カルバートン・スミスの告白

ふたつ、不埒な悪行三昧……。


テーマ:

 

次なる一手を。

 

 

アップアップガールズ(仮)の黎明を振り返る。

 

アップアップガールズ(仮)は、2010年、ハロープロジェクトからアイドルを目指すハロプロエッグ出身者の七名によって結成されたアイドルユニットである。

 

だが、これは簡単に結成され、すんなりデビューできたユニットではない。

 

2010年から翌年にかけて、所属事務所であるアップフロントは、大幅なエッグメンバーの再構成を図った。呼称が「ハロプロエッグ」から「ハロプロ研修生」となり、メンバーも増えたが、同時に戦力外として放逐されるメンバーも少なくなかった。

 

アイドルとして、芸能人の仲間入りが出来る望みが全くなくなった彼女たちは、そのまま鬱々と一般人として生活していてた。

 

山田マネージャーは、このとき、彼女らを招集して新たなアイドルグループを独自の企画として仕立てあげたいと思っていた。

まずは、仙石みなみ・古川小夏・森咲樹・佐藤綾乃・関根梓・新井愛瞳の六人に招集をかけた。

仙石は、自分のために父親が地元・宮城での会社勤めを辞めて、慣れない東京に転勤してきたことを思うと、自分もアイドルの道を捨てて普通に暮らすとはとても言えなかった。

関根は、地元長野で親孝行して暮らすと約束していたのにもかかわらず、招集を受けてアイドルになりたい一心に東京に出たいといったが、親御さんの了解が得られなかった。それでも説得を続け、長野から新幹線で通うことになった。

新井も地元群馬から通うことを決め、勉強一切を怠ることなくアイドルを続けると約束した。

 

ここで2011年に結成されたのが「アップフロントガールズ(仮)」である。

 

それぞれのメンバーが、それぞれに己の理想を求めて終結したのだが、思うようには活動は出来なかった。

 

なにしろ、曲がない。

 

歌はハロプロの曲を歌うしかなかった。自分を追いだしたハロプロの曲を歌わされる状況は屈辱というしかなかった。メンバー同士ハエかつての仲間ではあったが、年は最年少と最年長の間は7歳と離れており、会話もかみ合わず、楽屋ではだれもが無言だったという。

 

同年五月、佐保明莉の加入が決定。実力派で、エッグの中でも一番アイドルデビューに近かった彼女だったが、四月にエッグから放逐されていたのだ。

 

同年六月、愛媛でのイベントに参加するにあたって、イベンターがフライヤーに誤って表記した「アップアップガールズ(仮)」が正式にグループ名となる。

 

それでも彼女らはオリジナル曲をもらえず、鬱々とイベントをこなすだけのアイドルだった。

客が盛り上がるのが自分の曲でなく、既存のハロプロの曲であることが歯がゆかった。

 

2012年3月、初のオリジナルシングル「Going my ↑」(ごーいんぐまいうえ)をアップフロントより発売。ここから彼女たちが一致団結し始める。

 

それから6月に『バレバレI LOVE YOU』を発売後、ほぼ毎月のようにシングルをリリース。

 

同年八月には『TOKYO IDOL FESTIVAL』(TIF)に初めて出演した。

 

同年九月、年末よりタワーレコードのアイドル専門インディーズレーベル「T-Palette Records」に参加することがサプライズで発表され、アルバムも発売された。

 

2013年正月にハロプロの冬のコンサートにゲスト出演。仙石みなみは「ハロプロを辞めさせられて……」と発言し観客の歓声を浴びた。

 

そのあとは、マネージャーであり、プロデューサーである山田氏が発案するとんでもない企画(富士山上でのライブ、一日で2時間×3回公演、MCなし3時間公演、自衛隊ライブ、ハワイ易断の後にライブなと、数えればきりがない)に鍛え上げられ、すっかり「アスリート系アイドルグループ」となってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、武道館公演を果たすも、満員とはいえないものであった。

 

 

 

 

 

 

 

この公演で二期メンバーが加わることが発表。四人が選抜された。

 

 

 

 

後に、富山県出身の中沖凛が加入。

 

 

 

 

また、新井愛瞳がアップアップガールズ(2)メンバーを兼任することが発表された。

 

アップアップガールズ(2)は、妹分として活動。単独公演も控えている。

 

 

 

青島玄武「選曲の三曲」

 

!!!!!!!(ババババン)

 

 

 

佐保の歌唱力で引き込まれたかと思いきや一気にバカ曲になる、アップアップガールズ(仮)クオリティ。(笑)

 

MVは「何なの?」とか言わないように。(笑)

 

 

 

青春の涙

 

 

 

 

疾走感はありながらも、確実に歌に力を込めていくタイプの青春ソング。

 

 

 

君という仮説

 

 

 

中華風EDMの至宝。ファン目線で語られるアップアップガールズ(仮)の姿。MVのオフショットが実に効果的。

 

 

 

終わりに。

 

 

アップアップガールズ(仮)のこれまでの軌跡をたどった本が発売された。

 

 

 

 

この本の刊行記念した記者会見で、つんく♂のメッセージが代読された。

 

 

 

エッグ加入当時、小学一年生だった新井は今年で二十才となり、最年長の仙石みなみはこの四月で27歳となる。

 

アイドルはどうしても、「何かになるための腰掛け」というイメージがある。

 

元モーニング娘。の久住小春が、モーニング娘。時代の自分を「踏み台」と呼んで嗤笑を買ったことは、まだ記憶に新しい。

だが、実際、彼女らが放逐されたハロプロは定年を25才とする方針に落ち着いているようだし、「アイドルと納豆には賞味期限がつきもの」なのかもしれない。

 

だが、彼女らは「アイドル」という手段を使った「表現者」の道を突き進もうとしていると、わたくしは感じている。

 

南阿蘇の道の駅にある小さなステージにやってきた森高千里は、高校生と中学生の子供を持ち、47歳なのに、ひとたびマイクを握ればちゃんとアイドルになっていた。

 

そういえば、2016年12月のFNS歌謡祭で℃-uteと共演したいとも、そこにいたのは「先輩アイドル」としての森高千里だった。

 


161207 FNS歌謡祭 森高千里×℃-ute 「二人は恋人」 「SNOW AGAIN... 投稿者 masknerd

 

そう。年齢なんて関係なく、アイドルは志ひとつでアイドルたれるのだ。

 

彼女らが、道重さゆみの公演を見学したのも、そこに自分の指針を見るためだったのかもしれない。

 

 

 

彼女らの道のりは、まだまだ果てしなく遠いのである。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、3月25日午後11時30分より、インターネットラジオサイト・ねとらじにおいて、ラジオ放送を致します。
 
 
青島&コブラの『月刊 お笑い・エンタメ時評!!!』 第五十五回
 

        ~~特集「再考・アップアップガールズ(仮)」~~
 
 
と題しまして、新たに妹分ユニットとなる、アップアップガールズ(2)の五人が加わり、さらなる展開が期待されるアップアップガールズ(仮)に注目し、メンバー最年少・新井愛瞳も20才を迎える今年、「大人アイドル」がどう展開していくかを占っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

アップアップガールズ(2)のメンバーは、追加メンバー含めて5人となりました。

 


 
なお、別項にて特集記事を組みます。お楽しみに!

 
 

 


そして。忘れていけないのがこのコーナー!
 

 

 


 


   月刊佐藤優樹 マンスリーまーちゃん!


今回のまーちゃんは、「見事に復帰! モーニング娘。春ツアー初日を元気にダンシング!」
 
椎間板ヘルニアの治療により、春ツアー参加も心配されていましたが、無事に復帰。

 

『ハロ!ステ』にて、元気に踊る姿が全世界に公表されました。

 

 

 

 

録音当時は12人バージョンだった新曲も、13人バージョンに修正。

まーちゃんも歌割をもらって、本来のモーニング娘。が戻ってきた感があります。

 

握手会にもカムバック。

 

 

 

 

 

 

 

ひなフェスにも参加決定。

 

 

無理はさせるな。

 

 

 
 


 そして、モーニング娘。12期メンバーフィーチャーのこのコーナー!
 

 

 

 
       尾 形 降 臨 ! 
 

 

今週の「はーちん」こと、尾形春水ちゃんは、特技のフィギアスケートを、テレビ初披露。

 

 

 

 ほかのメンバーも特技披露していましたが、なんとも緩い番組でしたね。(;・∀・)

 

 

野中美希ちゃんは、Eテレ『オトナヘノベル』に出演。

 

 


モーニング娘。'17野中美希[オトナヘノベル 10代ドラマ「カッコつけて失敗あるある... 投稿者 arizona0403

 

いいコメディエンヌになりそうだから、ウッチャンナンチャンの内村さんに育ててもらいなさい。

「10ポイーンツ!」って。(笑)

 

 

牧野真莉愛ちゃんは、なんと、あの日ハムファンの神といわれる、伊集院光先生と対面し、あまりに濃いファン知識に感銘されました。

 



【牧野真莉愛】牧野真莉愛の話題[伊集院光とらじお... 投稿者 arizona0403  
 

 
 

あと、ニュースとしては、12期でやっているラジオが、13期も加えて拡充。

 

 

羽賀朱音ちゃんが、ようやく加賀楓ちゃんを「かえでちゃん」と呼び始めた昨今だったので、大変楽しみです。

 

 

そういう羽賀朱音ちゃんは、単独でグラビアに。中学卒業がテーマ。

 

 

 

リアルな中学生感が素晴らしいグラビアでした。

 


 

 

そして。今回ばかりはやらざるを得ないコーナー。

 

 

研修生

 

ハロプロ研修生をただいま解析中!

 

 

今回の話題は、またあらたに27期メンバーが追加のことについて。

 

総勢8名。こちらから確認ください。

 

 

 

 

 

 

地方アイドル出身者が増えましたね。

 

 

 

岡村美波ちゃんは、小学校二年生の時に、YouTubeで松浦亜弥さんを知ってからハロプロが気になり始めたという、現代っ子。本当に現代っ子。(大事なことだから、二回言いました)

 

五月の研修生発表会も決まり、次なる元号の時代を担う若手の登場に、ハロプロ研修生ファンのみならず、ハロプロファン全体が注目しています。

 

 

 

 

 

《今回のトピックス》
 

・R-1グランプリ2017について。アキラ100%が優勝。

 

石出奈々子は不運なものに当たったな。(笑)

 

だったら、紺野ぶるまも、お得意の「ち○こ謎かけ」やればよかったのに。(笑)

 

 

 

ということで、ひとネタ置いておきます。

 





・元モーニング娘。の石川梨華さんが、ご結婚。

 

 

Twitter界隈では、石川さんにガチ恋していた「ふちりん」さんが、思いの丈をぶちまけていて、なんとも感慨深いものがありました。

 

 

 

 

まー、虚しいだけなんでしょうけど、その先に見えるものって、結構楽しいものよ。(笑)

 

 

 

・元モーニング娘。の道重さゆみさん。ついに活動再開。

 

 

 

 

メディアでの復活は、3月18日放送のヤングタウン土曜日でした。

 

 

 

収録になぜかいた木村拓哉を「キムタク」呼ばわり。(笑)

 

 

復帰の公演には、多くの後輩が来訪。

 

 

 

 

大阪公演も決まり、全国興行も視野にあるのかも。

 

 

 

・松浦亜弥さんも復帰か?

 

夫、橘慶太氏の作詞作曲でCD発売のようです。

 

もうちょっと、盛り上がってもよくない? (;・∀・)


 
 
・今年も『SATOYAMA』動画で大盛り上がり!

 

 

 

 

 

ここでしか見られないカップリングがヲタ心をくすぐる、ほのぼの動画。(笑)

 


 

 
・モーニング娘。が新曲をドロップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、『ジェラシージェラシー』が素晴らしい!!

 

 

 

 

MVは、とにかくいろいろ注文つけたい。(笑)

 

 

 

 

 

↑のジャケットのイカレ方は、久しぶりのモーニング娘。感でしたね。

 

 

・モーニング娘。が、世界握手会を台湾で開催。

 

 

 

 

 

 

 

 

加賀楓の馴染んでなさ加減がたまらなく楽しい。(笑)

 


 

 
 
・℃-ute鈴木愛理が、千葉銀行のイメージキャラクターに就任。

 

 

 

 

 


 
・カントリー・ガールズの船木結と梁川奈々美が、Eテレの番組でレギュラー出演。

 

 

船木さんのお勉強できなさ加減は、妙に偏屈な性格も災いしているようなので、こういうところで改善できればいいですね。

 

 

 

・Juice=Juiceのリーダー、宮崎由加がモデルデビュー。

 

 

 

 

 

親御さん。感動やな~。(T_T)

 

 


 

・つばきファクトリー握手会の様子をレポート。
 


リリースイベントが、中洲のキャナルシティ博多で。

 

いい宰相の就いた軍隊は、いかな新兵ぞろいでも最強という話。
 
 
 


 
・映画批評。デイミアン・チャゼル監督作『ラ・ラ・ランド』
 

 

 

 

 

 

 

 

モーヲタは必見の映画です。

 

 

 

 

《百八軒レコメンド》

 

 

小沢健二『流動体について』

 

 

 

 

流動体について 流動体について
1,296円
Amazon

 

渋谷系の王子様、19年ぶりのシングル。

 

「音楽は音を楽しむものだ」を地で行く。

 

若々しさがちょっと萎びて、そこがかえって「萌え要素」になっている。ちょっとズルい。(笑)

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~
 
 
ご視聴の際は、ねとらじのホームページへアクセス→右上の「番組検索」から「青島玄武」と入力→「play」をクリックで、iTunesやWindowsメディアプレイヤーなどが自動的に立ち上がり、ご視聴いただけるようになります。
 
 
今回も、わが朋友にして、心の相棒。昭和プロレスライターにして、ブログ『コブラ塾』塾長・コブラさんと一緒にお送りいたします。
 
また、ご感想・ご意見は、掲示板にお願いいたします。
 
 
以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はじめに

2016年12月、モーニング娘。に13期メンバーが加入した。
 
加賀楓と横山玲奈。
 
 
 
               ※横山(←)と、加賀(→)
 
 
横山玲奈は、ハロプロ研修生26期生。加入わずか二か月にしてモーニング娘。のメンバーとなった。
加賀楓は、ハロプロ研修生17期生。こちらは、2012年12月にハロプロ研修生になってから実に四年の年月が流れていた。
 
現在のモーニング娘。の半分はハロプロ研修生出身。ハロプロ研修生から生まれたユニットも二つできて、今や、ハロプロは「ハロプロ研修生の時代」といえる。
 
腕利きのスカウトによって見出された素人が、アイドルとしてスターダムに伸し上がっていくシンデレラストーリーは、もはや昭和のもの。
今や素人がアイドルになるためには、何かしらの芸能スクールに通うなり、ダンスサークルやボーカルレッスン教室に通うなりして研鑽を積み、そこから大手事務所のアイドルグループの一員になる、という筋道が「王道」となっている。
地方アイドルとして活躍し、頭角を現したものをヘッドハンティングするという方式もしばしばみられる。
 
地方アイドルが乱立したアイドル戦国時代も、いまや過去のもの。現在では大手芸能事務所の下部組織のような実態がある。
 
これは伝統芸能における徒弟制度とかなり近しいものだ。
 
伝統芸能にもいろんなジャンルがあって、制度の微妙な違いはあるが、わたくしは、モーニング娘。の場合、能楽に近いと思っている。
 
能楽の門弟のほとんどは、能楽に親しんだ家の子弟で、幼少から稽古を始め、初心者用のカリキュラムを吸収することからはじまる。それから、楽器のなどの基礎教養を身に付けることを通じて、はじめて徒弟として正式に入門することとなる。
 
モーニング娘。も、両親や親せきが最初の直撃世代で、幼少から親しんでいた、というパターンで加入したメンバーもいる。
ハロプロ研修生も、あくまで稽古ごとであり、正式なアイドルとして認められているわけではない。むろん、研修生になれば、アイドルになれるというわけでもない。
 
能楽の場合も、門弟になれば能楽師になれるかというとそうでもない。
両親の反対があればなれないし、逆に協力があれば、何年かかっても道は開けるということはあり得る。
 
モーニング娘。の場合は、そこに加入のタイミングを計る事務所の戦略がかかってくるのでややこしくなるのだが、加賀楓のとおった四年間は、まさしく彼女の両親と事務所の戦略によるところが裏で支えられているということも大きいだろう。
 
ただ、徒弟制度になってしまうと、社会現象を巻き起こすような大ブレイクはもはや夢幻となるのは必定である。これからのアイドルは、ミニマムなジャンルとして、アニメやゲームなどと同じ道を歩むと思われる。
 
 

加賀楓の歩んだ道のり

 
わたくしは、ある意味では恵まれていた、と思っている。
 
2012年12月に加入し、2013年には、アイドル専門チャンネルPigoo『ハロプロ研修生のただいま研修中!』に出演。
 
 
 
同年10月から翌年9月まで、BS日テレ『情報バラエティ番組『〜おねだりエンタメ!〜はぴ★ぷれ』に出演。
 
 
 
 
 
 
※2分52秒~
 
実に生き生きしていました。(笑)
 
パフォーマンスでは長い手足を生かしたダンスセンスを武器に、研修生ファンの間でも一目置かれる存在でした。
 
 
 
 
2013年から始まった「公開実力診断テスト」では、常に注目の存在でした。
 
 
 
 
※7分24秒~
 
 
2014年、の実力テストでは、ごまっとうの『SHALL WE LOVE?』を歌唱。ダンス賞の次点になりました。
 
 
 
 
 
この年、モーニング娘。とスマイレージのミュージカル『リリウム ~少女純潔歌劇~』にて、クレマチスを演じる。
 
 
 
 
2015年の実力診断テストにおいて、509票という大量の得票数をもってベストパフォーマンス賞を獲得。
その時の、℃-ute『Love take it all』を鬼気迫るものであり、実に圧倒的だった。
 
 
 
ベストパフォーマンス賞という栄光にありながらも、それでも彼女はデビューできなかった。
 
9期生・田辺奈菜美が、ベストパフォーマンス賞をとりながらデビューできず、研修生を辞してしまったため、「ベストパフォーマンス賞を取ったものは、デビューできない」という噂まで持ち上がり、彼女は逆風の中に立たされることとなる。
 
2016年の実力テストでは、去年と打って変わって、歌で聴かせる勝負に出たが、新人に破れてしまいました……。
 
 
 
ベストパフォーマンス賞を取った、笠原と清野が同票だったため、「もしや出来レースでは?」との噂が立ったが、それはともかくとして、研修生としてハロプロのコンサートや℃-uteのライブなどに帯同するなど、頼れる存在でありました。
 
ただ、SATOYAMA企画でモーニング娘。のメンバーとロケ企画をしたりなど、ベストパフォーマンス賞を受賞してからの彼女の活動が、徐々にモーニング娘。に向いて言っているのは事実のようです。
 
 
 
 
 
2016年10月にあった、つばきファクトリーとハロプロ研修生のミュージカル『ネガポジポジ』も、結果的には、加賀楓の相方選びではなかったかという説もあり、面白い見解だと思います。
 
 
ともかくも、実力あるメンバーであれば、モーニング娘。になれるというのは、われわれファンからしても一筋の希望となりました。
 
 

終わりに

 
歌とダンス、この二つがアイドルの正義であることを、モーニング娘。は教えてくれます。
 
彼女たちが、歌を捨てない限り、わたくしはたとえモーニング娘。を去ったとしても、その歌を聴きたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)