シチリアを旅するなら。。。

日本では手に入りにくい、シチリアの現地情報満載でお届けしています。
現地オプショナルツアー、シチリア家庭料理教室のご案内など。
旅の予定がある方も、シチリアの雰囲気を味わいたいだけの方も、ぜひお立ち寄りください。。。


テーマ:

昨日もお伝えしました、イタリア、トスカーナ地方沿岸で起きた地中海クルーズ船コスタ・コンコルディアの座礁。

6名の死者、16人の行方不明者、多数のけが人がでる大惨事に。

現在、行方不明者の捜索が続けられるともに、船内に蓄積されている2000トンもの重油の環境への影響が懸念されているところ。


シチリアを旅するなら。。。

事故のいきさつはこうです。

ローマ近郊の港チビタベッキアを7時半だったかな?に、乗員乗客含め4000人を乗せたコンコルディアが北に向って出航しました。


9時40分、トスカーナ沿岸のトスカーノ群島に差し掛かりました。この付近はせり出た岬といくつかの島の間を通過する運行上注意のいる地点でした。

事故はアルジェンターリオ岬とジリオ島の間を通り抜ける際におきました。

岬と島の間は7マイル、9000メートルほど。通常ルート、岬と島の間の真ん中、各岸から4500メートル離れたところを通っていれば、何の問題もなく通過するところです。

なのに、コンコルディアは

ジリオ島からたった150メートル離れたところにある岩にぶつかったのです。

船腹は70メートルもえぐられて、10分後には船内下部に浸水しています。


この岩にぶつかった時点で、乗客は振動を感じ、レストランの皿はおち、その後、何度か電気がついたり消えたりを繰り返し、パニックとなります。

それに際し、乗員の説明は「ただの停電、おちついて」。


22時08分、乗客から船内の異常を訴える電話を受け取った家族が、警察に連絡。その警察からコンコルディアに確認の電話が入ります。

それに対して、「何の問題もありません。単なる停電です」と答えています。

22時30分に、船は20度も傾き

22時50分、船から逃げるようアナウスがながれます。

その後、避難用の小船での脱出が始まります。船に乗れず、海に飛び込んで逃げた方もあるようです。

乗員のほとんどは、フィリピン人などで、客の大半だったイタリア人には言葉が通じず、大分混乱したようです。

それでも、乗員乗客のほとんどはジリオ島に避難することができました。


昨日は、あまりのショックが怒りになって、ブログも加熱しちゃいました。

昨日の時点での我が家の勝手な推察はこうでした。

「これは計画的犯行に違いない!保険金目当てに船の座礁事故を偽装した」

「保険金目当てじゃないにしても、船長がわざと船を転覆しようとした」

というところでした。(ミステリーの読みすぎちゃう?と思われる方も多いでしょう・・)


今日、事故後3日目にして、初の会社コスタの社長の記者会見がありまして、社長の顔を見たら、とりあえず、保険金目当て説は却下となりました。

社長はん、律儀そうな方でしたので・・・(そんな単純た判断でいいんかい?)


ということで、現段階での事故原因は”船長の過失”

シチリアを旅するなら。。。


社長の会見の中で、記者が「船長に誤りを注進できるものはいなかったのか?」と質問すると、

社長は「船長は船長、船の中では、彼が指揮をとる」

ときっぱり答えてました。

”ひえ~”

私は嫌だな、こんなバカな船長といっしょに心中するのは・・


シチリアを旅するなら。。。

これはコンコルディアじゃないけど、こんな巨大な客船を、un pazzo(いかれた人・変人)がしきっちゃうなんて???

おそろしや~おそろしや~


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

YUMITOMOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。