定期検診は大切

テーマ:
町の健康診断に行き一通りの検査を

300人近くの人が来ていたようだが
係の人たちはスムーズにテキパキと

大型の検診用バスが4,5台いて
その中の1台はCT検査まで行えるようで



予防医療の進化もすごいな~と
平均寿命も延びるわけだ


身体的にはどこにも異常は感じてないが
安心と言うお墨付きがもらいたいと・・(笑)

3年ほど前、大腸の再検査に引っ掛り
結構面倒だったにひひ


中学生も間もなく期末テストと言う
頭脳診断が行われる

今回は5科目以外の科目もあるからね~

良い診断結果が出るよう
しっかり準備しようぜ~

年5回の定期検診は大切だからね~

ちゃんと受診しないと後々後悔することにも
何事も早期発見で即対処だぜ~


まあ、どんな診断結果が返ってくるのか
生徒達のテスト同様
多少はヒヤヒヤしているオッサンなのだったニコニコ

AD

誕生日でありがとう

テーマ:
昨日はカミさんの誕生日だった

実家へ立ち寄り
おふくろさんの世間話を聞き、ポンズと遊び


ちょいと難解な映画「メッセージ」を観て


近所の居酒屋で、二人で一杯やってきた


なにかの本で誕生祝の本当の意味は

「あなたがこの世に生まれてありがとう」
と言う感謝の祝いなのだと・・・

そんなことを知るまでは
ただ形式的に「おめでとう」と
深く考えずに言っていたように

オイラの時なども
「ただ大きな数になるだけでメデタくもない」
などと・・・

ちょっとした意味の捉え方で
ゴロッと変わったりもするわけでにひひ


それにしてもお互いそれなりの年輪を
刻んできたものだと・・・



あとどれぐらい輪が増えていくのか(笑)


年輪と言えば、屋久島の縄文杉なんかは
樹齢4000年とも7000年とも言われるが
いったいどうなってるのか

根廻りが43mと言うからね~
一度行ってみたいと思う場所なわけで



和の心でしっかり輪を重ねながら
ポケ~モン暮らしが続けられれば幸いだ(笑)



PS,高校部は期末テストが始まった
5日間睡魔との戦いのロングラン

今は無理も効く時だからね~

脳を鍛えるだけ鍛え
全力で一週間を乗り越えよう

キッチリ嬉しい結果を出そうぜ~ニコニコ
AD

おもてなし、うらなし

テーマ:
小松空港が近いからかイオンなどで
台湾か中国からの外国人観光客をよく見かける

日本への外国人観光客は年々増加して
およそ2000万人なのだと



やはり中国、韓国、台湾など
東アジアからが4分の1と多いようで

政府は2020年には4000万を目標に

以前、一世を風靡した
おもてなしパワーが日本の魅力の一翼を
担っているのかもな~



同時に日本人は海外において
世界最良の観光客と言われているようで

マナーなど世界トップ評価だからね~

いろいろ異国を見て回ると
治安の良さや細やかなサービスなど
確かに日本の良さがよ~く分かるわけで

夜に何処へでも一人でフラフラ歩ける国は
そんなに多くないからね~

外を見ることで、内の良さが分かることに

特に若い世代は、内向きでなく
内も外も、おもてもうらも
何でも見てやろう精神が大事だよね~

時にはグーグルアースでも回転させながら
より広い空間を見る視点もオモロいかもね~ニコニコ



PS,かみさんが入っている国際交流団体に
韓国から8名が来られ、料理会などで
おもてなしを・・・

一緒に作りお土産で持ち帰った
本場の味はさすがに美味かったな~



教室でも、おもてなし、うらなしの心で
学びの交流を深めていきたいものだ(笑)
AD

外道を歩く

テーマ:
仕事がらか、知らない所からの営業電話や
勝手に送り付けられるFAXなどメンドイことも

特に電話は、お仕事大変だな~と思いながら
タイミングを見計らって
出来るだけ早く切ることに(笑)

ハイハイと聞いてるといつまでも・・・

スマホでもあまりピイピイ鳴らないよう
ラインなど大概は消音にしている

まあ、タイムラグも発生し
迷惑をかけることもあるのかもしれないがにひひ


釣り用語に外道(ゲドウ)という言葉がある
目的外の嬉しくない魚のことを呼ぶ

激動の内側の道より
少し道から外れた外道を歩くのも良いかと

魚の外道のように喜ばれないのは面白くないが
ギリギリぐらいの外側の道を自由気ままに・・

内と外を出たり入ったりしながら
気ぜわしい社会を回遊魚の如くスイスイと
泳ぎ続けたいものだと(笑)



PS,夜も暖かくなってきたこともあり

このところ天気の良い日は足を鍛えようと
自宅から教室まで時々歩くようにしている

たいした距離ではないが
たまに外の道をブラブラするのも新鮮だ

特に夜空のプラネタリウムが見える日は
ご機嫌な気分にもなるわけでニコニコ


生きることに必死

テーマ:
知人のお母さんの葬儀に参列してきた

世代的にこれからはこのような席に出る
機会も増えるのかもな~

オヤジの時のことなども思い出したり・・・
その時のお坊さんの話で

葬儀は亡くなった人のためのものではなく
残された皆さんが生きることについて
考える機会でもあると・・・

なるほどな~と印象に残っている

日々の雑踏の中
しばし厳粛な気持ちにもなったり

死を見つめて生を生ききる
そんな感じで生きるエネルギーにも・・にひひ


毎日のようにTVを賑わす明石家さんま
の話を思い出した

全く想像もつかないが
幼少期は半端ない苦労をしていたようで

母親が3歳の時に病死し
可愛がっていた弟は火事で亡くなり

あの多くの人が亡くなった日航ジャンボ
墜落事故の飛行機に乗る予定だったが
仕事で急きょ一便ずれて命拾いしたのだと

「生きてるだけで丸儲け」
「生きることに必死」などの名言は
そんな背景もあるんだな~と

苦難を微塵も見せず
お笑い界のトップランナーを長く続けている

谷底をしっかり乗り越えてきたからこそ
今があるのかもね~ニコニコ



PS,それにしても「生きることに必死」は
妙にオモロイ言葉だと思ったり

普通は必死に頑張るなどと使うが
このあたりのセンスは流石といった感じだ(笑)