沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

沖野修也 オフィシャルブログ

テーマ:
あれからもう1週間が過ぎたのか・・・。

車で京都から乗り込み
テントで2泊し、
最終日はDJが終ってそのまま12時間かけて京都へ。
何とその後、
月曜の深夜2時までDJをするという超ハード・スケジュール・・・。

もとい、
フジロックフェスティバル
最高でした!


既に色んな方が
WEBやブログに書かれているので
今更感もあるんですが、
何せ大阪の後、さすがに1日休んだものの、
東京で2日間ライブとDJがあり
京都に戻って自分のイベントがあり
その合間には打ち合せや
ラジオと
有線のアプリケーションの選曲があり(都合130曲以上を用意)、
怒濤のスケジュールだった為、
今まで書けなかったからしょうがないやん
と言った方がいいかもしれません。

何が良かったかって
雨が降らなかったこともさる事ながら、
僕にとって
今年のフジロックは
まさに
理想の夏フェス
であったという事。

ジャズに影響を受けたアーティストと
ダンサブルなジャズを演奏するアーティストが目白押し。
その面子を1ステージに集めれば
世界的に見ても
強力なジャズ・フェスが完成した筈です。

実は、
僕が12年前に
TOKYO JAZZ CROSSOVER/JAZZ FESTIVALを始めた時、
王道のジャズ・フェスはあったものの、
ジャズに影響を受けたダンス・ミュージックや
踊れるジャズに特化したフェスはなかった・・・。

だから第一回目のビジュアルは
どうせフェスをやるなら
いつか野外で、
フジロックみたいな規模を目指すか!
的な野心を込めて
こんなフライヤー(ポスターも)を作ったんです。



2年休んだけれど
10回開催し
2014年には
10周年を迎えることができました。

しかし、
去年は、敢えて開催を見送ったんですよね・・・。

何故なら
KYOTO JAZZ SEXTETでTOKYO JAZZに出演し、
BLUE NOTE JAZZ FESTIVALが始まり、
MONTREUX JAZZ FESTIVAL IN JAPANが東京に移って来たから。

いつの間にか、
クラブ・ジャズ&クロスオーバー系のアーティストが
出演できる舞台が3つもある事に気付いた。

果たして僕がやる必要があるのか・・・。
そんな風に思い始めたんですよね。

でも、
その3つのフェスの全てをチェックし、
改めて僕はTCJFの存在価値を再認識したんです。
止めちゃいかん!
僕にしか出来ない事があるから続行するぞ!と。

ところが、
その決意は
今年のフジ・ロックで
脆くも
崩れ落ちることになります(苦笑)。

だって、
THE INTERNETに
ROBERT GLASPERに
Fox Capture Planに
dCprGに
SOIL&"PIMP" SESSIONに
UAに
Ego-Wrappin'に
JAMES BLAKEに
DISCLOSUREに
SQUAREPUSHERに
KAMASI WASHINGTON・・・。

ちょっとちょっと
これ完全に
フジロックの
TCJF化ですやん!


いや恐れ多いっすね。
フジロックが
たまたま僕が好きなアーティストを
多目にブッキングしただけで
TCJF化した訳じゃないですよね。

しかし、
どう考えても世の中は
僕の好きな路線に傾倒している!
12年前には考えられないブッキングは
僕の目指す方向に
間違いがなかった事を裏付けてくれたのです。

ありがとうフジロック!!

しかもですよ、
僕が出演した、
そして
僕がフジロックで一番好きなステージ、
クリスタル・パレスでは
UNIVERSOUNDSの尾川雄介さんが回し、
須永辰緒さんも回し、
DRILL SOUND SYSTEMもプレイするという
まさにThe Roomなライン・アップ。
で、
Fields Of Heavenに出演した
G.Loveもそこで演奏するという
とんでもない事が起こったり・・・。

つまり
今回のフジロックは
僕の番組、
JAZZ ain't Jazzのリスナーも、
The Roomのお客さんも、
TCJFのファンも楽しめた
もの凄くジャジーな回だったと思うんです。

もうTCJFをやる必然性はないのかな・・・と
落ち込む暇などない程、
僕は色んなステージを楽しみました。

中でもKAMASI WASHINGTONのライブは圧巻で、
スピリチャル・ジャズをベースにしながらも、
そこにファンク、ブギー、
果てはヘビー・メタル(苦笑)の要素までをブチ込む
"超クロスオーバー大会"になっていました。

まるで
ファラオ・サンダースと
P-FUNKと
エドガー・ウインター・グループ?が
合体したような混沌としたステージは
レッチリを
今年まで
レッド・チリ・ホット・ペッパーズと思い込んでいた
僕にとって、
完全にヘッド・ライナー的存在でしたね。

個人的には
ジャズがロックを越えた日・・・
と言っても過言ではないインパクトがあったように思います。
彼を今年のTCJFにブッキングする話しもあっただけに
ライブを観る前は複雑な心境でしたが、
とにかく我を忘れて楽しみました。

かくして、
TCJFを野外で、
そして、フジロックみたいな規模を目指すという
僕の夢は破れたものの、
奇しくも
フジロックがあたかもTCJFが目指した方向性に接近し
僕の願望を実現するという
摩訶不思議な状態に陥った20周年となりました。

いや、本当に素晴らしかった。

かくして
三日間の高揚状態の後も
DJやらライブやらイベントで
突っ走った僕は、
今日
ようやく
脱力感に苛まれ
現実と向き合っている訳です。

そう

僕は自分に問いかけているんです。

お前、
まだTCJFやんのかと・・・。

去年僕が
数々のジャズ・フェスへの出演や参加を通して
改めて知ったTCJFの存在価値は
まだあるのだろうかと・・・。

ブログを書き始める前、
僕はTCJFを終らせるつもりだったんです。

でも
ここまで書いてある事に気付きました。

12年前、
確かに
僕が行きたくなるフェスはなかった。

そして、
今は、行きたくなるフェスがある。

でも
僕が観たいアーティストが
そこに揃っているかというとそうでもない・・・。

例えば
マンチェスターの
MATTHEW HALSALとか、
NYと上海を拠点とする
THEO CROKERとか、
ブラジルのレジェンド、
BANDA BLACK RIOとか、
パリ在住の
ARCHIE SHEPPとか・・・。

勿論誰かが呼んでくれたら嬉しいけれど、
その人達を何処で観るかということに
僕は今凄く興味を持っているんです。

今月から新しく始めた、
"MODERNISM & RHYTHM"は
モダニズム建築の中や外を使って
音楽イベントを行なうプロジェクト。

そんなことをやっている人はまだいないし、
それとTCJFを絡めるのも面白いんじゃないかと
僕は思い始めています。

だから
フジロック的なものを目指したTCJFとはお別れだけど、
新しい形のTCJFは今後も続いて行く筈です。

僕は
音楽もイベントも
常に今まで
なかったものを提案したいと考えています。

だから
TCJFを始めた時の気持ちを取り戻し、
もう一度
一からやり直すつもり・・・。

夢が破れたのに
願望が実現するという
悲しいような嬉しい体験は、
僕の力不足を露呈させたものの、
僕の嗅覚の正しさを証明したと思いたい。

今、
僕は
鼻を鳴らして
次の準備に踏み出そうとしています。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



僕は
結構人懐っこい方だと思うんだけど
ある日、
僕より人懐っこい学生が
The Roomに現れた。

随分昔の話だけど・・・。

彼の名は
角田陽太。

野心があるようで、
なんだか自信がないような頼りないような印象もあり・・・。

ところがある日、
彼がトンデモないことを言い出した。

「The Roomを貸して欲しい。
自分がデザインした椅子の展覧会を開催したい!」

ただの
音楽好き&酔っぱらいと思っていた僕は
彼のプランにとても驚かされた。

何でも東京デザイナーズ・ウイーク
(もしくはデザイン・タイドだったかなぁ)の
サテライト・イベント?
にしたいらしく
お客さんも呼ぶし
絶対The Roomの為になる!!

熱く語られたような記憶が・・・。

蓋を開けてみたら
盛況なのは勿論、
普段はThe Roomにいらっしゃらない
デザイン好きの皆さんに足を運んで頂いた。

何よりも
大胆なレイアウトと照明、
そして
彼の
洗練された作品は
見慣れた空間を全く違うものへと変化させていた。

ここがThe Roomなのか!!
と驚かされたことを鮮明に記憶している。

その後彼は
2003年に渡英し、
安積伸&朋子やロス・ラブグローブの事務所で経験を積む。
2007年にロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)
デザインプロダクツ学科を修了。
2008年に帰国後、無印良品のプロダクトデザイナーを経て、
2011年YOTA KAKUDA DESIGNを設立。
国内外でデザインを発表し、
受賞歴はELLE DECORヤングジャパニーズデザインタレント、
グッドデザイン賞、ドイツ・iFデザインアワードなどが挙げられる。
現在は、武蔵野美術大学非常勤講師との事・・・。

あれから
月日は流れ、
見違えるように立派になった
角田陽太が
ある日
The Roomを訪れてくれた。

そして、
こんな事を言い出した。

「一緒にイベントやりましょうよ!」
と。

かつて
クラブの機能として
重要なエレメントであった
クリエーターのサロンを
改めて
彼は
再構築したいと考えているのだ。

音楽を愛し、
ロンドン時代に
優れたDJと興味深い人々が集まる
ノッティング・ヒル・アーツ・クラブで
働いた経歴を持つ彼は

東京に足りないものを
知っているに違いない。

何気にDJもいいんですよ。

今夜
KYOTO JAZZ SEXTETのライブの後は、
DJイベントにそまま突入。

僕もヨーロッパから帰国して
最初のDJだから
最新のヴァイブスを
持ち込みたいと思う。

今夜0時から。

The Roomが標榜している
CreativeなGatheringを、是非体験して欲しい。

===========================

Arts @The Room,Shibuya
B1F,Daihachi Toto Bld.15-19,
Sakuragaoka,Shibuya-ku,Tokyo,Japan

2016/7/16(Sat)

DJ;Shuya Okino(Kyoto Jazz Massive)
Yota Kakuda(Yota Kakuda Design)

Start:24:00
Charge:2,000yen(1D)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
あれは2年前のこと、
一人の若者が日本を去る前に
一目会っておきたいと
電車に飛び乗った。

ファーサイドのライブをすっぽかし、
水戸へと。

DJ JIN君にその存在を教えられ
Facebookでたまたまその若者がバークリーへの入学することを知り、
彼が日本にいる間に
この目でその演奏を確かめる為に。

彼の名はトモキ・サンダース。



前回の来日でThe Roomでライブをした時のことと
その時の旅の様子はかつてブログに書いた。

http://ameblo.jp/shuya-okino/entry-12059057599.html


そして、
今夜、
遂にKYOTO JAZZ SEXTETに
彼を迎え
ライブを行う。

次のアルバムに収録する
新曲を演奏する予定。

タイトルは
SONG FOR TOMOKI(仮題)。

僕が彼の為に書いた曲だけど、
同時に
現在休業中?の
吉澤はじめさんに捧げた曲でもある。

僕の作曲能力なんて
はじめさんの足下にも及ばないけれど、
SLEEEP WALKERがなくなってしまった今、
国内で
良質なスピリチュアル・ジャズを
演奏するバンドは見当たらない・・・。

前作で
60年代と70年代と2010年代のレイヤーを目指した
KYOTO JAZZ SEXTETは
基本路線を踏襲しつつ
全編オリジナルで
今回は敢えて
ダンサブルな方向性を打ち出そうと考えている。

そんな中でSONG FOR TOMOKIは、
KAMASI WASHINGTONなんかの動きを視野に入れながら
板橋文夫さんや渡辺貞夫さんの影響も取り込んで
日本人らしい楽曲に仕上げたいと思っている。

そして、
今夜は
はじめさんが書いて
ファラオ・サンダースと共演を果たした
SLEEP WALKERの名曲、
THE VOYAGEも
KJSでカバーする。

中村雅人がファラオさんと
ツイン・テナーで
熱演した曲を
栗原健と
息子のTOMOKIがどんなアプローチで
披露してくれるのか楽しみで仕方ない。

ドラムは元SLEEP WALKERの
藤井伸昭。
心強いオリジナル・メンバーによるサポート!

ベースの小泉"P"克人は
わざわざ今夜のライブのためだけに
ツアー中なのに
はるばる九州から駆けつけてくれる。
このメンバーでライブができることこそが
彼のモチベーションであると言ってくれた。

勿論、
キーボードは、平戸祐介。
今夜、
はじめさんに捧げる曲を演るだけでなく
トモキとの共演そのものが
はじめさんに
敬意を表する行為であるのだけれど
彼には、
はじめさんを凌駕するプレイを目指して欲しい。

KYOTO JAZZ SEXTETの
新曲の披露と
名曲のカバー。

決して見逃さないで欲しい。

今夜20時オープン、
渋谷のタマリバ、
The Roomでお会いしましょう!

PS

GILLES PETERSON、PATRICK FORGE、KEVIN BEADLE達がかけてくれている
PETE JOSEPHのTRAVELLING SONGもインスト・ヴァージョンで今夜演ります!

===============================

Tokyo Jazz Meeting @The Room
B1F,Daihachi Toto Bld,15-19,Sakuragaoka,Shibuya-ku,Tokyo,Japan

2016/7/16(Sat)

LIVE:
Kyoto Jazz Sextet feat. Tomoki Sanders
平戸祐介[Piano]
小泉"P"克人[Bass]
栗原健[Sax]
藤井伸昭[Drums]

Special Guest Tomoki Sanders[Sax]

DJ:沖野修也(Kyoto Jazz Massive)
Open: 20:00
Live Start:21:00
Charge:2,500yen(1D)

★第二部のArtsもそのまま楽しんで頂けます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
あれはいつの事だったろう。
まだUstreamが話題になっていて
日本アーティスト有意識者会議という番組?の
トーク・ゲストに呼ばれた。
ホストは三宅洋平。

二人で政治の事について語った。
ま、ほとんど洋平の独演だったけれどw。

そこで彼は出馬を表明した。
僕は、その場で献金した。

僕の記憶に間違いがなければ・・・。

その後、人々を熱くした
選挙フェスに僕も4度出演した。

これも僕の記憶に間違いがなければ・・・。

洋平は落選したけれど、
選挙フェスに出演した
山本太郎が国会議員になり、
DELIが司会議員になった。

あれから3年。
再び
洋平はチャレンジを決意した。
しかも直前に。

ハチ公前でメディアを前にした
立候補予定の宣言。
正直、
人はもう
あの時のような関心を持ってくれないのかなと思ってしまった。

それでも
洋平は選挙フェスを開始した。

野党共闘を邪魔するのか?
全国で17万票だったやつが、東京で50万取れるのか?
ヒゲがダメ!
ロンゲがダメ!!
ヤーマンって何だ!!!
新興宗教の教祖か?

罵詈雑言を浴びせられながら
彼は
再び選挙フェスを開始したのだ。

ちなみに
今回も
キック・オフ・パーティーで
僕は
献金一番乗り。
それは毎回僕のミッションなのだw。

しかし、
洋平は
泡沫候補と呼ばれ、
組織票もなく、
メディアから無視された。

ミュージシャンとしても
大ヒットを飛ばしたことはないから
芸能人なみに知名度を誇っている訳ではない。
準備期間もほとんどない。
ましてや
前回協力してくれた人達からも疑問を投げかけられるという
苦境の中からのスタート・・・。

それでも、
洋平は
自分の好きな格好で
自分の言葉で
語り続けた。

そして、
それは、
一人一人の心を叩いた。
群衆の中の一人一人の心を叩いた。

やがて、
言葉はこだまのように響き、
波紋のように広がり始めた。

選挙フェスに集まった人の数は
どうせ通りがかった人を含んでいる!
とクレームをいれられるだろうから記載できない。

でも
選挙フェスの演説の動画の総再生数は
もはや100万回を越えている。

どの参院選候補が
その数をクリアしているだろうか?

そして、
どの参院選候補の言葉が
あなたの心をノックしているだろうか?

勿論、
彼の考えや理想にちゃんと耳を傾け
自分の頭で考えて欲しい。

ただ
見るも無惨な逆境の中で
仲間と共に
自分の信じる道を駆け抜けた男の覚悟は半端ない。

遂には
キャメロン首相の家に
戦車で乗り付けた
伝説のパンク・デザイナー、
ビビアン・ウエストウッドから
そして
平和の伝道師にして、愛を歌うジャマイカの闘志
ボブ・マーリーの孫娘からもメッセージが届けられ
今や
三宅洋平は
海外メディアまでが注目する存在になりつつある。

そんな男がかつていただろうか?
そんな参院選候補者がいただろうか?

これは
ムーブメントだ。
スペインで、
香港で、
NYで
勿論、去年国会前でも起こった
市民が作り出したムーブメントの最新形だ。

もう一度言う。
彼の考えや理想にちゃんと耳を傾け
自分の頭で考えて欲しい。

同時に
このムーブメントを目撃して欲しい。

ゼロどころか
マイナスからスタートし、
100万回人を魅了し、
世界にも名を轟かせる男が
市民と共に創り上げる
フェスティバルの
フィナーレを。

明日、
僕は
DJを担当する。

スピーチはしないけれど
メッセージを込めた選曲で
彼の奇跡への挑戦を演出する。

笑っても泣いても明日で終る。

結果はどうあれ、
この短期間で
逆風の中
この状況を作りあげたことが一つの成功ではないだろうか。

あと一日で
世界が変わる。

そこに希望があるのか
絶望に支配されるのか
誰にも判らない。

ただ、
洋平は
集まる人と
動画を再生する人の心を
明日もノックするだろう。
強く、
そして
熱く。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
いきなり結論めいたことを書きますが、
選挙だけが政治に関わる方法ではないと思うんです。
むしろ、選挙が終ったら次の選挙まで
何もしない方がおかしいんじゃないですかね?

政治家は権力者だから監視しなければいけない。
権力は腐敗するって言うじゃないですか?
だから、議会を見学に行くとか、
政治家の事務所に足を運んでみるとか,
デモに参加するとか、
やれる事、いや、やらなきゃいけない事が色々ある。

僕、常々思っていることがあるんです。
自分が入れた候補しか認めないって人いますけど、
その人が負け続ける限り
自分の意見が社会に反映されないって考えてません?

リベラルから左だけど、自民が勝ったら、
次の選挙まで黙って耐えなきゃいけない・・・みたいな。

でも、選挙って
その地区の代表を決めることなんじゃないですかね?
自民は嫌いだから口も利かないって大人気なくないですか?
自分は票を入れなくても代表に掛け合っていいと思うんです。
例えば子供の頃、学級委員や生徒会長を選んだ後に、
「票を入れなかった人は選ばれた人に意見してはいけませんよ!」
なんて言われなかったでしょ?

 都内のある区で、若いママ達が給食の放射能の検査の導入に成功しました。
心情的には社民や共産にシンパシーを感じていたらしいんですが、
いかんせん議席が少なく条例案を提出しても議会で可決される可能性は低い。
そこで彼女達は発想を切り替え、与党サイドに丁寧なロビー活動を展開し、
見事に放射能検査の実施を実現したんです。
もし、彼女達が、自民や公明は嫌いだから会うのも嫌だ!
みたいなスタンスでいたら、どうなっていたでしょうか?
次の選挙で支持政党が少数派になれば、
またその次の選挙まで彼女達は
少数派とともに否決される提案を続けなければいけなかったかったかもしれません。
子供の健康は刻一刻を争う問題だったのです。
だから背に腹は変えられなかった・・・。

 先日改正された風営法も似たケースです。
弁護士、事業者、アーティストが
超党派の議員連盟にロビー活動を執拗にw続けることで
法改正に漕ぎ着けました。
党の壁を越えた課題であったというアドバンテージはありますが、
与党議員との対話を拒否していたら
法律の可決はなかったかもしれない。
そもそもこの問題に熱心だった議員は
与党の中でも少数派だったと言われています。
その少数派を動かし、多数派を構成していくのは
並大抵の事ではなかったと思います。
 また、風営法の改正は、
市民の署名活動や大学教授らによるシンポジウムの開催、
メディアの後押し等様々な活動が、その大きな流れを作りました。
これは選挙以外でも自分達の意見を国に反映させる具体的な方法として
僕達がリアルに体感できた貴重な経験だったと思います。
僕も海外の著名なDJによる請願書をまとめ官邸に送付するという
アクションを起こしました。
DJによる都内の清掃活動も単なるイメージ・アップではなく、
風営法の問題を社会的な関心の対象にする効果があったと思うんです。
選挙で風営法改正に賛成してくれる議員の応援も大切ですが、
選挙とは別にこうした地道な市民活動なくして
ダンスをさせる営業の合法化はなかったと思うんです。
むしろ、選挙以上に重要だったかもしれません。

 確かに選挙は大事です。
でも、選挙と選挙の間、
黙ってやり過ごすしかないなんてことはありません。

支持して当選した人がおかしなことをやり始めたら抗議すべきだし、
繰り返しますが、
入れなかった人に意見を言ってはいけないというルールなどないのです。
政治家は市民の代表(残念ながら建前かもしれませんが)。
だから、自分の選挙区から選ばれたリーダーに
要望はどんどん伝えた方がいい。
会ったくれないなら、会ってくれないことを晒してやればいいんです。
大体にして彼等はごまをすったり、顔色を伺う対象じゃない。
どちらかというと彼等が市民の機嫌を損ねていないかを
気にしなければいけない立場にいるんです。

日本人は卑屈だから“先生”なんて呼んだりするけれど、
政治家から学ぶことなんてほとんどないでしょ(苦笑)?
与党に媚びろ!なんて言ってませんよ。
交渉して自分達の意向を飲ませるんです。
そもそも彼等は只の代理人なんだから僕達の関係に上も下もない。
応援して、監視して、
言うこと聞かないなら支持しないと伝えればいい。

もう一回言います。
選挙は大事です。
でも選挙が終った後もできること、
いや、やらないといけない事が沢山あると思うんです。

 以上で3回続けた僕と政治の関係について書いたシリーズを終ります。
僕の意見が正しいとは限りませんから、押し付けないし、
皆さんは自分なりに政治に関わっていかれることでしょう。
でも、やっぱり政治って僕にとっては、特別でもなんでもなく、
自分というものを構成する一部でしかないんですよね。
仕事があり、趣味があり、家族があり、人間関係があり、
夢があり、生活があり、政治がある。
こんなに赤裸々に政治について語ったことなかったから、
一掃気味悪がる人が増えたかもしれませんね。
これでも関係各位にちゃんと気を使ってるんだけどなぁ。

ただ「あんな風に政治について喋ってもいいんだ」
って思ってくれる人がいてくれれば幸いです。
いなくても、黙りませんけどね。
だって、僕にとってこれって普通のことなんですから。

PS

音楽に政治を持ち込むな!って話が盛り上がってますよね。
今年出演するFUJI ROCK FESTIVALは
Gil Scott HeronやArchie Sheppのようなポリティカルな
アーティストの曲ばかりをかけようかなぁ。
それともアメリカの音楽もロシアの音楽も一緒にまぜてかけようかなぁ。
勿論、盛り上がって踊れるヤツで・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み