揉み合い・・・継続か(?)

テーマ:

昨日はEUR/USDで
1.5へのアプローチが
幾度と無く繰り返されるであろう・・・(?)
と考えられていたのですが
期待外れと言うか・・・
数回のチャレンジで終わってしまい
仕切り直しといった状態です。


一部ではブラジルの
海外からの投資についての増税の話しに反応し
対米ドルでリアルが500ポイントほど
急落したとの話しも伝わっており
その余波が他通貨にもおよんだ
可能性があるとのことです。


また
南米のベネゼエラやキューバなどの
反米左派政権の国が
「スクレ」なる仮想通貨の導入を決めた・・・(?)
なる情報も入ってきていますが
こちらは
さほど影響はないとのことなので
無視しても大丈夫のようです。


さて
昨日のドル円は
結果的には
下値を確認しにいった感じになっており
90円割れ目前まで下げた後
91円オーバーまで上昇し
NYの終値は90.70円レベルで終了しています。


本日の動きとしては
早朝は堅調に推移していたものの
現在は揉み合いといった感じの動きで
90円台Mid からHi での推移と言ったところです。


っと言うことで
90円~91円で
上下を確認されたことで
しばらくは1円内のレンジで揉み合うのか
はたまた
上下どちらかにブレイクするのか
ブレイクした方へついていきたい感じです。


但し、ついていっても
すぐに行き詰ってしまいそうなので
レベルをチェックしながらの
エントリーが良さそうです。


ペタしてね

AD

全体に軟調

テーマ:

今朝方の動きはEUR/USDが
1.5オーバー狙いがありましたが
1度のトライの後
軟調気味に推移している感じです。


それ以外についても
全体的に軟調な推移となっている感じで
特にドル円は
90円すら割れそうな感じになってきています。


先週末から
ドル円もクロス円も
比較的 堅調に推移していたので
ここへきて 一服と言った動きになったのか
はたまた 本日は5・10日のため
その影響なのか
不可解な動きに写ります。


東京タイムはこの流れのまま
終了しそうですが
欧州勢の参入によって
ガラッと雰囲気が変わる可能性もありますので
注意が必要だと思います。


昨日までおこなわれた
欧州の財務相会議で
EUR高でコンセンサスが取れなかったことが
今日の市場にどのように影響を与えるのか?
再び EUR/USD の1.5に対するトライが
おこなわれるのか?


そのあたりも注目して見て行きたいと思います。


ペタしてね

AD

上攻め継続のEUR

テーマ:

ドル円は91.30円あたりを付けてから
軟調と言うか
頭を完全に押さえられてしまったと言う感じで
推移している感じです。


昨日も早朝の動きの中で
91.10円台を付けてますが
その後は軟調に推移し
NYタイムの序盤で
再度 上にトライしながらも
91円にタッチすることができず
90円Mid へ下落して
NYタイムを終了しています。


本日は早朝より揉み合いが続いており
NYの終値付近で推移しています。


昨日までおこなわれていた
欧州の財務会議は
EUR高でのコンセンサスは取れなかったみたいで
それぞれの財務相から
さまざまなコメントが出てますが
これと言ったインパクトのあるものは
発せられていない模様です。


その影響からか
EUR/USDは早朝から
堅調に推移しており
1.5にトライしそうな雰囲気です。


しかし 1.5と言うのは
相当にきつい感じで
ストップが相当に並んでいるみたいです。
当然 一筋縄ではいくわけもなく
何度もトライしながらの攻略と言うことになると思われ
時間がかかればかかるほど
突破した時の走り出しのスピードは
早くなると思われるので
そのあたりにも注意が必要です。


その他 クロス円では
堅調なAUDですが
どこまで上値を伸ばすのでしょうか?
そろそろ 調整が入ってもよさそうなレベルだと思うのですが
少し下げたら買いたいと考えていますが
今のレベルでは
怖くて手が出せない感じですね。



ペタしてね

AD