私は生きている

テーマ:

 実感できるのは,起きた時(笑)


 寝る時は「このまま死んじゃったらどうしよう?」なんて余計な心配するのだが,なぁ~に人間なんてそう容易く死ぬようには出来ていないのである。


 手首を切ろうとしても,なかなか使い古しのカッターでは痛いだけで切れないし,飛び降りようとしても高所恐怖症なので,めまいがして外側ではなく内側に倒れてしまう。


 人間なんて,容易く死ねない・・・。それはある意味残酷でもある。


 死んだ方が幸せな場合も結構ある。世の中才能や取柄が一つでもあったなら生きていても良いのでは有るが,全くそういったモノに偶々恵まれなかった人間は生きていても悲惨である。


 悲惨な方が物語としては面白いのだろうが,こりゃ現実なのだ。困ったものだ。

AD

コメント(3)