事務所の応接にお雛様を飾りました。

お雛様を飾るともうすぐ3月。

あと少しで春ですね。春がやってくるのが楽しみです。

 

こんにちは、司法書士の国本美津子です。

 

今日は「未成年者の子がいる場合の遺産分割協議」についてです。

 

被相続人が残した遺産をどのように分配するか、

相続人どうしの話し合いを「遺産分割協議」といいます。

 

ところが、相続人に未成年者の子がいる場合、

遺産分割協議を行うためには未成年の子に「特別代理人」を選任する必要がある場合があります。

 

例えば、

父が亡くなり、母と未成年の子が相続人になったとします。

 

父の遺産について相続人である母と子が遺産分割協議を行いますが、

子は未成年者のため単独で遺産分割協議に参加することはできません。

 

この場合、母が子の法定代理人になりますが、

母自身も相続人であり、かつ未成年の子の法定代理人として遺産分割協議を行うことになってしまいます。

 

そうすると母が未成年の子には遺産を分配することなく自分だけが遺産を相続する、という内容の遺産分割協議を成立させるかもしれません。

 

このように

相続人である母と未成年の子の間で「利益相反」が生じる可能性がある遺産分割協議では、未成年の子のため「特別代理人」を選任する必要があります。

 

 

特別代理人を選任するには、家庭裁判所へ申立てを行う必要があり、

手続きも複雑で時間もかかります。

相続人に未成年の子がいる場合は、まずはお近くの司法書士に相談してみてください。

 

このブログがみなさんのお役にたちますように。

 

「未成年の特別代理人と遺産分割協議~特別代理人の資格~」

もご覧ください!

 

 

 

未成年者と特別代理人に関する記事はこちらから)

未成年者の特別代理人と遺産分割協議~特別代理人の資格

未成年者ごとに特別代理人が必要!?

未成年者の特別代理人がする遺産分割協議の内容

未成年者の特別代理人がする遺産分割協議~未成年者が相続しない場合

 

みなさん、こんにちは。
司法書士の国本美津子です。
 

 

今、次のような案件を担当しています。

 

夫が自宅を購入する際、住宅ローンを組み同時に団体信用生命保険に加入しました。

残念なことに、先日夫が突然に亡くなりましたが、住宅ローンの残債務は団体信用生命保険のおかげで全て完済され、相続人が引き継ぐことはありませんでした。

 

そこで、「自宅の不動産に担保設定されていた抵当権を抹消してほしい」と相続人である奥様が事務所にご相談に来られました。

 

 

抵当権抹消の前に相続登記が必要です
 
不動産の所有者の方が亡くなっている場合、
抵当権を抹消する前提として必ず「相続登記」を行う必要があります。
 
なぜかというと、
抵当権抹消登記は、不動産の所有者が「権利者」、抵当権者である金融機関などが「義務者」として登記申請を行う必要があります。もし相続登記を行わなければ、不動産の所有者が被相続人(亡くなった方)のままですが、亡くなった方の名義では抵当権抹消登記を申請することはできないからです。
 
ですので、抵当権抹消登記の前提として、まずは「相続登記」を行い不動産の名義を相続人に変える必要があります。
 
相続登記を完了しその後、抵当権抹消登記を申請する、という流れになります。
 
あるいは、
1件目を相続登記、2件目で抵当権抹消登記を同時に申請すれば、
2件の登記が完了すると、相続人への名義変更と抵当権の抹消が同時に完了し時間も短縮されます。
 
「団体信用生命保険による抵当権抹消には相続登記が必要」
 
このブログがみなさんのお役に立てますように。
 
 
 
みなさん、こんにちは。司法書士の国本美津子です。
事務所で育てている花が咲き始めていました。
春が近づいていますね。なんだか気持ちも嬉しくなってきます。
 
昨日のブログで相続放棄は
「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」に行う必要があること、そしてそれは「相続開始から3ヶ月」ではないことを相続人が子の例でお話ししました。
 
今日は相続人が兄弟姉妹の場です。
 
兄弟姉妹が相続放棄をする場合の3ヶ月とは?
 
被相続人(夫)の子が相続放棄をすると誰が相続人になるでしょうか?
 
被相続人の父母が他界していれば妻と兄弟姉妹が相続人になります。
 
これは、法律では第一順位の相続人である子が相続放棄をしたことで相続人ではなくなり、かつ第二順位の父母が既に他界しているため、第三順位である兄弟姉妹が妻とともに相続人として登場して来ました。
 
兄弟姉妹は被相続人が亡くなったことの連絡を受けお葬式にも出席しましたが、数ヶ月後、突然被相続人の債権者から子が相続放棄したため兄弟姉妹が相続人となり、相続人として借金の返済を迫る通知が届きました。
 
子がいるのでまさか兄弟姉妹である自分が相続人になったことに驚いた兄弟姉妹は相続放棄をしようと考えています。
 
ですが、今回の場合、被相続人が亡くなってから既に3ヶ月以上が過ぎています。もちろん、お葬式にも出席していますので相続開始を知って3ヶ月以上が過ぎています。
 
この場合、兄弟姉妹は相続放棄ができないのでしょうか?
 
 
大丈夫です。
ちゃんと相続放棄をすることができますので安心してください。
 
「自己のために相続の開始があったことを知った時から」というのは、
 「自分が法律上相続人になったという事実 を知った時から」3ヶ月以内に相続放棄を行うということです。
 
今回の場合、
債権者からの通知で初めて自分が相続人になったことを知らされたので、その時から3ヶ月以内に相続放棄を行えばよい、ということになります。
 
自分が相続人になったことを知るのは、先に相続放棄をした子から連絡があるか、あるいは上記のように債権者からその事実を知らされた時になることが多いかと思います。
 
いずれの場合であっても、家庭裁判所へ相続放棄を行う場合、いつ自分が相続人になったことを知ったのか説明できるよう、連絡があった日や債権者からの通知書を保管しておいたほうがよいでしょう。
 
突然相続人になったことを知らされても、慌てることなく3ヶ月以内に相続放棄を行うかどうか、ゆっくり考えてみてください。
 
このブログがみなさんにとってお役に立ちますように。