★深発地震後に起きた大地震。


●深発地震は震源の深さが深い地震であるが、明確な定義はない。だいたい深さ60kmまでの地震を浅発地震、60kmから200kmまでの地震を稍(やや)深発地震、200km以深で発生する地震を深発地震という。ただし深発地震は670km以深では発生しない。




●2009年(平成21年)

①8月9日 東海道南方沖で地震 - Mj 6.8、深さ333km、
8月11日 駿河湾で地震 - Mj 6.5、 深さ23km


2010年(平成22年)

②11月30日 小笠原諸島西方沖で地震 - Mj 7.1、深さ490km


12月22日 父島近海で地震 - Mj 7.4深さ 10㎞


2011年(平成23年)

3月9日 三陸沖で地震 - Mj 7.3 深さ8㎞


3月11日14時46分頃 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) - Mw(モーメントマグニチュード) 9.0(Mj 8.4、日本の地震観測史上最大)。




③2007年7月16日 : 日本海 京都府沖(Mw6.8、深さ316km) - 同じ日には新潟県中越沖地震、{Mj 6.8(Mw 6.7)深さ 17km}も発生している。






●2003年(平成15年)

5月26日 三陸南地震(宮城県北部沖地震、東北地震) - Mj 7.0。太平洋プレート内の地震。

7月26日 宮城県北部地震 - Mj 6.4。

④7月27日 日本海北部で地震 - Mj 7.1、深さ487km。

9月26日 十勝沖地震 - Mj 8.0(Mw 8.3)、深さ 45km、この地震の震源付近では1952年3月4日にM8.2の十勝沖地震が発生している。

同日6時8分頃、十勝沖で地震 - Mj 7.1、深さ21km。十勝沖地震の余震。





●2000年(平成12年)

⑤1月28日 根室半島南東沖で深発地震 - Mj 7.0。

⑥3月28日 硫黄島近海で深発地震 - Mj 7.9、震源の深さ128km。

7月1日 8月18日 新島・神津島・三宅島近海で地震 - Mj 6.5が2回(7月1、30日)、Mj 6.3が1回(7月15日)、最大震度 6弱の地震を6回観測(7月1、9、15、30日に各1回、8月18日に2回)、死者1人。約1ヶ月後に三宅島が噴火。地震活動は6月26日から始まった。

8月6日 小笠原諸島西方沖で深発地震 - Mj 7.2、震源の深さ445km。

10月6日 鳥取県西部地震 - Mj 7.3、深さ 9km。





●1998年(平成10年)

4月20日 5月 伊豆半島東方沖で群発地震、最大 - Mj 5.7。

5月4日 石垣島南方沖地震 - Mj 7.7(旧Mj 7.6)。

⑦8月20日 小笠原諸島西方沖で深発地震 - Mj 7.1。

9月3日 岩手県内陸北部地震 - Mj 6.2(旧Mj 6.1)。



●1994年(平成6年)

⑧7月22日 日本海北部で地震 - Mj 7.3、深さ552km。

10月4日 北海道東方沖地震 - Mj 8.2(旧M 8.1、Mw 8.3)、

10月9日 北海道東方沖で地震 - Mj 7.3、東方沖地震の最大余震。

12月28日 三陸はるか沖地震 - Mj 7.6(旧M 7.5)、

1995年(平成7年)

1月7日 岩手県沖で地震 - Mj 7.2、三陸はるか沖地震の最大余震。

1月17日 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災、阪神大震災) - Mj 7.3(旧Mj 7.2)、Mw 6.9、兵庫県南部で最大震度 7。





●1987年(昭和62年)

⑨5月7日 日本海北部で地震 - Mj 7.0、深さ463km。

12月17日 千葉県東方沖地震 - Mj 6.7、(関東における戦後初の被害地震)。





●1984年(昭和59年)

⑩1月1日 三重県南東沖で地震 - Mj 7.0、深さ388km。

⑪3月6日 鳥島近海で地震 - Mj 7.6、深さ452km。

8月7日 日向灘で地震 - Mj 7.1。

9月14日 長野県西部地震 - Mj 6.8。






●1978年(昭和53年)

1月14日 伊豆大島近海の地震 - Mj 7.0、伊豆大島と神奈川県横浜市で最大震度 5。

⑫3月7日 東海道南方沖で地震 - Mj 7.2、深さ440km、栃木県と千葉県で最大震度4。

6月12日 宮城県沖地震 - Mj 7.4、津波あり。





●1974年(昭和49年)

5月9日 伊豆半島沖地震 - Mj 6.8。

⑬11月13日 鳥島近海で地震 - Mj 7.3、深さ420km、福島県と千葉県で最大震度 4。

1975年(昭和50年)

6月10日 北海道東方沖で地震 - Mj 7.0(Mt7.9、Mw7.7)花咲港で95cmの津波を観測。

⑭6月29日 日本海西部で地震 - Mj 7.4、深さ600km。




●1968年(昭和43年)

⑮10月8日 小笠原諸島西方沖で地震 - Mj 7.4、深さ480km。

1969年(昭和44年)

8月12日 色丹島沖地震 - Mj 7.8(Mw 8.2)。

9月9日 岐阜県中部地震 - Mj 6.6。





●1955年(昭和30年)

⑯5月30日 硫黄島近海で地震 Mj 7.1(21時31分、深さ488km)、Mj 7.5(21時33分、600km)の地震が相次いで発生。

7月27日 徳島県南部で地震 - Mj 6.4。




●1931年(昭和6年)

⑰2月20日 日本海北部で地震 - Mj 7.2、深さ403km。

3月9日 三陸沖で地震 - Mj 7.2。

9月21日 西埼玉地震 - Mj 6.9。

11月2日 日向灘で地震、- Mj 7.1。

1932年(昭和7年)

⑱9月23日 日本海北部で地震 - Mj 7.1、深さ394km。

1933年(昭和8年)

3月3日 昭和三陸地震(三陸沖地震) - Mj 8.1(Mw 8.4)、大津波発生。(アウターライズ地震)




●2008年(平成20年)

5月8日 茨城県沖で地震 - Mj 7.0。午前1時45分に本震発生。同日には午前1時2分頃にMj 6.4、その14分後にもMj 6.3の地震発生。

6月14日 岩手・宮城内陸地震 - Mj 7.2(Mw 7.0)、一関西で観測された4,022ガルがギネス世界記録に認定


⑲7月24日 岩手県沿岸北部で地震 - Mj 6.8。震源の深さ108km。なお、岩手・宮城内陸地震との関連性は薄いとされている。

9月11日 十勝沖で地震 - Mj 7.1。





(1)深発地震(Μ7級以上)が発生すると、何処かで大地震、巨大地震が約1年間くらいまでには発生している。




(2)日本近海や内陸でやや大きい地震以上が多発すると深発地震がある。




(3)鳥島や小笠原周辺で深発地震があると、伊豆諸島や伊豆半島沖で地震がある。また、その逆のケースもある。



(4)2008年岩手県沿岸北部地震のやや深発地震から見ると、太平洋プレートが沈み込んで行く過程の中で、下へ押す圧力による力関係により放出されて地震が発生されたと考える。
そして、男鹿半島‐牡鹿半島構造線の岩手・宮城内陸地震での発生も、太平洋プレートが内陸へ押し出されていたため、限界に達したらから逆断層型地震が発生したと考える。
新潟県中越地震、新潟県中越沖地震も周辺のプレートの関係する応力、圧力、歪みなどで地震が発生したと考える。
ここから考えられることは、太平洋プレートの沈み込みが茨城沖から三陸北部まで時間をかけて限界に近づいたために東日本大震災が起こったと考える。




以上、地震歴史から見ると、深発地震が発生すると、国内で発生する可能性が非常に高いのである。
(私個人の解釈です)
AD