• 24 Jun
    • 第163話 それから・・・くまもんサバイバル2日目

      熊本では水・食料・ガソリンが入手困難ですが・・・人々の行動は冷静です 学校が休校なので外で遊んでいる子共もいます 毎朝配達されてくる新聞・・・\(゜□゜)/スゲ~プロ根性 この状況で新聞が配達されることに、むしろシュールを感じますが 配達スタッフの使命感と誇りが伝わってきます、プロフェッショナルを感じます この日は炊飯してレトルトカレーです・・・ 夕食を食べていると ”ピンポ~ン” と来客です・・・・ 誰? 出てみると消防隊員です・・・何? 「この地域は避難勧告が出されています、避難をお勧めしてます」との事です この建物にいるのは、あなただけですよ、他の皆さんは避難されています・・・って、マジか? 外に出てみると、明りが灯っているのは本当にうちだけです・・・ 朝方に帰って来たばかりだったので知りませんでした・・・( ̄□ ̄;)!!知らんかった とりあえず、「避難します」と言っておきました・・・後は自己責任ということで そういえば駐車場の車は荷物満載で、皆さん車中泊だったんですね 近所のスーパーの駐車場も車でいっぱいです・・・店舗もやっていないのに 学校のグランドやパチンコ屋の駐車場も車中泊の車がびっしり駐車しています 団地内の広場は、心得た人達がテントを張ってキャンプ場となっていました とは言っても、避難所もいっぱいそうだし、車はよめさんが使っているので有りません 明りを付けていると面倒をかけてしまいそうなので、水シャワーを浴びて 消灯してラジオを聞きました、ラジオなんて30年ぶりです 壁には亀裂ができています・・・が潰れやしないでしょう・・・自己責任ということで 余震で何回か起こされましたが、家は潰れることなく朝を迎えられました 外の掲示板にありました 皆さん、夜間は避難所だったんですね・・・Σ(・ω・ノ)ノ!新聞は今日も配達されています To be continued

      テーマ:
  • 22 Jun
    • 第162話 それから・・・くまもんサバイバル1日目

      福岡から熊本に帰り着くことができました・・・家の様子は Σ(゚д゚;) 団地の入り口は地面がひび割れています・・・他の建物もこんな感じです 熊本を出発した4月15日より建物が随分とボロくなっています 玄関は開くでしょうか?・・・ふつ~に開きました 家の中は・・・・ やっぱり・・・ね・・・そうだと思ったよ (_ _。) ガックシ ライフラインは電気、水道は生きています、ガスとインターネットは応答なし・・・です テレビは落ちた衝撃で壊れたのか? 映りません(後で屋上アンテナが折れていたと判明) この時は、まだ携帯電話の通信状態は悪く家族へ連絡はできませんでした もう疲れたので、水シャワーを浴びて寝ることにします・・・相変わらず余震は続いていました ・・・・昼になり、空腹と余震で目覚めました 電気・水道が生きているので自炊は容易です・・・ただ近所の店が営業しません 当然、物資も来ませんが、従業員も被災しているので営業どころではないのでしょう 開いている店が無いので食料、水は買えません、被災地から移動する手段が必要となります ガソリンスタンドには行列です、売り切れれば閉店となります 自販機のほとんどは売り切れとなりました 街全体が殺気立っている雰囲気がありますが、事件やトラブルは見ませんでした 水・食料・ガソリンが枯渇しているのに・・・・マッドマックスや北斗の拳なのに・・・ 皆さん冷静なものです (`(エ)´)_彡 ア~タタタタタ・・・ あべし 家には米やレトルト食品、冷凍食品、お菓子が在りました、しばらくしのげます 夜になり、ヨメさんから連絡がきて、緊急招集されて4日間職場に泊まっていたとの事でした 職場で食料・水・ガソリンの配給をもらったので明日帰ると・・・ 子供を預けている実家にも連絡済みだって・・・・ こ、こいつ・・この非常事態に水・食料・ガソリン、更に通信手段まで確保してやがる・・・ もしかして、凄い人なんじゃ・・・? この非常事態に南の島で楽しんでた私は・・・頭が上がらないのでした To be continued

      テーマ:
  • 20 Jun
    • 第161話 それから・・・家に帰り着くまでがトライアスロン

      福岡から熊本まで120km・・・バイクで帰る事にしました 博多ナイトは、また今度落ち着いてから・・・・ですね 夜の国道3号線にバイクで走り出します レースではないので事故らないよう控えめに・・・信号も守ります 昨日は157kmを6時間15分で走り切りました 今日はどうだろう・・・筋肉痛きてます 福岡県内はあまり地震の影響は無いように感じます 淡々と先へ進めて行きます、大宰府、鳥栖、久留米を過ぎました やがて熊本県内へ入ります、車道は渋滞や段差のダメージも有ります 渋滞路は歩道や路側帯、反対車線を抜けて行きます、車より早いかもしれません 道路のつなぎ目は段差が酷い所が現れます、パンクしないように降りて押します 熊本市内はコンビニも閉まっています、道路沿いの家やビルが崩れていて瓦礫が 道路に散らばっている所が度々現れます 店は開てなくても自販機が生きているので飲み物を買うことができました(*´Д`)=зコーラ うめ~ そうして、なんとか、なんとか朝6:00過ぎに熊本市内の自宅へたどり着けました もう動けません・・・ ((>д<)) 足とお尻が痛すぎる~mm To be continued

      テーマ:
  • 18 Jun
    • 第160話 それから・・・福岡には到着してみたものの

      地震の影響で熊本空港閉鎖中です 熊本への交通機関は天草から熊本市内への "あまくさ号” が生き残っているようですが その他は鉄道、高速道路、、新幹線、高速バス、レンタカーはNGです 福岡空港から天草空港まで天草エアーで飛ぶつもりでしたが バイクを積むことができず天草へも行けません バカでかい輪行バッグが足かせになります・・・ もしかしたらタクシーなら行ってくれるかもしれませんが・・・料金が高そう・・・ びびってしまい手を上げられません もう手段が思い付きません、今日は福岡から出られないと思いました・・・ ということは、博多ナイトを楽しむしかないようです・・・(o*゜∇゜)o~♪ 中洲ナイト イェ~~イ 宿をおさえて博多に向かいます、途中の道路標識に熊本120kmの文字が見えます 熊本って120km先なんだ・・・ 昨日の今日なので距離感覚が狂っています・・・行けるじゃん バイクの練習でも120km走ったことがあります、昨日は157km走りました 途中でバイクがダメになってもマラソンで100km走ったこともあります 輪行バッグの中に工具も装備も全部揃っていました そういえば東北地震の時、帰宅難民となった人々に自転車が爆売れしたことを思い出します 行くしかない・・・今、世間は非常事態なのです (`(エ)´)ノ_彡 あ~たたたたたたt・・・ひでぶ 博多駅でバイクを組み立てます・・・・タイヤに空気を入れて完成・・・・ !!!リアタイヤ・・・・強制パンクさせたんだった ( ̄□ ̄;) しかし、なんとスペアチューブもバイクに装着されています はたして、チューブ交換も上手くできたようです バッグを折りたたんで空気入れもまとめ背負います バッグの中からヘッドライトを出します、予備の電池をコンビニで仕入れます 熊本までは国道3号線1本道です 120km先を目指し21:00ごろ福岡を出発しました To be continued

      2
      テーマ:
  • 17 Jun
    • 第159話 それから・・・祭りの後

      宮路島トライアスロンを何とか完走することができましたが・・・・ 翌日4月18日、私の体はきっつい筋肉痛に見舞われています (((( ;°Д°)))) ぐあ~いたたたた・・・ そんな中、午前中はバイクを引き取りに宮古島の陸上競技場へ行きます バイクを宿のカサ・デ・アマカに持って帰り、分解して輪行バッグにいれます 昨日からトラブっている、リアタイヤのチューブですがやはり空気を抜く事ができません バイクはヤマト便だと値段が張るので、輪行バッグで空輸するつもりです 高圧の空気がチューブに残っていると、上空で破裂するような気がして ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ バ~~ンって どうしても空気を抜いておきたいのです いろいろ試しますがダメなので、針を刺して強制的にパンクさせました バッグの空いている空間にはバイクシューズ・工具・空気入れを入れておきます 残りの荷物のウエットスーツ・ヘルメット・バイクジャージ・着替えはダンボール箱に入れて ユーパックで送ろうと郵便局へ・・・・しかし 地震の影響で熊本への荷物は扱えないとの事でした・・・(@ ̄Д ̄@;) ど~しよ~ カサ・デ・アマカのオーナーのラテオジ氏が復旧するまで保管して送ってあげるとの事で お願いしました・・・助かりました、ありがとうございます 更に、完走者証をもらい忘れていたので空港に送ってもらう途中で、もう1回 宮古島陸上競技場へ寄ってもらいました・・・ほんと、お世話になりましたカサデアマカ 宮古島空港は凄い混雑です、定刻1時間30分前に荷物預かりの列に並びますが ぎりぎりで搭乗できました 宮古島発の航空機は那覇へ順調に到着しました・・・ 予定では那覇から熊本への直行便で帰るつもりでした しかし熊本空港は地震で閉鎖され復旧がいつになるか分かりません・・・ なので行き先を福岡にします、福岡から天草エアラインで熊本県天草空港へ向かうことにしました 天草からは九州産交の”あまくさ号”が運行しているらしいので、あまくさ号で熊本市内を目指します 18:00ごろ那覇空港から福岡空港へ到着しました、そのまま天草エアラインのカウンターへ 搭乗手続きを進め輪行バッグを預けようとしましたが・・・ 天草エアーでは自転車は大きすぎるので預かれないと告げられます・・・ バイクを持って天草へは行けないのです 宅急便のカウンターへ行きます、やはり熊本への荷物は無理でした レンタカーの看板が見えました・・・それで行こう・・・手続きを進めますが 免許の住所と熊本市内で乗り捨てを告げると、店員の態度が急変します 「お客様、熊本はダメなんです」 レンタカーもだめでした( ̄∩ ̄# なんでやねん 4月18日は本震から3日目で熊本への交通機関は新幹線・鉄道・高速道路・高速バス 熊本空港が止まっています。バイクを福岡に置いて(捨てて)天草へ行くしか方法が思いつきません バイクを預けるにしてもレンタカーを借りるにしても、熊本から福岡へ戻ってくるのは いつになるか判らないので、現実的ではないと考えました そうしているうちに、天草エアラインの福岡発天草行き最終便も逃してしまいました 先に進む方法が思い付きません・・・ どこかで選択肢を間違ったようです・・・ピンチです 「 ̄_ ̄ i) ど~しょ~ To be continued

      テーマ:
  • 15 Jun
    • 第158話 それから・・・宮古島トライアスロン 果てしなく遠いフィニッシュライン

      最終ステージは42.195kmのランです、コースの折り返しを回って残り21kmですが・・・ 夕日が地平線に沈み、周囲が黄昏てきました・・・・ しかし沿道の応援は、熱く続いています 繁華街のハイビスカス通りでは、祭りの縁日に様に屋台や提灯のイルミネーションが幻想的です 応援もすごいので、疲れを忘れ走り抜けられます・・・・ この応援がずっと続けば良いのにな~ ここをシャアで走り抜けたいです 陸上競技場の方角で花火が打ち上がります・・・・タイムアップの花火? 時間切れ・・・か? しかし時計は19;30です・・・・ 終了1時間前にも花火が上がるみたいです ( ̄□ ̄;)!! ドッキドキです たくさんの応援に疲れを忘れ元気が出ました ラスト10kmは1時間で走ることができました 遠くに見えていた宮古島陸上競技場の照明が近づいてきました 「ワイド~!」、「がんばれ~!」だった声援は「お帰り~なさい!」に代わりました 陸上競技場のゲートからトラックに入ります 伊良部長距離会のメンバーが迎えてくれました 宮古島トライアスロンに出場できたのもここまで来られたのも 伊良部長距離会の皆さんのおかげです、本当にお世話になりました トラックを回ってフィニッシュします、ナンバーカードが無いので写真も無しですが・・ ゴールの余韻にちょっと浸ってから、預けていたトランジットバッグを引き取りに行きます ナンバーを伝えるとボランティアさんがバッグを持ってきてくれます 白赤緑の3つと透明ビニール袋・・・・全部で4つありました 会いたかったぜ・・・トランジットバッグスイム終了後用(白) 透明ビニール袋には私のウエットスーツが入っていました トランジットバッグが無いので、スタッフの方が梱包して送ってくださいました 行方不明だったトランジット(白)には、何故か私の物ではないウエットスーツが入っています ウエットスーツの他にはゴーグルとスイムキャップがありました スイムキャップは大会が支給してくれるものです ナンバーが刻印されています・・・(このナンバーは私のですが) 早速、犯人探しです・・・・私の番号と似た番号で、随分早いタイムでフィニッシュした選手でした 私の物ではないウエットスーツは理由を説明して大会本部へ預けます たぶん持ち主の元へ返してくれたと思います トランジットバッグを間違って持って行ってしまうトラブルは、毎回よくある事なのだそうです 私は失格にもならず完走できたので、今回はこれで良しとします ほどなく、大会終了の花火が陸上競技場に上がりました 陸上競技場で花火を見ることができて良かった・・・ ランコースの途中でで虚しく見上げる花火じゃなくて・・・・ To be continued

      2
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 第157話 それから・・・宮古島トライアスロン ラスト42.195km

      バイクフィニッシュしてトランジットエリアに向かいます、トランジットバッグは残っているでしょうか? バイク終了後用のトランジットバッグには、ランニングシューズ、帽子を入れました トランジットバッグが無ければ裸足で走る覚悟です・・・ ヾ(。`Д´。)ノ 裸足上等 裸足のランナーはフルマラソンでも100kmマラソンでもよく見かけるようになりました 果たして・・・・・・バッグはボランティアさんが普通に持ってきてくれました ホッと一安心する反面、なぜ残っている?という気持ちもありました・・・疑心暗鬼です 関門時間も残り少なくなってきました、ランニングシューズに履き替えて さっさとランスタートしなければです・・・・しかし トランジットバッグをどこに預けるのかよく分かりません、トランジットエリアの外に出たり入ったりして また会場内を徘徊します・・・(°Д°;≡°Д°;) このバッグどうすれば???どこに預ける??? 結局ボランティアさんに返却してお願いしました、ロスタイム更に追加です いよいよラストステージですが、すでに脚が動きません・・・ ( ̄Д ̄;; 走れへん 100kmマラソンの80kmの感じです・・・ノロノロと進んで行くしかありませんでした 登り坂とか辛くなってくると歩きが入ります、しかし沿道の応援がすごいので頑張れます 1つ厄介なことが・・・ 私はナンバーカード無しでコースにいるので、関門ごとに止められます 「ナンバーは?」と聞かれるので、毎回「トランジットバッグごと紛失です」と返答です 一見、もぐりで紛れ込んでいる不審者とも見えるので仕方ありません ヽ(;´ω`)ノ 怪しくないです 一応、リストバンドと上腕にナンバーがあるので、ちょっとのやりとりで放免してもらえますが・・・ ランコースの折り返しまで来られました、不思議と脚が復活してきました 太陽もだいぶん傾いてきました、残り21kmです・・・ 沿道の応援もたくさんもらえます・・「あの人ゼッケン無いね」って・・・知ってるよ~ 応援には、ついつい敬礼で応えます・・・「あれ?もしかしてシャア?」と言われニンマリです 仮装のシャアを知っているとは、いつも応援されている方なのでしょうか・・m(_ _ )m ありがとうございます やがて夕日が地平線に沈んで行きます・・・・・時間は?間に合うのか? To be continued

      テーマ:
  • 11 Jun
    • 第156話 それから・・・宮古島トライアスロン バイクスタートしました

      スイム終了後、トランジットバッグが行方不明になりナンバーカードが無いため 失格の危機に瀕しています、スイムも時間終了となりタイムアウトでリタイヤを覚悟しました 危機一髪、幸いな事にスタッフの方に本部には連絡しておくからバイクをスタートしなさいと GOサインを頂きました・・・感謝です ━━━(゚∀゚)━━━!!! ありがとう 他の参加者のブログにはバイクの途中で激しい雨が降ってきたようですが 私がバイクをスタートさせた頃にはもう雨は上がっていました しかし路面はウエット状態で油断できません 私は練習で路面が濡れた状態で走ったことがないので、スリップダウンが恐怖です しかしほとんど最下位からのスタートなので、ペースを上げなければ関門通過が危うくなります・・・ 落車上等・・・できる限り攻めて走ります ((((((ノ゚⊿゚)ノ べんが~べんが~! 補給食が行方不明なのでスポーツようかんとエイドのバナナおにぎりでエネルギーを 補給します、エイドボランティアが走りながら食料をボトルを渡してくれます・・・ありがとう バイクジャージが行方不明なのでお尻クッション無しでサドルにまたがりペダルを回し続けます 難所といわれる伊良部大橋に来ました、ここは強風とウエットで滑りやすい路面で転倒と落車 が多発の注意ポイントと言われます・・・・ まさか、本当に風で振られ橋上のつなぎ目でタイヤがヌルッと滑りました・・((>д<)) ぎゃ~~~ ドッキドッキハラハラで伊良部大橋をクリアーです 伊良部島では多くの知り合いがボランティアで誘導をしてくれています 昨年の大会で私もボランティアに参加して選手にあこがれ そして、今回選手として参加できた自分がいます   前回大会、伊良部大橋でボランティア中の私・・・・ 知り合いを確認する度に大声でアピールして声援に応えます ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ イェ~~イ 本当に楽しい区間でした・・・ありがとう伊良部島 残りの120kmはず~~と苦行です 快適クッション付きバイクパンツが使えなかったのがこたえます そして快適装備なしでも、なんとか持ちこたえることができました やがてバイクも遂にフィニッシュです、バイクを押してトランジットエリアへ向かいます 果たしてバイク終了後用トランジットバッグ(赤)は残っているのか? To be continued

      テーマ:
  • 09 Jun
    • 第155話 それから・・・宮古島トライアスロン 消えたトランジットバッグ

      へろへろになりながらスイムを終える事ができました さっさと着替えてバイクをスタートしたいところです ところが私のトランジットバッグが見つかりません・・・(°Д°;≡°Д°;) ない・ない・・トランジットバッグ またまたトラブル発生です   行方不明のトランジットバッグ(白)さん・・・・情報求む   トランジトエリアに残っているバッグを全部見ましたが・・・有りません 更衣室・・・有りません バイクエリアも探してみます・・・有りません スイム会場とバイクエリアをうろうろとトランジットバッグ探して何度も行ったり来たりです・・・ ウエットスーツを抱えてうろうろしているオッサンを見かねてトランジットエリアのスタッフも 探してくれましたが・・・やはり見つかりません トランジットバッグにはバイクパートで使う用品を入れておいて 着替え終わったらウエットスーツを入れてゴールの陸上競技場へトラックに預けて 陸送してくれるのですが、トラックに積んだ分はもう降ろせないとのことでした 私のバッグにはバイクジャージ・グローブ・補給食・ナンバーカードが入ってました 大会規約でナンバーカード未装着は失格・・・とあります 第27条   スイムフィニッシュから30分ほど探しましたが見つかりません スイムのタイムアップが放送されています まだ泳いでいる選手はいるのでしょうか? 背泳ぎの選手はどうなったかな? 時間切れのようなので、レースの続行をここであきらめました・・・(_ _。) アカン もうほとんどの選手はバイクをスタートしたようです・・・ エリアに残っている人達はリタイヤなのでしょうか?休憩なのでしょうか? バイクエリアのスタッフに声をかけられます・・・「リタイヤですか?」 「トランジットバッグが行方不明です、ナンバーカードがありません」 と返答しました すると、「もし、バイクがスタートできるなら行きなさい」とのことです 大会本部にも連絡しておくからとのことでありがたくスタートさせてもらいました 幸いなことにヘルメットとシューズとボトルとスポーツようかんはバイクに装備してました タイヤの空気圧も大丈夫な感じです・・・・行けます 装備は最低限になってしまいましたが・・・ レースを続けられることに ”感謝”です・・・・(*^o^*)/~ ありがとうございます そうして雨上がりのバイクコースへスタートすることができました 「イッテラッシャ~~イ」と応援してくれる沿道の人々に 小さな声で「アムロ、行きま~す」と敬礼して応えました (。・ω・)ノ゙ アムロ・・・・あなたならできるわ To be continued

      テーマ:
  • 07 Jun
    • 第154話 それから・・・宮古島トライアスロン スイムスタート

      宮古島トライアスロンのスイムが始まりました・・・ いきなりですが・・・ 言い訳から入ります 4月に引っ越した私は、3月の中旬から引っ越し準備に追われて練習がおろそかでした 引っ越し後は伊良部島にバイクとウエットスーツを置いて行ったため 引っ越してからスイム・バイクの練習をしてません すなわち、1カ月ぶりのスイムです・・・50m位で息が上がります (((゜д゜;))) 苦しい~~ 過呼吸ぎみになり息継ぎが上手くできなくなりました、いきなりピンチです・・・ヾ( ̄0 ̄;ノ溺れる~ かなりキツイので仰向けになり休憩です・・・ちょっとリタイヤを考えました スタートから100mぐらいで休憩してる選手なんて・・・ 周囲を見ると何人かいるので、???と不思議な気持ちでした 背泳ぎの人もいます・・・ ボートが近づいてきました・・・「大丈夫ですか? リタイヤしますか?」と聞かれます 「ちょっと休憩です!」と元気に返答です 1分位ラッコになっていたら落ち着いてきたので、恐る恐るクロールです・・・・ なんとか行けそうです・・・ この時、もしかして好成績が出せるかも・・・という気持ちは単なる思い上がりだったと知りました とにかく行けるところまで頑張るしかありません・・・まず完泳が目標となりました 宮古島の与那覇前浜の海は透明度が高く、海底の魚やダイバーが見えます 泳ぎながら海底の様子を眺める余裕がでてきました 順位が後方なので周囲は空いていて、他の選手との接触もほとんど有りません スイムフィニッシュに向けて泳ぎ続けます・・・((((((ノ゚⊿゚)ノお・泳げるぞ~ 突然 ”ガン!!” と顔に衝撃がきました、ゴーグルがずれて海水が目にしみます 最初、誰かに殴られたと思い、顔を上げて周囲を確認します なんと私にアタックしてきた相手はコースロープでした・・・Σ(=°ω°=;ノ)ノ ”ガンッ!”て結構な衝撃 この後、こいつには3回ほどアタックくらいました(自分でロープにぶつかっているのですが) スイムも2500mが過ぎフィニッシュできそうです・・・残り500mです 追い潮のハズですが余り進まない感じがします 波に揺られ続けているので酔ってきました 。(´д`lll) ・・・気持ち悪い・・・ そうして、なんとか浜辺に流れ着く事ができました 波打ち際で立ち上がろうとしますが、波に翻弄され立ち上がれません ややしばらく波打ち際でころがされていました しかし、やっとなんとか立ち上がりシャワーへ向かいます 以前、伊良部トライアスロンでウエットスーツを脱がずシャワーを浴びる失敗をしているので 忘れずにウエットスーツ脱ぎにかかりますが・・・ 脱げやしません、もがきながら引き抜きます・・・攣りそうになります しっかりシャワーも浴びれました・・・いっぱい浴びたのでロスタイム追加です 次はトランジットバッグを取って着替えですが・・・・ トランジットにあるはずバッグ(トランジットバッグ白スイム後用)が見当たりません ・・・事件です・・・Σ(・ω・;||| To be continued

      4
      テーマ:
  • 05 Jun
    • 第153話 それから・・・宮古島トライアスロン スタート3時間前

      熊本県地震で混乱が有りましたが、宮古島トライアスロンへの参加ができそうです スイム競技が行われる東急リゾートへ夜明け前に向かいます 会場の周辺は、すでに渋滞となっています、会場の周辺は独特の雰囲気となっていて 気持ちが高ぶってきます・・・・ 会場に入って最終エントリーをしました、リストバンドのQRコードを読み取り 上腕にナンバーを書き込んでもらいます・・・( ̄ー ̄)俺ってトライアスラ~って気分です いよいよだな~・・・ トランジットゾーンでバイクの準備を進めます ボトルに水とスポーツ飲料入れ、スポーツようかんとアミノバイタルをハンドルバッグや ホルダーに装着します、そしてタイヤに空気を入れます しかし、ここでトラブル発生・・・リアタイヤに空気が入れられません・・・バルブがイカレたようです 前日は空気入れられたのに~・・・ 空気を抜く事も入れることもできません ここでスペアのチューブを使ってしまおうか・・・・ (°Д°;≡°Д°;) ア・アカン 空気抜けなきゃ交換できないでしょ・・・( ̄□ ̄;)!! ど~しょ~ タイヤには前日に入れた空気がまだしっかり入っている感触です 周囲の人たちも、これぐらいなら行けるよ~とか言ってくれます (;´Д`)ノ ホ・ホントに~ よく分かりませんが・・・信じてそういう事にしておきます (@ ̄Д ̄@;) 大丈夫」きっと ペダルにシューズを装着して、ヘルメットをハンドルに掛けてバイクの準備を終えます トランジットバッグは3つ、スイム終了後を所定の位置に置きます バイク終了時とラン終了時用をトラックに載せて、ゴールの宮古島陸上競技場へ送りました ウエットスーツを着てキャップとゴーグルを準備して、スタート時刻の7:00を待ちます 海に入って少し泳いでみます、波も穏やかで天候は曇り水温も適温です やがて7:00・・・スタートの号砲 、「ワイドーワイドー戻って来いよ~!」と叫ぶDJ 一斉に高まるヘリコプターと船舶のエンジン音 応援の拍手と声援の送られ (*^o^*)/~ (*^o^)乂(^-^*) イッテラッシャ~~イ ワイド~~!! 沖をめざして泳ぐ選手達の水しぶきが続いています 私は、後方でコースが空き始めてから海に入りました・・・・ ヽ(;´ω`)ノ ど~~しょ 始まっちゃったよ・・・ To be continued

      テーマ:
  • 02 Jun
    • 第152話 それから・・・宮古島トライアスロンまであと1日

      4月16日です、宮古島トライアスロンまであと1日となりました 今日は、バイクのスタート地点の東急リゾートホテルにバイクを置きに行きます バイクの運搬や会場への送迎を カサ・デ・アマカのオーナー”ラテオジさん”に全面的に サポートして頂きました、本当に助かりました。 バイクで自走して会場入りする競技者も多いです バイク委託は13:00からなので、バイクの点検や昼食を済ませておきます 昼食のために入った食堂のテレビで 熊本県で2回目の震度7の地震が発生していた事を知りました カサ・デ・アマカは島の時間をのんびりと楽しむというコンセプトの宿なので テレビがありません・・・ この時まで熊本県での惨事を知りませんでした 家族に連絡してみましたが携帯はつながりません 家族からの連絡も来ないので 熊本からの発信もできないのでしょう この時点で、熊本の家族のもとへ帰った方が良いのでは?という話もありましたが 熊本県の交通網は飛行場・電車・新幹線・高速道路が止まっています 状況を見ると、今は熊本にはたどり着けそうもありません・・・ ここまで来たら焦ってもしようがないので、もうトライアスロンに出ることにして バイクを委託してきました 後は明日の準備を進めるだけです・・・ 3つのトランジットバッグに必要なものを忘れないように 夜に家族に連絡がつき無事が確認できました・・・ 就寝は11時ごろ、4時間は寝られたと思います 最終受付は朝5時から6時15分です 夜明け前の4時30分に東急リゾートホテルに向けカサ・デ・アマカを出発しました To be continued

      2
      テーマ:
  • 31 May
    • 第151話 それから・・・宮古島トライアスロンまであと2日

      4月14日の熊本地震前震により、交通機関が混乱しています しかし、4月15日には道路や熊本空港は機能していて被害もまだ少ない方でした 定刻1時間遅れでも那覇行きの飛行機は熊本空港を離陸してくれました 航空機さえ飛んでくれれば、なんとかなります・・・ 数時間後には宮古島空港に到着できました,そのまま受付会場の宮古島総合体育館へ向かいます 地震で動揺しているのでしようか・・・・ カメラやビデオを忘れてきたようです なので・・トライアスロンの様子の画像はありません・・・・ m(_ _ )m な、無いカメラが・・・ マラソン大会ならば、ナンバーカード引き換えハガキが送られてきますが 宮古島トライアスロンではストロングマンテキストとナンバー通知しか来ないので不安でした とりあえず受付に行き名乗ってみます、すると選手名簿で写真照合してエントリーとなりました 事前の顔写真はここで使われるのでした 後で知ったのですが、この写真とエントリー時の自己PRが宮古島の新聞に地元選手紹介で 掲載されていました・・・・そうと知っていれば、もっとマシな画像と自己PRを送ったのに・・・ ここでGRコードとナンバー、氏名の記入されたリストバンドを装着してもらいます リストバンドはレースが終わるまで外しません この後、開会式、競技説明会、ワイドーパーティがあったのですが 時間がかかりそうなのでパスして伊良部島の宿カサ・デ・アマカへ向かいました カサ・デ・アマカではトライアスロン前前夜祭でお好み焼きパーティで、もてなしてもらいました お腹いっぱいカーボンローディング完了です 翌日はスイム競技でバイクのスタート地点の東急リゾートへバイク委託です バイクの点検をしてその夜は、ハンモックで熟睡となりました (@ ̄ρ ̄@)zzzz ハンモック良い感じです To be continued

      テーマ:
  • 29 May
    • 第150話 それから・・・2週間

      クースードナンからソロモンに来て2週間が過ぎ、引っ越しの荷物もあらかた片付きました 宮古島トライアスロンは大会は4月17日ですが、前々日の15日に選手登録の受付があります 私は4月15日に熊本空港から宮古島へ飛び 、宮古島空港から受付会場の 宮古島市総合体育館に行き受付をする計画でした 4月14日は宮古島へ渡るための準備です、バイク、ウエットスーツ、ヘルメット、シューズ 予備のチューブや工具は伊良部島のハンモックの宿”カサ・デ・アマカ”に預けてあるので 荷物は着替えをリックに詰め込むだけです、身軽に移動できるのがありがたいです 準備もだいたい終わり、のんびりとくつろいでいた21時26分・・・ テレビ画面にアラート音と共に地震です、強い揺れに注意とかのメッセージが表示されています 漠然と「あ~どこかで地震だ~」、「どこだろう?」とテレビを眺めます 携帯までもが地震ですと鳴りだしました・・・ テレビの地震メッセージの該当地域が自分の居るココだと理解した時には ド~ン!!ズバババ! 今まで経験したことが無い強烈な揺れが始まっていました ( ̄□ ̄;)!!地震はここだったのか~~! 照明器具が揺れ天井に当たりますコードが切れて落下しそうです、テレビは転倒防止コードで 壁に当たりながら持ちこたえています、キッチン方面ではガシャガシャバリーンと大音響です タンスがバッカーンと倒れました、冷蔵庫は倒れませんでしたが位置が2m位ずれています 近所では叫び声と悲鳴が・・・・\(゜□゜)/ぎゃぁぁぁぁぁぁ~~! ・・・・どうかご無事で・・・・ この時、もうすでに片付けのことを考えていました・・・(@ ̄Д ̄@;)引っ越し終わったばかりなのに 揺れは1分?ぐらいでしょうか、随分長く感じました ・・・ マジでビビリました( ゚ ▽ ゚ ;) こえ~ 震度6とのことです・・・ ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ なすすべ無し テーブルの上のペットボトルだけが何事も無かったように立っていたのが不思議です・・・ 10分毎に余震が来ます・・・ 救急車、消防車のサイレンが鳴りやみません そんな中、タンスを起こし割れた食器を片付けをしました 電気、水道は問題ありません ガスはメーターのボタンを押したら復活しました、インターネットもいけます 余震が続きますが、気になるのは明日の那覇行きの飛行機です 4月15日に宮古島に行けなければ、トライアスロンは出られません・・・ とりあえず、今日のところは寝ることにしましたが、余震が続き余り眠れませんでした 翌朝になり・・・・ テレビやネットの情報では熊本空港発の飛行機は始発から8便欠航となっています どうなるか判りませんが、熊本空港へ向かいました(;´Д`)ノ がんばれ熊本空港 この時は、道路はあまりダメージも無く、空港ビルも1部天井が崩れた位で 私が予約していた飛行機は1時間遅れで無事沖縄に向け離陸できたのでした(^▽^;)飛んだ~ To be continued

      2
      テーマ:
  • 27 May
    • 第149話 それから・・・

      前回、ブログを更新してから2ヶ月・・・・ いろんな事柄に翻弄された2ヶ月だったように感じます・・・ そんな2ヶ月間の出来事を書いてみます。 前回は、引っ越しの荷物がかたづかね~間に合わね~といったところを載せました   引っ越し前日からの突貫徹夜作業でなんとか荷物をまとめ送ることができました・・・ 翌日には、2年前の決意の通り橋を渡ってクースードナンを後にします   スマートな気持ちで、さよならをしたかったのですが・・・ 当日は引っ越しに間に合わなかった荷物をユーパックで送ったり、スケジュールがキツキツで ドタバタ、ドタバタと感傷に浸る暇も無しです・・・ (^-^)ノ~~ さらばクースードナン しかも・・・2週間後の4月17日はトライアスロン宮古島大会で・・・私は宮古島に再び 戻る予定となっているのでした・・・・(・_・ 三・_・) 行ったり来たり 次の赴任先は ソロモン・・・くまモンをもじってみました。 くまモンと言えば熊本県・・・温泉が楽しみです。 よろしく、ソロモン。 To be continued

      テーマ:
  • 27 Mar
    • 第148話 あと21日

      宮古島トライアスロン大会まで、あと21日となりました トライアスロンのトレーニングでしょうか? 多くのロードバイクやランナーが走っています 私もトライアスロンに向けてトレーニングに行きたいところですが 私の家の中はダンボールやら荷物が散乱し積み上がって大混乱となっています トレーニングどころではありません・・・ ( ̄□ ̄;)!! なんじゃこりゃ~ 引っ越しじゃ~ かたづかね~!! 思い返せば2年前、クースードナンへは宮古島から船に乗って渡ってきました この時、帰還する時には、この先完成する橋を渡って帰ると決めました そしてクースードナンに渡った私は、島の運動会で走り、マスターズ駅伝で走り エコマラソン、ワイドーマラソン、ロマン海道で走り カニやねずみと闘い やがてトライアスロンを知りました・・・ そうしている内に橋も完成」してしまい、夢の時間が終わりを迎えます・・・ Σ(・ω・ノ)ノ!終わりたくない ガジュマルの木が語りかけてきます・・「ココヲ通り抜ケレバ現実ノ世界へ戻モドレマス・・・」 「いいえ、私は橋を渡って帰ります」 ・・・・ もう、ファンタジーも終わりの時間です 修羅の島に渡ってから2年が過ぎ、いよいよ南の楽園クースードナンを離れる時が来てしまいました・・・・ 伊良部島の皆様、長距離会の皆様、お世話になりました・・・たんでぃが~たんでぃ(ありがとうございます) また、トライアスロン大会でお会いしましょう さてさて、次の赴任先は・・・・ ソロモン (くまもん) 温泉が楽しみなんです・・・ adios amigos

      テーマ:
  • 20 Mar
    • 第147話 第17回ロマン海道伊良部島マラソン

      1月に宮古島ワイドーマラソンに参加してから2か月、マラソン大会に出ていませんでしたが 今日やっとマラソン大会に参加できました・・・ 第17回ロマン海道伊良部島マラソン・・・例年より1か月遅れでの開催です 好天に恵まれ、気温は25℃ぐらいでしょうか、久々に伊良部ブルーの海が見られました コースは23.0kmです 昨年の私の記録は、1時間50分 12位でした・・・ 今回は10位以内をめざします・・・・ ・・・ 1時間53分 16位でした・・・ 残念・・・昨年を超えられませんでした・・・ 自分越えはまた来年ですね・・・ (*´Д`)=з 衰え?・・ ↑ 相変わらず、何の大会なのか分からないショットです。 第17回ロマン海道伊良部島マラソン ・・・・ 終劇 j

      テーマ:
  • 18 Mar
    • 第146話 ストロングマンテキスト

      宮古島トライアスロン開催まであと1か月となりました・・・ エコマラソン、ワイドーマラソンとは別格の扱いです・・・・ 郵便受けに実行委員会より大き目の封筒が送られて来ました 早くもレースナンバーの引換証が送られてきたのかと思い開封してみます 中身はレースナンバー通知書とストロングマンテキストでした ストロングマンテキスト・・・? 表紙には、” これを読めばあなたもストロングマンだ~!” とか書いてあります これさえ読めばフルマラソンもサブ3できる! みたいな文面です ( ̄ー ̄; うーんインチキくせ~・・・ さっそく喰いつき読んでみます・・・・大会規約、注意事項、タイムスケジュ-ル、コース図、等でした さささっと目を通しました・・・・・ 仮装禁止との記述は無いようです・・・Oo。。( ̄¬ ̄*) 仮装は可かな・・フフッ さてさて、今日の宮古島は最高気温25℃位です・・・・ しばらくぶりに海で泳いでみます・・・・快適~~~に泳げます ~~(*´Д`)=з さむくない~ たっぷり1時間30分海に浸かりました・・・・ 距離2.2km ( ̄_ ̄ i) これって制限時間に間に合わないんじゃ・・・? 使徒襲来ぽく見えるノーマルスーツ 残り1か月・・・ あがくしかないようです \(*`∧´)/間に合うのか自分! To be continued

      6
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 第145話 伊良部大橋ウォーキング大会

      宮古島と伊良部島をつなぐ伊良部大橋開通1周年記念行事のウォーキング大会が開催されたので 参加してきました スタート時の画像ですが・・・ここがどこなのか?、何をしているのか? まるで分らない画像になってしまいました・・・ 大会は橋の手前のトゥーリバ広場から伊良部大橋を渡る5kmコースです 開会式には水前寺清子さんをゲストに呼ぶという大盤振る舞いです お約束の365歩のマーチを唄ってました、「 3歩進んで2歩さがる~🎶 」 伊良部大橋は、宮古島エコマラソン大会とワイドーマラソンの2回走っていますが その時は爆風吹き荒れていて、本当に3歩走って2歩吹き戻されるといった感じでした さて今回はというと・・・・やはり爆風吹き荒れです・・・ 子供が「もう歩けない・・・(。>0<。)」とグズります・・・。(´□`。) 歩けボケ~ グズる子供をおだてまくり・・・おだてまくり・・・おだてまくって・・・やっと橋の半分までたどり着きました ここから先は秘密兵器・・・・チョコボールをチラ見させて「坂の上まで行ったら休憩」とか言って 休み休み進んで行きます・・・チョコボールが無くなるころ橋を渡り切りゴールできました 秘密兵器・・・ ゴールでは、お汁粉を振舞っています・・・サプライズだったのでありがたかったです これでウォーキング大会は終了ですが・・・・・またトゥリバーの駐車場まで戻らなければなりません 車は海の向こうです・・・ シャトルバスを期待してましたが・・・ゲストが大物歌手だったので予算が出なかったようです 他の参加者は、歩いたり走ったり、迎えの車で復路を帰って行きましたが 子供を復路5kmを歩かせるためのチョコボールは打ち尽くしてしまいました・・・( ̄_ ̄ i)玉切れ 結局タクシーに乗って宮古島に戻ることとなりました・・・・・ 今日、伊良部大橋を渡って宮古島に行ってきましたが、トゥーリバーが立ち入り禁止になっていて トゥーリバー広場駐車場・・・パトリオットPAC3が配備です 昨日も、携帯や地域のスピーカーでミサイル警報や屋内に入ってくださいとか騒然としていましたが 危機感を感じることはありませんでした・・・ 地対空ミサイルの実戦配備やミサイル注意報やテポドンが頭上を飛んでも なんだかシュールな感じです・・・・ 平和ボケってヤバイです クースードナン地区、使徒襲来警報発令・・・終劇

      6
      テーマ:
  • 19 Jan
    • 第144話 第26回宮古島ワイドーマラソン あ~あ~川の流れのよ~に♪

      46.5kmの中間エイド(50kmと思っていたのですが46.5km地点でした)まで 雨もほとんど降ることもなく、何とかたどり着きました 午前中は降らない気がしていたので雨がっぱは中間エイド預かりにしていました 「さ~昼飯~」 と思ったとたん土砂降りが始まってしまいました コーラのコップにぜんざいのお椀に雨が降り注ぎます 「あ~~給食のメロンパンが水を吸って膨らんでゆく~」 でも食べないと体力がもたないので みずみずしいメロンバンも頂きます、あったかぜんざいを冷めないうちに急いで頂き 体も温まったので出発することにしました 一瞬、雨が弱まりレインウェア無しで行けるかなと思いましたが 「ウルトラマラソンは低体温症に気をつけろ」 のアドバイスを思い出し レインウェア装着完了、残り53.5kmに向け出発です もし20分早く中間エイドに到着していたなら、まだ降っていなかったのでこのまま行けると判断し レインウェア無しで出発したと思います、今回は幸運に恵まれています エイドを出発して間もなく雨が本降りとなりました このあと宮古島は、昼頃から夕方まで大雨警報が発表されたのでした・・・ 今回の作戦は、前半省エネ走法で体力を温存し、後半に逆襲のつもりでした ところが何ということでしょう、55km地点から足が止まり歩きになってしまいます エネルギー切れハンガーノック? いいえ前日からガッツリ食べています 雨で心が折れた? 走れないほどのダメージも無いのに力が出ません 「諦めたら試合終了」なので、とりあえず歩きで先に進みます このまま歩きで間に合うかな~と残り時間、残り距離を計算していると 追いついてきたランナーに声をかけられました 「もうあきらめたの?」って リアルまもるくん・・・・このコスプレランナーでした 同じ仮装ランナーとして意地を見せる時が来たようです まずゆっくり走ってみます・・・・ するとどうでしょう走れるじゃあ~りませんか! 55km~65km地点までの10km」を歩いていたので休養充分です 80km地点の関門まで、道路は川のように流れ、池のように冠水した水たまりを走り抜けます ウエットスーツ着た方が合っている気がします ヽ(;´Д`)ノ泳ぐぜ~ 75km地点の東平安名崎では暴風雨です、レインウェアを持たないランナーは突破できるのか? 私は・・・雨がっぱ効果で防風防寒バッチリで行けます (o*゜∇゜)o~♪さむくない~ やがて16:00になりました 残り20km 制限時間は19:00 残り時間3時間です がんばれば間に合うポジションにいます・・・ がんばれればです・・・ ヽ(;´Д`)ノ間に合え そして 残り1kmになり競技場に照明の輝きが見えます・・・・やっと帰れました フィニッシュ・・・ 19時5分36秒 タイム14時間5分36秒 制限時間は19:00までなので 時間切れか~ ( ̄□ ̄;)!!マジか と思っていたらゴールでスタッフが、「安心してください・・・・履いてますよ」 と??? なんでも、今大会は悪天候を考慮して制限タイム19:20まで 20分延長になったとのことでした 403位/707人中 完走者421人 完走率60.39%でした 今回は、低体温対策や後半走れるきかっけを作ってもらったり、制限時間延長となって なんとか完走となりました、幸運に救われた大会でした 今回のワイドーマラソンは昨年の大会にに比べて大苦戦でした、もちろん練習不足なのですが 前半省エネ走法なんて守りに入った作戦だったのが敗因と思います 昨年の大会はチャレンジャーなんだから自滅上等といった思いでガンガン攻めていたと思います 守りに入っちゃ・・・・ Σ\( ̄ー ̄;) おしめ~よ 暴風雨の中、水やコーラが入った給水コップを根こそぎ吹き飛ばされながらエイドを守っていた ボランティアの皆さん、誘導員、応援の皆さん、様々にかかわってくれた皆さん お疲れ様でした、ありがとう。 感謝の気持ちを込めて 第26回宮古島ワイドーマラソン 終劇 追記・・・他のブロガーさんのブログを閲覧していたら、第26回宮古島ワイドーマラソン100kmは 誘導ミスで102kmだったらしい、だから20分の時間延長なんだって・・・Σ(・ω・ノ)ノ!ビックリ ね、楽しそうでしょ、宮古島ワイドーマラソン・・・・お薦めします。

      4
      テーマ:

プロフィール

サイド3・TC

性別:
男性
誕生日:
宇宙世紀0059・11・17
血液型:
A型
自己紹介:
認めたくないものだな、自分自身の若さゆえ(おっさんだけど)の過ちという物を。 私が、マスクをしてい...

続きを見る >

読者になる

AD

最近のコメント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。