沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

沖野修也 オフィシャルブログ
NEW !
テーマ:
本日、
代官山のAIRで
4Hero/2000 Blackの
Degoの来日公演が行なわれる。

巷ではブロークン・ビーツの復活!
と騒ぎ立てる
往年?のファンも少なくないが、
僕は
その見方を肯定的には捉えていない。

確かに
一世を風靡し
今も根強いマニアが世界に点在する
ブロークン・ビーツが
再注目されること自体は
決して悪いことではない。
しかし、
そもそも
Degoを今、ブロークン・ビーツと捉えていいのか?
ということが僕の中にある疑問なのだ。

2000年代の前半、
HIP HOP、ジャズ、ブラジル、
アフロ、ハウス、ドラムン・ベースといった
あらゆる音楽を混在させた
ブロークン・ビーツはとても魅力的だった。
複雑なリズムの中から
聴衆が自らグルーヴを掴み出す快感は
特殊な楽しみ方だったし、
プリミティヴなビートと
近未来的なサウンドのミスマッチは
実に斬新だった。

その盛り上りの収束の原因は色々あるが
BUGZ IN THE ATTICがメジャー契約してから
急速に
求心力がなくなっていったように記憶している。

話を元に戻すと、
そんなブロークン・ビーツ・シーンで
コンスタントにリリースを続けて来たのが
Degoであり、朋友のKAIDI TATHAMだった。

確かに、
そのリズム・フォーマットを
ブロークン・ビーツとカテゴライズすることに
異議を唱えるつもりはない。

それでも、決してDegoは復活したのではなく、
ずっと現役で活動を続けていたことを
忘れてはいけない。

しかも、
最近では
Sound Signatureと
Egloという世界的に影響力のある2つのレーベルからも
リリースを実現し、
ブロークン・ビーツの支持者とは違う層からも
高く評価されている。

Theo ParrishとFloating Pointsの2人に
同時に
認められる現行クリエーターは
非常に珍しいのではないだろうか?

Theo Parrishが
「Footwork」で
ブロークン・ビーツの要素を取り入れていたり、
Floting PointsことSam Shepherdが
フュージョンの影響を受けていることを考慮すると
彼らがDegoやKaidiのサウンドに惚れ込むことは
当然の帰結かもしれない。

いずれにせよ
デトロイト・テクノや
ディープ・ハウス
(とFloeating Pointsを括るのに抵抗はあるが)の
アーティストやリスナー達が
Degoの世界観に
興味を持ってくれたり傾倒したりしてくれるのは
大歓迎だし
こういった事実は
Degoの音楽がブロークン・ビーツという
かつて栄えた音楽の復興を代表するのではなく
ジャンルを越えた普遍的な音楽として
認められている証拠であると僕は考えている。

この10年
「ブロークン・ビーツなんて終ってる」
という声を国内外で何度も耳にしたが、
Degoは終るどころか前進し、
結果、
その先鋭性、
更には
表現者としての信念と力量が浮き彫りとなった。

大体にして
一部のブロークン・ビーツは
とっくにレア・グルーヴ化しているし、
Theoのように
他ジャンルにその血は脈々と受継がれている。

インタビューでは、
ドラムン・ベースもブロークン・ビーツも
過去にジャズやファンクがやった事の
現代化でしかない・・・
みたいなことを答えていたDegoだけれど、
彼による唯一無二の音楽は
決して単なる現代化ではなく、
偉人の系譜に位置しながらも
テクノやハウス、モダン・ブギーといった
同世代の音楽と異種配合することによって誕生した
紛れもなく
新しい時代の
クロスオーバーなダンス・ミュージックだと思う。

とにかく
誰がなんと言おうと
愚直に自分の道を歩み続ける
Degoのプライドに
敬意を表したい。

今夜
彼がかける音楽は
ジャンルの呪縛をすり抜け
ダンス・フロアーに
未来のヴィジョンを
写し出すに違いない。

DJとしてサポートできるのは
光栄なことだけれど
むしろ
僕は彼が何を繰り出してくるのかが
楽しみで仕方ないのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
昨年、
お陰様で10周年を迎えたTokyo Crossover/Jazz Festival。

本編での多彩な顔ぶれの競演は勿論のこと、
Maylee Toddが
自分のiPhoneを楽屋のコンポに接続して名曲をかけまくり
ディスコ化した楽屋での異様な盛り上り、
Eddy Ramichの5時間に渡るノンストップDJで
朝までボーカル陣が踊り明かしたアフター・パーティー、
一観客として駆けつけてくれたLOUIE VEGAと
Kyoto Jazz Massive Live Setに参加した吉澤はじめ氏が
その夜にCARL CRAIGとレコーディングを敢行したり・・・
と去年も様々な伝説を生み出しました。

当然、
今年も新たな10年への踏み出しを
期待されていた訳ですが、
この度、
Tokyo Crossover/Jazz Festivalの本年度の不開催を
正式に決定しました。

実は今年、
関東圏で
3つの大きなジャズ・フェスティバルが行なわれます。
一つは
明日の東京ジャズ、
もう一つは
9/27のBLUE NOTE JAZZ FESTIVAL in JAPAN、
そして、
10月に
複数の会場で展開される
MONTREUX JAZZ FESTIVAL JAPAN2015。

東京ジャズには
僕自身がKYOTO JAZZ SEXTETとして出演しますし、
BLUE NOTE JAZZ FESTIVALには、
須永辰緒さんとSoil&"Pimp"Sessionsが、
MONTREUX JAZZ FESTIVALには、
松浦俊夫 Presents HEXと
ジャイルス・ピーターソンがブッキングされています。

そこに加えて、
Tokyo Crossover/Jazz Festivalが果たして必要なのか?
ということを熟慮しました。

今を遡ること13年前(2年休んでますので)
クラブ・ジャズのアーティストが
出演するフェスがないなら、
自分で作ってしまおう!

始めたTokyo Crossover/Jazz Festival。

しかし、
今やクラブ・ジャズのアーティストやDJは
ジャズ・フェスティバルに欠かせない存在になり、
BLUE NOTE JAZZ FESTIVALのように
クラブ・ジャズのDJ達が推して来た
ROBERT GLASPERや
HIATUS KAIYOTEといったアーティストが、
かつてTCJFの目指した野外で行なわれる
ジャズ・フェスに出演するようにもなりました。

それはとてもいいことだと思うんです。

自分の役割が終ったとはいいません。
今年はこの3つのジャズ・フェスを盛り上げる為に、
ブログやラジオ、SNSや連載しているコラム等で
微力ながらサポートさせて頂きたい。

そして、
来年以降、
より明確なスタンスを確立し、
他のフェスとは違う機能を持つ音楽祭として
Tokyo Crossover/Jazz Festivalは
新たなスタートを切りたいと思っています。

楽しみにしていた皆さん、
本当にごめんなさい。
でも、今年の秋は
この3つのフェスに加えて
KAMASI WASINGTONのようなアーティストの来日で
きっと僕の好きなジャズは熱くなる筈です。

まずは明日の東京ジャズへ!
そして、
横浜や東京で繰り広げられる
様々なジャズ・イベントに一緒に足を運びましょう!!

僕の決断が
皆さんにご理解頂けることを願っています。

2015年9月4日 

Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人 

沖野修也
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
KYOTO JAZZ SEXTETの
東京ジャズでのライブには
菊地成孔さんのみならず
スペシャルなゲストを
イギリスからお招きしています。

あの
ホセ・ジェームスが
信頼を寄せる
ドラマーでもあり、
フライング・ロータスも
起用する男、
リチャード・スペイヴン。


"今ジャズ"全盛の中、
敢えて
新主流派のカバーに取り組み、
世の中の動きを無視?
或は
シーンの一歩先を行っている?
筈の
KYOTO JAZZ SEXTETが、
やっぱりリチャードなんだ!
と菊地成孔さんに言わしめたこの招集。

何故彼なのか
お越し
頂ければその理由は一目瞭然。

"今ジャズ”界きってのイケメン・ボーカリスト、
ホセ・ジェームス

"今ジャズ”愛好家からも熱い視線を送られる
アリス・コルトレーンの甥っ子にして
LAビート・シーンの最重要人物、
更には
本年度No.1ジャズ・アルバムと多くのDJが絶賛する
カマシ・ワシントンを世に送り出した
フライング・ロータス

共に
指名するドラマーを
沖野修也が
わざわざ東京ジャズの為に
イギリスから
リチャードを呼んだ訳ですから。

ちなみに
彼との出会いは
今を遡ること
10年以上前・・・。

キーボード奏者、
マーク・ド・クライヴロウが
初めてバンドで来日した時の
ドラマーがリチャードだったんですね。

勿論、
飯食べさせたり、
The Roomで呑ませたりしました。

その後、
TWO BANKS OF FOURのドラマーとして
来日した際には、
ブルーノートの公演終了後、
土曜日のThe Roomに遊びに来て
メンバーと一緒に
サン・ラのカバーでジャム・セッションし、
4時間、
アフロ・ビートを叩き続けたこともありましたし、
これもThe Roomで
ホセ・ジェームスが
公開リハーサルを急遽行なうことになり
(しかもその時のDJは
ジャイルス・ピーターソン!)
素晴らしい演奏を
聴かせてくれたこともありました。

つまり、
たまたま
”今ジャズ"絡みの
話題の男ではあるのですが、
長年の友達と
念願叶って
遂に
ライブで共演!
という運びになっただけの事でもあるんですね。

KYOTO JAZZ MASSIVEの
ユーロ・ツアーに
彼を抜擢するという話もあったのですが、
その時には
構想すらなかった
KYOTO JAZZ SEXTETで
リチャードが叩いてくれることになるとは!

しかも、
今回、
KYOTO JAZZ SEXTETのドラマーは、
日本ジャズ界の
若手No.1、石若駿ですから、
日米英の
ジャズ・シーンの
関係者が
垂涎を禁じ得ない
豪華な
ドラム・バトルが
ステージ上で
繰り広げられる筈!!

あの曲、
ツイン・ドラムで
やりますからね!!!


ここまで書いて来ない人は、
きっと縁がなかったんですね。

リチャード・スペイヴンに(笑)。

いや、
僕の音楽に興味ないだけか・・・。

とにかく、
ホセ・ジェームスと
フライング・ロータスと
沖野修也が
共有する
唯一のドラマーが
KYOTO JAZZ SEXTETで
何をやってくれるのか?
僕も
とても楽しみにしています。

KJSでカバーした
ハンコックやウェイン・ショーターも出演する
今回の
東京ジャズ。

僕達が出る日のトリは
ジャック・デショネットですからね。

ジャズ・ドラマーの
新旧の顔合わせが実現すると言う意味でも
9月5日は重要な夜になるでしょう。

興味を持たれた方は
是非、
リチャード・スペイヴンが
ゲストで叩いてくれる
KYOTO JAZZ SEXTETのライブに
お越し下さい。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
いよいよ
KYOTO JAZZ SEXTETの
ビルボードライブ
大阪公演まで
3日!

そして、
東京ジャズへの
出演まで
5日!

となりました。

ここ数日に渡って
過去にメンバーを紹介したブログをヴァージョン・アップして
再掲してきた訳ですが
今日は、
今回
オキノ・ジャパンに
遂に
初招集された
素晴らしい
若手
ジャズ・ミュージシャン

を紹介したいと思います。

彼の名は
石若駿。
日本ジャズ界の
若手No.1ドラマー

との呼び声も高い逸材。




オキノ・ジャパンは、
場所や時間、
日程に応じて招集するメンバーが
微妙に変化するんですよね。
で、
レコーディング・ドラマーの
天倉正敬君のスケジュールが合わず、
ここ最近では
元Sleep Walkerの藤井伸昭氏に
頼むことが多かったんですが
今回は
以前からベースの小泉P克人が
「絶対彼を起用した方がいい!!!!」

大推薦してくれていた
石若君を招集することにしたんです。

ところが!

実はまだ・・・。
石若君に
会ったことが
ないんです(汗)。


えっ
会ったこともない
ミュージシャンを
オキノ・ジャパンに
招集していいのか?

ですよね・・・。

でも、
彼の演奏を観たことはあります。

それも
たまたま立ち寄った
渋谷のThe Roomで。

何故か
自分の店に
彼がいたんですよね(笑)。

その日は
大塚広子プロデュースの
レコーディングが
The Roomで
行なわれていて
坪口昌恭さんが
ローズを弾きまくっておられました。


ドラマーが
石若君だったんですね。

グルーヴの
キープ力は抜群。
手数は多いのに
無駄がなく、
語る様に叩いている。

しかも
適切な音量で
坪口さんに呼応するも、
盛り上がる場面では
怒濤の乱打で(なのに正確)で
挑発すらしている。

まだ23歳?

驚きました。

急いでいたので
挨拶もせず
その場を立ち去ったんですが、
これが彼との初遭遇。

明日、
最新メンバーで
初のリハーサルを行なうんですが、
ようやく
石若君との対面が実現します。

果たして
KYOTO JAZZ SEXTETへの招集は
定めなのか
それとも偶然なのか?

期待は高まるばかりです。

PS

いつか
彼と
Tomoki Sanders(20歳、サックス)
Dayme Arocena(22歳、ボーカル)
の3人をフィーチャーして
レコーディングしたいんですよね。

KJSはまだまだ進化します!
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
皆さん
既にご存知かと思いますが、
改めて。

KYOTO JAZZ SEXTETの
ビルボードライブ大阪、
そして、
東京ジャズの
ゲスト・サックスは、
菊地成孔さん!

レコーディングにも参加して頂き、
今週の東阪の両公演でも
演奏をお願いしました。

菊地さんと言えば、

奇才!

とか

トリックスター!

とか

カリスマ


様々な呼称で
その存在を知られる
日本を代表するサックス奏者。

勿論、
その音楽家としての
才能のみならず、
勢力的なリリースと
多岐に渡る活動には
常日頃から
最大限の敬意を払っています。

クールで
スタイリシュにして
デカダンな
印象の強い菊地さんですが、
実は
僕にとっては
熱い方。

新木場のageHaで
DJ20周年記念パーティーを行なった際も
駆けつけて頂き
ギャラ等度外視して
熱演して頂きました。

奇しくも
僕は
菊地さんと同じ
(レベルが違うんで
恐れ多いんですが)
音楽家にして
執筆家にして
ラジオ・パーソナリティー。

菊地さんは
僕にとって
先輩であるだけでなく
心の
アニキ。

ファッションの世界には
祐真朋樹さんという
アニキがいるんですが、
言うなれば
菊地さんは
音楽界の
アニキ。

祐真さんも
菊地さんも
なんかショーケン(萩原健一)
っぽいんですよね。

『Degustation a Jazz』
のジャケなんか
完全に
『傷だらけの天使』じゃないですか?

The Roomの元従業員が
菊地さんの
教え子だったりしたこともあって
昔から
その存在を存知あげてましたし、
勝手に
繋がってるなぁ
と思ってたんですが、
この度
一緒に
音楽を作る事ができただけでなく
自分が仲間と一緒に書いた
「Eclipse」の
セルフ・カバーで
吹いてもらう事ができて
光栄です。

ライブでは、
菊地さんと
トークで
絡みたいなと思いつつ、
やはり
ここは
演奏で
来場者の皆さんを
虜に
して頂きたいなと。

沖野修也と
菊地成孔の
音源での
邂逅、
しかも
その再現。

いや
その実演にして
発展って
ちょっとした
事件じゃないですか?

ビルボード・ライブで
ジャズと
クラブ・ジャズの
真の融合を目指します。

後悔させませんよ。

アニキと
僕の
激突?
いや
共演!

決して
見逃さないで下さい。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇

Amebaで芸能人・有名人ブログを書きませんか?

アメーバブログでは、芸能人・有名人ブログとしての登録をご希望される
著名人の方/事務所様を随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み