「波濤に龍図」鐔

テーマ:
{CB7119D4-C70A-402C-B2F7-882CCF877814}

{36294A75-4A15-4D3E-A7AD-32B4FA9245D1}

これで彫りは終わり
これからサビ付けです。

今回の地鉄は川崎晶平刀匠の鍛えで
硬さ・粘りとも申し分なく
いいサビが付くのではと期待しています。
AD

伝統

テーマ:
先日、とある伝統芸能のお家元の方が
仕事場を訪問してくださいました。

色々なお話をしていく中で
伝統芸能に携わる人間は
時代のニーズをとらえ
自分たちの芸をそれに合ったものに
変えていく決断がないと
ゆくゆくは廃れていくことになる
という内容のことをおっしゃっていました。

普段、私が自分の仕事について
考えていることとまったく同じで
これは伝統を継承していく者全員の
課題なのだとしみじみと感じました。

誤解しないでほしいのですが
伝統はきちんと受け継ぎ
絶やさず次世代にきちんと
伝えてゆくことが伝統芸能・文化・工芸に
携わる者の使命であります。

それに加えてその時代時代で
応用をきかせることが大事で
基礎がない応用では人に伝わりません。

我々の世代で絶やさないように
不断の努力が必要なのが
伝統芸能・工芸・文化という
我が国の財産なんでしょうね。







AD

枝垂桜の器

テーマ:
{0F0AAECD-884B-4E4C-A631-0847E86CFF1D}
パートド ヴェールガラス作家の
奥さんの最新作。
この桜の加飾は器と一体形成によるもので
後から貼り付けたりしたものでは
ありません。

京都 醍醐寺の枝垂桜をイメージした
直径21cmの大きな器。

4月3日から京都四条河原町で開催する
個展に出品予定です。

奥さんは目下、一心不乱に制作中です。

何がウケるかわかりません

テーマ:
2月4日に岡山市の林原美術館で
『第十二回お守り刀展覧会』の
表彰式・懇親会があり参加しました。

その席で、今回受賞した刀鍛冶さんたちが
女性に囲まれてサインを求められ
笑いながらサインする姿が楽しそうで
twitterでつぶやいたら
びっくりするほどのリツイートがあって
J-CAST TREND NEWSに
取り上げていただきました。


現代刀は作った作者に実際に会える
というところも魅力の一つだと思います。


唐草金象嵌鍛鉄指輪再び

テーマ:
唐草金象嵌鍛鉄指輪が完成し
お客さんに納めたところ
たいそう喜んでくださいました。

{DF5C0497-7CC6-499D-82FE-C09E04E569FC}

今回は幅10mmの指輪ということで
幅11mm強の鍛鉄を
糸鋸で切り出すという
経験のない困難な工作でしたが
そんな大変さなど
お客さんの喜ぶ声を聞くと
一瞬で忘れてしまいます。

この喜ぶ声が聞きたいがために
働いているのかもしれません。

今日から2月です。
1月は靖國神社に出張実演で行ったのと
下旬にPV動画撮影の同伴をした以外は
ずーーーーーっと仕事場引きこもりで
働いていました。

毎年1月に年間守るべき指針を
考えるのですが、今年は
『仕事場引きこもりの強化』
ということにしました。

なので、私は引きこもって
仕事三昧の日々を過ごします。

仕事が好きで好きでたまらないのです。