『会報 20178月号』(発行:東京都社会保険労務士会)より

 

調査によると、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は約6割で、過去1年間においてメンタルヘルス不調により連続1カ月以上休業または退職した労働者は約10%いたとされています。そのうち、職場復帰した労働者は50%強です。精神疾患を持つ従業員にはしばしば遅刻や休業、業務遂行能力の低下などの労務問題が併存しています。今回、会誌でメンタルヘルス不調者に対する休復職の対応の実務をテーマに連載が始まりましたので、その要旨をまとめながら学んで行きたいと思います。

今回は、職場復帰後にすべきことについてです。

 

1.職場復帰の可否判断と決定

(1)第34ステップのポイント

3ステップは、職場復帰の可否判断及び職場復帰支援プランの作成に当たります。これは産業医など産業保健専門職と事業主が連携して行ないます。第4ステップは最終的な職場復帰の決定として、事業者が判断する段階です。職場復帰に求める水準を共有し、目標設定を行なっていれば、未だ至っていない部分の対応を継続して進めることになります。

休業者と上司・人事との面談は複数回行なうことが推奨されています。

 

(2)リハビリ勤務

これは職務復帰の直前、もしくは直後に行われる制度です。

職場復帰前に行なうリハビリ勤務の目的は、就労が可能な状態か否かをリハビリ勤務の中で確認することであり、職場復帰の判断材料として取り扱います。一方、職場復帰直後に行なう目的は、休業者にとって慣らしの期間を設けることで再休職率を低下させることにあります。寄稿された方は次のような理由で復帰前のリハビリ勤務については否定的な考えです。

 

 ・賃金が発生せず、業務指示は厳禁であることが前提

 ・労災保険が使用できない

 ・休業者が否定する場合には導入困難

リハビリ勤務を導入する場合には、職場復帰後に期間限定での実施を推奨されています。

 

また、半日復帰できる体調まで戻っているから半日勤務のリハビリ勤務を行なうというのではなく、定常勤務ができる体調まで戻っているが慣らしのために軽減業務(半日)から始める、というイメージのほうが望ましいとされています。

 

(3)復帰先について

原則は元の職場に復帰することとされています。復帰という負荷に加え、不慣れな業務を覚えるという負荷がかかる、という理由からです。

しかし、復帰場所については感情的なしこりを残すことがありますので、異動したい/させたいと考える側が、理由をはっきりと相手側に理解・納得できるように説明することが重要です。

 

2.復帰後のフォローアップ

ここでは、段階的に配慮を軽減し、最終的には就業配慮を解除する取組みが必要となります。

配慮の軽減は機械的に行なうのではなく、復職者と職場の上司・人事、そして産業医とが意見交換・連携を行ない、実際の働きぶり等を共有する必要があります。

 

 

復帰先について、原則は元の職場に復帰することとされているんですね。例えば、職場の人間関係の問題でメンタル不調に陥った場合などは、同じ職場に復帰というのは難しいことが多いはずなので、それぞれのケースに応じて、最適な復帰先と復帰方法を検討することも必要ではないかと思います。

 

 

 
AD

俳句 - 「秋祭」

テーマ:

毎週日曜の朝に「NHK俳句」という番組が放映されています。これまでも時々見てはいたのですが、私も番組に合わせて、下手でも一句ずつ作ろうかと思うようになりました。できるだけ続けていこうと思います。

 

今回の兼題は「秋祭」でした。秋祭りは、農耕の収穫に感謝する祭りという定義になっていますが、現代のように農業にたずさわっている人が少なくなると、祭りのイメージばかりが先行してしまって、収穫への感謝の気持ちが薄れてしまうのは、わたしも含めて誉められたものではありません。秋になって新米の美味しいご飯が食べられた時ぐらいは、いつもより大きめにご馳走様と言いたいと思います。

 

 悪童の氏子かしずく秋祭

(あくどうの うじこかしずく あきまつり)

 

秋祭りには子供御輿を担いで、神主さんの後ろを付いて行って、お祓いをお願いする家に着くたびにその家の前にお御輿を備えては、よくも分からず神主さんと一緒に頭を下げてはかしずいていました。回りは同じ小学校の同級生、上や下の生徒など、毎日学校で顔を会わせている者ばかりなのですが、この時だけはどの顔を見ても子供なりの神妙な顔つきでした。わたしも、学校で遊んでいるような気持ちでは神様に叱られるような気がしていました。ただ、いつもは悪戯ばかりしている友達が神妙な顔つきでかしずいている様子を見ると、不思議でもあり、おかしくもあり、どこかこそばゆい感じだったのを覚えています。

 

今思い返すと、神主さんは、いつもの神主さんの倅さんだったんでしょうね、子供の自分たちからすると大人ですが、若くてちょっと重々しさに欠けるかな、という感じでしたので、行く家行く家で御神酒をもらうので、だんだん酔ってきて、午後にはほぼ完全に酔ってしまって、足下はふらついているし、お辞儀したら烏帽子がずれて曲がってしまうしで、いわゆるグタグタの状態になってしまうのですが、この様子を毎年見るのがまた楽しかったなぁ。

でも、秋祭りというと反対にとても辛い思い出もあって、こちらの話は次回にまわしたいと思います。 

 

 

 

ももクロ 秋の二大祭り 「男祭り+女祭り2011」DVD-BOX/キングレコード
¥10,368
Amazon.co.jp


(サクタネ)SAKUTANEベビー キッズ 袴 ロンパース 初節句 きもの風 和装 ゆかた カ.../SAKUTANE(サクタネ)
¥2,999
Amazon.co.jp


 

 

AD
 今回のあの頃の思い出は、「帰ってきたウルトラマン」のオープニング曲です。前回、「夕焼」の兼題で俳句を詠みましたが、わたしの思い出の中で...というと、大方は昭和の時代になってしまうのですが、その中で夕焼けが印象深く心に残っている風景としては、この帰ってきたウルトラマンの「ウルトラマン 夕陽に死す」の話が挙げられます。夕焼ではなくて正確には夕陽なのですが、力尽きて倒れていくウルトラマンの無念さが、大人になってから思い返すと増々強く伝わって来るのです。
 

 
 帰ってきたウルトラマンがナックル星人の罠にはまってナックル星に連行され、八つ裂きの刑にされかけるという非常にショッキングなストーリーで、夕陽の中でウルトラマンが倒れてしまう時の、「ウルトラマンはエネルギーの補充が必要だ。だが、今のウルトラマンには、夕陽のエネルギーではあまりにも光線が弱過ぎるのだ」というナレーションが、その時の夕陽の映像とともにずっと今でも頭の中に残っています。
 それから、郷秀樹の友人である坂田兄妹を交通事故で殺してしまうなんて、ちょっとやり過ぎではないでしょうか。子供番組なので、もうちょっと違ったストーリーでもできたかと思うのですがねぇ。
 



帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX/バンダイビジュアル

¥53,784
Amazon.co.jp

帰ってきたウルトラマン ミュージックファイル/バップ

¥2,621
Amazon.co.jp

AD