沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

沖野修也 オフィシャルブログ

テーマ:

 

既にThe RoomのFacebookで

スタッフが表明していますが、

2017年4月以降も営業を続けることが決定しました。

 

僕の資金提供がなくても

スタッフが自主運営し、

継続して行くをいう意思を元旦の朝、

確認しました。

 

この1ヶ月お騒がせし、

ご心配をおかけしたことを

お詫びすると共に

改めてのご愛顧をお願いしたいと思います。

 

12月に入って

24周年記念パーティーが5回も決まっていたのに

僕は2017年3月での閉店を検討し始めた訳ですから

スタッフはさぞかし困惑し、

葛藤したに違いありません。

 

突然の僕の意思表明に動揺もしたでしょうし、

業績の悪化を食い止められていないことに

すっかり自信を失っていたようでもありました。

 

しかし、

度重なるミーティングの成果と

"あるOB"のコラボの申し出などもあり、

(近日中に発表されるとおもいます)

更には

毎週末の周年に訪れていた頂いた

お客様の励ましや

関係者によるこれまでの業績の評価によって

彼等は徐々に前向きになっていったようでした。

 

最終的には12月の営業成績が

目標を20%を上回るなど

ファンの皆さんに大勢集まって頂いたことと

スタッフの努力もあって

数字にも明るい兆しが差したのです。

 

諦めずに

やれば出来るということを

彼等も身を以て知ったことでしょう。

 

お越し頂いた全ての方に

感謝の意を表したいと思います。

 

ありがとうございました。

 

2014年4月以降は

店にいれば給料が貰えるということではなく

自分達が稼いだ売り上げからしか給与は払われない

という感覚を

しっかりと意識して働いてくれると信じています。

 

当たり前のことなんですが

その場にいるだけでお金がもらえるなんてことはないんです。

 

ましてや

クラブの主流とは呼べないThe Roomは

相当な努力がないと生き残って行けません。

 

昨年末ブログにも書きましたが、

引き続き

僕達は、

 

"かつて情報を求めてクラブに通った人種を

引っ張り出すのはそう簡単なことではない"

 

という現実を厳粛に受け止め

 

"音楽だけではなく

人との出会いこそが魅力的であったのに

終電で帰って家でゲームをする人を引き止められないのは何故だろう?"

 

ということを真摯に考えて行かなければならないのです。

 

とは言え

 

"元気のいい小箱は都内に存在するし、

アメリカの現代ジャズの隆盛には目を見張るものがある。

僕的にOKな音楽が全世界的に注目されている"

 

という前向きな材料もあるので

きっと復活する何らかの手だてはあると思うんです。

 

思い返せば、

 

"「渋谷のクラブ・シーンは終っている」と言われていた。

しかも246の南側で

週一や月一のレギュラーでさえ難しいと思われていたジャンルで

毎日営業するなんて絶対に無理だ!

という多くの人の助言を無視して(笑)

契約から1週間で

しかもたった600万の資金で

開店した"

 

The Room。

 

逆境からのスタートだったんです。

 

70万人ものルームメイトが足を運んだという

貴重な財産を

もっと活かすことも可能なのではないでしょうか?

 

ちなみに

2017年1月からは

車内ベンチャー的に

新たなプロジェクトを立ち上げ

The Roomを活性化するプランを

スタッフが提案してくれています。

 

ここにも"あるOB"のご尽力が反映される筈です。

 

勿論、

僕も引き続きDJとしてはThe Roomに関わって行きますし、

資金は鐚一文使いませんが

助言は惜しみなく与えたいと思います。

 

いずれにせよ

スタッフの真価が問われる年になりそうです。

 

2017年の25周年に向かって

新たなスタートを切りました。

 

この1年暖かく見守ってやって下さい。

宜しくお願い致します。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

決断の時が近い。

 

The Roomを3月末で閉店するか

4月以降も営業を続けるか、

引き渡しのことも考慮して年が明けたら

1週間以内には決断したいと思う。

 

この24年間

おそらくのべ70万人以上の方にお越し頂いた

The Room。

 

オープン当初は

当時珍しかった

ソウルやジャズ専門の小箱としてスタート。

 

その頃、"渋谷のクラブ・シーン"は終っていると言われていた。

しかも246の南側で

週一や月一のレギュラーでさえ難しいと思われていたジャンルで

毎日営業するなんて絶対に無理だ!

という多くの人の助言を無視して(笑)

契約から1週間で

しかもたった600万の資金で

開店した。

 

開けて3ヶ月は閑古鳥が鳴いていたが、

DJをしてくれていた瀧見憲司さんがプロデュースした

ラブ・タンバリンズと

僕と一緒にThe Roomを立ち上げ、内装を手作りしただけでなく

毎夜店に顔を出してくれた大沢伸一率いるモンド・グロッソの

成功と同時期に店は大繁盛し、

1996までには黄金期を迎える。

 

The Roomの特徴は

The Room Classicsと呼ばれる店特有のヒットがあったこと。

 

そして中でもレギュラー陣が関わった楽曲は、

クラブを飛び出し、

音楽業界を変革するような大きなヒットになった。

またいくつかの曲は

日本のみならず海外でもヒットし、

他店にはないクリエイティヴ性を

The Roomは発揮したのだ。

 

Cherish Our Love/Love Tambourines(瀧見憲司)

Anger/Mondo Grosso(大沢伸一)

Invisble Man/Mondo Grosso(大沢伸一)

リズム/UA(大沢伸一)

JR. SWEET/CHARA(大沢伸一)

揺れる体温/ACO(吉澤はじめ)

You Make Me(Monday満ちる)

SOULS/bird(大沢伸一)

You Can See The Light/Cosmic Village(吉澤はじめ、黒羽康司他)

Eclipse/Kyoto Jazz Massive(沖野修也、沖野好洋、吉澤はじめ、黒羽康司)

愛の河/Sleep Walker(吉澤はじめ)

I Am With You/吉澤はじめ

Love Is Everywhere/Masa Collective(沖野修也)

Spirit Of Love/ROOT SOUL(池田憲一)

Blazin'/DJ KAWASAKI

Into You/DJ KAWASAKI

Shine/Shuya Okino

Still In Love/Shuya Okino

 

更に

The Roomは

ダンス・フロアーでのミュージシャンのセッションにも早くから取り組んだ。

多くのアーティスト達が参加してくれたものだ。

Soil &"Pimp" Session、Cro-Magnon、Coma-chi、さかいゆう、Hanah Spring、

Fire Lily、Hiro-A-Key・・・。数え切れないプレーヤーが

SOFAというイベントを通過して世の中に羽ばたいていった。

Ravi Coltraneまでが吹きに来てくれることもあった。

 

そして、

The Roomは

様々なトライを繰り返し

クラブの可能性を模索して来た。

 

江川ゲンタさんの

伝説のイベント、JAMは

フロアーにゴザを敷いて、

皆が靴を脱いで音楽を楽しんだ。

 

SOFAがセッション・イベント化する前は

フューチャージャズ喫茶というコンセプトで

21世紀版のジャズ喫茶を目指していた。

 

Mondo Grossoの撮影を手掛けて頂いた

平間至さんは、The Roomで個展を開催してもらったし、

今をときめくプロダクト・デザイナーの角田陽太君は

Tokyo Desigers Weekのイベント会場にThe Roomを使いたいと言い出し、

椅子の展覧会を敢行した。

 

実験的なイベントは数え出したらキリがない。

DJの独演会はかなり早い段階から打ち出していたし、

DJが1曲づつプレイする"一曲入魂"は最終的には108人を数珠繋ぎした。

大晦日の24時間ノンストップDJは4回もやっている。

10日間で対戦形式の十番勝負もあったし、

オープンからエンドまでの完全バック・トゥ・バックも何度も取り組んだ。

CDJだけのプレイは間違いなくThe Roomが世界初だったし、

今はなきUstreamでの"完全合法DJプレイ"もThe Roomが世界に先駆け行った。

 

キーワードは世界。

 

僕が20歳の時にロンドンで体験した

ファンキーでジャジーな音楽と

人と人との間にある垣根の低さが

The Roomのコンセプトの核にある。

 

勿論、

沢山の海外ゲストがThe Roomで回してくれたけれど、

同時に

世界に通用する日本のDJ達が

The Roomで回し続けてくれている事が店の誇りだ。

 

アーティストを育て、

曲を生み出し、

そして

状況を作り出す。

 

そんな事を24年続けて来た。

 

もうすぐ2016年が終る。

 

「去年も閉めるって言ってませんでした?」

 

それは否定しない。

閉めない決断をし、

改装もした。

だからと言ってまた閉めないとは限らない。

 

店の不振は深刻だ。

これはThe Roomの問題だけではない。

 

クラブのあり方の変容。

風営法の問題。

娯楽の多様化。

インターネットの普及。

スタッフの高齢化。

新店のオープン。

音楽トレンドの変化。

若者の引きこもり。

景気の停滞。

CD不況・・・。

 

考えられる悪い条件はいくつでも挙げられる。

 

それでも週末はなんとか健闘している。

しかし、その週末でもかつての繁栄はない。

 

若いオーガナイザーに話を聞くと

同世代の音楽好きは週末でも早い時間にしか街にでない、

終電で家に帰ってゲームをしているそうだ・・・。

 

ネットにアクセスすれば世界のTOP DJのMixがいつでも聴ける

今。

 

かつて情報を求めてクラブに通った人種を

引っ張り出すのはそう簡単なことではない。

 

音楽だけではなく

人との出会いこそが魅力的であったのに

終電で帰って家でゲームをする人を引き止められないのは何故だろう?

 

僕は

原因を自分の外側に求めたくはない。

何故なら

それでは永遠に問題が解決できないからだ。

 

元気のいい小箱は都内に存在するし、

アメリカの現代ジャズの隆盛には目を見張るものがある。

僕的にOKな音楽が全世界的に注目されているのだ。

 

震災の後、

半年近く客足が遠のき

壊滅的であったにも関わらず

なんとか立ち直った。

 

僕達はクラブというカテゴリーを離脱し

タマリバという概念を打ち立て

クラブが持っていた初期衝動を回復させようと試みた。

 

それでも、

ここ数年は

ギリギリの状態で継続してきた。

 

僕の本業が順調なお陰で

何とか会社としてThe Roomを維持出来ているというのが正直な所だ。

 

The Room発信のヒットで

店の営業とは別に

莫大な利益が生み出され、

僕の会社もThe Roomに

随分助けられてきたから

僕は還元するつもりで

The Roomを支えてきた。

 

それでも、

個人資産には限界があるし、

来年、

父が亡くなった50歳という年齢を迎えるに辺り、

僕は

The Roomへの援助を打ち切ることを決意した。

 

僕は僕で

新しいことを始めたいのだ。

 

かつて

閉店の危機で

皆さんをお騒がせした時は

経理を分けることで

僕は継続を選んだけれど

今回は

本気で援助を止めることを決めた。

 

だから

実は

閉めるかどうか僕が選ばなくても

スタッフが奮起しないと閉まってしまうのだ。

 

あとは

スタッフに続ける意思があるかどうか。

 

この1ヶ月

大勢の方に足を運んで頂き、

励まして頂いた。

 

感謝。

 

本当に心から感謝している。

 

そもそもThe Roomという名前をつけて

友達を呼ぶように遊びに来てもらいたい

という願いがあった。

 

今は、

The Roomを選んで頂いて

遊びに来て頂くということが

どれだけ有り難く

どれだけラッキーなことかを

痛感している・・・。

 

飽きられて

忘れられて

気嫌いされることだってあっただろうに。

 

お客さんの心を捕まえるのが

どれだけ大変か

会社の社長としても

一DJとしても

身を以て理解しているつもりだ。

 

今夜

24周年記念パーティーを終えて

スタッフと話し合い、

改めて彼等の意思を確認したいと思う。

 

残り3ヶ月の命か?

それとも1年延長するのか・・・?

 

17時か・・・。

そろそろ準備を始めないといけない。

 

今からは

モードを

切り替え

この問題を明日以降に棚上げしよう。

 

さて

皆さんと新年を祝う為に

今夜何をかけるかな。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東へ向かう車窓から

街並を眺めている。

 

動かない筈の建築物が

後方へ猛スピードで走り去って行く。

 

視界の7割以上を占めると思われる

曇天は、

いつになく薄暗い。

 

それは空なんかではなく

てっぺんの見えない

しかも

どこまでも続く、

壁のように立ちはだかっている。

 

今日

50歳になる日まで2ヶ月を切った。

 

僕が目にしている景色は

まるで馬のいない走馬灯。

 

僕は何かを成し遂げただろうか?

 

父が亡くなったのが30年前。

僕が20歳で

彼は50歳だった。

 

それ以来、

僕は

50歳を一つの目処にして

人生を歩んで来た。

 

50歳でリタイヤし

その後は余生を暮らすなんて嘯いたこともあった。

 

なんとも愚かな

妄想。

 

僕の歩みは遅く、

しかも

働き続けなければいけない現実に直面し、

社会が、

そして

世界が狂い始めている中

正気でいることさえも難しくなりつつあることを痛感している。

 

この

区切りを先延ばしすることなく、

これを機会に

残り少ないかもしれない時間の中で、

自分に何ができるのかを洗い出し

優先順位をつけてみようと思う。

 

経験と知識と実績が

自分を強く逞しくしてくれると信じていたけれど

実際には

できないことを突きつけられ

若さ故の過信という自信を

きれいさっぱりと剥ぎ取ってくれた。

 

故に

ありのままの自分が

現実的になしうることが手に取るように判る。

 

既にトライですらも予定調和。

 

だからこそ

この区切りで

一旦

古い自分に別れを告げ

新たな人生を踏み出したい。

 

それは他人から見れば目立った変化ではないかもしれない。

でも自分の意識を変えてみたい。

 

余生ではなく

一から出直すつもりで。

 

僕は

壁を凝視することを止め

リストの作成に取りかかった。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日

京都のOSTというカフェ/バーで

Kyoto Weekday Gatheringという

パーティーを行いました。

 

各自手作りの食事を持ち寄って

ドリンクはお店に払うシステム。

僕はDJではなくレコード係で

ほぼかけっ放し。

そして、

持って来て頂いた食事を盛りつけたり

温めたりもしていました。

 

そもそも

元ブラン・ニュー・ヘビーズの

N'Dea Davenportが大阪のイベントに出演する際に

前乗りで僕の家に二晩泊まることになってたんです。

で、彼女が僕の京都の友達に会いたいと言い出して

やむなくw開催することになったんです。

 

彼女が来ることは明かさず(ゲストが来ることは書きましたけど)、

僕もDJじゃなくてかけっ放しですよと

告知しました。

手作りのサンドウィッチを持って行くとも。

 

そんなに必死に宣伝しなかったし、

そもそも告知期間も短かった。

 

それなのに大勢のお客さんに集まって頂き、

店のビールが全部売り切れるという大盛況っぷり。

パーティーは元々19時〜23時の予定が、

オーナーのコウジ君曰く

4時までやったと(僕は0時には帰りました)。

 

何人ものお客さんに「またやって欲しい」と声をかけられ、

僕も強い手応えを感じました。

 

考えてみれば

このパーティーには色々な成功の要素があったんです。

 

*入場無料

*フリー・フード(材料費かかりますが、皆どこかで晩ご飯食べる訳なんで実は負担は軽い)

*雑誌で取り上げられつつある"ギャザリング"を京都でも体験できる

*沖野修也が「歌も歌わない、DJもしないけどゲストが遊びに来る」って言ってるけど、誰やろ?的な好奇心をそそった

*沖野修也のお手製料理が食べられる(笑)

*沖野修也がまた変わったことを始めた・・・etc

 

告知や宣伝も大切なんですが、やる場所や企画って凄く大切ですよね?

 

今年から京都で始めた'Sunset Sunday'も建築+音楽ってコンセプトを打ち立て、

京都モダン・テラス(前川國男設計)でやるから人が集まった。

 

あ、ギャザリングの話でしたね。

このギャザリング、僕の知る範囲では雑誌ELLE A TABLEでプッシュされてるようなんですが、要するに持ち寄りのホーム・パーティーの進化版。

海外(アメリカ?)ではポット・ラックと呼ばれ、ホストに負担のかからないパーティーのスタイルとして定着しているそうなんです。

では何故名前が違うかと言うと、ただ食事を作るんじゃなくて、料理がビジュアル的にイケてて、食器にも凝る的な・・・。より、スタイリッシュな打ち出しをすることにで’ありあわせの持ち寄り'ではなく、新しいパーティーの形として定着させたいという仕掛人(編集者?それとも食品・調味料メーカー?)の意図が感じられます。

 

完全にインテリアへの関心の一般層への浸透以降のカルチャーですね。

 

実は僕、このELLE A TABLEが指す所の'ギャザリング'とは違う意味でこの言葉を随分前から使っています。

 

それは、僕がプロデュースする渋谷のThe Roomという老舗クラブを'タマリバ'と再定義したことがきっかけでした。

 

もう5年以上前のことです。有名人を観に行く、あるいは流行の曲で騒ぐ、みたいな現在の主流をクラブと呼ぶなら、そのカテゴリーにいたくないと、脱クラブ/タマリバ宣言を出したんです。そもそもクラブは音楽好きの溜まり場であり、クリエーターの社交の場であった。その原点に回帰するという意味も込めて・・・。

 

当時、将来的にはテンプラやフジヤマやサムライみたいに外国にも伝播しないな?と期待したんですが、全然広まりませんでしたね(苦笑)。

 

ただ、外国のDJやミュージシャンに「もうThe Roomはクラブじゃないんだよ」と言うと、「じゃ、何なの?」と訊かれるので、英訳して「Creative Gathering Space」になったんだと説明する際にギャザリングという言葉を使うようになったんです。

 

ただ単に集まるというよりも、その集まりから何かが産まれる?もしくは生み出す意思を込めてCreativeという形容詞を付けました。

 

で、また話を元に戻します。

ELLE A TABLEやOSTでの'ギャザリング'は僕が使っていた意味よりも、もっとカジュアルな感じですよね。

 

僕が主宰者で、人と人を紹介して繋いでいたんですが、

その内皆がそれぞれ近くにいる人と仲良くなっていて

気が付けば、

僕を介在しないコミュニケーションが成立してました。

 

っていうかカレーを温めたり、

皿を洗うのが忙しかったってのもありますが。

 

はっきり言って、

音楽すらもあまり皆気にしてなかった。

 

DJ必要ないやん!と思いました。

 

でも、旗振り役(それはDJという人種でDJという行為ではなかった)は必要なんだと思います。

 

ネットに世界中の優秀なDJのMIXが溢れ、

DOMMUNEやBOILER ROOMもあるから

もう平日に音楽好きは遊びに出ない・・・なんて声もよく耳にするんですが、

やっぱり誰かと話したり、知り合ったりしたいんですよ。人は。

 

インターネットの普及で

有名人への憧れや有名人のレコメンデーションの影響が

増幅されていると常々思う一方、

僕はOSTである発見をしました。

 

身の回りにも面白い人がいる

ということに皆気付いたんじゃないかな。

 

レコード回ってるの初めて見た!なんて人もいましたし。

 

TwitterもInstagramもそうじゃないですか?

テレビにも雑誌にも出てないけど、

いいこと言ってたり、

センスのいい画像をアップしてる人いません?

 

有名人の盲目的崇拝に冒されている人も多い中、

実は、SNSというツールが

埋もれた才能や能力を可視化するツールだということを

皆、もう忘れている。

 

ギャザリングには、そんなすぐ近くにいる興味深い人々と

繋がる喜びみないなものをもたらしたんじゃないかなぁと。

 

極端な話、格好いいヴァージョンの出会い系?

軟派なやつじゃなくて生活の質を向上するタイプのね。

 

またOSTで、このギャザリング、やってみようと思います。

東京でもいいかもね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年、この季節になると

同じことを考える。

 

あと1年頑張れるかどうか。

 

解約は3ヶ月前に大家に伝えないといけないから、

月末に決断し、

3末に華々しく散る・・・。

 

と思い始めて数年。

 

震災が起こり、

芸能人DJの逮捕や

クラブの摘発でイメージが低下し、

ネットで世界中のトップDJ達のMixが聴けるようになり、

若年層が深夜に遊びに出なくなったり

お酒を呑まなくなったり、

常連さん達も

就職したり

結婚したり

子供が出来たりして

自然と足が遠のき、

僕自身も京都へ引っ越し、

隔月で海外に行ったりするものだから

店に顔を出す回数も減り・・・。

 

風営法が改正されたり(問題はあるものの)、

それこそアナログが注目されたり、

ラジオが始まったり、

トリップ・アドバイザーの

渋谷のナイト・カルチャー(バーやカフェやレストランを含む)

を取り上げるチャートで1位になったりして、

いいことも沢山あったけど、

基本、

僕の趣味であり、

節税的な存在である

The Roomを取り巻く状況が

依然厳しいことに変わりない。

 

先代オーナーが亡くなって

継続する意思を固め

何とかやってこれたものの

来年50歳という節目の年を迎えるに当たって、

僕は新たな展開も考えているので

そろそろ潮時かな・・・という気もしている。

 

あの立地で

老舗ブランドであるのに

お前は商才ないなと

友人達に馬鹿にされたこともあったけど、

考え方を変えて

「趣味でやってるから」

と言うようにして周囲の僕の評価が変わった。

 

「お前凄いな」と(苦笑)。

 

誰かが言った(多分友人の加藤直樹さんだったような)。

「女子大生がバイトでホステスやってるとちゃらい感じするけど、

ホステスが昼間大学に通って勉強してると偉いね!ってあるでしょ?

あれじゃないすか」と。

 

発想の転換?

視点の変換?

 

とにかく

誰かは高級外車に大枚はたくし、

誰かは愛人に大金つぎ込むし、

誰かはギャンブルに全財産賭けるし、

同様に

僕はThe Roomを趣味にしている。

 

でも

僕の資産も有限ですからね。

 

あと1年やれば25周年。

 

50歳も区切りがいいけど、

25年も区切りがいい。

 

今一度

スタッフのやる気を確かめたい。

そして、

ルームメイト達と

音楽への愛を共有したい。

 

今日から

2016年12月は毎週末

The Roomの24周年記念パーティーを行います。

 

何だかんだ言ってたけど

今年も周年やってますやん!

 

と来年の今頃

言えてるといいな。

 

あと1年やるかやらないか。

 

今月末には決断します。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み