ピッコリーナのちょっとイタリア語

イタ友とメール・チャット・スカイプでの交流でイタリア語勉強中

月に3回のゆる~いイタリア語教室メガネで教わったコトや教室での出来事と、



メールから始まったイタ友たちとの交流で活きたイタリア語に触れ、



お勉強したり本イタリア事情を知ったりサーチしたことのひとりごと音譜音譜







テーマ:

前回のつづき


あーでもない、こーでもないとあたし達が話していると、


前のシニョーラがスマホの画面をこちらへ見せて、話しかけてきた。


『ほら、ピサからローマに行く飛行機があるわよ。この飛行機なら間に合うんじゃないかしら


あたし達はローマ行きの飛行機の時間を確認


確かに、このバスがあと30分以内にピサ空港へ到着すればその飛行機に乗れるし、


その飛行機に乗れたらローマから日本へ帰る当初の飛行機に予定通り乗れる。


問題は、あとどのくらいでピサ空港へ着くのか、ローマ行きのチケットはあるのか、


そしてチケット代はいくらかってこと。


ピサへ向かうバスの中で、あたし達はただやきもき。


たぶん、10分か15分ぐらい、ふたりともずーっと無言だったねぇ・・・・


空港へ着くと、あたし達は1番にバスを降りて、チケットカウンターまで猛ダッシュ


この時あたしの頭の中では、映画 『ホーム・アローン』 の曲がずーっと鳴っていたよ、ホント。


幸い、ピサの空港はこじんまりとしていて、たいした距離を走らずにチケットカウンターに行けたけどね。


-avete due posti liberi a Roma alle 11:35-


《11時35分発のローマ行きに空席ふたつありますか


驚いたことに、何も考えずにスラスラとイタリア語が出てきた。


たぶん、あたし達の鬼気迫る形相にカウンターの向こうのお兄さんもビックリしただろうね。


お兄さんは、パソコンをカチャカチャいじって画面を見つめ、またカチャカチャして画面を見た。


『ありますよ、11時35分のローマ行き。ローマからのチケットはありますか


『はい、持ってます。』


あ~もうぅじれったいっいったいいくらなのよっ


『2枚で1760ユーロ(約215,000円)です(ニヤっ)。』


え~~~~っ高いっ、高すぎでしょ~~


『冗談です。250ユーロ(約30,000円)です(ニヤっ)。』


あたし達の緊迫した様子を感じ取って、冗談を言って笑わせようとしたみたいだったんだけど、


それにしても、国内線でひとり10万越えはないよね~~


ともかく、あたし達はローマ行きの飛行機に乗り、予定通りローマから成田への便に間に合った


それにしても、旅行の最後の最後でこの大事件だもの。


今回のトスカーナ旅行のハイライトは、


サプライズでバルブートに会いに行ったことでもなく、


坊やと再会したことでもなく、


『インフェルノ』 の舞台となった場所を見る(見れなかったけど)ことでもなく、


初めて行ったヴァルドルチャでもなく、カウントダウンに参加したことでもない。


あやうく飛行機に乗り遅れ、帰国出来ないかもしれない事態になってしまったことだよねぇ。


成田から東京駅までのバスの中でSちゃんが、


『ちょっと見て~~』 と言ってあたしに差し出した1枚のチケットがコレ。





フィレンツェから乗った空港行きのバスのチケットには、


間違いなく -PISA APT- 《ピサ空港》 と書かれているじゃないの。


あ~


なんで、バス代が高いと気づいた時に確認しなかったんだよぅ


バカなあたし


雨が降っていなかったら、ローマから予定通りの飛行機には乗れなかったんだよねぇ


ま、いろいろあるから楽しいし、強烈に記憶に残るんだけどね。


どんなことがあっても、死ななきゃいいかな~~


と思うことにしよ~っと。






これで、今回のトスカーナ旅行のお話はおわり。






   にほんブログ村     人気ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年の元旦は、祭日で日曜日というイタリアでは何も機能しない最悪の日だったのね。


だからあたし達は、午前中はミケランジェロ広場へ歩いて行き、午後は再びルッカへ行って、


特にこれといった出来事もなく、ただのんびりと過ごした。


あ~お正月だねぇ


そして翌日、1月2日はいよいよ帰国の日


滞在中ずっとお天気に恵まれてたのに、この日は朝から雨だったんだよぅ


空港へ行くバスの乗り場は少し遠くて、ホテルから大きな荷物を引きずって行かなきゃいけないし、


雨も降ってるし、あたし達は予定していたより30分早めにチェックアウトし出発


乗り場に着くとすでに空港行きのバスが止まっていて、


『あと数分で出発するよ~~』 とおじさんが叫んでいたのよね。


あたし達は、自分達で荷物をバスの下の収納部に入れて乗り込み、


運転手に -due biglietti- 《チケット2枚ね》 と言うと、


-19euro- 《19ユーロだよ》 と言うじゃないかっ


来た時は、空港からフィレンツェのチェントロまで、確かひとり7ユーロだったはず。


ふたりで19ユーロってことは、ひとり9.5ユーロ


えっなんかおかしい


でもSちゃんが、『違うバス会社なんじゃないの』 と言うし、後ろには列が出来てるし、


出発も迫っている。


たかだか2.5ユーロ(300円弱)で細かいこと言っててもしかたない、まぁいっか。


という結論に達し、あたし達は空いてる席に座った。


間もなくバスは出発し、あたし達は旅行での出来事を楽しくおしゃべりしていたんだけど、


な~んか、変なのよぅ


出発して20分過ぎても空港に到着しないし、それどころか、高速道路を走ってる。


Sちゃんは何も気づいてないみたいだけど、絶対におかしい


Sちゃんに 『ねぇ、高速走ってるし、もう30分ぐらい乗ってるのにまだ着かないの、おかしくない


と聞くと、『あれ、ホントだ。』 と言って、前の席のイタリア人夫婦に話しかけた。


-questo dove va- 《このバス、どこへ行きますか


今となってはマヌケな質問だけど、あの時は簡潔かつ確実な答えを得る正しい質問だったと思う。


-a Pisa- 《ピサに行くのよ》 と、シニョーラが・・・・


ええええええぇぇぇぇぇぇ~~っっっ





そう、あたし達はピサの空港へ向かっていたのでア~ル


それからのあたし達は、


①ピサの空港からフィレンツェに電車で戻り、再びバスでフィレンツェの空港へ行く。


②ピサの空港からローマまで電車で行き、ローマ成田の飛行機に乗る。


③ピサの空港からローマの空港までタクシーで行く。


さぁ、どうするどうするどうしようぉぉ~~


冷静に考えれば、このみっつの案じゃどれも間に合いそうにないんだよねぇ。


あたし達、このあとどうなるの~~~~~


つづく。



   にほんブログ村      人気ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

-Val d’Orcia- 《ヴァル・ドルチャ》 のバスツアーから夜7時ごろフィレンツェに到着したあたし達は、


-bar- 《バール》 でパニーノとドーナツを買って、ホテルで簡単な夕食をすませた。


そうよ、この日は大晦日だもの。


この旅行の目的のひとつ、カウントダウンに参加しなくちゃ



夕食後、部屋で少しゆっくりしてから、何枚も重ね着で防寒対策バッチリ、カイロもぺたぺた貼って、


午後10時過ぎにホテルを出発~~


あたし達は、ミケランジェロ広場でカウントダウンを見たかったけんだけど、


なにしろミケランジェロ広場は遠いし、帰りのことを考えるとやっぱりチェントロにいた方がいいよね。


それであたし達が決めたのは、ベッキオ宮前のシニョーリア広場。


シニョーリア広場の角にある -Loggia dei Lanzi- 《ランツィの回廊》には、


オーケストラがいて音の調整をしている。


広場に集まっている人たちも、それなりの大人が多くて、この広場は馬鹿騒ぎをする感じがない。


おーっなんかいい感じじゃな~い




11時ごろから演奏が始まり、演奏の合間には指揮者が挨拶したり、市長がお話をしたりして、


いよいよ2016年最後の演奏


曲はなんだったかな~


いやだよぅ、忘れちゃったけど、とにかくあの場にいた全員がノリノリで手拍子してたもんね~。


そして曲が終わると、カウントダウンがはじまったっ


後ろにいたカップルはチュッチュチュッチュ


となりにいた女子2人組みはバッグからスプマンテを、ポッケからプラスチックのコッ取り出した。


でもって、あたし達にもコップをくれて4人でかんぱーいっ


こうしてあたし達の2017年がはじまったのでア~ル



ホテルへの帰り道、こんなステキなライティングが


あたし達もセルフィーでパチリ


あーこのブログ、やっと年明けだ~~



  にほんブログ村      人気ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。