2012-01-25 17:34:53

C300テストについてその1

Theme: ブログ
さて
おまたせしました。
C300のテストでMusicVideoを撮影しました。実際に撮影現場に持っていかないと意味がないので、即席チームで撮影しました。去年の年末ですね。

ARTIST 笹生実久 CAM大橋洋生/タカハシケイ です。


まずはCFカードを2枚入れてっと。これはEOSの物が使えます。フォーマットは何となく説明書を読まないでできました。

ハンドグリップを取り付けて(この部分は見た目よりはしっかりしてます。質感はプラスチックなので、モニター用に何かをかましたら割れちゃうとおもいます)
おおはしのブログ


専用モニターをつけます。モニターからは2本のケーブルが出ていて難なく接続。
photo:11


バッテリーを入れて起動。。。。

よしよし、ですがここから、説明書が必要になりました。
おおはしのブログ
サイドのEOS背面風のクルクルはとりあえず無反応。
その下のクルクルで絞りが変わります。
グリップのシャッターボタンの横にもクルクルがありそこを回すと、こちらもまた絞りが変わります。
おおはしのブログ

絞り以外コントロールできない。。。明らかにEOSではない操作性です。
RECボタンが赤くない。赤くないのはわかりにくい。
しかもRECボタンが3つあります。本気で無意味です。

ISOやらシャッターは後回しにして。ピクチャースタイルを試しました。
当たり前ですがよくわからない。
とにかくCanonLogで撮影してみっかと。
オペレーションと操作性にとにかく明快さがない。
EOSじゃなくてこのカメラ。ビデオの概念のカメラだ。とわかってきました。
設計しているひとはEOSMovieユーザーのことはあまり意識していないですね。


モニターの色が悪い、(後になってモニターの設定色があるとわかりました。)
ですが、撮影ではそこまで細かくカメラの面倒はみれないので。。。。
いまさらどの設定で撮影していたのかが解りません。。。すいません。
撮影時にDM3105を接続すると。あまりにC300のモニターの色がおかしい。
後にMacFCPで画像を確認してもDM3105の方が正しい色味でした。


一度撮影をしてみてプレイバック。

驚きました。

無音です。

全くの無音です。


このカメラ、マイクをつけないと無音なんです。
マイクユニットはモニターユニットとセットになっています。
これを外してしまうと。確実に無音です。
テストボディにはガンマイクは入っていませんでしたので、そのまま無音でさつえいしました。
photo:10


本体にステレオミニの入力があるのでなにか小さなマイクでも接続すれば音声がはいります。
なぜ?EOSで音がとれるのに。。。

C300のいろいろな写真が掲載されていますが。
おおはしのブログ
おおはしのブログ
おおはしのブログ
おおはしのブログ

これもそれもガンマイクがついていないので
音声は収録されないです。無音です。
がっかりです。

ISOやシャッターは背面にある、、、、

おおはしのブログ

FUNCボタンをおしてからEOS風クルクルボタンで選択して動かします。
この後ろ姿。懐かしの
京セラサムライにそっくりです。
おおはしのブログ

C300
おそろしく古さを感じるデザイン。。。。

おそらくこの形状ではふたが邪魔でLサイズのバッテリーもつかないでしょう。
2カ所あるCFのふたの形状、、、
XLチームが開発したという噂。




操作性は悪いとおもいます。

まずはネガティブなお話から。。。

その2はC300のいいお話をします。










PR

Comments

[Publish Your Comment]

Add your comment

[PR]気になるキーワード