signでlocoなひょうたん島野郎の連想配列な日々

好きなものばかり集めてみると…。

ロコモコ堂通信社ーWordPressとサーバでいきましょ



もう一つのブログ「ロコモコ堂通信社ーWordPressとサーバでいきましょ」を更新しました。

というか、ブログのデータベースがおかしくなっちゃって、自動BackUpしたものをデータベースに入れ直そうとしたら、一昨年の9月からのBackUpまで壊れちゃってる。

おー!神様に見放されてしまったーっ!(頭真っ白)

というわけで、その顛末記です。


signlocoの他のサイト

サインラボ・キューリンクロゴロコモコ堂通信社ーWordPressとサーバでいきましょBright Pictリンクロゴ


テーマ:





久しぶりにブログの更新です。長らくの休場、失礼しました。




さて、PCのモニター画面とにらめっこの毎日を送っていますが、独りでの作業で人恋しくなるのか?これまたアイモカワラズBGM代わりに無意識に映像を流しとります。




いろんなジャンルのものを流していますが、ちょっと前に試しに流していて、「おっ!」となったのが、アニメの「シムーン」です。




地球と似ている様で違う世界。地球で言うなら1920年代頃を思わせる文化と科学技術を持った世界です。その世界の人類は、全て女性として生まれ、思春期が終わるとともに聖なる泉に行き、男となるか女になるかを選び、その後男を選んだ者は男へと身体が変化し、女性を選んだ者は大人の女性となって行きます。




シムーン」とはその世界に残された、既に失われた古代技術によって作られた神の乗機で、アンモナイトの様な形をした、いわゆる飛行機です。そしてこの「シムーン」を駆って、いろいろなリ「マージュ」と呼ばれる軌跡を空に描く事で、神に祈りを捧げます。

しかし、この「リマージュ」というものは単に祈りを捧げるだけのものではなく、神の力を表現するもので、大きな破壊的な力も持っている、畏怖すべきものなんです。

シムーン」の主人公たちはこの「シムーン」を操る思春期終わりの少女達です。そして、時代は隣国との小競り合いから全面戦争に発展し、巫女である彼女らも、兵器としての「シムーン」の操縦者として、殺戮の世界へかり出されて行くのです。

アニメとしての「シムーン」は、まさに今のこの東アジアの国で起きている事を連想させられ、国を動かす力を持ったもの心理をよく描いています。

しかし、それ以上に惹かれるのは、思春期終わりの少女の心理が、細やかで丁寧に描かれているところです。大人に変わって行く事への恐怖感とか寂しさとか失うものへの未練や喪失感など、男の僕から見ても、センチメンタルに感じられる程です。

またアールデコを思わせるアートデザインも素晴らしい。




そして、なによりも素晴らしいのはBGMです。




たとえば、上のYoutubeの音源にある「妖艶なる絆の響き」と言う曲は、とても感情を揺さぶられる、感傷的で情熱的なタンゴです。話が見ている者の気持ちにぐっと入って行き、登場人物達の心情が伝わってくる時、この曲が流れてくると、ホントにぐっとくるのですわ。

曲のトーンがどんどん高まり転調して行くにつれ、こちらの感情まで泣きの方向へ高まってしまいます。




ちょっとぐっときすぎてしまって、CDを買っちゃいました。

頃有る毎に聞くCDになっています。




作曲は佐橋俊彦氏。映画・TVドラマ・特撮もの・アニメ・ミュージカルなど幅広く活動している方です。




妖艶なる絆の響き」の他に、「微かなる恋の心」と「美しき巫女の涙」も好きですね。お勧めです。




「Simoun(シムーン)」オリジナルサウンドトラック I/ビクターエンタテインメント

¥3,045
Amazon.co.jp

テレビ東京系アニメーション「Simoun(シムーン)」オリジナルサウンドトラックII/ビクターエンタテインメント

¥3,045
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
やばいです。
やばいんですよ。

ムームードメインで何個もドメインを取得してるんですけども。
仕事がらみのドメインをたくさん取得しているんですけども。

そのドメインを取得・管理する為のムームードメインのIDとパスワードの1つが、知らないうちに改竄されちゃってる。

で、そのIDで取得したドメインの更新や廃止等、出来なくなってしまった。

更新や廃止は改竄した人物が出来てしまう。

仕事で使っているドメインが3つ、どこかの誰かの手に握られてます。

IDやパスワードなど、誰にも知られてない筈なのにな。
漏れる心当たりもないし。

いつ、突然、ドメインを消されてしまってもおかしくない。

うちの仕事の運命は、そのどこかの誰かの気持ち1つで決まるのです。

恐いです。

更新料自動引き落としで自動更新の設定になってるから、そのままでは永遠に更新料を払い続けなければならないし。

でも、ムームードメインに対策を問い合わせても、当事者同士でやり取りしてもらうしかないとの事。

「今の所有者にメッセージを送るなら、先方に送ってあげる。」と言われても、勝手に改竄した人間を信用できる訳ないのにねえ。

第3者には、所有者が変わった時期すら教えられないとの事なんですが、第3者じゃないんじゃないかと思うんだけど。
過去の所有者データが残ってる筈なんですけどねえ。

大きなトラブルに発展するのを心配してるのも解るんですが、ちょっと冷たいんじゃないかと思われ。

このままでは埒が明かないから、今の所有者と言われる人に「ドメイン返せ」とメッセージを送り、違うところで新たに代わりのドメインを作ってドメイン変更する様になるんだろうな。

お客さんに事情を話して、対応しなくっちゃ。

ああ、大変ですわ。

皆さんも、なりすましにはご注意です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ暫く、引きこもってお仕事しているので、そのお供にBGVにTVやネットの映像を流しながらやっております。

以前はElectroとかHard Bopをエンドレスで流していたんですが、こうした音楽はウエット感とか湿度があまり感じられないのですな。

時間に追われ、キリキリと軋む感情に栓をして黙々とこなす仕事タイムの背景に流し続けるには、ちと乾燥しすぎていて、心の表面がひび割れていきそうになるのです。

「もっと潤いが欲しい!」

「さらに言うなら、人恋しい!」

「人の声が聞きたい!」(ワっ!書いて実感、末期的な症状!)

というわけで、いつの間にかBGMがBGVになり、仕事をしているMacの左右にTVとモニターが置かれ、一日中ニュースやドラマやアニメやDVDやネットの映像が流れる中で作業するの日々となってしまったのです。

作業しながらなので、しっかり見ている訳ではないのですが、見たアニメとドラマと映画は半端ない数になってるんじゃなかろうか?

で、色々見ていると他の人の感想が聞きたくなるんですね。そして、あちこちいろんな感想を探しまわっていると、日本人の作ったものへの海外の人の感想が面白いんですよね。

特に面白いのが日本のアニメ(含む漫画)への感想。

中には意味をきちんと理解していないものも有りますが、日本人と同じ様な感想・意見が多いし、日本で聞く感想よりも深く読み解いた感想も多く、驚かされる事もしばしばです。

最近は海外での放映や正規の有料サイトや有料放送などが日本と同時な場合が多いので、日本で放映された直後に4chan等のサイトを見ると、ガンガン感想が投稿されてます。

ネット社会の実力を、リアルに感じますわ。
海外の人々との物理的な距離は、ほとんど無くなりましたね。

言葉の違いが唯一の距離になるのかもしれません。

もっと多くの言語をマスターして、日本語や英語だけでは捉えられない地域の感想も聞いてみたくなりますわ。

しかし、日本のアニメの力は凄い。日本の文化で、ここまで海外に浸透しているものは無いでしょう(あ、漫画も含めてです)。

アニメを見た海外の人達が「こたつにみかんがある風景」に憧れたり、昼休みに仲間と弁当を食べるのを見て、フランス等でも日本式の弁当箱が売れる様になったり、ここまで日常の日本が海外に受け入れられていくって事は、今迄無かったんじゃないですかね?

それに、これだけ興味を持たれているなら、アニメや漫画自体だけでなく、そこで描かれているものも、海外でビジネスの輪を広げていける訳だし。

家電や車に代わる新しい産業として、アニメを売り込んで欲しいです。

あ、自民党が与党の時代に、麻生総理がやろうとしてたけど、メディアがよってたかって「漫画とアニメが好きな低脳総理」と皮肉って、つぶしてましたね。

麻生さんって、結構、先見の明が有ったのかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。