ゴールデンウイーク、皆さまはどのような予定をたてられていますか?


お天気にも恵まれそうですね音譜


今月から開講した SKプラザでのクラスは、平日のお昼は生徒さん集まってくださるかなーという心配をよそに、無事スタートさせていただきました。


さんびるアカデミー、T2Style, そして Signでのクラス、それぞれにそこでしか出会えなかった方々とのご縁を大切に、Yogaをお伝えできたらと思います。


そして、今日は 大ニュースがビックリマーク


なんと、なんと、アジアで一番予約がとれないという大人気の、あの マスター・スダカーが、松江でWSを開催してくださることになりましたーアップ





マスター・スダカー


初心者の方から現在インストラクターをされている方まで幅広くご参加いただけますので、どうぞお早目にマットスペースの確保をなさってください!



ハタヨガ基礎講座

一日集中講座


9月13日(土) 松江市矢田町250-18 矢田体育館


http://www.e-hokuyo.com/sunlife/announce/yada02.html



ワナカムヨガスクールの初心者向けワークショップは、2013年開催の度に日本各地で満員キャンセル待ち続きの大好評をいただいております。今回は、一日集中講座としてハタヨガ基礎講座を開講いたします。

これからヨガを始める方、ヨガを始めてまだ一年未満の方、長くヨガを練習しているけど行く先々のヨガクラスで異なることを言われて戸惑っている方、もしくは、自分は身体が硬いと思っている方、そんな皆様に最適のワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーによるハタヨガ基礎講座です。

お箸の持ち方、正しい日本語の話し方、皆さんにとって最初の先生は今後の人生に強く影響を及ぼすことは既にご存知ですね。これから長くヨガと向き合っていくのであれば、ヨガの最初の土台作り、ヨガの正しい理解は必要不可欠です。

ヨガ初心者の方はもちろんのこと、ヨガ初心者にヨガを教えているインストラクターにも最適の一日集中ハタヨガの基礎講座をお見逃しなく!


WS時間と内容

①12:00~14:00 太陽礼拝

マスター・スダカーのシークエンスは自分にはまだ無理、彼のクラスは柔軟な人もしくは上級者向け、と思っていませんか?

ヨガを学ぶ上で、ヨガの土台作り、ヨガの正しい理解は必要不可欠です。自らのヨガの基盤を見直したい方、自分のヨガが正しいのかどうか不安な方、行く先々のヨガクラスで異なることを言われて戸惑っている方、もしくは、自分は身体が硬いと思っている方、そんな皆様に最適の “ハタヨガ基礎講座”。今後の皆さんの自宅での練習に活かしていただけます。

今回のWSは、昨年9月に東京で開催後、再開講のリクエストを多数いただいた太陽礼拝。ご存知、後屈と前屈からなる12ステップのスリヤナマスカーラの安全な練習方法に重点を置き、ステップ毎の正しい練習法を指導していきます。

太陽礼拝の中にあるヨガの基本ポーズをきちんと理解する最適の機会をお見逃しなく!

ヨガ発祥の地インドで半生をヨガと共に生き、世界中で“The teacher of the teachers(先生の為の先生)”と異名をとるマスター・スダカーから安全かつ正しいヨガの基礎を学ぶまたとない機会です。

ヨガ初心者の方はもちろんのこと、ヨガ初心者にヨガを教えているインストラクターにも最適のマスター・スダカーによる初心者向けワークショップをお見逃しなく!



②14:30~16:30 ヒップオープニングフロー

各国のヨガフェスティバルやスタジオで告知と同時に満員となる大人気のマスターフローは、ワナカムヨガスクール設立者であるマスター・スダカーが構築するパワフルでエネルギッシュなフロークラスです。未だ経験したことのないクリエイティブかつダイナミックなフローを是非体験してみてください。

南インドを起源にしたハタヨガをベースに、アサナそのものを感じさせずに、アサナに向けて身体と意識を整え、アプローチしていくというマスター・スダカー独自の手法は、香港ヨガ界において「彼の過去8年間のクラスで一度として同じクラス(フロー)を経験したことがない」と言わしめるほど、流麗かつ独創的な彼独自のフローは世界中のヨガ練習生を魅了し続けています。

マスター・スダカーならではの、自らのカラダの奏でるリズミカルなフローは、皆様の今までの練習に一石を投じ、なおかつ今後のプラクティスの指針を示してくれることでしょう。



2013年の横浜ヨガフェスティバルで初日1時間で満員となったマスター・スダカーならではの、ヒップオープニングフロー。今回と同じフローをマスター・スダカーが繰り返すことは残念ながらないと存じますので、今回この一期一会のフローを是非お見逃しなきよう。

初心者の方は単純に各々の限界で無理せず楽しんでいただけると思います。中級者の方は未だ体験したことのないフローにチャレンジしてみてください。上級者の方、お見逃しなく、より深い自分のヨガの世界を経験する貴重な機会となることでしょう。



料金: 1クラス 6,800円(6,300円プラス税)
終日 13,000円(12,040円プラス税)

キャンセルマナー 7/13以降 50%
8/13以降100%
をご了承ください。


お申込み:
signshimane@gmail.com 090-3919-5499 SignYogaSchool ゆかりまで ご希望のクラス、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください



Master Sudhakar マスター・スダカー





インドで最も神聖な都市の一つカンチプラムで生まれ、11歳からヨガを始める。

スワミ・チャンドラナンダに弟子入りし、15歳でティーチャートレーニングを終えると、国際シヴァナンダ・ヨガ・ヴェダンタ・センターにて最高の指導者を意味する「ヨガ・バスカラ」を受賞。


さらに2001年には「ベスト・ヨガ・マスター・アウォード(最高指導者賞)」を受賞。


インドや各国で開催される20以上のインターナショナル・ヨガ・コンペティションのジャッジ(判定)もつとめる若き天才ヨガマスターは、すでに15年以上指導を続けており、その生徒数は20,000人以上に及ぶ。7年前に香港に拠点を移し、ハタヨガをベースにしたディーサンヨガ創始者として、アジア・ヨガ・カンファレンスには2008年から6年連続参加。


香港のみならずアジアで不動の人気No.1のヨガマスターの座を確立している。


日本では、2010年に初来日を果たし、現在全てのワークショップが満員となる人気ぶり。


2010年から連続4年招かれている国内最大のヨガイベント横浜ヨガフェスタや京都ヨガスマイルでは初日数時間で全チケットが完売し、その人気は衰えを知らず、現在"アジアで最も予約が取りにくいヨガマスター"と称されている。


初来日から3年、インストラクターを中心に本物を求めるヨガ愛好家から、日本のみならず世界各国で絶大な支持を集めるマスター・スダカー、彼の魅力とは一体何なのか。

8年間一度も同じクラスを繰り返したことがないという独創的なフローが注目されていますが、リピーター続出のワークショップ、満員御礼人気の理由はそれだけなのか?この人気ぶりってどうなの?と懐疑的な見方もある中、“1時間のマットの上での練習が、残りの23時間に活かされてないのであればヨガをしていないのだ”と、強く訴えるヨガ発祥の地インドからやってきたヨガマスター。


フィットネスの延長として、先進国において、現在すっかりブームでビジネス化したヨガとヨガ界に、堂々と一石を投じ、怪我から学ぶ、ヨガは怪我がつきもの、そんな日本のヨガ界の常識に真っ向から対峙し、“インドの叡智”を伝達することをヨガ発祥の地インド出身者の使命と心得ている。そのマスター・スダカーが、学びは一生というモットーに基づき、継続的なヨガの学びの場として、2008年以降、香港・シンガポール・台湾にて全米ヨガアライアンス認定200時間のティーチャートレーニングを開講し、各国より多くの受講者を集めている。



About Vanakkam Yoga School ワナカムヨガスクールとは

サンスクリット語で「知性」を意味する“ディーサン”にちなんで、2008年にハタヨガをベースに、古代インドから伝わるヨガテクニックをより正しく体得するためにマスター・スダカーがディーサンヨガ(Dhesan Yoga)の指導を開始。


2013年6月吉日、“ワナカムヨガスクール Vanakkam Yoga School”を設立。この名称変更は、マスター・スダカーの目的が、ヨガの新流派を創設することではなく、スクール(学校)という概念に重きを置き、マスター・スダカーの独創的な指導法のもと、ハタヨガをベースとした、インド古代から引き継がれてきた先人シッダ達の教えを、アサナのみならずインドの叡智全般にわたって伝授していく国際的なヨガの学校設立にあることをより明確にする為である。ワナカムとは南インド・タミール語で「敬意」を意味し、Vanaはサンスクリット語で「知性」を、Kaamは「喜びと愛」を意味する。ワナカムヨガスクールでは、アサナのみを重視するのではなく、哲学や日常の心のあり方(ヤマ&ニヤマ)、呼吸法などヨガの叡智全てを重視し、知的かつ精神的にアサナへアプローチしていくことで、本来の正しいアサナを自然に習得していく、という独創的かつ最も合理的な手法を用います。ヨガ発祥の地インドのみならず、香港、台湾、シンガポール、韓国、日本でも大人気を博し、大勢の生徒たちがマスター・スダカー指導のもと、柔軟性のみならず、精神的強さ、忍耐力、そして知性を磨くことを目標とし、“学びは一生”の理念に沿って学習し続けている。


ワナカムヨガスクールでは、アサナ自体ではなくアサナに至る段階を重視します。マスター・スダカーは断言します、“アサナでアサナは上達しない”と。例えば、ハヌマーサナで床に届きたくて、ヨガクラスで前後開脚の状態で粘っても、もしくはセルフプラクティスで数分間痛みに耐えても、それは皆さんを怪我に至らしめるだけです。


アサナには最短かつ最適の練習方法と到達方法があるのです。ヨガアサナを正しく理解し、独自の練習方法や段階的に身体を開いていく知的アプローチによって、最終的に安全に高度なアサナへ導いていく。言い換えれば、最終ポーズであるアサナを追いかけるのではなく、アサナがおのずとやってくることによる喜びとそれによって得られるアサナの効能を得る正しい練習方法を伝授し続けている。


個々の心身の限界点を引き上げ、先生に盲目的に追従するのではなく、自ら考え、自らの内面と対話するというヨガの真髄を伝授するのが、ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーの比類なき特徴でもある。彼のユーモアと洞察に満ちたレクチャーも魅力の一つ。1時間のマットの上での練習が、残りの23時間のマットの外で生かせるよう、マスター・スダカーは“真のヨガ道”へと導いてくれる。










AD