歯科健診へ

テーマ:
4月21日(木)・22日(金)の両日は
校医になっている生目中学校の歯科健診のため
午前中の診療はお休みになります。
午後2時から通常診療を開始いたします。
お電話にてお問い合わせは可能です。
よろしくお願いいたします。
 
今週のお花
{FC91D73A-75F2-418A-8E74-4273C7D26A19}

 

{1D958807-211C-402A-8372-35DAC8E5A03A}

 

 

{0CFCF233-ACC1-4BD3-B1B0-61FC499335EB}

 

 

{F8014313-C4A1-4C3B-8943-1CF3920895A8}

 

AD

今週のお花と新年度

テーマ:
4月になり新年度を迎えました。
当歯科医院も4月より育児休業中だった
歯科衛生士が2度目の復帰を果たし、
スタッフ一同気持ちも新たに
毎日の診療に取り組んでいます。
 
常勤歯科衛生士5名
パート歯科衛生士1名
受付1名
午後のみ器具の消毒スタッフ1名
となりました。
 
スタッフ8名のうち、
実家通いのスタッフは1名のみで
他のみんなは一人暮らしや
家族がいるスタッフです。
 
つまり、家に帰ればごはんができている
状況にはないということですね。
家事をしながらフルタイムで働く大変さは
私自身わかっているつもりです。
私も同じなので。
 
朝出勤して帰宅するのが19時前後、
それからご飯を作ったり片付けたりになります。
家にいる時間が少ないので
当然家事をする時間は限られ
バタバタします。
子供の塾等の送り迎えも入ります。
大変です。
疲れます。
それでも葛藤を繰り返しながら負けずにがんばります。
みんな本当によくがんばります。
時には息抜き、手抜きをしながらが長続きする秘訣です。
それも大切です。
倒れてしまっては大変ですから。
 
スタッフも増えてきたことですから
みんなで協力しながら
今までよりも上手に息抜きも
取りやすくなったかなと思います。
同じ境遇の女性同士
助け合いながら毎日を前向きに過ごしていける環境に作りを目指したいです。
 
今週のお花。
{E3C8BB48-A14D-4AFD-B786-64CEDCE2A37D}

 

{66C53D39-4F4C-482F-BA27-A357D12F22FC}

 

 

{4E79DC08-E2AD-4D35-A41A-684A8BBD15AD}

 

AD

本日は1日診療です

テーマ:
本日は水曜日ですが午後も診療いたします。
来週の水曜日の午後はオペ日となっているため
通常診療は午前中のみとなります。
よろしくお願いいたします。
 
にしむら歯科医院
 
今週のお花
{943CFDB2-3487-4DA9-AF28-93E3504FF8F2}

 

{0769C32E-2EDB-439A-8BBE-2F0F39568621}

 

 

{2B437B3B-4F70-40B0-8C41-FF392B3441EB}

 

AD

歯科医院の選び方

テーマ:

「歯科医院はたくさんあってどこに行ったらいいのかわからない」

そんなことを聞くことがあります。

 

私が客観的に思うところは

歯科医院に何を求めているのか?

また自分のお口の中、歯の将来のことをどのくらい考えているのか?

それらによって選ぶ基準が変わってくるのだと思います。

 

「痛くない治療を受けたい」

「回数が短いほうがいい、早く終わりたい」

「治療時間は短い方がいい」

「一度の治療は長くまとめてしてほしい」

「痛いところだけ治したい」

「悪いところがあれば全部治療してほしい」

「同じ歯科衛生士にみてほしい」

「入れ歯になりたくない」

「治療費はできるだけかけたくない」

「歯を白くしたい」

 

など、他にもいろいろ願うところがあるかもしれません。

近年ネットで検索して、ネットからの情報だけを頼りに来られる患者さんも多いかもしれませんが、知り合いの方からの評判を聞いて来院したという患者さんもいらっしゃることでしょう。

 

いわゆる口コミだとその歯科医院がどういいのか?という理由を生の声を通して聞いており、安心感はネット検索よりもあるのかもしれませんね。

ネット情報だけだと本当かな?といった不安感もあるような気もします。

 

どんな歯科治療を求めているのか?

まだよくわからないといった方は、歯科医院に通いながら徐々に考えて行くというのもいいのかもしれませんね

幕内秀夫の食生活日記より

 

ジャンクフードはタバコより危険!? 子どもの体がむしばまれる前に親ができること
Rina OnoderaRina Onodera

http://ure.pia.co.jp/articles/-/72163

世の中に溢れるジャンクフード。しかし、その影響についてはっきりと理解している人は少ないはず。

お酒やタバコを自ら進んで摂取しようとする子どもはいませんが、ジャンクフードはそれらの嗜好品よりもずっと、子どもたちの身近に存在し、しかも年齢制限なく小さな子でも食べることができます。

実はそういった性質も考慮した結果、2014年、国連のテシューダー特別報告書は「高カロリーで栄養バランスの悪いジャンクフードは、地球規模で、タバコより健康上の大きな脅威となっている」と警告し、課税などの規制を急ぐことを促しています。

今回は、そんな私達にとって非常に身近な存在であるジャンクフードを子どもが摂取することの危険性について、『ドラッグ食: あなたを蝕む食依存と快楽』の著者である幕内秀夫さんにお聞きしました。

 

ーーまず、前提として”ジャンクフード”というものは、どういった食品のことを言うのでしょうか?

幕内秀夫さん(以下、幕内)「私が定義している”ジャンクフード”というものは、おいしさを超えて、快楽の境界線に位置しているような食品で、依存的に繰り返し食べたいと思ってしまうようなもののことです。

わかりやすく言えば、『わかっちゃいるけどやめられない食品』ですね。

成分で言えば、高脂肪で精製された砂糖(白砂糖や異性化糖)をたっぷり含んだ食品です。そこに、化学調味料や精製塩、香料、着色料が加わるとより強烈になります。

その典型的な食品がスナック菓子です。しかも、スナック菓子は脂肪量が約30%になるように調整されています。脂肪量が30%を越えると、人間は非常においしく感じるんですよ。

右手にスナック菓子、左手に清涼飲料水は最強にジャンクな状態です。あるいは、ハンバーガーやドーナッツ、ホットドッグなどと清涼飲料水の組み合わせも同じになります。

これらの食品を1回食べたからと言って、何か問題が起きるわけではありません。しかし、年中食べていると、容易にやめられなくなってしまうことが怖いです。」

ーー幕内さんは、このようなジャンクフードが世の中に多く普及してしまった理由はなんだとお考えですか?

幕内「簡単に言えば『ヘビーユーザーが増えたから』ですね。

例えば、子どもと外食する場合、子どもが完食してくれないようなお店は行かなくなりますよね?先ほども言ったように、人は脂肪量が30%を超える食品をおいしいと感じる性質があるので、飲食店の方もそこに調整して、売り上げを伸ばそうとするのです。」

 

*************************

子供は親が与えたものを食べていきていき、やがてそれが習慣となっていきます。

よく考え、知識を得ることが大切だと思いました。

仕事と健康と食事のこと

テーマ:
私が必死になっていること。
元気に毎日学校に行ってもらうために健康管理についてはかなり意識するところです。
なぜならば、病院に連れていく時間はないからです。
どうしようものない重病は防げないかもしれないけれど、
かぜを引くなどの軽い病気は防げると思っています。
一に食事、二に食事。
そして睡眠。
 
主食はもちろん食事。
お菓子が主食?なんてことはないように。
スナック菓子や甘いものでお腹を満たさない。
レトルトやインスタントを避けることはもちろんですが
できるだけ考えて選んで作るようにしています。
 
仕事をしていることを理由に適当なものを食べさせてしまうと、すぐにかぜを引くなど体調不良になってしまうのではないかと心配です。
仕事と家事を円滑にこなすためには
子供達には健康でいてもらわなくてはなりません!
母は必死です。
だからといって手を抜かないわけではないですし、完璧ではありません。
昨日はあんかけ焼そば、肉豆腐、長芋すりおろし、でした。
調味料には気をつけて。
慣れると18時半からでも19時からでもゴソゴソと作れるようになります。
お陰で17時台から料理ができると天国のように思えます!
これからも仕事と家事とがんばります!
 
今週のお花
{70E0D504-4370-4875-9F77-DE94D41C60BE}

 

{5D5C44E1-90C6-4C60-AD27-E16068AA2ADB}

 

今週のお花とピーマン!

テーマ:
今日は患者さんからこんなにたくさんの
ピーマンをいただきました!
ピカピカの新鮮なピーマンです!!
この地域は農家の方が多いので
お野菜をいただくことがあります。
ありがとうございます。
さっそく今晩調理してみます。
{FEF125B1-7ADF-4DEC-A4AC-0C5B6F384DA9}
今週のお花。
{6E8F9DC4-D1B7-4D8D-AB44-B74B19A06CB0}
 
{97565B38-5115-4F15-AF28-D107B8D4180F}

癒される日々

テーマ:
今週のお花。
そしてお祝いのお花。
院内や入口にあるお花を楽しみにしている、
と患者さんがおっしゃっていました。
毎回立ち止まって眺める気持ちはよくわかります。
緑やお花に癒されるのは
私たちスタッフも同じです。
 
癒されるのはお花だけではなく
私は患者さんからも穏やかな気持ちをいただいている気がします。
歯のことだけではなく、
日常のいろんなことを話す中で
「こんな考え方もあるんだな」
「この方のようになれたらいいな」
と感心させられ癒されています。
同時に「気づく」ことができるように
日々を丁寧に行きていこうと思います。
一生懸命生きなければ「気づく」ことはできないと思うので。
楽をしていた時期はすごく鈍感だった気がします。
私だけかもしれませんが。
きつくてつらくて苦しいくらいが生きやすい。
44年経って感じるところです。
{74004C12-D679-48C7-A5B7-9087F9EFD045}
 
{57A9951F-BD4B-4E77-8801-E01D39E881D1}
 
{246A4C1E-1BFC-4CDC-8DF9-786C22A4281C}

 

記念日

テーマ:
開院して丸10年が経ちました。
歯科医師1名
歯科衛生士6名(5名常勤、1名育休中)
受付1名
器具の消毒1名

今年も以上のスタッフで日々の診療を行っていきます。
歯科衛生士2名は開院当初からのメンバーです。
2度目の育休中の歯科衛生士も育休期間を含めると8年目になります。
皆頼もしい存在です。

比較的最近勤務が始まった歯科衛生士も皆真面目に職務を全うできる素晴らしいスタッフです。
私もまだまだ負けなれないな!と思っています。
受付スタッフも最近既婚者になりましたが、ますますなくてはならない存在になってきました。

器具の消毒スタッフがいてくれるお陰で片付けが早めに終わり帰宅することができます。

これまで通り、これまで以上に歯科医療者として、事業者として向上できるように務めてまいります。
よろしくお願いいたします。

にしむら歯科医院

{85871786-0596-480A-BC27-4EB0B2EC837D}

{A4E5031A-7731-46BD-8289-1CCD2D335646}

{12CD201B-5445-4665-A138-B2DDB077C096}

{32AEF90B-1F4A-43F1-B57C-F4D7B528FC1F}

{0E60F431-5536-4A05-81F0-ECB0D111E308}