配偶者がいれば配偶者が相続人になる。
子供がいれば子供も相続人になる。

独身だったら、相続人は誰になるの?


こんにちは、司法書士の国本です。

前回、子供のいない夫婦の場合の相続についてお話をしました。

では、結婚をしていない場合、子供も配偶者もいなかったら相続人は誰になるのでしょうか?

◆独身者が亡くなった場合の相続人と法定相続分

相続人は亡くなった方の父母になります。

たとえ父母が離婚しそれぞれが再婚をしていても、亡くなった方の父であり母ですので父母が健在である限り相続人になります。

もちろん、今が独身でも以前結婚をして子供がいればその子供が相続人になり、この場合は父母は相続人になりません。

独身で配偶者も子供のいない方が亡くなった場合の相続人とその法定相続分は次のようになります。

父母の両方が健在ならば、
 父  2分の1
 母  2分の1

父(または母)だけが健在ならば、
 父(または母)  1分の1

ちなみに、法律では相続人は「父母」と定められているのではなく「直系尊属」と定められていますので、父母の両方が既に他界している場合は祖父母が相続人として登場することになります。


◆遺言書を書けば大丈夫?

実はわたし、まだ結婚していないんですよ。
もちろん、子供もいません!

ということは、
今わたしが亡くなると、わたしの遺産を相続するのは父と母ということになりますね。

でもね、出来ればわたしの遺産は父ではなく、ここまで育ててくれた母に全部残してあげたいな、と思うのです。

そこでわたしが元気なうちに遺言書を書いて
「わたしの全財産を母に相続させる」とすれば大丈夫かといえば、そうではありません。

何度かブログで書いてきたとおり、相続人には遺言でも奪えない「遺留分」が保障されているからなんです。


遺留分の基本ルールを今回も確認してみましょう!

(基本のルール その1)
①相続人が直系尊属(父母、祖父母)のみの場合・・遺留分は3分の1
②それ以外の場合・・・遺留分は2分の1
③相続人が兄弟姉妹・・遺留分はなし


◆相続人が父母(直系尊属)だけの場合の遺留分
 相続人が父母だけ

配偶者も子供のいない方の場合
相続人である父母の法定相続分に遺留分の割合(基本のルール その1①)を掛けてると

【各相続人の遺留分】(法定相続分× 遺留分の割合)
  父    6分の1  (2分の1 × 3分の1)
  母    6分の1  (2分の1 × 3分の1)
 

これが相続人が父母2名の場合の遺留分。

つまり、わたしが「母に全財産を相続させる」という遺言書を書いても、父には6分の1の遺留分があって、母に対して遺留分減殺請求をすることができることになります。

なんとか父には遺留分減殺請求を使うことを諦めてほしいんですけどね。。。

そんなことを心配する前に、父母よりも先に逝くような親不孝をしないよう健康に気をつけなくっちゃいけませんね。

次回は「遺留分の割合~兄弟姉妹があなたの相続人になる!?~」です。
次回もおたのしみに!
子供のいない夫婦の場合、相続人は誰になると思いますか??

こんにちは、司法書士の国本です。

多くの方が、たとえば夫が亡くなると、
「子がいないから相続人は妻だけ。全財産を妻が一人で相続する」

と思ってられるのではないでしょうか。

実はこれ、間違いなんです。


◆子供のいない夫婦の相続人と法定相続分

子供のいない夫婦の場合、夫が亡くなると
「妻」と「夫の父母」が夫の法定相続人になります。

夫の父母がともに健在であれば法定相続分は
  配偶者  3分の2
  父     6分の1(3分の1を父母の数2で割ります)
  母     6分の1(3分の1を父母の数2で割ります)


夫の遺産に対して夫の父母にも相続権があるため、夫名義の自宅や預貯金を夫の死後、妻がこれからの生活のためにすべて相続しようと思えば、相続人である夫の父母の合意が必要になってきます。

ちょっと想像しただけで、大変だと思いませんか?

夫が元気な時は、妻と夫の父母の仲がなんとか上手くいっていても
夫の死をきっかけに妻と夫の父母が遺産の分配で揉めてしまう。

決してドラマだけの話ではありません。


◆遺言書を書けば大丈夫?

妻思いの優しい夫が遺言書で「全財産を妻に相続させる」と書いておけば、遺された妻が夫の父母と遺産について話し合いをする必要はなくなります。

ですが、法定相続人である夫の父母には「遺留分」があります。

先日もお伝えした遺留分の基本ルール↓↓↓

(基本のルール その1)
①相続人が直系尊属(父母、祖父母)のみの場合・・遺留分は3分の1
②それ以外の場合・・・遺留分は2分の1
③相続人が兄弟姉妹・・遺留分はなし

◆相続人が父母と配偶者の場合の遺留分

相続人が父母と配偶者

やっぱり見えにくい家系図ですみません。

文章で解説します。

それぞれの法定相続分に遺留分の割合(基本のルール その1②)を掛けてると

【各相続人の遺留分】(法定相続分× 遺留分の割合)
  配偶者  3分の1  (3分の2 × 2分の1)
  父    12分の1  (6分の1 × 2分の1)
  母    12分の1  (6分の1 × 2分の1)
 

これが相続人が配偶者と父母2名の場合の遺留分。

つまり、「妻に全財産を相続させる」という遺言書があっても、夫の父母はそれぞれ12分の1の遺留分について妻に対して遺留分減殺請求をすることができることになります。


次回は「遺留分の割合~相続人が両親だけの場合~」です。
次回もおたのしみに!
 
遺産の一定割合の取得が相続人に保証されている権利「遺留分(いりゅうぶん)」。

ところで、具体的な遺留分の割合っていくら??


こんにちは、司法書士の国本です。

前回2回は遺留分についてお話をしてきました。
 遺言を書くときに気をつけること『遺留分』
 遺留分減殺を請求する方法


◆遺留分の割合
肝心の遺留分の割合についてお話をしていませんでした。
遺留分の割合がわからないと、イメージがわかないですよね。

遺留分の割合は次のように法律で定められています。
まずは、(基本のルール)から。

(基本のルール その1)
①相続人が直系尊属(父母、祖父母)のみの場合・・遺留分は3分の1
②それ以外の場合・・・遺留分は2分の1
③相続人が兄弟姉妹になる場合・・・遺留分はなし

特に③をよ~く覚えておいてくださいね。


◆各相続人の個別的割合
(基本のルール その2)
相続人の個別的遺留分は、相続人の法定相続分に(基本のルール その1)の各自の遺留分割合をかけたものになります。


◆たとえば、相続人が配偶者と子の場合の遺留分

1、相続人が配偶者と子

みなさんにより分かりやすくと思い家系図を作りましたが、なんだか図が見えにくいですね。これ以上拡大できないんです。すみません。。。

文章で解説しますね。

夫が亡くなり相続人が配偶者(妻)と子供の長男と長女2名の場合
法律で定められている法定相続分は
  配偶者  2分の1
  長男   4分の1(2分の1を子の数2で割ります)
  長女   4分の1(2分の1を子の数2で割ります)
になります。
 

この法定相続分に遺留分の割合(基本のルール その1②)を掛けて
各相続人の遺留分は次のようになります。

【各相続人の遺留分】(法定相続分× 遺留分の割合)
  配偶者  4分の1  (2分の1 × 2分の1)
  長男   8分の1  (4分の1 × 2分の1)
  長女   8分の1  (4分の1 × 2分の1)
 

これが相続人が配偶者と子2名の場合の遺留分。


長くなりそうですので、他のケースはまた次回にご説明します。

次回もおたのしみに!