こんにちわ、司法書士の国本美津子です。

 

難しい相続や遺言を専門用語を使わず

なるだけ分かりやすくみなさんにお伝えできるように

今年もブログを書いてまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

被相続人名義の不動産の名義を変更する相続登記では

「登記されている所有者(登記名義人)の住所」と

「被相続人の最後の住所」が異なっている場合

 

住所移転の全ての沿革を証明できる住民票除や戸籍の附票を

用意する必要があります。

 <<<詳しくは「被相続人の住所と相続登記」で確認を

 

ですが、この住民票除票や戸籍の附票、

閉鎖されたのち保管期間の5年を経過すると廃棄処分をされてしまい

集めることが出来ないことがよくあります。

 

こうなると、登記名義人と被相続人の同一性の確認できません。

 

そこで実務では次のような書類を準備しいます。

 

(1)不在住証明書、不在籍証明書

不在住証明書で『現在、被相続人が登記されている住所に住んでいない』

不在籍証明書で『現在、被相続人の登記されている住所で戸籍がない』

ことを証明していきます。

この証明書で、少なくとも登記名義人が現在存在していないことが証明できます。

 

(2)権利書(登記済証)または登記識別情報通知

被相続人が不動産を購入した時の権利書に登記されている住所が記載されており、その権利書を相続人が遺品として保管しているのが一般的です。この権利書が被相続人と登記名義人の同一性を推測する有力な証拠になります。

 

(3)固定資産税の納税通知書や評価証明書

不動産の固定資産税の納税通知書には宛先として被相続人の住所氏名が記載されていますので、これもまた同一性を推測する書類になります。

 

(4)相続人全員からの上申書(印鑑証明書付)

上記の書類で被相続人と登記名義人の同一性が証明できるかは、管轄の法務局と打ち合わせをする必要がありますが、実務では(1)〜(3)の書類を可能な限り集めた上、更に相続人全員が実印で署名捺印した次のような上申書(印鑑証明書付)を提出することが多くあります。

 

上申書には例えば次のようなものです。

 

上申書 (一部省略)                                      今般、被相続人の相続登記の申請を行うに際し、相続を証する書面として被相続人の最後の住所と登記記録上の住所の沿革を証する書面を添付すべきところ、保存期間を経過しているため一部交付を受けることができませんでした。                                   よって、相続を証する書面の一部を添付できないまま相続登記を申請せざるを得ません。       しかしながら、不動産の登記記録上の所有者と被相続人は同一人である事に相違ない旨上申致します。

 

どのような書類を収集し上申書の文言をどうするかは相続の案件によりますので、相続登記の専門家である司法書士に相談するするようにしてくださいね。

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

司法書士の国本美津子です。

(なんとか今年もお節を手作り、間に合いました!)

 

皆さんはどんな年末とお正月を過ごされていますか?

 

私の年始年末はというと

12月30日は一年間お世話になった事務所の片付けと飾付けを済ませて

おせち料理の食材を急ぎ買いに行きます。

 

大晦日31日は、朝からおせち料理を大慌てで手作りします。

 

紅白歌合戦を見終われば、除夜の鐘を聞きながら

自宅近所の神社へ元旦のご挨拶へ。

 

そしておみくじを引いて、一喜一憂です(≧▽≦)

今年は「吉」でした!

 

吉がたくさんあるいい年になればいいな〜。

 

元旦の1日は家族でおせちを頂いて

午後は、いつもお世話になっているお寺さんへ年明けのご挨拶へ。

 

自宅に戻って小腹が空いたら、

手作り白玉団子入りの2日間かけて作ったおぜんざい頂きます!

(白玉を水でこねる時、しょうが汁を少し加えると美味しくなりますよ)

 

あとは自宅で録画をしておいたテレビ番組を

ぜんざいやお菓子をボリボリ食べながら見るのが

私の毎年のお正月の定番になっています。

 

そのため恐ろしいことに

いつも正月明けは2〜3㎏肥ってしまいます。。。(・∀・)/

 

 

それでも毎年同じことを同じようにできるのは、

 

 家族が元気で

 仕事もなんとか順調で

 大きな病気もなく

 悩みはあっても「まあいいか」と思えるほどのささいな悩みだから。

 

子供のころは、正月の挨拶やおせち料理が苦手でしたが

 

今では、この毎年のいつも事をいつも通りにできることが

本当に有り難くって仕方がありません。

 

 

お正月だけでなく、これから始まる今年一年の毎日が

 今まで通りにコツコツと仕事ができて

 お客さんとの出会いもあって

 元気ですごせたら

 

もうそれだけで十分幸せ、だと

そう感じた今年のお正月。

 

みなさんも楽しいお正月を過ごしてくださいね!