血液観察の信憑性

テーマ:
いつも読んで下さり、ありがとうございます☆

血液観察が、見る人によって、結論が違う、ということが起こっています。

教科書がないから、仕方ないです。

私は、医師ではないので、病気の診断や、治療はできませんが、血液の見方や、アドバイスをお伝えしています。

何よりも、ご自分で、ご自分の血液を観ることが、ご自分でご自分の健康を守るために、一番大事だと思っています。


杉喬夫先生の『赤血球の画像でガン・病気がわかる!』という本を読みました。



アメリカで開発された『LBA分析法』をベースに、杉先生が進化させた、生きた血液細胞栄養分析法(FBO-AMS分析法)だそうです。

医療とは、自然治癒力を高める免疫強化だ、と言っており、

免疫強化には、Physical、Emotional、Intellectual、Spiritual な要素をリンクさせることが必要であり、

千島学説がベースの考え方で、

環境破壊や、野菜のミネラル不足が、病気の原因の一つでもあり、

血液そのものから、病気の原因を見つけ出すことが、病気の改善になる、など、

共通する思いが沢山あり、面白かったです♪

顕微鏡画像の解説は、?と思うことがありました。

例えば、
健康な赤血球、は、真ん中がへこんだドーナツ型だけど、
杉先生の正常赤血球画像は、違うようです。



私は、赤血球は、こんな風になっていると考えています。

氣がトーラスを描いている、という記事の引用です。

http://ameblo.jp/inthetic/image-12099507124-13494932123.html

左は、鼠径リンパ節からリンパ液を取って、顕微鏡で見た時に見えた、赤血球の形(表面は細胞膜が覆います)

真ん中は、普通の赤血球の形

右は、色が黒くて、もうすぐ死んでしまう赤血球の形。膨張しすぎて、細胞膜が破裂して、溶血します。

このことから、エネルギーの流れがないときに、真ん丸の、黒い赤血球になると考えます。

血液は、全身9万5千kmの長さの血管を、1分弱の速さで廻るそうですが、
1滴採取し、スライドグラスに固定された時、エネルギーが高くて健康なら、とうもろこしのコーン状に連なり、時間が経過すると、弛んでくるのを知っています。

問題は、糖分や脂質などが過剰で、赤血球の表面がベタベタしており、不規則に凝集することです。

これは、杉先生も、問題にされていました。



私は、この状態で、肝臓に負担がかかっている、又は、怒りを抑圧している話をします。


杉先生は、真ん中が白いドーナツ型は、鉄分不足だと言っています。

こんな形は、見たことないです。

私は、貧血は、赤血球の数で見ます。




そして、杉先生は、赤血球のギザギサにより、臓器を分けています。

しかし、82ページでは、極度のストレスを感じた時、赤血球に皺ができる、と書いています。

98ページでは、赤血球の中のソマチッドが、バクテリア化する、と書いています。

私は、棘のある赤血球は、ストレスがある時にでき、
赤血球の中が、トーラスのエネルギーの流れがなく、
中身が固まりだす(ソマチッドがバクテリア化かも)から、
ごつごつするのではないか、と考えます。

杉先生は書いていませんでしたが、時間が経過すると、だんだん棘のある赤血球になります。

なので、アキャンサイトの分類は、臓器を表すかは、分かりません。

ちなみに、杉先生は、
ロシアの波動治療の機械で、部位を同時に診断しているようです。

また、赤血球の大きさが大聖の場合



杉先生は、鉄分などのミネラルやビタミンB12、葉酸などの栄養素の不足、貧血を指摘されています。

私は、腸が悪いから、栄養の吸収が悪くて、不揃いになる、と考えていたので、参考になりました☆


他にも例えば、
白血球になると、突然電子顕微鏡画像になるのですが、







西洋医療では、核の違いで、沢山分類されています。

でも、私が見たのは、マクロファージが、赤血球を食べて囲んだり、囲んだまま死んでいるマクロファージです。

赤血球の表面には、DNA がありますから、囲い込んだ赤血球の数で、核の数が違うのでしょうか。
染色すると違うそうですが…。

私は、白血球は、画像的には、
アメーバ状に動く(又は死んだ)マクロファージと、
糖鎖がウニョウニョある白血球の2種類に、
分類しています。


他には、
杉先生は、ガストンネサンの、ソマチッド16変態には触れず、
こんなふうに書いていました。





尿酸結晶の見方は、同じです。
が、白い点々は、脂質だと思っていたのですが、糖結晶だそうです



血小板凝集、溶血、活性酸素損傷、プラークも、同じです。

全体的に思ったのは、
時間経過による観察がない、
ということでした。

ソマチッドのリズムや数

ソマチッドの大きさ

フィブリンが何分で張るか、

糖分の固まりを作らないか、

マクロファージの動き

赤血球がどれだけ長い間、ドーナツ型でいられるか

赤血球の色

乾燥して固まった時の模様

などなど…。


さらに、ソマチッド通信もします(^-^)

それから、必要に応じて、
Physical、Emotional、Intellectual、Spiritual なアドバイスをします。

血液観察をされている皆さん、
共通認識ができるよう、
ぜひご意見頂けたらうれしいです♪

よろしくお願い致します☆





AD