1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-04 15:47:18

唐ゼミ・青テントが立つ

テーマ:ブログ

10月4日

 

台風の前の晴れ、夏日。

劇団ドガドガプラスの来年2月公演の仮チラシを届けるため

13時に新宿中央公園噴水広場に行ってきました。

 

西口から高層ビル群を目指す通路を過ぎた後は

本来、地下鉄大江戸線の都庁前駅に向かう地下に降りた方が涼しいし、

最終的に陸橋を利用することなく到着が可能で、便利です。

 

去年自作の『君の罠・或いは空蝉』が11月に上演された折、

高層ビル群の遥か彼方に、ぽつりと見えた青テントが

実に青々しく、清々しく、大きなビルの中で

肩を張った風情が実によかった。

 

そんなわけもあって僕は、地上から公園を目指すことにしました。

 

街路樹の向こうに作りかけの青テントを発見。

 

若者たちは後二日のテント張り&セット作りおまけにゲネをやっつけ

 

その間に台風18号をやり過ごし晴れて10月7日初日を迎えるわけです。

 

ああ若いって素晴らしい。

 

公演詳細はこちらでチェックしてください。

 

karazemi.com

 

『腰巻お仙・振袖火事の巻』は唐十郎が20代の時

=状況劇場初期の作品で僕もまだ未見の作品です。

 

今から40年以上前の作品は古典でもあるし

あまり上演されていない作品なら、ある面未踏の大地のようでもある。

 

劇団・唐ゼミは唐さんから

『青いテントがいいんじゃないか?』

と意見されたように青春の劇団だ。

 

青春の勢いでやってく潔さ、が清々しい。

しかし、青春はいつか色あせる。

やがて迎えるのが、朱夏だ。

つまり真っ赤に燃えた太陽だ。

 

青と赤・・・これからはその二つが微妙に入り混じって

いい光彩を放つんだろうな。

 

今回の公演も非常に期待しています。

 

去年の新宿中央公園での公演『君の罠』の舞台は

 

皇居を仰ぐ数寄屋橋から

晴海通りを一筋、銀座、築地をつきった月島、晴海埠頭が舞台でした。

 

唐さんの気分になって戯曲を書く以上、

どこか頼りになる地場=磁場がなきゃダメだ・・・と思い込み

それだったら、東京のどこにするべか、と考え

結果僕は、佃島、月島晴海の湾岸地区を選んだ。

 

これには理由があって、僕は学生時分、家業のバイト

・・・橋の検査の手伝いを一夏やったことがあった。

 

佃大橋の裏側のヒビ・・・クラックというやつに接着剤を埋める

いわゆる公共事業というやつで親父の会社は作業用の足場を担当していた。

 

親会社から、学生バイトを頼む、と請われ僕らが出陣したのだった。

 

佃島、月島はおかしな場所だった・・・高い岸壁に囲われてそこだけ

昔が残っていた。聞けばここは空襲されていないのだという。

聖路加病院があったからだ、と聞いて

 

戦争はそんなものなのか、と思ったのが十代だった。

 

で、この時の記憶を頼りに佃島、月島、晴海を歩いた。

 

築地までは地続きだし、行く理由も多い。

 

しかし勝鬨橋を渡ったその先は滅多に行かない場所でもある。

 

月島の歴史、月島の歴史を調べると

 

幻の東京オリンピック。国際博覧会。都庁の月島移転。

 

大震災で家をなくした者たちが集まった

もんじゃ、古着屋vs工場労働者の町であることがわかってきた。

 

そんな過去と爆買いの中国人と在日朝鮮人とぼんやりした

ゆとりの日本人の物語を作ろうと苦労してると

そこに、吉本隆明が現れてあんな物語になりました。

 

最近マスコミSNSを賑わす豊洲市場に海の森。

 

晴海はいよいよ選手村となってその後はどうなるんだろう。

 

海を埋めて利用する欲望。

 

そのバネになるオリンピック。

 

構図は戦前も戦後も変わらないようだな。

 

一昨日こんな夢を見ました。それはある舞台の一場面だった。

 

オリンピックが来ることになって、皆にある命題が下される。

 

『オリンピックにために・・・』

 

その後に幾つかのアンケートが続きます。

 

その後『オリンピックのため・・・』

 

を外して、その代わりにどんな言葉を入れてもいいことに

 

一人が気づきます。

 

それは例えば

 

『恋愛のため』でもいいし『未来のため』でもいいし

『戦争のため』でもいい・・・そのことにみんなが気づくというシーンでした。

 

もちろん言語化しているわけでもないし

 

ディティールが見えたわけでもありません。

 

7日は唐ゼミの初日、8日は唐組の初日です。

 

この間お知らせしたように、

ドガドガ座長の丸山が赤テント初参戦となります。

 

『夜壺』詳細は ameblo.jp/karagumi

 

ドガドガプラスが2月・8月公演を続ける理由を何度かお知らせしています。

 

それは素晴らしい客演者と結びつくためのある面苦労、矜持でもあります。

 

でもそのおかげで、丸山が赤テントに出ることもできたわけです。

 

逆輸入ですよね。こうして道はできる。

 

丸山が頑張れば、きっと後に続く者たちも増えるにちがいない。

 

双方のテントで会いましょう。声かけてください。それじゃあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-04 15:46:48

唐ゼミ・青テントが立つ

テーマ:ブログ

10月4日

 

台風の前の晴れ、夏日。

劇団ドガドガプラスの来年2月公演の仮チラシを届けるため

13時に新宿中央公園噴水広場に行ってきました。

 

西口から高層ビル群を目指す通路を過ぎた後は

本来、地下鉄大江戸線の都庁前駅に向かう地下に降りた方が涼しいし、

最終的に陸橋を利用することなく到着が可能で、便利です。

 

去年自作の『君の罠・或いは空蝉』が11月に上演された折、

高層ビル群の遥か彼方に、ぽつりと見えた青テントが

実に青々しく、清々しく、大きなビルの中で

肩を張った風情が実によかった。

 

そんなわけもあって僕は、地上から公園を目指すことにしました。

 

街路樹の向こうに作りかけの青テントを発見。

 

若者たちは後二日のテント張り&セット作りおまけにゲネをやっつけ

 

その間に台風18号をやり過ごし晴れて10月7日初日を迎えるわけです。

 

ああ若いって素晴らしい。

 

公演詳細はこちらでチェックしてください。

 

karazemi.com

 

『腰巻お仙・振袖火事の巻』は唐十郎が20代の時

=状況劇場初期の作品で僕もまだ未見の作品です。

 

今から40年以上前の作品は古典でもあるし

あまり上演されていない作品なら、ある面未踏の大地のようでもある。

 

劇団・唐ゼミは唐さんから

『青いテントがいいんじゃないか?』

と意見されたように青春の劇団だ。

 

青春の勢いでやってく潔さ、が清々しい。

しかし、青春はいつか色あせる。

やがて迎えるのが、朱夏だ。

つまり真っ赤に燃えた太陽だ。

 

青と赤・・・これからはその二つが微妙に入り混じって

いい光彩を放つんだろうな。

 

今回の公演も非常に期待しています。

 

去年の新宿中央公園での公演『君の罠』の舞台は

 

皇居を仰ぐ数寄屋橋から

晴海通りを一筋、銀座、築地をつきった月島、晴海埠頭が舞台でした。

 

唐さんの気分になって戯曲を書く以上、

どこか頼りになる地場=磁場がなきゃダメだ・・・と思い込み

それだったら、東京のどこにするべか、と考え

結果僕は、佃島、月島晴海の湾岸地区を選んだ。

 

これには理由があって、僕は学生時分、家業のバイト

・・・橋の検査の手伝いを一夏やったことがあった。

 

佃大橋の裏側のヒビ・・・クラックというやつに接着剤を埋める

いわゆる公共事業というやつで親父の会社は作業用の足場を担当していた。

 

親会社から、学生バイトを頼む、と請われ僕らが出陣したのだった。

 

佃島、月島はおかしな場所だった・・・高い岸壁に囲われてそこだけ

昔が残っていた。聞けばここは空襲されていないのだという。

聖路加病院があったからだ、と聞いて

 

戦争はそんなものなのか、と思ったのが十代だった。

 

で、この時の記憶を頼りに佃島、月島、晴海を歩いた。

 

築地までは地続きだし、行く理由も多い。

 

しかし勝鬨橋を渡ったその先は滅多に行かない場所でもある。

 

月島の歴史、月島の歴史を調べると

 

幻の東京オリンピック。国際博覧会。都庁の月島移転。

 

大震災で家をなくした者たちが集まった

もんじゃ、古着屋vs工場労働者の町であることがわかってきた。

 

そんな過去と爆買いの中国人と在日朝鮮人とぼんやりした

ゆとりの日本人の物語を作ろうと苦労してると

そこに、吉本隆明が現れてあんな物語になりました。

 

最近マスコミSNSを賑わす豊洲市場に海の森。

 

晴海はいよいよ選手村となってその後はどうなるんだろう。

 

海を埋めて利用する欲望。

 

そのバネになるオリンピック。

 

構図は戦前も戦後も変わらないようだな。

 

一昨日こんな夢を見ました。それはある舞台の一場面だった。

 

オリンピックが来ることになって、皆にある命題が下される。

 

『オリンピックにために・・・』

 

その後に幾つかのアンケートが続きます。

 

その後『オリンピックのため・・・』

 

を外して、その代わりにどんな言葉を入れてもいいことに

 

一人が気づきます。

 

それは例えば

 

『恋愛のため』でもいいし『未来のため』でもいいし

『戦争のため』でもいい・・・そのことにみんなが気づくというシーンでした。

 

もちろん言語化しているわけでもないし

 

ディティールが見えたわけでもありません。

 

7日は唐ゼミの初日、8日は唐組の初日です。

 

この間お知らせしたように、

ドガドガ座長の丸山が赤テント初参戦となります。

 

『夜壺』詳細は ameblo.jp/karagumi

 

ドガドガプラスが2月・8月公演を続ける理由を何度かお知らせしています。

 

それは素晴らしい客演者と結びつくためのある面苦労、矜持でもあります。

 

でもそのおかげで、丸山が赤テントに出ることもできたわけです。

 

逆輸入ですよね。こうして道はできる。

 

丸山が頑張れば、きっと後に続く者たちも増えるにちがいない。

 

双方のテントで会いましょう。声かけてください。それじゃあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-17 14:23:51

いろいろ始まる9月

テーマ:ブログ

9月17日

 

久々のブログです。

 

公演後は妻と恒例の洗濯&衣装の片付けが5日ほど続いた。

もっとも、僕が参加したのは最後の1日、ボックスの整理だけでした。

奥さんには感謝しなければな、と思っています。

 

映画・映像の打ち合わせ。

思惑通りにことは進みませんが、かえって面白い感じに話は進んでいます。

乞うご期待。

来春2月公演のキャスティングも好調、なかなかの顔ぶれをゲットしています。

 

そんな毎日の中フェースブックをチェックすると

夏公演『追憶のタキシーダンサー』以降

出演者の皆さんの始動ぶりが伝わり、頼もしい限りです。

 

三日ほど前、唐組の秋公演『夜壺』のチラシが届きました。

映像情報は赤松由美さんのフェースブックで見知っていましたが

本物を手にするのはまた格別な思いがあります。

と、いうのもドガドガの座長、丸山正吾が参加しているからです。

唐さんの娘さん、大鶴美仁音の表紙画がいい。

瑞々しい色使い、筆使いに迷いがなく、青春って感じが匂わんばかりだ。

 

折りたたまれた中面を覗くと丸山の写真がさも当たり前のように

出演者の中に並んでいる。

 

しかしこれは凄い事だと思います。

 

昨日は夜7時に高円寺の中華屋で丸山と会った。

 

2月公演のキャスティングの相談をしていると

8時半、唐組劇団員の岡田悟一が劇団の作業を終えミーティングに参加。

夏公演は参加できなかった岡田だが2月公演は参加を表明してもらっている。

僕の精神安定剤でもある前田寛之が入院中という事もあり

次回も無理をさせるわけにはいかない。

岡田悟一は無論唐組の重要人物だが

僕らのチームにとってもなくてはならない存在になっていて

いろいろ相談しなきゃいけない事もあるわけです。

 

相談も大方済むと後は、僕の質問コーナーになる。

丸山曰く

『唐組の稽古の緊張感は凄い。頭をフル回転しなきゃついてけない』

そうです。

 

しかし、アウェイ感は少しもないそうで、そいつはよかったな。

 

岡田悟一を始め赤松さん、辻さん、久保井さんと唐組の皆さんには

ドガドガに客演頂いている。

 

皆さんから丸山は『丸ちゃん』と呼ばれているわけです。

 

今年の2月公演『浅草カルメン』に久保井さんが出演してくれて

 

その折『秋に丸山くん貸してもらえますか』という提案があって

 

僕は『いい役でお願いします』と答えた。

 

そのおかげじゃないだろうけど、丸山の役はかなりいいらしい。

 

数年前、丸山に声を鍛えるためにもテント挑戦したほうがいい、と提案した。

 

劇団唐ゼミの主宰中野君にお願いして青テンを経験した丸山は

声以外のものも得た。

 

テント立てるために朝飯食って、力仕事で体重が10キロぐらい増えた。

 

痩せてた時分は、ひょろっとして、笑っても気持ち悪かったのだが

笑顔が爽やか、頼もしくなったのだ。

 

芝居も大きくなってよかった。

 

そんな丸山の成長ぶりを唐組の皆さんも見てくれているわけで

 

いよいよ赤テントに登場するわけです。

 

秋公演は渋くて素晴らしい。

 

しかし唐組って言ったら何と言っても春公演じゃないだろうか。

 

旅公演に檜舞台、花園神社はいいもんだ。

 

『夜壺』頑張って、来春すぐにってわけに行くかどうかは別にして

いつか春公演も呼ばれるようになるといいな、丸山。

 

昨日はそんなわけで楽しい時間が過ごせました。

 

それじゃあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。