万里焼で有名な佐賀藩の大坂蔵屋敷の跡に建っていたんですね〜。

知らなかったです。

 

事務所に戻ってから、色々と調べてみると、

 

佐賀藩の大坂蔵屋敷内には、米蔵だけでなく、伊万里焼陶器のための専用の蔵や蔵屋敷の鎮守として勧請された神社もあったそうです。

 

米だけでなく昆布、大豆、紙などの各地の特産物が大坂に集まる。

物と一緒に人も全国から集まってくる。

豊かになれば経済だけでなく文化も栄え、

近松門左衛門、井原西鶴が生れ、緒方洪庵による医学も発達する。

 

大坂の文化だけでなく日本の文化の基盤を支えたのが、大坂の蔵屋敷なのかもしれませんね。

 

 

北浜から中之島、淀屋橋、堂島あたりまで諸藩の蔵屋敷がずら〜っと立ち並んでいる姿を想像すると、

 

「白壁と瓦葺の蔵が堂島川の川面に光る中で、諸国からからやってきた武士たちが歩いている」

 

そんな様子を想像しながら法務局へ向かいました。

 

今度は、古地図を持って大坂の街を歩いてみようかな〜。

 

 

 

■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
・相続人が既に認知症で将来、遺産分割協議ができないかもしれない
・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。

そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円、(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。
昨年の末に打ち合わせをしていたお客様と
遺言書の話になりました。

(お客様) 遺言書っていつから制度としてあるんですか?

(わたし) 制度としてはいつからなのかしら??
      随分と前からあるんじゃないの~??

     (え~よくわからないよ~、と焦りながら答えるわたし。。。)

改めて質問されても即座に答えることができず
内心あたふたとしてしまいました。

仕事始めの2日目に残業しながら
昨年年末の誕生日にスタッフからプレゼントしてもらった
コーヒーメーカー「ネスカフェゴールドバリスタ」で
作ったコーヒーを一人で飲みながら
密かに調べてみましたニコニコ

ネスカフェゴールド


☆遺言書の起源は奈良時代の養老令

古くは奈良時代にまで歴史を遡ることができる遺言の制度。

養老令では生前に亡くなったあとの財産処分を
「在日処分」として定めることが認められていました。


中世の時代になると、
生前に「処分状」を作って財産分けをするのが普通となります。

そのため、
遺言で遺産の分配を決めることが例外になっていきました。


☆武士の時代は武士でななくて百姓が遺言書を残していた

そして、武士の時代。

武士は主君から封禄(ほうろく)を受けているので
自由に処分することができず、
遺言は私的な財産についてだけわずかに行われるだけとなります。


逆に、
庶民はとっては遺言相続がむしろ相続の原則。


自筆で遺言書を書いて捺印し五人組などがそこに加判します。
その遺言書を町内に寄託したそうです。

まるで現代の「「自筆証書遺言書」みたいですよね。


ただ、
江戸時代の遺言は財産分与よりも、
主に家訓的な内容のものが多かったようですね。

江戸時代のある百姓さんが遺した遺言書を国税庁のHPでみることも出来ます。

https://www.nta.go.jp/ntc/sozei/network/163.htm




☆明治時代「家督相続」で遺言書は不要に


明治時代「長男の家督相続」の制度が規定されます。

それに伴って
庶民の間で広くおこわなれた遺言の慣習も急速に衰え始めます。

長子相続で長男が財産だけでなく
家督やその地位まで相続するのであれば、
遺言書は要らないですものね。


☆子供はみな平等。でも遺言書は普及しない?

戦後、家督相続制度が廃止され新しい民法が制定されます。

ところが、
「老いた親の面倒をみたり、家を継ぐ者は長男だ!」

という明治以降の家督相続の慣習が
長く最近まで抜け切れなかった日本社会。


最近では
「兄弟姉妹はみんな平等」。
だから
「親の面倒は長男がみるもの」
という考えは随分と薄れていますが、

明治以降の家督相続の価値観の影響なのか
財産の分配について

「遺言書を残しておく」

という考えは、
現代社会でもなかなか浸透していませんよね。


☆時代の変化に遺言書も変わっていくかも

時代ともに遺言書の価値も大きく変わってきました。


相続税が改正され「相続」に注目が集まる今、
遺言書の価値もじんわりと変わっていくかもしれませんね。



やっぱり歴史を振り返るって、ほんとおもしろい☆


ペタしてね
今日、1月5日が2015年の仕事始めです☆

朝一番にスタッフと事務所の氏神様に初詣に行ってきました!
仕事はじめの初詣

『いいお客様に恵まれて、
 病気やケガ、事故もなく今年一年が過ごせますように』

と氏神様にお参りです音譜


☆2015年1月1日から相続税が変わりました!

ところで、今年2015年1月1日から相続税が大きく変わったことを
みなさん、ご存知ですか??

簡単にご説明すると

今まで相続税は、遺産が   『5000万円 + 1000万円 × 相続人の数 』
 
の範囲であれば相続税がかかりませんでした。

ところが、
今年の1月1日以降になくなった方の場合
相続税がかからない範囲が  『3000万円 + 600万円 × 相続人の数 』

に縮小になったのです。

たとえば、
遺産5000万円を持っているお父さんが
2014年12月31日に亡くなって
相続人が妻と子供2人だとすると、

 5000万円 + 1000万円 × 相続人3名 = 8000万円

までなら相続税がかかりません。
なので、遺産は5000万円なので相続税はかかりません。

ところが、
同じ方が年を明けて今年の1月1日に亡くなると、
 
 3000万円 + 600万円 × 相続人3名 = 4800万円

となって、5000万円の遺産だと200万円に関して相続税がかかることになります。
(実際には色々な特例があるので、実際の案件では相続税がかからないと思いますが)



相続税がかかるほど資産があって羨ましいなぁ~と、思うのですが、
資産をお持ちの方々にとっては
切実な問題ですよね。


☆江戸時代には相続税はなかった!! 
 

相続税はいつから始まったのかなぁ~と思い
ネットで検索してみると
国税庁のHPで、こんな記載を見つけました。

ビックリ仰天ですベル

簡単にまとめると、

  江戸時代
  武士の屋敷、領地、家禄に対しては非課税。
  その代わり武士は主君に対して「御役(おやく)」を勤めていました。

  商人の場合も土地・店は基本的に非課税。
  商品の売上に対して運上・冥加(みょうが)と呼ばれる営業税・
  営業免許税が課税されていました。

  百姓の場合
  土地そのものには課税されず、
  代わりに田畑の収穫物に年貢が課税。
  農業の合間に行う農間渡世と呼ばれる副業に対しても運上・
  冥加が課税。

  そして、
  土地など現代において財産・資産にあたる物に対しては非課税
  だったんです!

つまり、江戸時代には相続税なるものがなかったのです!!

  日本で相続税が創設されたのは、明治38年(1905)のこと。
  ただし、現在の相続税とはちょっと違ったようで
  家督相続・遺産相続に分けて課税することで「家」の保護を行い、
  戦後まで維持されたそうです。


もちろん、江戸時代のお百姓さんにとっては
相続税よりも怖~い年貢が課税されていたので
相続税と年貢のどちらがいいのかは言えませんね。

国税庁のHPはこちら↓

https://www.nta.go.jp/ntc/sozei/network/163.htm

時代が変われば税法や法律が変わります。

法律が変われば、そこに生きている人たちの道徳や価値観も変わります。

歴史と法律、
関係ないように見えて繋がっている。
どんな風に繋がって、その当時の人々がどうやって暮らしてきたか
想像してみるのは結構面白い☆

今年も歴史好きな司法書士として色々な歴史を発見できればいいな、
と思ってます!

ペタしてね読者登録してね