やさしい世の中にするために(手話編)

ろう文化の素晴らしさや、聞こえないことってどういうことなのかなど、教えていただいていることをお伝えしています。


テーマ:

夏に帰省した折、父に聞いてみた。

 

「おじいちゃんって、戦争の時、海軍に所属していたんでしょ?

どこにいたの?」

 

父は、祖父に戦争の話を聞いたことはなかったそう。

でも、誰から聞いたのかわからないが、次の話をしてくれた。

 

「福井県舞鶴の海軍にいて、訓練ばっかりしとったんやろ。

だから、実際に敵と戦うことはなかったみたいや。

でも、軍隊が厳しくて殴られて、片耳が聞こえんくなったみたいや」

と。

 

えっ、おじいちゃん、片耳が聞こえなかったん?

 

元々、無口で、あんまり会話をしないから、全然わからんかった。

 

実際に戦地へ赴くことはなかったとはいえ、非人道的な軍隊にいて、理不尽なことも多々あっただろうし、食事にも困っていたかもしれない。

 

それが、ある日、戦争が終わりました。

日本は負けました。

といっても、そう簡単に気持ちを切り替えられるものでもない。

 

特に、実際に生きるか死ぬかの戦場を潜り抜けてきた人や、戦後、収容所に入れられ、極寒の中で作業をし、ごく僅かの食料しかもらえず、仲間で奪い合いをしなければならなかった人は、精神を病んでしまった人も多いだろう。

 

アメリカのベトナム戦争などを体験した兵士たちもしかり。

 

祖父は、戦場や収容所のような体験はなかったにせよ、現代であれば、暴行事件の被害者という立場になるような経験をしてきたわけだから、何らかの影響はあったかもしれない。

 

朝のNHK連続ドラマ小説『べっぴん』

今週は、ヒロイン・すみれの夫が、収容所から帰還したものの、人間を信じられなくなっていて、心を病んでいる様子が描かれている。

 

何があっても、戦争はあってはならない。

 

明治生まれのおじいちゃんと戦争の話をすることはなかったけれど・・・・

そうだよね?

おじいちゃん。

 

平和な日本、平和な世界、平和な一人ひとり、大切にしなきゃ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけ

 

知り合いが、毎月届くパーツを組み立てて作ったロビ君。

可愛かった。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

明治43年に創業し、100年以上の歴史がある「髪処おかやま」

 

内藤新宿(今の新宿御苑)にあったお殿様の屋敷で散髪を担当し

看板は山岡鉄舟の書によるものと

由緒ある理容室です

 

http://h2-sakai.com/?page_id=59

 

今は、3代目 岡山英之進さんが受け継ぎ、「H2ヘアサロン」という名前で

武蔵境で営業をしています。

 

H2ヘアサロン

http://h2-sakai.com/

 

都道拡張工事のために、駅前にあったお店でしたが、移転をすることになり

そのなかで、様々なトラブルに見舞われ、葛藤があった岡山さん

 

それらをすべて受け入れて、感謝に昇華して、年に一度「感謝祭」という名前の講演会を開催しています。

 

今年は、

12月3日(土)18時~

武蔵野プレイス4階 フォーラムA

 

松井寿一氏 『年忘れ!爆笑健康漫談!』

 

医療ジャーナリスト、寅さんファンクラブ会長である松井さんが

ご自身の胃がん体験から、笑いが健康にもたらす効果を漫談で伝えてくれます

 

定員 80名程度(申込み者優先)

 

参加費 1000円

 

申込み先 H2感謝祭実行委員会 岡山 

  TEL・FAX  0422-51-4317

 

「笑い」という自然薬の力は、すごいですね~。

今日も、笑いのある一日となりますように☆

わはははっ!!!!!!

 

 

 

 

猫ジャンプ猫ジャンプ
1,028円
Amazon

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ムンク」の作品と聞かれて、答えるのが多いのは

 

   「叫び」

 

 

ではないでしょうか?

 

これまで、描かれている人が、叫んでいると思い込んでいたけれど

そうではなかったことを知りました・・・

 

 

 

の第11話「夕方の憂鬱」

 

この章を読んだとき、子供の頃に見ていたテレビCMを思い出した。

それは、北陸中日新聞のCMで、夕陽が大きく沈んでいく様子と音楽が相まって、何ともいえない感情になることでした。

 

夕方の時間帯、何とも言えない気持ち(寂しさ、焦燥感、不安など)を感じる人たちは少なくないらしい。

古くから日本では、昼から夜に変わる時間帯を「逢魔時(おうまどき)」と言って、死後世界である常世につながる時間帯と考えられていたそう。

 

そこで、この ノルウェーの画家 エドヴァール・ムンクの『叫び』

 

ムンクが夕暮れ時に体験した幻覚を表した作品。

 

夕陽で赤く染まった空、不気味な形のフィヨルド

そうした自然の「叫び」が聞こえてくることに耐え切れず

耳を塞いでいるのが、この絵なのだ。

 

人が叫んでいるのではなく、叫びから自分を守る、防ごうとしていたんですね。

ずっと知らなかった!!

 

自分だけが不安に襲われていると思うと、苦しくなる人がいるかもしれない。

けれど、「逢魔時」に感情が動かされることがあるんだとわかると、少し楽になれることもあるかもしれないね。

 

いろんな人がいて、いろんな感情がある。

夕焼けを美しいと楽しむ人もあれば、切なくなる人もいる。

自然の声に敏感で、自分を防御したくなる人もいることを知っておきたい。

 

名画のおしゃべりの解説をこの本で読むと、絵画がより面白く鑑賞できそうです。

(デューラー、ルーベンス、レンブラント、モネ、ゴーギャンなど)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

横浜ラポールのおもちゃ図書館前に展示されていた

段ボールで作られた恐竜作品

 

 

子供達と作ってみたいなぁ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

NHK手話ニュースキャスターの 田中清(きよ)さん。

 

私が尊敬している手話通訳の第一人者。

お人柄も本当に素晴らしい方です。

 

田中さんは5人兄弟の末っ子(四女)。

 

現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』で徳川家康の妻を演じている女優・斉藤由貴さんのお母様は、田中さんのお姉様(次女)。

つまり、田中清さんと斉藤由貴さんは、伯母と姪の間柄にあることは、手話業界では有名な話です。

 

さて、毎週日曜日に更新されている NHK手話ニュースの動画コラム。

http://www.nhk.or.jp/shuwa/

(サイトの右上にあります)

 

今週は、田中清さんが、11月10日(木)夜7時30分~8時放送のNHK総合『ファミリーヒストリー』に、斉藤由貴さんが出演することをお話されています。

 

30分番組の中に、ろう者である父(由貴さんから見たら祖父)の水島さんが、昭和11年からろうあ運動を始めたことなどが、短い時間かもしれないけれど、紹介されるらしいです。

ぜひ、見たいですね。

 

目がパッチリしているところは、斉藤由貴さんと田中清さん(先生)は似ていますね~。

 

水島さんが、横浜でろうあ運動を始められたことが、今に繋がっている。

ろうの先人達の御苦労に感謝の思いを新たに、通訳者の一人として、大切にしていきたいと思います。

 

NHK ファミリーヒストリー のサイトです↓

 http://www4.nhk.or.jp/famihis/x/2016-11-10/21/20953/1804113/

 

トップアイドルから大河ドラマの女優へ。活躍の幅を広げる斉藤由貴さん。母方の祖父は2歳の時、病気で耳が不自由に。それでも、持ち前の前向きな性格で、帯の仕立ての技術を磨き、職人として認められるようになった。それが今回、幼い時に母親と離別、理不尽な差別を受けた事実が明らかになる。さらに父が、壮絶な過去を告白。輝くような笑顔がまぶしい斉藤由貴さんの秘められた家族の物語。由貴さんは、涙を隠せなかった。

(番組の紹介文)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

30日まで開催しているグループ展に誘われ、横浜市都筑区中川にある私設美術館を訪れた。

 

美術館は不思議な建物。

 

 

写真で見ると、デコレーションケーキのようにも思えてきた。

 

 

縄文の火焔土器などが出土されたことにも因んでいるらしいです。

何とも不思議な空間でした。

 

 

誘ってくれた友人に感謝☆

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

映画『地球交響曲 第三番』を見て、星野道夫さんのことを知ったのは、何年前のことだろう。

第三番は、1997年公開だから、もう彼是20年近い。

 

星野さんが亡くなって20年。

 

今年は没後20年の特別展が、全国で開催されている。

 

東京での特別展には行くことができなかったけれど、

横浜・高島屋で 10/19~10/30 開催してくれているので、見に行くことができた。

しかも、高島屋カードの会員さんから、招待券をいただいた。ありがたや~~

 

 

 

これまで本や映画で、星野さんの写真や文章などに触れていたし

以前、明治神宮で行われた上映会と同時開催の写真展を見たこともあったけれど

今回は、まったく、違う感じで、写真と向き合っていた。

 

私も20年の間に、星野さんの思いがしずしずと心の中に降り積もっていて

それが大きな写真と対峙して、溢れ出てきたのかもしれない。

 

動物たちも何とも愛おしくて、写真を抱きしめたくなった。

 

アラスカの景色は過去のものではなくて、今も、日本で時計が進んでいると同じ時間に、カリブーたちも、熊たちも、人々も、そこに生きている。

 

 

1994年にNHKが取材した映像が6分半流れていた。

 

写真を見ていると、極北の世界は、ただ美しく、また厳しい、別世界のようであるけれど

春には花が咲き、温度が上がってくると、蚊が乱舞している。

蚊が顔の周りを飛び交いながら、撮影している映像もあった。

また、上空からの撮影では、星野の大親友 ブッシュパイロット、ドン・ロスの協力があり

2人の様子が映し出されていた。

映画を観た人なら、胸が詰まるかも。

 

星野さんは、今、この世界にはいないけれど、亡くなって20年、多くの人に影響を与え続けている。

教科書で、星野さんの文章や写真に触れた子供たちは、大人になっても、星野さんのことを時に思い出すことがあるんじゃないかな。

 

 

特別展は、朝日新聞の「天声人語」で取り上げられたからか

チケットがない人たちの入場の列が長く並んでいた。

これから、チケットなしで見に行かれる方は、混雑覚悟で行かれた方がいいかも。

朝一で行くといいのかな?

 

これからも、星野さんは、多くの人の心に生き続けていきますね。

私の心の中にも。

 

星野道夫さん、ありがとう。

また、直子夫人の力も大きい。ありがとう。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけ

 

JR横浜線の駅ホーム、乗車口の案内に、その地域にちなんだものが描かれているみたい。

 

「東神奈川」は、浦島太郎と関係がある(お墓がある)から、写真のようなマークになっていました。

他の駅はどうなのかなぁ?

 

横浜線

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

「こども手話ウィクリー」は、インターネットで、直近数週間分の放送を見ることができる。

 

http://www.nhk.or.jp/shuwa/kodomo/

 

10月9日放送分 

 今年度で閉校の小学校 「最後の竹馬運動会」

 

山形県鶴岡市にある145年の歴史がある加茂小学校。

児童数が減少し、今年度で閉校することになった。

 

35年前から始まった「竹馬運動会」

 

運動会本番まで、上級生が下級生に優しく教え、あきらめないこと、全力でがんばることを見せてくれる。

 

練習が、人と人をつなぐ。

 

自分が以前、優しく教えてもらい、励ましてもらった。

だから、今度は、自分がそうしてあげたい。

 

そんな「優しさの連鎖」が脈々と続いている様子が感じられて、映像を見ていて、胸がいっぱいになった。

 

学校は閉校になっても、「優しさの連鎖」は、他の場所でも続いていってほしい。

 

憎しみの連鎖による悲劇もあるけれど

優しさの連鎖をつないでいくことで、こんなに心がしあわせになれる。

簡単なことではないかもしれないけれど、優しさの鎖が強くなれば、憎しみの鎖は切れていきそう。

 

加茂小学校の子供達、ありがとう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけ(写真コーナー)

 

わりと最近のとりゃちん。

やや

 

殊勝な様子。

 

 

今も、ミャーミャーと、ごはんをおねだり中。

もう、2回、ごはんをあげたんだけど・・・

 

写真は細目に見えますが、身体は・・・。

 

 

おくらの花と、おくらが、パラレル。

 

 

名前はわからないです。

紫露草っぽいけど、葉っぱまで紫!!

 

 

今日も、充実した一日を☆

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前受けた手話通訳士試験で、次の問題があった。

 

<聴覚障害者に関する基礎知識>

8、聴覚障害のある教員として先駆的な活躍をしたのはだれか、下の中から1つ選びなさい。

    1.吉川金造

    2.石川倉次

    3.佐藤在寛

    4.五代五兵衛

 

 

 

正解は、1.吉川金造

 

2.石川倉次は、日本点字の創始者。研究と発展に大きく寄与した。

3.佐藤在寛(ざいかん)は、函館盲唖学校 校長

4.五代五兵衛は、

1849*-1913 明治時代の社会事業家。
嘉永(かえい)元年12月7日生まれ。17歳で失明するが,不動産業などで成功。明治33年大阪盲唖院を開校し,京都盲唖院の創立者古川太四郎を院長にまねく。40年校舎などを大阪市に寄付,学院は市立大阪盲唖学校と改称された。大正2年9月12日死去。66歳。大坂出身。

(コトバンクより引用)

 

この問題を間違えてしまったことで、「吉川金造さん」が心の中に残るようになった。

 

その後、東京で、日本聾史学会が開催され、プログラムに、井崎哲也さん&那須英彰さんによる「ろう教師の嚆矢 吉川金造の生涯」のお芝居があったり、

『吉川金造伝』の本が、愛知県の市橋さんによって自費出版されたことを知ったりしたのでした。

 

ろう教師として、先駆的な活躍をした吉川金造さん。

地元、横浜生まれなのに、横浜でも、まだまだ知名度は低い。

 

今回、横浜市鶴見区聴覚障害者協会の創立55周年記念祝賀会の第一部で、吉川金造さんの曾孫さんである吉川穣之(しげゆき)さんをお招きして、お話を伺うそう。

また、明治時代、日本で初めて鉄道が敷設された横浜駅から新橋駅間。その区間を乗車していた吉川金造さんに思いを馳せながら、当時の鉄道の様子を、鉄道に詳しい鶴見区会員の佐藤さんが話してくれる。

おもしろいですよ。

 

 

午後は、マジックショー

デフNOBUさん

 

まだ、申込みができるそうなので、興味のある方は、ぜひ、参加してみては?

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

時々聞く言葉

「神様は、人に、乗り越えられない問題を与えない。」

「乗り越えられない問題はやってこない(必ず、乗り越えられる)」

 

でも、本当に辛くて、乗り越えられない問題に向き合うこともある。

そんな時には、逃げていい時もあるって思うよ。

 

それが時間が経ち、後になって、あの時は本当に辛かったけれど、今、人の苦しみがわかる経験になっている、強くなれたという糧に変えることができる。

 

そんな広ーーい意味での

  「乗り越えられない問題はやってこない」

なのかなって、最近、思います。

 

ムリに乗り越えなきゃ!とがんばらなくてもいい。

もちろん、乗り越えられるように、がんばった方がいい時もあるけれどね。

 

今日の朝日新聞「天声人語」で紹介されていた 解散した「シールズ」の中心メンバーだった奥田愛基(あき)さんのエピソードは、上に書いた思いと重なっているなと思ったのでした。

 

それから、

 

子供は、親を選んで、生まれてくるというお話も聞きます。

 

もちろん、そんなこともあるのだと思うけれど

逆に、親は、自分が成長するために、無意識下で、自分が苦労をするような子供を選んでいる場合もあるのかなと考えてみました。

 

魂の世界や、生まれ変わりのことは、見えない世界のことでわからないけれど

何かの因果で、親子のつながりを得た深い間柄。

 

温かい言葉や思いのキャッチボールが交わし合える

心が安らぐ親子関係、家族になっていけるといいね。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夏に参加したイベント会場で購入した本

 

 

この本を作っているのは、小さな出版社 「センジュ出版

素敵な本を、世の中に産み出しています。

 

~~~~~ おまけ ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

数週間前、金木犀の花弁に敷き詰められていた様子をパチリ。

今は、校名が変わっています。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

は~とふる♡はんど 第16回公演

「ありがとう、またね…」

 

今回は、盲ろう者の櫻井ようこさんと盲導犬スカイも出演。

 

櫻井さんは、盲ベースの聴覚障害者。

 

スカイとの初歩行のことなどが書かれたサイトがありました。

http://www.moudouken.net/member/startline/no073_01.php

 

真っ白なシェパード。

この記事が書かれた時点で、国内の盲導犬の中で、シェパードはスカイのみだそう。

盲導犬育成草創期には、シェパードが主流だったものの、今は、日本で盲導犬に合うシェパードの繁殖を行っていないため、アメリカの盲導犬協会から来ているのだとか。

 

そんな 櫻井さんとスカイ が出演するお芝居。

どんなものになるのでしょう。

 

それにしても、櫻井さんは超美人で、スカイは美犬。

美男美女のカップルならぬ、美犬美女のパートナー。

とはいっても、スカイは女の子(メス)ですが。

 

公演は、来年2月25日(土),26日(日)と、まだ4か月余りありますが、出演する友人から、チラシをいただいたので、掲載しました。

前売りも始まっています。

ご興味のある方は、ぜひ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけ

 

過日、品川区を歩いていた時に見つけたもの。

ホントなのかなぁ?

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。